トップへ戻る

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


バイクに憧れちゃう?原付二種で大満足バイク生活を始めよう!

ホンダ グロム(先代モデル)

ホンダ グロム(先代モデル)

暖かくなってくると、街中でバイクに乗る人を見かける機会も増えてきますよね。

バイクの種類はさまざまあれど、ほとんどのライダーたちに共通しているのはその楽しそうな表情。お気に入りのバイクで風を切って颯爽と走り抜けていくのは気持ちいいだろうなあ、と憧れてしまう方も多いのでは。

とはいえ普通二輪車以上になると、免許の取得も時間がかかりますし、そもそも車体自体もなかなか値が張りますから、おいそれとは手が出しにくい面もあります。そこでぜひおすすめしたいのが、気軽にバイクデビューできる「原付二種」なのです。

普通自動車免許などをお持ちの方なら50cc以下の「原付一種」に乗ることができますが、50cc以下の車両は制限速度が時速30kmだったりと制限も多く、現実世界の使用状況にそぐわないのであまり実用的ではなくなっている面もあります。

その点、50cc超125cc以下のバイクである「原付二種」なら制限はかなり緩和されますし、実は免許取得も非常に短期間で済みます。バイクデビューにぴったりですし、電車通勤をやめたいなあとお考えの方にも非常にぴったりな交通手段なのです。

原付二種の特徴と魅力まとめ! 二段階右折しないでOKってホント?

原付二種 スクーター(ベスパ(左)、ランブレッタ(中)、プジョー(右))

原付二種 スクーター(ベスパ(左)、ランブレッタ(中)、プジョー(右))

まず、原付二種免許の取得に関してですが、対象はAT限定のみで、すでに普通自動車免許などをお持ちの方限定とはなりますが、なんと最短2日間の教習で教習を終えられるように制度が改正されており、土日を利用して教習を受け終わることも可能。思い立ったらすぐ乗り始めることができます。

この記事でご紹介していくホンダ グロムのようにマニュアルの原付二種バイクを運転するにはMTも運転できる免許を取得する必要がありますが、こちらも最短では1日伸びた3日間で教習を終えられるので、非常にお手軽ですね。

また、原付一種では制限速度は時速30km、1人乗り専用、レーン数の多い交差点では二段階右折が必要など制限が多いことをお伝えしましたが、原付二種なら最高速は上限が時速60kmまで拡大、2人乗りも可能、二段階右折は不要と、あらゆる場面で乗りやすさがグンとアップします。

それでいてボディサイズはコンパクトなものが多く、原付一種とそう変わらない駐車スペースに置いておけますし、自動車をお持ちの方ならファミリーバイク特約が利用できる点は原付一種と共通とあって維持費も大きく変わりません。

よりとっつきやすくはあるものの制限の多い原付一種と並べてしまうと、原付二種はもはや完璧な乗り物のように思えてきますよね。

原付二種界のヤンチャ担当!ホンダ グロムの魅力と特徴

《画像提供:Response 》ホンダ グロム(初代モデル)

原付二種の制度としての魅力をご紹介してきたので、次は魅力的な原付二種の車両をご紹介していきましょう。

どうしても原付二種というとスクータータイプをイメージされる方も多いかとは思いますが、近年密かなブームになってきているのが、またがるタイプでしっかりバイク感があるタイプの原付二種。

その中でも、ヤンチャなデザインとホンダらしいしっかりとした走行性能で定評のある「ホンダ グロム」をご紹介していきます。

スケールは小さいけど本格派のかっこいいスタイリング!

《画像提供:Response 》ホンダ グロム(先代モデル)

タイヤが12インチと小径なこともあってファニーな見た目ではあるものの、横に人が立っていないと大型のバイクを思わせるような本格派のスタイリングこそ、グロムの見所です。

精密な印象のヘッドライトから存在感のあるタンク部、切れ上がった小尻のテールエンドなど、スポーティなストリートファイターバイクを思わせるその雰囲気は、きっと目的地に到着してからもちょっと眺めていたくなること間違いなしの魅力的デザイン。

比較的廉価な原付二種バイクながら、存在感がバッチリあって安物感がない点は高ポイントですよね。

ディテールにもこだわり満載!見ていて飽きない「盆栽化」もOK

ホンダ グロム(初代モデル)

ホンダ グロム(初代モデル)

もちろん、エクステリアの雰囲気だけが「それっぽい」のではなく、実際に各パーツを細かく見ていっても思わず見惚れてしまうような上級パーツが奢られているのがグロムの特徴。

カラースキームにもよりますが、ゴールド色などに塗装された太めの倒立式フロントフォークなどは大型バイクを思わせる上質な印象ですし、リヤ側では小型バイクでお馴染みのサスペンションを2本用いるタイプではなく、こちらもより大型のバイクを彷彿とさせるモノサスペンションを採用。

細やかなディテール部にも力を抜いておらず、どこを眺めてもかっこいいのがグロムなのです。このベースの実力があるからこそ、よりお好みの高級なパーツをふんだんに装着して眺めて楽しむ「盆栽バイク化」も成立してしまうでしょう。

小回り良好、駐車もお手の物!走りは切れ味抜群

《画像提供:Response 》ホンダ グロム(先代モデル)

12インチのタイヤが活きてくるのが、ミニサイズのバイクならではの小回り性能。狭い道でのUターンもお手の物ですし、車両重量は100キロあまりと軽量に仕上がっていますので、狭くなりがちな原付駐輪場での取り回しも楽々です。

それでいて、実際に走り出したあとの安定感も両立されている点こそホンダの技術力の真骨頂かもしれませんね。軽快なハンドリングの切れ味を楽しむこともできつつ、ロングツーリングでも疲れにくい安定性が確保されているので、あらゆる利用シーンで大活躍してくれること間違いなしでしょう。

低燃費すぎてヤバい?!旅バイクにもぴったりな航続距離

《画像提供:Response 》ホンダ グロム(先代モデル) メーター

もともとは国外市場スーパーカブ系に搭載されていた125ccクラスの横型単気筒エンジンを搭載していることもあって、グロムの燃費性能はもはや驚異的と呼べるレベルの低燃費です。

カタログ値としては、WMTCモード燃費で68.5km/L(クラス1)を記録しているなど、自動車の世界では聞いたことがないような燃費値を実現。実燃費でもリッター40キロは楽々、時にはカタログ値超えの燃費値すら実現するという声もあり、エコにも貢献できそうですね。

燃料タンク容量は6.0リッターが確保されているので、満タンなら300km以上も狙えそうな航続距離は、普段の給油頻度が少なくなるだけでなく、ロングツーリングにもぴったりです。

ホンダ グロムのスペック

【ホンダ グロム(2021年式)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)1,760mm×720mm×1,015mm
ホイールベース1,200mm
最大乗車定員2名
車両重量102kg
燃費WMTCモード:68.5km/L(クラス1、1名乗車時)
エンジン種類単気筒ガソリン 123cc
エンジン最高出力7.4kW(10PS)/7,250rpm
エンジン最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/5,500rpm
トランスミッション常時噛合式5段リターン(MT)
新車価格350,000円(消費税抜)
(2021年4月現在 ホンダ公式サイトより)

腕の見せ所!グロムの可能性が広がるカスタマイズ

《画像提供:Response 》ホンダ MSX125(国内名:グロム) カスタム車両(バンコクモーターショー2014 出展車両)

親しみやすいコンパクトサイズとリーズナブルな価格から人気モデルとなっているグロムだけに、カスタマイズシーンの熱気もムンムンです。自分仕様のグロムを追求すべく、カスタムビルダーもブッ飛んだカスタム仕様のグロムを数々製作しています。

マットブラックのボディも精悍なこちらは、タイ仕様のグロムである「MSX125」をベースとしてエンデューロ風に仕立てたカスタムモデル。隣にはステッカーチューンが施されたMSX125も並んでいますが、ベースが同じバイクとは思えないほどの違いにびっくりですね。

グロムのアクティブな印象を一気に引き立てたカスタムとなっています。

《画像提供:Response 》ホンダ MSX125(国内名:グロム) カスタム車両(バンコクモーターショー2014 出展車両)

またこちらもMSX125で、フェンダーやマフラーのカスタムとタイヤ・ホイールのチョイスによってうまくモトクロッサー風の雰囲気を再現した秀逸なカスタムとなっています。

シートやタンク形状などにグロムの面影も感じられるとはいえ、フルサイズのモトクロッサーを思わせるその仕上がりは、横に人が立ったりしていないとスケール感がわからなくなるほどの完成度ですね。

ここまで凝らなくても、プチカスタムで自分仕様グロムに変身!

《画像提供:Response 》ホンダ MSX125(国内名:グロム) カスタム車両(バンコクモーターショー2014 出展車両)

ホイールを変えたり、カウルを切り落としたりといった大掛かりな作業を経た完成度の高いカスタム例をご紹介してきましたが、そこまで凝らなくても自分仕様グロムは実現が可能。

こちらもMSX125のカスタム例ですが、形状はノーマルのままながら、ステッカーチューンによって「ガンダム」の雰囲気をうまく醸し出すことに成功していますよね。

その他にも交換しやすいミラーやレバー類を自分仕様にこだわるだけで、より愛車感が増すのがバイクのいいところ。グロムを手に入れる前に、自分ならどうカスタムしていきたいか考えてみるのも楽しそうです。

【2021年最新】ホンダ グロムの価格まとめ! 新型は値上がり?

《画像提供:Response 》ホンダ グロム 新型

上下二灯式のLEDヘッドライトが特徴的だった先代となる2代目グロムに対し、初代グロムを思わせるぱっちりとしたヘッドライトへ回帰した新型グロムが、2021年3月から発売されています。

外観面の違いだけでなく、エンジンが新開発となったことで高い環境性能はそのままに最高出力を向上、さらに先代まで4速だったトランスミッションが5速に増段化されたことで、より幅広いシチュエーションで乗りやすさを向上させるなど、メカ面に至るまで細やかなアップデートが施されている新型グロム。

これらに加えてABSが標準装備になるなど、装備の充実化が図られていながら、税抜価格で先代比わずか2万円高の35万円に抑えられている点がありがたいですね。

2021年モデルは蛍光イエローの差し色が鮮やかな「フォースシルバーメタリック」と、シックな「マットガンパウダーブラックメタリック」の2色展開。すでに販売が好調すぎて納車待ち期間が長引いているという情報もありますので、気になった方はお早めに販売店に問い合わせしてみてくださいね。

まとめ

《画像提供:Response 》ホンダ グロム レースベース車

とっても魅力的な原付二種バイク、ホンダ グロムに関してご紹介してきました。

バイクの魅力がしっかり凝縮されたコンパクトボディによって、維持費も安い、取り回しもしやすいといいことづくめのグロム。

モデルイヤーごとに新色が加わったりするのもグロムの楽しみの一つですので、これからもグロムから目が離せそうにありませんね。

関連するキーワード


バイク 原付二種 ホンダ

関連する投稿


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!

初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!

二輪免許をお持ちでない方は免許取得も必要ですが、欲しいバイクを先に決めておけば、教習も楽しく受けられるかも。この記事では、初心者の方にもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安、初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安、初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。