目次へ戻る

ホンダ オデッセイHV! まさに理想のミニバン!!!

ホンダ オデッセイHV! まさに理想のミニバン!!!

1994年に発売されて以来、人気のホンダのミニバン、オデッセイ。人気のヒミツは何なのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの誇るミニバン、オデッセイに迫る

待望のハイブリッドモデルが登場

オデッセイのハイブリッドシステムは、『アコード』で初採用された、2モーターのスポーツハイブリッド『iMMD』を 小型化・高出力化したものです。

オデッセイのデビュー当時、「HV化すると50万円以上価格アップするのであきらめた」と開発陣から聞いたというエピソードもありますがこの懸念は、システムの小型化でコストダウンが可能になったと考えられます。

気になる、オデッセイHVの燃費は

モード燃費は驚愕の最高26.0km/リットル。

現時点では実質30~35万円程度のハイブリッド代で、5年、5万km走行程度で元が取れそうですね。

2リットルエンジンは145ps、17.8kg-m。モーターは184ps、32.1kg-m。つまり、アコードの143ps、16.8kg-m/169ps、31.3kg-mを凌ぐエンジン&モーターパワー(標準車と「アブソルート」共通)。

実は、オデッセイ。意外なヒット作だった!?

今でこそホンダといえばミニバンやSUVに代表される、RVメーカーのイメージが定着していますが、一昔前まではセダンとスポーツカーに強い拘りをもっていたことをご存知でしょうか。

創業者である本田宗一郎の飽くなき新技術への探求を伝統とする社風も影響し、RV開発に乗り遅れ、業績も悪化する一方…。

バブル崩壊直後の1990年代は高級セダンやスポーツカーの需要は減退し、いよいよホンダも社運をかけたRV開発の着手を迫られていました。

そんな時、ホンダの救世主となり、今日のRVのホンダのイメージを作り上げたのが1994年に発売された車。そう、それがオデッセイにほかなりません。

ミニバン界の長年の王者?! ホンダ オデッセイ

http://matome.response.jp/articles/345

オデッセイは本田技研工業が生産しているミニバンだ。ミニバンカテゴリーの中では車高は低めにできているため、高級セダンを運転しているような上質な感じとミニバンの広さの両方を楽しめる車だ。今回はこの車の魅力について迫ってみた。

しかし、当時のホンダには、一から新たにRVを開発するだけの資金的・時間的余裕がありませんでした。

そこで選択した苦肉の策が、既存のセダンである『アコード』のプラットフォームを流用するというものでした。

ミニバンとしては車高2m前後が常識だった中で、ホンダが既存の生産ラインで作ることができた最大サイズが、初代オデッセイの車高1660mmでした。

その姿はRVというより、どちらかというと大型ワゴンに近いかもしれません。

当時の経営陣の中には「こんなスライドドアもなく、ディーゼルエンジンも選べない、中途半端な車高のミニバンが売れるはずがない!」と最後まで市販化への抵抗があったと言われています。

そんな経緯もあり、発売当初の販売目標は月間4000台と控えめなものでした。

そして今では大人気のクルマへ

結果は、というと、従来のミニバンにはない低重心からくるセダン並みの高い走行性能とスライドドアではないことの斬新さから、爆発的ヒットを記録するという嬉しい結果になりました。

経営陣の心配は杞憂に終わります。

1994年に日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞を翌95年にはRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するというこれ以上ない華々しいデビューを飾りました。

賞の受賞による宣伝効果もあって、1995年には12万5590台の販売台数を達成しました。

残念ながら海外の市場では非力で小柄と判断されて販売は伸びませんでしたが、それでも経営不振に陥ったホンダを復活させるには十分なものでした。

その後も当初のコンセプトを貫いたまま順調に開発を重ね、2013年からは5世代目となるモデルが今日まで販売され続けています。

5世代目のトピックスは何といってもハイブリッドの搭載で、主たる販売先も、不調だった欧州から中国を中心とする発展著しいアジア圏に広がりをみせています。

オデッセイの大成功を受けて、その後は『エリシオン』や『ステップワゴン』といった兄弟車種も数多く展開され、ホンダのRV帝国を築き上げるに至りました。

オデッセイ、2017年の動向は???

北米向けホンダ・オデッセイ新型

アメリカンホンダは、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、北米向けの新型『オデッセイ』を初公開しました。

北米向けオデッセイは、日本仕様よりもひと回り大きなボディを持つという特徴があります。

1994年デビューの初代オデッセイは、日本仕様と同一ではあったものの、1999年に登場した2代目から、ホンダは北米専用モデルを開発。日本には『ラグレイト』として輸入されました。

2005年には、3世代目モデルが登場。米国市場におけるベストセラーミニバンに君臨した。現行の4世代目モデルは、2010年6月に発表。

デトロイトモーターショー2017で初公開された新型は、5世代目モデルとなり、およそ6年半ぶりのモデルチェンジとなります。

新型オデッセイは、新しいパワートレイン、先進のコネクティビティやエンターテインメント、安全装備を採用。

家族に優しい機能性や快適性も実現しました。

中でも、新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力280hpと、従来比で32hpパワーアップ。気筒休止システムを採用して、燃費を引き上げました。

トランスミッションには、新開発の10速ATを用意しています。

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

これからの季節、どこかへ出掛けたくなりますね。たまには愛車で遠くまで出かけて、いっぱい遊んで車中泊するというのはどうでしょうか?今回は、ホンダ フリードプラスを使った車中泊にクローズアップしてお送りします。


【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

軽自動車といっても、スライドドアが欲しいとか流行りのSUVはおさえたいとか、あるいはカワイイのが良いとかやっぱり燃費が一番など、選ぶ基準は人によって違います。そこで、それぞれのタイプ別におすすめの軽自動車を3車種選んでみました。貴方の軽自動車選びの参考にしてもらえたらうれしいです。


ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP10

ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!(※2020年7月更新しました)


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。