トップへ戻る

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ CX-30とは?

走行中のマツダCX-30

≪写真提供:response≫マツダ CX-30

近年、世界的に高い人気を集めている自動車のカテゴリーがSUVです。世代を問わず、高い人気を集めていることから、世界中のメーカーがニューモデルを投入し続けています。マツダも特にSUVに力を入れているメーカーのひとつで、ここ数年だけでも新しいSUVモデルを投入してきました。CX-30もそのひとつで、コンパクトかつスタイリッシュなデザインが魅力的なモデルとなっています。

このCX-30ですが、プラットフォームをマツダの定番モデルであるマツダ3と共有したSUVとなっています。ベース部分は共通していますが、デザインの面では大きく異なっており、兄弟車とは思えないほどにしっかりとしたSUVに仕上げられています。

最近ではさまざまなスタイルのSUVが登場していますが、CX-30はその中でもより一般乗用車に近いサイズ感、デザインに仕上がっているという点がポイントです。SUVスタイルではありますがワイルドさやスポーティさよりも、エレガントさを感じさせてくれます。それがこのモデルの個性であり、大きな魅力のひとつとなっています。

他の人とはひと味違ったSUVに乗りたいという方にも人気のモデルなので、気になっているという方も多いでしょう。今回はそんなCX-30について詳しくご紹介します。

ジャストサイズが嬉しい新世代SUV

SUVには乗りたいものの、あまりサイズが大きなものは運転しにくいといった不安を抱えている方も多いようです。実際にSUVにはサイズが大きなものも多く、日本の道路事情では運転しにくいものも少なくありません。

その点、CX-30はマツダの定番ハッチバックであるマツダ3がベースとなっていますので、普通車やコンパクトカーに近いサイズ感で仕上げられています。車高もそれほど高くありませんので立体駐車場なども問題なく使用できます。

近年ではコンパクトサイズのSUVも人気を集めており、各メーカーが特に力を入れているカテゴリーのひとつです。それだけにマツダもこのモデルの開発には力を入れており、とてもハイクオリティなモデルに仕上がっています。

SUVのサイズがネックで諦めているという方にこそ、チェックしていただきたいモデルのひとつです。

都会的でスタイリッシュなデザイン

使い勝手のいいサイズ感のみでなく、都会的でスタイリッシュなデザインもCX-30の魅力のひとつです。ベースとなるマツダ3のデザインも世界的に高い評価を受けていますが、その良い部分、魅力的な部分をしっかりと活かしながらSUV化されています。デザインに強いと言われるマツダならではのスタイルであると言えます。

エレガントでありながらしっかりとスポーティな要素も加えられており、フェンダー周りで質感を変えるといった細かい工夫によってしっかりとしたSUV感を楽しめるという点もポイントです。

従来のSUVのデザインに満足することができないという方も、一度CX-30をチェックしてみましょう。すると、従来のSUVのイメージが変わるかもしれません。

高級感溢れるインテリア

ベース車となるマツダ3も、マツダ内の立ち位置は高級車というわけではありません。ミドルクラスのモデルに位置するもののインテリアの質感が非常に高く、この点も評価されているポイントです。

この要素はしっかりとCX-30にも受け継がれており、価格帯を超えた高級感溢れるインテリアに仕上げられています。レザー調のパーツなども随所に使用されていますので、高級感の中にもスポーティさが加えられており、非常に素晴らしいバランスのインテリアデザインです。

外観のみでなくインテリアにもしっかりこだわりたいという方も、きっと満足することができるでしょう。

ガソリンエンジンの進化形!「スカイアクティブX」

CX-30にはガソリンエンジンでありながら、ディーゼルエンジンと同様に燃料を圧縮してから点火する新しいスカイアクティブXエンジンを搭載することもできます。このエンジンはガソリンエンジンとディーゼルエンジンのいいところどりを狙ったもので、このモデルの大きな魅力のひとつとなっています。

低回転域からしっかりとトルクがあるのでレスポンスがとてもよく、同時に高回転域もしっかりと回ってくれます。さまざまなシーンでパワフルな走行を楽しむことができます。

ただ非常に高性能なエンジンとはいえ、近年主流となっているハイブリッド系パワートレインと比較すると燃費性能などにやや物足りない印象を受けます。燃費性能を重視したいという方は注意しましょう。

CX-30とCX-8の違い

マツダ CX 30

≪写真提供:response≫マツダ CX 30

すでにご紹介しました通り、マツダはいくつかのSUVをラインナップしています。その中でも最上位モデルに位置づけられているのがCX-8です。とはいえその違いがよくわからず、どちらを選ぶべきか迷っているという方も多いでしょう。

そこで、続いてはCX-30とCX-8の違いについてご紹介します。

CX-8とは?

すでにご紹介しました通り、CX-8はマツダのSUVモデルのフラッグシップにあたるモデルです。最大のポイントは3列シートを搭載しているという点です。

外観はそれほど大きく見えませんが車内空間は非常に広く、3列目シートでも大人がゆっくりと座ることのできる広さを誇ります。

車内空間の広さ

SUVと言うと、車内の広さがやや物足りないというイメージを抱いている方も多いかもしれません。しかし前述の通り、CX-8は外観からは想像できないほどの広い車内空間を実現しています。

そのため、ミニバンやステーションワゴンなどのようなファミリーカーとしての需要も満たすことのできるモデルであると言えます。

普段使いしやすいのは?

ここからはCX-8とCX-30を比較してみましょう。車内空間の広さといった点に関してはCX-8の方が遙かに有利です。

しかし、普段使いのしやすさを考えると車体サイズ的にCX-30に軍配が上がるでしょう。日本の道路事情でも運転しやすいサイズ感に仕上がっていますので、あまり大きな車の運転に自信がないという方でも安心してハンドルを握ることができます。

ファミリーカーとしても魅力は?

ファミリーカーとして使用する前提であれば、やはりCX-8の方が有利です。3列シートをフルに使うことがないにしても、この広い車内空間は魅力的と言えるでしょう。家族でアウトドアなどを楽しむ際にもたっぷりと荷物を積むことができますし、シートレイアウトの自由度も高いので車中泊も快適です。

もちろんCX-30にも十分に広い後部座席がありますのでファミリーカーとしても困ることはありませんが、やや車内の広さに関しては不満を感じてしまう可能性があります。

CX-30の価格

シルバー系のマツダ CX-30

≪写真提供:response≫マツダCX30

車の購入を検討する際には、価格もとても重要なポイントとなります。

そこで、ここではCX-30の新車価格や中古市場での価格などについてご紹介します。

CX-30の新車価格

CX-30のグレードは新世代ガソリンエンジンモデル、ガソリンエンジンモデル、ディーゼルエンジンモデルの3つに分けられます。

まず、先ほどご紹介した新世代ガソリンエンジンであるスカイアクティブXを搭載したモデルは2WDで2,995,000円(税抜)、4WDは3,210,000円(税抜)からラインナップされています。

通常のガソリンエンジンモデルは2WDで2,175,000円(税抜)、4WDは2,390,000円(税抜)から、ディーゼルエンジンモデルは2WDで2,625,000円(税抜)、4DWは2,840,000円(税抜)からラインナップされています。

※新車価格は公式サイトより。(2021年3月調べ)

このようにグレードによって新車価格にはかなりの開きがあり、もっとも高価な新世代ガソリンエンジンモデルと通常のガソリンエンジンモデルでは150万円近い価格差があります。新世代ガソリンエンジンのスカイアクティブXは非常に魅力的なエンジンではありますが、コストパフォーマンスを考えるとやや割高に感じられるかもしれません。

それぞれのエンジン搭載車で複数のグレードが用意されていますので、どの点に注目するのかをしっかりと考えた上で選択するようにしましょう。

CX-30の中古車市場価格

CX-30は2019年に発売したばかりの新しいモデルです。そのため中古車価格も高く、それほどお買い得感はありません。安いものでも200万円近く、グレードの高いモデルになると300万円を超えてきます。

状態がいいものを選ぶと、新車も視野に入る予算になってしまう可能性が高いでしょう。現時点でまだ発売から2年程度ですのでそもそも中古車市場の台数も少なく、選択肢も多いとは言えません。そこでコスパのいい中古車を探すのであれば発売後、最初の車検を迎える時期にあたる来年以降を狙ってみましょう。

コスパのいいグレードは?

CX-30で注目のグレードは、やはり新世代ガソリンエンジンモデルです。しかし先ほどもご紹介しました通り、エンジンの性能が高い分だけ価格も高価なのでコスパがいいとは言いがたいでしょう。

デザイン、スタイルが気に入ってとにかくCX-30を安く購入したいのであれば、通常のガソリンエンジンモデルがおすすめです。最終的にはどの点にこだわりたいのかを考えた上でグレード選択をするようにしましょう。

まとめ

走行中のマツダ CX-30

≪写真提供:response≫マツダ CX-30

マツダのCX-30は同社のSUVの中でも比較的新しいモデルで、最新の技術がたっぷりと詰め込まれた魅力的なモデルとなっています。デザイン面、性能面のどちらをとっても一般的なSUVとは異なる点が多くなっています。

一般的なSUVではイマイチ満足できないという方も、一度チェックしてみてください。もちろんSUVの購入を検討している方にとっても、魅力的な選択肢のひとつとなるでしょう。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-30 SUV

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。