トップへ戻る

【新型車情報】RAV4 PHVをわかりやすく解説!性能と価格、中古車情報も!

【新型車情報】RAV4 PHVをわかりやすく解説!性能と価格、中古車情報も!

2020年6月に発売されたプラグインハイブリッドモデルであるトヨタの「RAV4 PHV」は、今もっとも注目されるSUVの一台となっています。今回は、その「RAV4 PHV」の性能と価格、そして中古車情報も含めてわかりやすく解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


RAV4 PHVとは?

トヨタ RAV4 PHV ブラックトーン

トヨタの定番SUVであるRAV4に、プラグインハイブリッド車として追加設定されたRAV4 PHV。その凄まじい人気はトヨタの想定を大幅に超えていたようで、発売から1ヶ月経たないうちにバッテリー供給の事情から受注がストップされていたほどでしたが、2021年3月からようやく受注が再開されています。

国内では、2019年4月にフルモデルチェンジされた現行モデルの5代目RAV4は、「TNGA」に基づくプラットフォームを採用して、ボディ剛性の強化と広い室内を両立しました。また、2.0Lの新世代直噴ガソリンエンジンと、新型2.5Lハイブリッドシステムが搭載されました。

2020年6月に追加設定されたのがRAV4 PHVです。RAV4 PHVは外観がRAV4と差別化され、フロントフェイスに専用のフロントグリルとロアモール、LEDデイライトが採用されています。

さらに、ボディカラーにもPHV専用色「エモーショナルレッドII」が設定されるほか、ボディ下部はアティチュードブラックマイカでコーディネートされています。

RAV4 PHVの走行性能

トヨタ RAV4 PHV

新開発されたプラグインハイブリッドシステムが生み出すパワーは、フロントモーターを高出力化したことでシステム最高出力を225kW(306PS)に向上させ、加速時などのレスポンスも向上されています。

また、リヤにモーターを備えるE-Fourによって、コーナリング中や降雪時や雨天時の走行でも卓越した走行安定性を実現しています。

さらに、ハイブリッド燃費は22.2km/Lを達成し、55Lを確保したガソリンタンクを装備したことで、プラグインレンジもあわせた航続可能距離は1,300km以上となっています。

【トヨタ RAV4 PHV】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,600mm×1,855mm×1,690~1,695mm
ホイールベース2,690mm
最大乗車定員5名
車両重量1,900~1,920kg
エンジン種類直列4気筒2,487cc
最高出力130kW(177PS) /6,000rpm
最大トルク219N・m (22.3kgf・m) / 3,600rpm
モーター形式 前/後
交流同期電動機/交流同期電動機
最高出力 前/後
134kW(182PS) /40kW(54PS)
最大トルク 前/後
270N・m (27.5kgf・m) /121N・m (12.3kgf・m)
ハイブリッド燃費(WLTCモード)22.2km/L
充電電力使用時走行距離95km
交流電力量消費率(WLTCモード)155Wh/km

動力用主電池 総電力量

18.1kWh
駆動方式
4WD
(2021年3月現在 トヨタ公式サイトより)

RAV4 PHVの充電機能

トヨタ RAV4 PHV 充電ポート

RAV4 PHVは、自宅でも外出先でも充電可能な「普通充電」に対応しており、自宅では、付属の充電ケーブル(AC200V・AC100V兼用)をコンセントに接続することで充電が可能になります。

そして外出先ではPHV充電サポートに加入すれば、充電器が設置されているトヨタ車両販売店や、全国の普通充電スポットでの充電が可能となり、満充電までにかかる時間は200Ⅴで約5時間30分となっています。


充電方法 (普通充電 標準装備)
単相AC200V/16A
単相AC100V/6A
充電時間
約5時間30分(満充電)
約27時間(満充電)
専用の配線工事
必要不要

(2021年3月現在 トヨタ公式サイトより)

RAV4 PHVの安全性能

RAV4 PHVには、プリクラッシュセーフティや、レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストを備えた「トヨタセーフティセンス」を標準装備しています。

また、低速走行時に壁や車両を検知する「インテリジェントクリアランスソナー」や、後退時に接近する車両を検知する「リヤクロストラフィックオートブレーキ」などのパーキングサポートブレーキも採用しています。

走りだけじゃないPHVならではの利便性

RAV4 PHV アクセサリーコンセント

標準装備されたAC100V・1500Wの外部給電機能を、ラゲージ内に備わっているアクセサリーコンセントや付属のヴィークルパワーコネクターを利用することで使用可能になります。

この外部給電機能により、停電・災害時などの緊急時やアウトドアなどで、EV給電モードとHV給電モードの2つの外部給電モードを使用目的に合わせて選べます。

バッテリーだけを使って給電するEV給電モードに対し、HV給電モードはバッテリー残量が少なくなると、エンジンが起動することによって、ガソリン満タン状態なら最大出力の1,500Wで使い続けても、3日程度の電力の供給が可能になります。

RAV4 PHVのグレードと価格

トヨタ RAV4 PHV

RAV4 PHVの税抜新車価格は、同じGグレードの4WD車で比較すると、PHV Gが4,263,636円なのに対し、ハイブリッドGで3,662,727円、2.0LガソリンエンジンのGが3,082,727円なので、PHVのほうがハイブリッドと比べて約60万円、2.0Lガソリン車と比べて118万円も高くなっています。

車種選びに関しては、ご自身のライフスタイルや予算に応じて慎重に選ぶ必要があります。

【トヨタ RAV4 PHV】価格表

グレード車両本体価格(消費税抜き)
RAV4 PHV G4,263,636円
RAV4 PHV G“Z”
4,536,364円
RAV4 PHV BLACK TONE
4,900,000円
(2021年3月現在 トヨタ公式サイトより)

RAV4 PHVの中古車相場

トヨタ RAV4 PHV

RAV4 PHVは受注中止が長引いたこともあって納期が長く、中古車市場にはあまり流通していません。したがって中古車としては値が下がらず、かえって高い場合もあります。

【トヨタ RAV4 PHVとRAV4】の中古車相場

生産期間中古車平均価格(消費税込み)
RAV4 PHV 2020年6月~生産中584.5万円
RAV4 2020年6月~生産中
329.7万円

(2021年3月現在 レスポンス中古車検索より)

まとめ

RAV4のハイブリッドでも、国産SUVで最高の出来と思っていた人もいたほどに、スタイル、性能ともに完成度の高いモデルでしたが、PHVはさらに上を行くモデルでした。

この記事を見たあなたにそう感じてもらえたら幸いです。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。