トップへ戻る

【2022年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

【2022年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

颯爽と走るライダーに憧れるけど、なかなかバイクデビューはハードルが高くて…とお考えのあなた。もしくは、ライダーだけど大型バイクの扱いが億劫で…とお考えのあなた。最新250ccバイクなら、扱いやすさと十分以上の高性能で、楽しいバイクライフがより身近に実現できるかもしれませんよ。この記事では、初心者にもベテランにもおすすめしたい250ccバイクを5台紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


バイクに乗りたい?250ccでバイクデビューしちゃおう!

ホンダ レブル500(海外仕様車)

ホンダ レブル500(海外仕様車)

バイクで颯爽とツーリングに憧れる。そう思う方は多くても、なかなか新しいことにチャレンジするのは、時間もお金もかかりますしハードルが高いもの。

そこで、今すぐ乗り始める!と思うのではなく、ちょっと長めの予定でバイクデビューを企ててはいかがでしょう。

人それぞれに持論はありつつも、やはり小排気量から始めるのがバイクの動き方を学ぶのにも最適という面もありますので、初心者の方にぜひおすすめしたいのは250ccのバイク。原付とはしっかり差があるパワーと、取り回しやすい軽量ボディ、さらには車検が不要な点は250ccクラスの大きな利点です。

また、今もう大型バイクを持ってる、というライダーの方も、使用状況によっては重くてデカいバイクは乗るまでが億劫…と感じておられる方も多いのでは。そんなベテランの方にも、最新の高性能な250ccバイクなら、走りも装備もきっと大満足できるスマートなダウンサイジングができるはずです。

この記事では、250ccのおすすめしたいバイクを5台紹介します。

真夏と真冬はバイクの「オフシーズン」

《画像提供:Response 》ホンダ CBR250RR

車とは違って、外気にむき出し状態となるバイクは、気候によって快適性が大きく左右されます。

真冬はどうしても凍えてしまいますし、地域によっては積雪や路面凍結のおそれもあるので、バイクはしっかりしまい込むというオーナーも多いもの。融雪剤などによる「塩害」を嫌うオーナーも多いようです。

また真夏は、暑いけど走っていれば涼しいんでしょ?と考えがちですが、照りつける直射日光や路面からの輻射熱、バイク本体の発熱などが合わさると不快そのもの! 熱中症になるおそれもありますし、おいそれとバイクには乗りにくい時期となっています。

このように、1年の中でもバイクを心おきなく楽しめる時期は意外と狭め。気温的に乗りやすい春秋であっても、雨が降っては気分も台無しですので、休日にさあ乗るぞ!と思ってもタイミングが合わないこともしばしばです。

すでにバイクを持っているライダーでも、このさまざまな障壁を乗り越えてのツーリングなのですから、バイクデビューを迷っている今この瞬間がもったいない!と思ってしまうのです。

ツーリングを心底楽しめる時期にデビューを間に合わせよう!

《画像提供:Response 》BMW G310GS

より長期的な計画を立ててのバイクデビューを先ほどおすすめしましたが、まだ免許をお持ちでないなら、夏冬のオフシーズンはかなり有効なチャンス。教習所も空いていますし、何より免許取得とバイクシーズンの到来を合わせることできるからです。

また、暖かくなってきてバイクシーズンが到来する春先は、バイクの需要が上がるため、それに比例して中古価格も上がるといわれることもあり、真冬では中古価格も下がりやすいという傾向もあるそう。

そのためオフシーズンこそ、運転も景色も食事も心底楽しめる最高のツーリングに向けての準備期間に充てるのがおすすめです。

バイク販売店によっては、免許取得応援キャンペーンとして車両値引きなどの対応をしてくれるところもあります。まずは販売店でお気に入りのバイクを探したり免許取得の情報をゲットしたりすれば、バイクデビューへのモチベーションも高まりそうですね。

250ccバイクに必要な免許って?取るの大変?費用は?

まるごとバイクフェスティバル レディース&ビギナースクール

複雑な免許制度の中でも、エンジンの排気量によって必要な免許が違うというややこしさがある二輪免許。その中でも、扱いやすさと本格的なバイク体験のできるパワーを両立する250ccクラスに必要なのは、「普通二輪免許」です。

16歳から取得でき、400ccまでのバイクに乗れます。原付と違って高速道路や自動車専用道路も走れますし、取得して一定期間が経過すれば2人乗りも可能と、バイクライフがグッと広がるバランスの取れた免許です。

教習所で普通二輪免許の取得を目指す場合、二段階19時限の技能講習と26時限もの学科教習が必要ですが、すでに普通自動車免許をお持ちなら、学科が1時限のみになったり、運転免許試験場での学科試験も免除されるなど、一気にハードルが下がります。

また、自動車と同じく、普通二輪免許にも「AT限定」免許があり、技能教習時間がMT車よりも少なくなるほか、教習費用も節約することができます。乗ることのできるバイクは400cc以下のAT車に限定されますが、よりお気軽に免許を取得したいなら検討してみてもよいでしょう。

教習費用は教習所によっても異なりますが、免許をお持ちでないなら15〜25万円程度、普通自動車免許を持っているなら10〜20万円程度で取得できます。

価格・性能・装備まで大納得の250ccバイクおすすめ5選

ホンダ レブル250:扱いやすさとゴツい見た目のゴキゲンクルーザー!

ホンダ レブル250(2018年型)

ホンダ レブル250(2018年型)

バイクといえば、フルカウルタイプのバイクを思い浮かべる方は意外と少なく、こちらのレブル250のような丸目のタイプがポピュラーかもしれませんね。

傍目にはベーシックバイクのような、華美さを廃した仕上がりに見えるレブル250は、実は考えに考え抜かれたカスタム前提の抜け感のある「原石」。そのまま乗っても様になるトラッドなクルーザースタイルでありつつ、オーナーの個性を反映したカスタムも受け入れる懐の深さがあります。

ホンダ レブル250

ホンダ レブル250

車両の前側に大きくかがみ込むようにして乗るバイクもありますが、レブルのようなクルーザーは、やや前傾から直立、後ろ側にもたれるような姿勢まで自由度が高く、ゆったりと乗れるのがポイント。慣れないうちは前傾姿勢のバイクでは腰や腕やあらゆるところが筋肉痛になりがちですので、ラクな姿勢で運転できるレブルは乗りやすいといえるでしょう。

また、車体後方へ緩やかに下降していくフォルムによって、シート高が抜群に低いところもポイント。二輪免許の教習車よりも大幅に低いであろうレブルのシート高は、あらゆる体型のライダーにうれしいサイズとなっています。

ホンダ レブル250(2018年型)

ホンダ レブル250(2018年型)

こんな風に路地に停めてあるだけでも絵になるレブルは、普通二輪免許で乗れるレブル250、大型二輪免許が必要になるレブル500とレブル1100と、排気量別で3種類もラインアップされており、非常に人気のバイクです。

レブル250でバイクデビューして、慣れてきたらよりパワフルな500や1100へステップアップしていくのも楽しそうですね。

人気のバイクだけに人と被りたくない方なら、人気のアクセサリーをパッケージ装着した一味違うおしゃれレブル、「Sエディション」にも注目しておきたいところですね。

ホンダ レブル250のスペック

【ホンダ レブル250】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,205mm×820mm×1,090mm
ホイールベース1,490mm
シート高690mm
最大乗車定員2名
車両重量170kg
燃費WMTCモード:34.1km/L(クラス2-2)
エンジン種類DOHC単気筒 249cc
エンジン最高出力19kW(26ps)/9,500rpm
エンジン最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7,750rpm
トランスミッション常時噛合式6段リターン
新車価格545,000円(消費税抜)
(2022年6月現在 ホンダ公式サイトより)

カワサキ Ninja ZX-25R:クラス最強のパワフルエンジンに酔いしれろ

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション

先ほどのレブルとは正反対に、車体前方へ前傾する乗車姿勢が特徴的なNinja ZX-25R。車でいうボディパネルに当たる「カウル」が車体全体を覆っていることから、「フルカウル」と呼ばれるタイプに分類されます。

現行の250ccバイクでは非常に異例となる4気筒エンジンを搭載するZX-25Rは、一昔前の同クラスでの出力競争・装備競争の再来を思わせるような本気の仕上がりで、搭載するエンジンは最高出力が45psというクラス最大のもの。

しかも発生する回転数は15,500rpmと、スポーツバイクらしい高回転の伸びが楽しめるエンジンとなっているのが大きな注目ポイントです。

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション

一昔前の高出力な250ccバイクでは、乗りやすさとか快適性は二の次という面も見られましたが、その点ZX-25Rは、最新の電子制御をふんだんに利用した賢い制御が満載。

電子制御スロットルによる緻密なエンジンコントロールが可能なため、パワーモードをローパワーモードにすれば悪天候時や街中でも安心のスロットルコントロールが、フルパワーモードにすれば胸のすくレスポンスが楽しめるなど、上級バイクにも迫るような豪華装備もZX-25Rの特徴の一つです。

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション

カワサキ Ninja ZX-25R SE KRTエディション

バイクにあまり詳しくなくても、鮮烈なグリーンのバイクは「カワサキ」と知っている方も少なくないはず。また、スポーツバイクのブランドとして「ニンジャ」の知名度は圧倒的。それほどブランド力のあるメーカーのバイクな上、250ccの常識をことごとく覆すようなスペックと装備内容を持つZX-25Rは、幅広い層からの注目の的となっています。

究極の250ccだけに、お値段はちょっとお高めではありますが、きっと運転すればその分の価値はあった!と笑顔で納得できるでしょう。

カワサキ Ninja ZX-25Rのスペック

【カワサキ Ninja ZX-25R】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)1,980mm×750mm×1,110mm
ホイールベース1,380mm
シート高785mm
最大乗車定員2名
車両重量183kg
燃費WMTCモード:18.9km/L(クラス3-2)
エンジン種類DOHC並列4気筒 249cc
エンジン最高出力33kW(45ps)/15,500rpm
エンジン最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/13,000rpm
トランスミッション常時噛合式6段リターン
新車価格770,000円(消費税抜)
(2022年6月現在 カワサキ公式サイトより)

スズキ Vストローム250 ABS:ベテランも注目!長距離でも楽勝

スズキ Vストローム250 ABS(アクセサリー装着車)

スズキ Vストローム250 ABS(アクセサリー装着車)

レブルほどゆったりでもなく、ZX-25Rほど前傾姿勢でもないこちらはスズキのVストローム250 ABS。

ちょうど中間くらいの、椅子に軽く腰掛けたような姿勢で乗れるVストロームは、大きめのヘッドランプやゴツめのカウル構成が特徴的。自動車でいうならばSUVにあたるような、アクティブ感のあるスタイルが魅力的ですね。

実は、バイクの世界でもこのようなアドベンチャー系車種が非常に人気で、250ccでも選択肢が広がってきています。その中でもVストローム250 ABSは、アドベンチャーバイクらしくロングツーリングもどんどんこなせる懐の深さが魅力です。

スズキ Vストローム250 ABS(アクセサリー装着車)

スズキ Vストローム250 ABS(アクセサリー装着車)

具体的にはストロークがしっかり取られたサスペンションによる優れた乗り心地や、長時間乗っても体が痛くなりにくい幅広のシート、給油なしで長距離移動が可能な17Lの大容量ガソリンタンク、ケースなどのアクセサリーも豊富な点も挙げられますが、何よりもそれらの魅力を備えつつの価格の低廉さがうれしいポイント。

税抜きで約56万円からと、先ほどのZX-25Rと比べてしまうと非常に割安感もあります。画像で紹介しているVストロームが装着しているトップケースとサイドケースは、両方揃えても10万円以下で装着ができ、装着してもまだまだ価格にお得感があります。

スズキ Vストローム250 ABS

スズキ Vストローム250 ABS

ややシート高が高めな点は気になるところかもしれませんが、シートの前方はきちんと足が下ろせるように抉られた形状で、重量の軽さも手伝って意外と気楽に乗れてしまうVストローム250 ABS。

250ccとしては大柄なボディではありますが、ひるまずにスズキのお店でまたがってみてください。

峠道をギュンギュン通り抜けるのも一つのバイクの楽しみ方ではありますが、Vストローム250 ABSのようなバイクでトコトコと走るのもまた乙なもの。250ccというクラスの中でも選択肢が広くなっているのはうれしいところです。

スズキ Vストローム250 ABSのスペック

【スズキ Vストローム250 ABS】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,150mm×880mm×1,295mm
ホイールベース1,425mm
シート高800mm
最大乗車定員2名
車両重量189kg
燃費WMTCモード:32.0km/L(クラス2-2)
エンジン種類SOHC並列2気筒 248cc
エンジン最高出力18kW(24ps)/8,000rpm
エンジン最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
トランスミッション常時噛合式6段リターン
新車価格558,000円(消費税抜)
(2022年6月現在 スズキ公式サイトより)

ヤマハ XMAX ABS:走りも便利も両立?!スクーターと侮るなかれ

ヤマハ XMAX

ヤマハ XMAX

ちょっと待ってよ、スクーターじゃん!とお思いかもしれませんが、50ccの原付などとは桁違いの動力性能を誇る250ccスクーターは、もはや趣味バイクとして乗れるほどの優れた動力性能と、一般的なバイクでは望むべくもないシート下のラゲッジスペースという利点を両立した賢い選択。

大型クラスのバイクでは、DCTなどのオートマ車も比較的選びやすくなっていますが、250ccクラスではマニュアル車が主流。その点スクーターならより取得しやすい普通二輪のAT限定免許でも乗れますので、バイクの楽しさを気軽に味わえる点がポイントです。

ヤマハ XMAX ラゲッジスペース

ヤマハ XMAX ラゲッジスペース

なんとLED照明まで備えるXMAXのシート下トランクは容量45Lもあり、ヘルメット2個でも収納が可能。

この収納の余裕や、後席乗員の乗り心地のよさ、小回りがきくことなどを合わせて、ベテランライダーでも旅バイクとして利用したりする場面もしばしば見かけるほどです。

スマートキーで鍵を取り出すことなくイグニッションONが可能だったり、フロントの収納には12V DCジャックを備えるなど、まるで車のような使い勝手の良さもXMAXの魅力の一つ。そう言われてみれば、精悍なフロントフェイスやテールランプは、まるでスポーツカーのような迫力もありますね。

ヤマハ XMAX

ヤマハ XMAX

普通二輪免許でいえば、実はAT限定免許の方が技能時限数が少なくなるという利点もあってか、人気の広がりを見せるスポーツスクーター。

普通二輪AT限定免許ならばさらにワンランク上の400ccのスクーターでも運転が可能ですし、車がAT限定だからバイクのマニュアルを操作できるか不安…とお思いの方は、AT限定でまず取ってみて、余裕ができたらMTも運転できるように限定解除、という段階を踏んでみるのも良い経験になるかもしれませんよ。

ヤマハ XMAX ABSのスペック

【ヤマハ XMAX ABS】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,185mm×775mm×1,415mm
ホイールベース1,540mm
シート高795mm
最大乗車定員2名
車両重量179kg
燃費WMTCモード:33.8km/L(クラス2-2)
エンジン種類SOHC単気筒 249cc
エンジン最高出力17kW(23ps)/7,000rpm
エンジン最大トルク24N・m(2.4kgf・m)/5,500rpm
トランスミッションVベルト式無段変速(オートマチック)
新車価格595,000円(消費税抜)
(2022年6月現在 ヤマハ公式サイトより)

KTM 250デューク:オレンジの魔力!小回りバッチリの実力派

KTM 250DUKE

KTM 250DUKE

イメージカラーでもあるオレンジのボディも眩しいこちらは、オーストリアのバイクメーカーであるKTMの250DUKE。

乗車姿勢としてはVストローム250とNinja ZX-25Rの中間程度といった印象で見るからに乗りやすそうですが、こちらはNinja ZX-25Rと違ってエンジンなどがむき出しになっていますので、ネイキッドバイクという分類になります。

KTM 250DUKE

KTM 250DUKE

KTMの魅力としては、メーカーが積極的にレース活動に関わっていることもあり、非常にスポーティな操縦感覚が挙げられるでしょう。特にデュークシリーズでは、非常に軽量に仕上がっている車体に高性能なサスペンションが組み合わさっており、コーナリングでは大型スポーツバイクもびっくりという鋭い感覚がポイントです。

もちろん、乗り始めたばかりで「飛ばす」のはまったくおすすめできませんが、それでも高性能の車体による懐の深さは初心者の方に対しても有効なもの。車体が軽いのはお伝えした通りですので、街中をキビキビと走ったり、ちょっと狭めの駐輪場へ駐車するなんていうシーンでも持て余すことはないでしょう。

KTM 250DUKE

KTM 250DUKE

そのような魅力を備えるほか、250デュークが輸入車という点を考えればちょっと驚きなのですが、ここで紹介した他のバイクよりもダントツで安い車両価格も魅力の一つですね。

性能なんてよくわからない、という方なら、鮮烈なオレンジ色とシャープなデザインが気に入っちゃった、なんて理由で選んでも、きっと後悔することはないでしょう。

KTM 250デュークのスペック

【KTM 250デューク】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)-
ホイールベース-
シート高830mm
最大乗車定員2名
乾燥重量146kg
燃費-
エンジン種類DOHC単気筒 249cc
エンジン最高出力22kW(30hp)
エンジン最大トルク24N・m
トランスミッション常時噛合式6段リターン
新車価格590,900円(消費税抜)
(2022年6月現在 KTM公式サイトより)

まとめ

ハーレーダビッドソン XL883R

ハーレーダビッドソン XL883R

初心者の方だけでなく、ベテランライダーにもおすすめしたくなるような、魅力満点の250ccバイクを紹介してきました。ピンとくるバイクはありましたか?

二輪免許は、ストレートに受講ができれば最短で2週間あまり程度での取得も可能ですので、このバイクに乗ってみたい!という車種が定まれば残るは免許のみ。

春までに免許もバイクも間に合わせてうららかな日差しのもとでバイクデビューするのもおすすめですし、なんなら気合を入れて冬の間に免許を取得してバイクデビューしてしまっても楽しそうです。

よくある質問

250ccバイクはどの免許で乗れるの?

250ccバイクを運転するには、400ccまでのバイクを運転できる「普通二輪免許」か、排気量制限なくバイクを運転できる「大型二輪免許」が必要になります。

250ccバイクって高速に乗れるの?

125ccを超えるバイクなら、高速道路や自動車専用道路でも問題なく利用できます。軽自動車の半分以下となる250ccの排気量で大丈夫?と思ってしまうかもしれませんが、合流も追い越しもスムーズにこなすパワーがあるので、リラックスして利用できるでしょう。

250ccバイクで二人乗りってできる?

50ccを超え乗車定員が2名のバイクなら二人乗りが可能なので、ほとんどの250ccバイクなら問題なく二人乗りができます。ただし、二輪免許取得から1年間は二人乗りが禁止されていたり、高速道路だと取得から3年以上で年齢が20歳以上と条件が厳しくなるなどには注意が必要です。

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


バイク 初心者

関連する投稿


【2021年最新】125ccバイクおすすめ5車種!国産外車まとめてチェック

【2021年最新】125ccバイクおすすめ5車種!国産外車まとめてチェック

密にならずに移動ができるだけでなく、移動自体を楽しめるバイクツーリング。いつもの道を通るだけでも、バイクだと新しい発見がたくさんで楽しいものです。今バイクに乗っている方もこれからバイクに乗り始めたい方も、あらゆる方にぴったりな125ccの原付二種バイクで、バイクライフの楽しさを気軽に実感してみてはいかがですか。最新のおすすめ車種を5台ご紹介しますので、お気に入りの車種を探してみてください。


原付免許はどこで取る?いくらかかる?最速1日で取れるお手軽運転免許

原付免許はどこで取る?いくらかかる?最速1日で取れるお手軽運転免許

通勤通学からお買い物まで、激安な車両価格と扱いやすい小型なボディサイズで大活躍するのが原動機付自転車=原付です。普通自動車免許よりも早い段階から取得が可能な上、取得も非常に簡単なので、原付を運転する予定がない方でも身分証明書として取得する場合もあるとか。そんな原付免許を取得する方法や、取得費用、原付で注意しておきたいルールまで、まるごとご紹介していきます。


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


最新の投稿


【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

輸入車の定番と言われるメルセデスやBMWほどには敷居が高くなく、しかし品質イメージはドイツ車であることを主張してくるアウディ。そのアウディから販売されているSUVは7車種もあり、アウディでSUVを購入したいという方は迷ってしまうことでしょう。こちらでは、それぞれのスペックを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の購入を考えている方の中には、車を安く買う方法として「個人売買」に興味を持っている方が多いのではないでしょうか。普通に買うより安く買えるらしいけれど、いつもの買い方とどう違うのか、どんなトラブルやリスクがあるのか、どんな流れで自分の車になるのか、など分からない事や不安がたくさんあってなかなか踏み切れない方もいると思います。この記事では、実際に個人売買で車を購入・売却した実体験も踏まえて、個人売買の具体的な手順やメリット・デメリット、注意点などを紹介します。


自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

2022年9月に発売されたiPhone 14シリーズ全モデルには、自動車の重大な衝突事故を検出して、緊急通報サービスに自動で連絡してくれる新機能の「衝突事故検出」機能を搭載。今回は「衝突事故検出」機能の検出する仕組みや特徴、なぜ自動車事故の想定した機能を搭載したのかを解説していきます。


スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバルのソルテラは、スバル社では初となる新型EVクロスオーバーSUVです。2022年5月12日に発売開始されましたが、トヨタ自動車とBEV(バッテリー式電気自動車)を共同開発したことから注目が集まっています。ここでは、発売されてまだ間もないソルテラについて、スペックと価格、納期ついてまとめて解説します。


ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

大型SUVセグメントとして人気の高いトヨタのセコイア2023年モデルが、2022年夏に、米国トヨタで発売が決まりました。日本での正規販売は予定されていませんが、走行性能の高さにハイクオリティな安全装備が搭載されるので、逆輸入ユーザーが続出するのではないかと期待があります。今回の記事ではフルサイズSUV「セコイア」について、装備やグレードなどをさまざまな観点から紹介します。