トップへ戻る

新型車情報|RAV4 PHVをわかりやすく解説!性能と価格、中古車情報も!

新型車情報|RAV4 PHVをわかりやすく解説!性能と価格、中古車情報も!

2020年6月に発売されたプラグインハイブリッドモデルであるトヨタの「RAV4 PHV」は、今もっとも注目されるSUVの一台となっています。今回は、その「RAV4 PHV」の性能と価格、そして中古車情報も含めてわかりやすく解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


RAV4 PHVとは?

トヨタ RAV4 PHV ブラックトーン

トヨタの定番SUVであるRAV4に、プラグインハイブリッド車として追加設定されたRAV4 PHV。その凄まじい人気はトヨタの想定を大幅に超えていたようで、発売から1ヶ月経たないうちにバッテリー供給の事情から受注がストップされていたほどでしたが、2021年3月からようやく受注が再開されています。

国内では、2019年4月にフルモデルチェンジされた現行モデルの5代目RAV4は、「TNGA」に基づくプラットフォームを採用して、ボディ剛性の強化と広い室内を両立しました。また、2.0Lの新世代直噴ガソリンエンジンと、新型2.5Lハイブリッドシステムが搭載されました。

2020年6月に追加設定されたのがRAV4 PHVです。RAV4 PHVは外観がRAV4と差別化され、フロントフェイスに専用のフロントグリルとロアモール、LEDデイライトが採用されています。

さらに、ボディカラーにもPHV専用色「エモーショナルレッドII」が設定されるほか、ボディ下部はアティチュードブラックマイカでコーディネートされています。

RAV4 PHVの走行性能

トヨタ RAV4 PHV

新開発されたプラグインハイブリッドシステムが生み出すパワーは、フロントモーターを高出力化したことでシステム最高出力を225kW(306PS)に向上させ、加速時などのレスポンスも向上されています。

また、リヤにモーターを備えるE-Fourによって、コーナリング中や降雪時や雨天時の走行でも卓越した走行安定性を実現しています。

さらに、ハイブリッド燃費は22.2km/Lを達成し、55Lを確保したガソリンタンクを装備したことで、プラグインレンジもあわせた航続可能距離は1,300km以上となっています。

【トヨタ RAV4 PHV】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,600mm×1,855mm×1,690~1,695mm
ホイールベース2,690mm
最大乗車定員5名
車両重量1,900~1,920kg
エンジン種類直列4気筒2,487cc
最高出力130kW(177PS) /6,000rpm
最大トルク219N・m (22.3kgf・m) / 3,600rpm
モーター形式 前/後
交流同期電動機/交流同期電動機
最高出力 前/後
134kW(182PS) /40kW(54PS)
最大トルク 前/後
270N・m (27.5kgf・m) /121N・m (12.3kgf・m)
ハイブリッド燃費(WLTCモード)22.2km/L
充電電力使用時走行距離95km
交流電力量消費率(WLTCモード)155Wh/km

動力用主電池 総電力量

18.1kWh
駆動方式
4WD
(2021年3月現在 トヨタ公式サイトより)

RAV4 PHVの充電機能

トヨタ RAV4 PHV 充電ポート

RAV4 PHVは、自宅でも外出先でも充電可能な「普通充電」に対応しており、自宅では、付属の充電ケーブル(AC200V・AC100V兼用)をコンセントに接続することで充電が可能になります。

そして外出先ではPHV充電サポートに加入すれば、充電器が設置されているトヨタ車両販売店や、全国の普通充電スポットでの充電が可能となり、満充電までにかかる時間は200Ⅴで約5時間30分となっています。


充電方法 (普通充電 標準装備)
単相AC200V/16A
単相AC100V/6A
充電時間
約5時間30分(満充電)
約27時間(満充電)
専用の配線工事
必要不要

(2021年3月現在 トヨタ公式サイトより)

RAV4 PHVの安全性能

RAV4 PHVには、プリクラッシュセーフティや、レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストを備えた「トヨタセーフティセンス」を標準装備しています。

また、低速走行時に壁や車両を検知する「インテリジェントクリアランスソナー」や、後退時に接近する車両を検知する「リヤクロストラフィックオートブレーキ」などのパーキングサポートブレーキも採用しています。

走りだけじゃないPHVならではの利便性

RAV4 PHV アクセサリーコンセント

標準装備されたAC100V・1500Wの外部給電機能を、ラゲージ内に備わっているアクセサリーコンセントや付属のヴィークルパワーコネクターを利用することで使用可能になります。

この外部給電機能により、停電・災害時などの緊急時やアウトドアなどで、EV給電モードとHV給電モードの2つの外部給電モードを使用目的に合わせて選べます。

バッテリーだけを使って給電するEV給電モードに対し、HV給電モードはバッテリー残量が少なくなると、エンジンが起動することによって、ガソリン満タン状態なら最大出力の1,500Wで使い続けても、3日程度の電力の供給が可能になります。

RAV4 PHVのグレードと価格

トヨタ RAV4 PHV

RAV4 PHVの税抜新車価格は、同じGグレードの4WD車で比較すると、PHV Gが4,263,636円なのに対し、ハイブリッドGで3,662,727円、2.0LガソリンエンジンのGが3,082,727円なので、PHVのほうがハイブリッドと比べて約60万円、2.0Lガソリン車と比べて118万円も高くなっています。

車種選びに関しては、ご自身のライフスタイルや予算に応じて慎重に選ぶ必要があります。

【トヨタ RAV4 PHV】価格表

グレード車両本体価格(消費税抜き)
RAV4 PHV G4,263,636円
RAV4 PHV G“Z”
4,536,364円
RAV4 PHV BLACK TONE
4,900,000円
(2021年3月現在 トヨタ公式サイトより)

RAV4 PHVの中古車相場

トヨタ RAV4 PHV

RAV4 PHVは受注中止が長引いたこともあって納期が長く、中古車市場にはあまり流通していません。したがって中古車としては値が下がらず、かえって高い場合もあります。

【トヨタ RAV4 PHVとRAV4】の中古車相場

生産期間中古車平均価格(消費税込み)
RAV4 PHV 2020年6月~生産中584.5万円
RAV4 2020年6月~生産中
329.7万円

(2021年3月現在 レスポンス中古車検索より)

まとめ

RAV4のハイブリッドでも、国産SUVで最高の出来と思っていた人もいたほどに、スタイル、性能ともに完成度の高いモデルでしたが、PHVはさらに上を行くモデルでした。

この記事を見たあなたにそう感じてもらえたら幸いです。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

発売から四半世紀以上の歴史を持つトヨタ RAV4は、世界で最も販売されているSUVのひとつです。どんな魅力があるでしょうか。今回は、これまでの歴史と、おすすめのグレード、口コミなどをまとめました。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。