トップへ戻る

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 フィガロとは?

《撮影 雪岡直樹》1991年式 フィガロ(FK10)

フィガロとは、日産が1991年~1992年に販売していた「Be-1」「パオ」に続く、第3弾のパイクカーシリーズとなります。

日産パイクカーシリーズの集大成とも言えるフィガロは、ノスタルジック・モダンな2ドアスモールコンバーチブルモデルとして人気を集めました。パイクカーとは、デザイン性にエッジの利いたクルマやレトロ調、独特なスタイルのクルマのことを言い、スタイリングが評価された過去のクルマを思い出させるものなども含まれます。

フィガロという車名はモーツァルトの作曲されたオペラ「フィガロの結婚」に登場する主人公に由来しています。一見ルーフはハードトップのように見えオープンカーには見えませんが、実は4座オープン方式になっており手動で開閉が可能となっています。

コンパクトなボディに多くの魅力が詰め込まれ、スペックや装備もかなり充実した車種となります。

1年限りで生産終了、幻のフィガロ

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

フィガロは日本国内で限定2万台で生産終了となった1代限りのクルマとなります。パイクカーの人気と2万台限定ということもあり抽選応募が殺到しました。

フィガロは日本国内だけではなく、特に欧州とりわけ日本と同じ右ハンドルの英国では、好評となり3000台ほどが輸出・中古車販売されており、現在でも求める人が多いと言われています。

それほどの人気があれば、あらゆる技術を更に詰め込んで2代目が誕生してもおかしくないフィガロなのですが、販売は初代で終了となっています。

何故1年限りの販売だったのか?

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

パイクカーはバブル期で経済的にも余裕があったからからこそ実現できたプロジェクトであり、遊び心から生まれたクルマといえるでしょう。そのためバブル崩壊と共にパイクカーであるフィガロの販売は1年限りとなり、幻の車種となっていきました。

バブル期が続けば2代目の販売も有り得たかもしれませんし、新たなパイクカーが誕生していたかもしれません。

このように時代の流れに何が起こるか分からないため、自動車業界もその波を上下に走り続けています。人気があるからこそ販売継続ということもいかず、厳しい状況となれば販売終了となってしまいます。

フィガロ、当時のライバル車は?

《写真提供:response》パオ

フィガロのライバル車として一番大きな存在は、日産の同じくパイクカーとして販売されていたパオでしょう。共にパイクカーとして生産されたクルマなので双方ともに個性的となっています。

大きな違いとしては、フィガロにはターボエンジンが搭載されていた点やオープントップになる手動開閉式トップを備えていた点、乗車人数がパオは5名に対してフィガロは4名という点が挙げられます。

共に丸みをイメージしたデザインはどこか懐かしさを覚えます。

パオは3ドアハッチバックとして人気を博し、フィガロは2ドアオープンカーとして人気を博しました。これはライバルというよりも良い形での共存関係にあったと言えるのかもしれません。

日産 フィガロってどんな車?

日産 フィガロの性能

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

フィガロの全長は3,740mm・全幅1,630mm・全高1,365mmとなっており、1L直列4気筒のターボチャージャー付きで、排気量は987cc(76PS/10.8kgm)で5ナンバーに分類されます。

フロントエンジン・フロントドライブ(FF方式)を採用していました。

日産 フィガロのエクステリア

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

エクステリアとしてはやはりレトロ調で丸い局面が帯びた形状構成がされたボディパネル・円や半円・楕円などをモチーフに、現在では見られない芸術エクステリアと独特のインパクトを持ちます。

コンパクトな2ドアにルーフ・ショルダーラインとボディでツートンカラーを採用、円形ヘッドライト、リアライトとなっており、メッキモール装飾され、50~60年ほどのヨーロッパの雰囲気を醸し出し、愛想らしいエクステリアとなります。

日産 フィガロのインテリア

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー【愛車 File.15】

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー【愛車 File.15】

インテリアはエクステリア同様クラシカルに仕上げられており、水平基調ダッシュボードに埋め込まれたメーターパネルはメッキモールが施され、字盤書体へのこだわりやメーターの目盛りや針が細く繊細になっているなど特徴的なイメージがあります。

ホワイトをベースに本革シート採用され、3本スポークステアリング、ウインドウスイッチ等には綺麗な花蕾をモチーフに細部まで入念な造り込みがされており、統一感あるノスタルジーに溢れた仕上がりとなっています。

日産 フィガロの中古車価格

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

グレードは1つしかなく、価格帯は90万円台~590万円台とかなり幅広くなっています。

フィガロ 1.0
約90万円台~590万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年4月現在)
※表示価格は車両本体価格です。

未だに人気のフィガロ

《写真提供:response》《撮影 中込健太郎》新車時には大変な人気で、瞬く間にプレミアがついたほど。

フィガロは販売から30年も経ち、街中で走る姿を見掛ける事は少なくなりました。しかし、コアなファンからはいまだに愛されているクルマとなっています。

日本国内のみならずヨーロッパ特に英国に多くのファンがおり、2009年にはオーナーズクラブも発足するほどとなっています。年間を通してレース・交流会を行い、フィガロのファン同士でイベントを開催して楽しんでいます。

日産 フィガロの評価

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

フィガロは何と言ってもファッション性・デザインが特徴とされており、外車に思われてしまうほどの形状とボディカラーになっており、現在にはあまり存在しない贅沢な遊び心が盛り込まれたクルマとして好評を得ています。

オープンカーということもあり走行時の風波を直接体感出来るため、ドライビングへの楽しみもかなり満喫できる事が魅力となっています。フィガロは昔のクルマなので多少不便な部分もありますが、それを上回るだけの魅力にあふれています。

後継車はでないのか?

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

日産フィガロ 離れた丸目で味わい尽きぬ カエル顔のパイクカー

フィガロの後継車は生まれるのか気になるところですが、その可能性は低いと考えていいでしょう。理由としては、日産がパイクカーを儲かるビジネスプランとして見いだしていないことが挙げられます。

フィガロ販売時代は安全基準が現在より緩かったため、ボディの内外装も自由度が高く、レトロ調のシンプルなデザインの内装には、現在は必須となっている安全装備エアバッグすら装着されていませんでした。

外装も側面・前面衝突対策への基準が低かったため、ドアやボディは薄く造られていました。それを現在の安全基準まで高め製造すると、かなりコストが掛かってしまいます。

仮にフィガロの後継車を製造販売したとしても、バブル経済のような追い風がなければ大ヒットにまでは至らないのが現状とみられています。

まとめ

人生初の愛車として手に入れた「日産フィガロ」

人生初の愛車として手に入れた「日産フィガロ」

フィガロ(パイクカー)を復活させるには、自動車業界の「チャレンジ」が必要でしょう。ユーザーが待ち望んでいるクルマは「自動運転、コネクティッド、電動化」だけではないはずです。

パイクカーのような魅力的なクルマが現れると、一気に目線が変わってしまうことがあるかもしれません。それほどフィガロのようなパイクカーは魅力にあふれていて、愛される力を持っているといえます。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


カーリースと中古車はどっちがおトク?支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

カーリースと中古車はどっちがおトク?支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。