トップへ戻る

【名車?凡車?】トヨタ RAV4 ガチ評価まとめ!口コミで見るその実力

【名車?凡車?】トヨタ RAV4 ガチ評価まとめ!口コミで見るその実力

先代モデルは日本市場に投入されなかったのに、現行モデルでは一転して大人気SUVとなったトヨタ RAV4。イカツいデザインに走行性能など、カタログでの売り文句を見ていると、もはや完璧な車なのではと思ってしまいそうになりますよね。そこで、RAV4の実ユーザーや自動車評論家による評価をまとめてみましたので、現実世界でのRAV4の実力を詳しくチェックしていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


この存在感でこの価格?!高コスパSUV、トヨタ RAV4の実力は

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

近年人気のSUVは、もともとが存在感のあるエクステリアデザインとなっていることもあって、やはり大きめのボディでドッシリと構えたスタンスが魅力的に写りますよね。

しかし、SUV以外のボディタイプと同様に、ボディが大型化するとお値段もどんどん膨らみがちなので、SUVの価格帯をチェックしてから「ちょっと…」とお思いの方も多くいらっしゃるかもしれません。

そんな中2019年4月に颯爽と発売された5代目トヨタ RAV4は、アメリカンっぽさも感じるような余裕のあるボディに、凝った仕組みの四輪駆動を世界初採用したり、コネクティッドカー技術や予防安全技術など最新技術をふんだんに投入した全方位的商品力の高さながら、なんと税抜価格で250万円切りスタートという破壊的な価格設定で話題を呼びました。

しかし、すでに成熟が進んだSUV市場では、カタログ上での見栄えがよくても、価格が安くても、車としての魅力が備わっていない限りヒット車にはなり得ないはず。それでもRAV4は、大型のSUVとして快進撃の販売実績を残し続けています。

きっとRAV4には、オーナーや試乗した評論家だけが知っている魅力がまだまだ隠されているはず。口コミ評価や試乗記をまとめてみましたので、それを探っていきましょう。

先代は国内未導入だったのに、SUVブームが追い風に!

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

先ほど現行モデルが5代目であるとお伝えしましたが、RAV4自体は初代が1994年発売と意外と歴史のあるブランド。木村拓哉さんを起用したCMでポップな印象を強調するなど、クロスオーバーSUVブームのはしりの1台として大ヒットしました。

しかし、扱いやすさ際立つ5ナンバーサイズだったのは初代だけで、2代目以降は主に海外市場からの要求に応えるべくどんどんボディを大型化。あまりに上級移行しすぎたとの危惧もあったのか、ついに4代目RAV4は日本国内に導入されないという大変化まで巻き起こしました。

しかし、日本で売られていなかった4代目RAV4は世界中で大ヒット。この実力が日本でも通用することをトヨタは確信したでしょうし、折りからのSUVブームとはいえ、RAV4のようなアクティブ感の強い大型クロスオーバーSUVは意外とライバルも少ないこともあって、5代目RAV4は凱旋帰国を果たしたというわけです。

似た境遇のCR-Vは苦戦しているのに、RAV4はスマッシュヒット

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

一時期はモデル廃止となっていたという不遇の境遇をRAV4とも共有する車が、ホンダ CR-Vでしょう。

こちらは初代モデルから一貫して3ナンバー車ではあったのですが、ライトな感覚で付き合えた初代や2代目以降のモデルでは、ホンダの強みとはいえない印象もある高級車的立ち位置を追求してきており、現行モデルの5代目では全幅1,855mmという堂々ボディに迫力の顔つきが印象的です。

しかしそのCR-V、RAV4に1年先行した2018年に登場したということも無視はできないにせよ、近年では販売成績が低迷中。直近のデータとなる2020年度登録者新車販売台数をチェックしてみると、RAV4は5万台あまりを販売して14位にランクインしていますが、CR-Vはなんと50位までのランキング自体に食い込めていないほどとなっています。

過去のCR-VやRAV4が持っていたアクティブ感をうまく復活させたRAV4に対して、CR-Vはライバル多数の高級クロスオーバーSUV市場に真っ向勝負を挑んだことが裏目に出たのかもしれませんね。

トヨタ RAV4の魅力をおさらいしていきましょう

ヤンチャでアクティブなデザイン

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

いい意味で、オモチャっぽさのような若々しい印象を感じさせるのがRAV4のデザイン。特にアクティブ系グレード「アドベンチャー」では、よりワイルドながらちょっぴり愛嬌のあるエクステリアデザインとなっており、RAV4の中でも目立つ存在です、

また、標準グレードでは、エレガントさも感じさせるような上質なデザインとなっている点もポイント。愛車に求めるイメージの違いに応じて、ぴったりくる雰囲気を選べる楽しさもRAV4の魅力ですよね。

先進装備が満載の未来カーという一面も!

《画像提供:Response 》トヨタ RAV4 インテリア

ラギッド感のある外観に気を取られがちではありますが、装備内容も非常に充実しているのがRAV4の特徴。

特に、近年トヨタが推進している「コネクティッドカー」としての一面は注目ポイントで、DCM(車載通信機)を全車で標準装備しているので、オペレーターサービスや車の状態のリモート確認、万が一の急病時などに活用できるヘルプネット機能など、最新のサービスがすぐに使い始められます。

もちろん予防安全性能や運転支援装備も至れり尽せりの充実っぷりで、2021年の新車として不足のない装備内容となっています。

室内使い勝手はSUVらしく良好!

《画像提供:Response 》トヨタ RAV4 荷室

全長が約4.6m、全幅が約1.86mと余裕のあるボディサイズを活かし、室内のゆとりもしっかり確保されているのがRAV4のうれしいところです。前席がゆったりしたスペースなのは当然ながら、後席の足元や頭上空間は余裕たっぷりで、5人全員がくつろげる空間となっています。

また荷室スペースの使いやすさも見所で、フラットでワイドな荷室床面は何を積むにも使いやすいですし、デッキボードの高さを2段階で調整できるなど、荷物の量や形状に合わせた使い分けにも対応。SUVらしくアウトドア用品をガンガン積んでのお出かけ、なんてシーンにもしっかり対応してくれます。

突然の悪天候も余裕で対応!四駆性能も侮れない

《画像提供:Response 》トヨタ RAV4 アドベンチャー”オフロードパッケージ”

もともとはピックアップトラックベースの堅牢な四輪駆動車として北米で人気を得はじめたSUVではありますが、近年ではSUV”ルック”というだけでも市場で人気となれることもあって、プロテクター風の造形を持つエクステリアながら2WD仕様しか用意されないSUVも出現してきています、

RAV4もそんな軟派SUVかと思いきや、実は四駆仕様だけでも3バリエーションも用意される意外とこだわりの性能が特徴、ハイブリッド車の電気式4WD「E-Four」の他に、ガソリン車には「ダイナミックトルクコントロール4WD」と「ダイナミックトルクベクタリングAWD」の2種類が用意されます。

このうち注目したいのはダイナミックトルクベクタリングAWDで、よりアクティブな仕立てのアドベンチャーグレードと、ガソリン車最上級グレードとなるG”Zパッケージ”グレードでのみ選択できる同システムは、高級スポーツカーのような後輪左右トルクベクタリング機構や、世界初となるディスコネクト機構の採用で、異次元の楽しさと高効率性を両立。

両グレードなら、200mと余裕のある最低地上高も相まって、悪路にも積極的にチャレンジしてみたくなってしまいそうです、

トヨタ RAV4のスペック

【トヨタ RAV4 アドベンチャー】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,610mm×1,865mm×1,685mm
ホイールベース2,690mm
最大乗車定員5名
車両重量1,630kg
燃費WLTCモード:15.2km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,986cc
エンジン最高出力126kW(171PS)/6,600rpm
エンジン最大トルク207N・m(21.1kgf・m)/4,800rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッションCVT
新車価格3,009,091円(消費税抜)
(2021年4月現在 トヨタ公式サイトより)

プロ評論家も唸った!RAV4の試乗記をチェックしてみよう

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

さて、新型RAV4の「ダイナミックトルクベクタリングコントロール」を備えたアドベンチャーグレードで走りだせば、まずは専用インテリア、シートのデザインセンスのよさ、シートのかけ心地の良さに感動である。2Lエンジンのスペックは170ps、21.1kg-mと控えめながら、エコモードでも十二分なトルク、加速力を発揮。スポーツモードにセットすれば、胸のすく加速を味わえる。

乗り心地も文句なしだ。アドベンチャーグレードは19インチのオールシーズンタイヤを履いているが、やや固めながらフラット感、快適感は見事で、荒れた路面、段差、穴などを乗り越えてもボディーはミシリともせず、低級音も皆無。カーブでの車体の傾きは最小限で、本格的な走破性を備えたクロスカントリーとして極めてスムーズな乗り味に満足することができた。

印象に残ったのは、ガソリン車のCVTとは思えない応答性の良さ。CVTのウィークポイントはダイレクト感がないことだが、RAV4のトランスミッションはCVTながら発進用の1速ギヤを組み合わせたことでスタート時の反応がいい。

さらには変速速度や変速応答性を高めたことで発進以降の加速にもリニア感があり、CVT車を運転していることを忘れてしまうほどだ。なにより、アクセルを踏み込んだ時にまずはエンジン回転が高まり、続いて車速が上がっていくというCVTならではの加速の違和感が大幅に緩和されていたのは驚いた。

ただブレーキは少々手を加えるべきところ。制動力の最後の部分で「カックン」となる。そう、いわゆる“カックンブレーキ”的。なので、そこにリニアな制動力とフィーリングが加われば完璧。ひとつクラスを上げるのは間違いない。

ついでにいうと、インターフェイスはこの価格帯で考えれば納得ではあるが、操作系は別としてデザインは一考してもいいだろう。オフロードとオンロードをうまくミックスした提案があれば嬉しい。

ひさしぶりに投入の新型車だけあって、意外とベタ褒めといった感もあるRAV4の試乗記ですが、特に注目したいのは、乗り心地や加減速の仕立てのうまさを指摘する声が多いことでしょう。

特に、オフロードも走破できる実力のあるSUVでありながら、普段のRAV4の活躍すシーンであろうオンロードでの快適性もしっかり重視されている様子。

とはいえRAV4も完璧ではなく、中にはブレーキタッチに不満を覚える声も聞かれました。また、インテリアはここまで本格的4WDシステムを備える車としてはちょっと演出不足という声も。

しかし、全体評価として見れば、RAV4には乗用車として不足なく使い倒せそうな実力がきちんと備わっているといえそうです。

実ユーザーの声はポジティブ?ネガティブ? 評判まとめ

ネット上でRAV4の評判を探ってみると、意外なほどにネガティブな意見に出会わないことにびっくりするかもしれません。どのオーナーさんも、RAV4が心底気に入っている様子。

SUVユーザーの求めるニーズを高度なバランスで全て満たしてくれる、RAV4の懐の深さがあってこその高評価なのかもしれませんね。

ただし、やはりアメリカンなボディサイズには戸惑いの声も。そのボディサイズあってこその室内や荷室のゆとりではありますが、普段の利用シーンで狭い道を頻繁に通ったりするなら、やはり試乗してみて車両感覚が掴みやすいかどうかなどをチェックしておきたいところですね。

また、標準グレードだけではなく、「アドベンチャー」グレードや「アドベンチャー”オフロードパッケージ”」などこだわりのグレードを気に入って利用しているオーナーも多く見られ、RAV4の趣味性の高さを感じられますね。

【2021年最新】トヨタ RAV4の新車・中古車価格まとめ

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

先述した通りリーズナブルな価格設定が特徴的なRAV4。2021年4月現在の税抜新車価格では、ガソリン車が約249.4〜約321.7万円、ハイブリッド車が約303.9〜約366.3万円となっています。高価格化も進んでいる印象のあるSUVとしては、クラス平均、または平均よりやや下程度の価格設定に見えますが、その価格設定だけではなく、ポイントは標準装備の充実度でしょう。

最廉価グレードであっても8インチディスプレイの「ディスプレイオーディオ」が標準装備されるので、Apple CarPlayやAndroid Autoを利用したナビゲーションアプリの利用が可能となっています。

RAV4が世界初採用となる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を選択しようと思うと、ガソリン車の最上位グレード系である「アドベンチャー」「G“Zパッケージ”」を選ぶ必要がある点はやや残念な点ではありますが、どちらも四輪駆動システムに留まらない専用装備の数々が魅力的。

特にアドベンチャーグレードでは、専用意匠の内外装など特別感が高いのに、税抜価格で約300.9万円と意外にお安めなので、ぜひおすすめしたいグレードです。

《画像提供:Response 》トヨタ RAV4

中古車市場でのRAV4は、もちろんその人気を反映して豊富な在庫台数から選べる点がうれしいところ。

2021年4月現在では860台あまりの在庫が確認できます。

現行モデルに限ると、中古車平均価格は325.3万円とまだまだ高めで推移しています。趣味性の高い上位グレードが中古車市場でも人気なほか、フルエアロ装着などのコンプリートカー状態での販売も多数見られる点が、平均価格を押し上げているようです。

この点は、実は注意しておきたいポイント。新車を購入してご自分でアフターマーケット部品を買い集めて装着するよりも安上がりになる場合もありそうですし、手間を考えるとコンプリートカーで手に入れたいなとお思いの方もいらっしゃることでしょう。

ご自分のお気に入りの仕様が見つかるかもしれませんので、中古車市場もチェックしてみることをお薦めします。

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ RAV4

RAV4のクチコミ評価や試乗記などをご紹介してきました。

トヨタの車らしく商品性にはスキがなく、あらゆる人にぴったりのSUVとして定評を受けていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

カラバリやグレード展開も豊富ですので、きっとあなただけのRAV4見つけられるはず。まずはお気に入りのエクステリアカラーから決めてみてもおもしろそうです。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

発売から四半世紀以上の歴史を持つトヨタ RAV4は、世界で最も販売されているSUVのひとつです。どんな魅力があるでしょうか。今回は、これまでの歴史と、おすすめのグレード、口コミなどをまとめました。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。