トップへ戻る

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽はスーパーハイトワゴンしかないと思ってる? ムーヴを見よ!

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

国内の新車販売台数トップを軽自動車が獲得するようになって久しいですが、現在の人気は全高が1,700〜1,800mm程度でスライドドアを備えるスーパーハイトワゴンに集中しているような印象もあります。

しかし、2020年の軽自動車新車販売台数ランキングを確認してみると、確かに3位まではスーパーハイトワゴン系が占めていますが、4位には今回ご紹介するダイハツ ムーヴが登場するのです。実はムーヴのようなトールワゴンも、軽自動車業界で少なくないシェアを保っています。

あまり話題に上らなくなってきているとはいえ、年間で10万台以上を売り上げる定番ヒット車種であるムーヴは、5ドアハッチバック車としての使い勝手の良さと、高い走行性能と低燃費性能、さらには高級感のある内外装まで備えたオールラウンダー。

ムーヴの魅力を知れば、きっと乗り換え候補に入れたくなるはずです。

歴代ムーヴを簡単に解説 ずっと愛されてきた長い歴史

ムーヴ 初代〜3代目:軽トールワゴンブームを支えた

ダイハツ ムーヴカスタム(3代目)

ダイハツ ムーヴカスタム(3代目)

1995年に登場した初代ムーヴは、当時の主力セダンであった同社のミラをベースに全高を高めた成り立ちを持つハイトワゴンです。

2年先行して登場していたワゴンRの成功もあってか、全高を高くすることで室内の狭さが克服できるというメリットは軽自動車業界に瞬く間に広まり、ムーヴも登場するやいなやたちまち人気車種となりました。

軽自動車規格の改定時期と重なってしまったことから3年で2代目へとモデルチェンジしますが、3代目まではボンネット部の存在感がある2ボックス形状が印象的な点が継続されていました。

また初代から特徴的だったのは、独自のエアロパーツなどを装着した「カスタム」をラインナップしていたことでした。特に初代のエアロダウンカスタムでは、メーカー公式車両ながら車高を15mm低くしたローダウンサスペンションがおごられ、押し出しのあるスタイルで人気を博しました。

ムーヴ 4代目〜5代目:革新のスタイリングと普通車越えの気概

ダイハツ ムーヴ(4代目)

ダイハツ ムーヴ(4代目)

4代目では、ノーズからルーフまでを一筆書きでつなぐ大胆なワンモーションフォルムへと変貌した点が目新しい特徴でした。

これには初代ムーヴのフロントフェンダーからフロントウィンドウまでが繋がるキャラクターラインをオマージュする意図もあったのだとか。そう言われてみると、初代ムーヴからの正当進化として納得できますね。

ノーズ部が極めて短く設計されるようになったことで、元から余裕のあった室内長はさらに拡大され、ゆとりの室内が実現されていた点も注目ですね。4代目登場時には当時のタントよりも室内長で110mm、室内幅で50mmも上回っていたというのですから、驚きです。

走行性能の完成度や高効率性が追求され、普通車を超えたなんていう評価がされることもあったムーヴ。現在の6代目まで、4代目からの路線が継続されています。

ムーヴ 6代目(現行型):極まった動的質感!

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴ(6代目)

現行型となる6代目は、もはや室内の使い勝手や広さが充分すぎるほどに練り上げられている先代までに比べ、走りの質感向上が大きく評価されています。

もともと車重の軽い軽自動車としてはかなり大規模となる先代比で20kgもの軽量化を行いつつ、高剛性ボディ構造「Dモノコック」を採用することで剛性向上、「Dサスペンション」の採用でフリクション感の少ない優れた乗り心地を実現など、クラスを超えた動的質感を誇ります。

外観では4代目のような思い切ったワンモーションフォルムをやめ、標準系とカスタム系の両方で厚みと高級感のあるデザインへ進化。またリヤゲートは、初代から先代まで継続された伝統だった横開き式をやめ、一般的なハッチゲートになりました。

【番外編】7代目ムーヴはいつ出るの?

ダイハツ ムーヴ 次期型予想CG

ダイハツ ムーヴ 次期型予想CG

ムーヴは先代まで4年ごとのモデルチェンジ周期が一般的だったので、2014年デビューの現行モデルはかなりモデルチェンジを先延ばししていることがわかります。

現行型モデルは軽の基準を超えた意欲作であることもあって、6年が経過している現在でも古くさくはなっていませんが、噂レベルでは次期型登場も間近なのではないかと予想されています。

当初は2020年内の登場が予想されていたのですが、2021年3月になってもまだ登場していませんよね。

コロナ禍による開発計画の遅れか、それとも現行車がまだまだ販売台数ランキング上位に食い込める実力があることを考慮してかは不明ですが、新型投入は遠くはないと思われるものの、具体的な情報はいまだ不明です。

現行型ムーヴはここが素晴らしい!魅力ポイント

天井が高すぎない扱いやすさ

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴ

1,630mmに抑えられた全高を持つムーヴは、現在の軽自動車のトレンドから考えるとやや低めの車高。しかしこの車高こそ、ムーヴの扱いやすさの理由なのです。

高すぎない車高は、重心を下げてくれますし、車両重量の軽量化にもつながります。普段のドライブでの走行安定性や低燃費に貢献してくれつつ、室内の使い勝手も充分以上に確保されている、高度なバランスの車高と言えるでしょう。、

ゆとりの室内空間

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴ インテリア

高すぎないルーフ高ながら、仕様によってタントよりも室内長が長くなっているなど、そのゆとりはスーパーハイトワゴンにも見劣りしません。

もちろん頭上空間の余裕はタントに譲りますが、実際にうれしいのは足元空間のゆとりという方も多いのではないでしょうか。ムーヴは前後乗員間距離が1,030mmも確保されており、後部座席でも足が楽々組めるほどのゆとりです。

高級感あふれる乗り心地と走行安定性

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴカスタム

先ほどもご紹介した通り、DモノコックやDサスペンションといった新発想の技術が投入されているムーヴは、乗り心地も快適そのもの。優れたシート形状も相まって、ロングドライブでも疲れにくいリラックスした運転ができそうです。

アダプティブクルーズコントロールなどの先進運転支援装備が現行型には備わらない点はデビュー年度の古さをやや感じさせますが、運転が楽しすぎて気にならないかもしれませんね。

存在感あるカスタム、親しみやすさの標準形、選べるスタイル

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴ

初代からカスタムグレードを設定し続けているムーヴ。お好みに応じて選び分けられるバリエーションの豊富さがうれしいところですよね。

パッチリとしたヘッドランプで親しみやすさを醸し出す標準系に対し、カスタムはLEDが多用されたモダンで迫力のあるデザイン。どちらも軽自動車っぽくない伸びやかさがある上質なデザインとなっています。

ダイハツ ムーヴのスペック

【ダイハツ ムーヴカスタム RS“ハイパーSA III” 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:19.5km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,400rpm
エンジン最大トルク92N・m(9.4kg・m)/3,200rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,505,000円(消費税抜)
(2021年3月現在 ダイハツ公式サイトより)

軽ならムーヴをおすすめしたい理由は、ライバル比較でわかります

【ムーヴ vs ミライース】価格は高くても、その分満足

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ軽乗用車のベーシックラインを担うミライースと比較すると、ムーヴはどうしても価格面では敵いません。

さらにミライースは、ムーヴよりもさらに低く抑えた車高と、高効率のイーステクノロジーによって燃費性能でもムーヴを上回ります。

しかし、価格で上回る分、ムーヴの普通車とも比較対象に入れられるような上質感は大きな魅力でしょう。室内高もムーヴの方が余裕がありますし、ミライースでは格納のみ可能な後席も、ムーヴでは左右独立してロングスライドとリクライニングが可能になるなどの機能性の違いも多数あります。

ベーシックな軽乗用車をお探しならミライースがピッタリかもしれませんが、ムーヴならひとつ上行く満足感が得られそうです。

【ムーヴ vs タント】その頭上の余裕は絶対必要ですか?

ダイハツ タントカスタム

ダイハツ タントカスタム

激戦区のスーパーハイトワゴンに堂々投入されたタントは、DNGA思想に基づく新プラットフォームによって、ムーヴのそれをさらに上回る上質な乗り心地を獲得しているという評価もあります。

もちろん、高めのルーフ高による室内スペースはもはやミニバン的な使い方も可能で、自転車をタイヤを外さずに積み込んだりといったシーンでは便利さを実感できることでしょう。

しかし、普段そんなに大きな荷物を運ばないなら、頭上空間が広くてもやや無駄に感じてしまうかも。

特にタントは、新型プラットフォームによる軽量化が効いているとはいえ最大で車重が1.0トン近くに達してしまう重量級ですので、全グレード900kg以下で収まるムーヴの軽快感が際立ちます。

タントの上位グレードに備わる全車速追従機能付ACCなどの先進機能は、新型車らしく魅力的ではありますが、室内の質感などではムーヴもまだまだ負けていません。

プロはムーヴをこう評価した!

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴカスタム

ムーヴカスタムの操縦安定性は、限界付近と普通に走っている時とで結構特質が違っていた。普通に走っているぶんには操縦性は結構ファンだ。峠道でコーナリングに差しかかり、ハンドルを切った時のアウト側前サスペンションの沈みが素直で、姿勢が安定的な対角線ロールになる。そこからの弱アンダーもとても良い感じで、コーナー外側への微妙なふくらみを感じながら走ることができた。

サスペンションストロークの小さな軽自動車の安定性を上げるには通常、ロールを抑制する方向でセッティングする。ハンドリングの性能面を見ればムーヴカスタムより良い軽自動車はたくさんあるが、こういう対角線ロールの綺麗なモデルは少ない。ムーヴカスタムと登場年代が近い現行ダイハツ車、たとえば『ムーヴキャンバス』『キャストスタイル』、普通車の『ブーン』と比べても圧倒的にこちらが優れている。

筆者がこれまで乗った他社のトールワゴンとの比較でも、旋回姿勢の良さではムーヴが一番優れていた。トールワゴンで負ける可能性があるのは最近プラットフォームだけ変更という珍しいモデルチェンジを行ったホンダ『N-ONE』くらいだろう。

モデルチェンジが頻繁に行われる激戦の軽自動車の世界においても、デビュー6年目にしてムーヴはまだまだ優れた評価を受けていることがわかります。

やはりスーパーハイトワゴン系と比較して操縦安定性に優れていることや、シートや内装の仕立てが2021年基準ではやや劣り始めている点などが指摘されています。

【2021年最新】ダイハツ ムーヴ 新車・中古車価格まとめ

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴカスタム

2021年3月現在、ダイハツ ムーヴには、標準系で「L」「L“SA III”」「X」「X“リミテッド II SA III”」「X“SA III”」「Xターボ“SA III”」の6グレード、カスタム系で「カスタムX」「カスタムX“リミテッド SA III”」「カスタムX“リミテッド II SA III”」「カスタムRS“ハイパーSA III”」「カスタムRS“ハイパーリミテッド SA III”」の5グレードが設定されています。

予防安全機能パッケージのスマートアシストはグレード名に「SA III」と入っているグレードにのみ装備されているほか、それぞれ4WD仕様が税抜11.5万円高で全モデルに設定されています。

税抜価格帯としては、標準系が103.0万円から136.5万円、カスタム系が138.5万円から162.0万円となっています。

価格だけ見れば、特別装備が多いカスタム系ではやや割高感もありますが、装備内容と照らし合わせると納得できる価格といえそう。また標準系は、スーパーハイトワゴン系と比べてもグッと競争力のあるお買い得価格が魅力的ですね。

ダイハツ ムーヴカスタム(2015年型)

ダイハツ ムーヴカスタム(2015年型)

ムーヴは歴史を重ねてきた人気車だけに、2021年3月現在では、中古車在庫も約8,500台と豊富です。

現行モデルの税込中古車車両本体価格平均では101.2万円と、クオリティの高さもあって大幅な値崩れは見られませんが、それでもリーズナブルな価格で推移していますね。

参考までに先代モデルになると平均価格は48.4万円台までグッと下がりますし、車両価格でひとケタ万円から探すこともできるようになるなど一気に激安化。現行型のクオリティも捨てがたい部分ですが、お手軽な車をお探しならこちらもおすすめです。

まとめ

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴカスタム

忘れ去られたようで販売台数はしっかり出ている不思議な存在、ダイハツ ムーヴについてご紹介してきました。

そろそろ次期型の噂もささやかれているものの、現行型の魅力はまだまだ色褪せていません。むしろ一部改良でカスタムのスタイリングがさらに先鋭化するなどどんどん進化もしていますので、気になった今こそ買い時かもしれませんよ。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


スバルのステラって知ってる?トータルバランスの良いステラを大解剖!

スバルのステラって知ってる?トータルバランスの良いステラを大解剖!

ステラと聞いてすぐわかる人はかなりの車好き、もしくは熱心なスバルファンでしょう。実は燃費や性能、そして低価格などのトータルバランスに優れた軽トールワゴンなのです。今回はその知る人ぞ知るスバルのステラについてご紹介します。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

軽自動車らしからぬ広々さが人気のスーパーハイトワゴンは、ダイハツ タントがブームの火付け役でした。現在では軽自動車の中でもド定番にまで成長した同ジャンルですが、パイオニアであるタントの人気は、強大なライバルに比べるとやや下降気味の様子。どんな背景がそうさせるのか、タントの魅力は薄れていないのかを詳しくご紹介していきます。お買い得な中古車相場も大注目です。


売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

20年以上の空白期間を経て2019年に復活したダイハツ ロッキーですが、発売されるやいなや即座に大ヒットモデルに成長しています。SUV人気の真っ只中という自動車市場で、小型で扱いやすいサイズというヒット要因はあるものの、ここまで売れるからには、他にもロッキーならではの魅力がたくさんあるはず。ロッキーを徹底分析したこの記事を読めば、あなたもが欲しくなってしまうかもしれません。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。