目次へ戻る

プリウスPHV、プリウスともまた違う、多くの魅力とは?

プリウスPHV、プリウスともまた違う、多くの魅力とは?

トヨタが「次世代環境車の柱」とするプラグインハイブリッド車である、新型『プリウスPHV』。電気のみで走行できる距離を68.2kmまで拡大、環境性能を高めながら、新プラットフォーム「TNGA」の採用やデュアルモータードライブシステムなどにより、“走り”の面でも進化したPHVについてまとめました。


トヨタが誇るプリウスPHV

トヨタが「次世代環境車の柱」とするプラグインハイブリッド車、新型『プリウスPHV』。

電気のみで走行できる距離を68.2kmまで拡大、環境性能を高めながら、新プラットフォーム「TNGA」の採用やデュアルモータードライブシステムなどにより、“走り”の面でも進化しました。

8.8kWh大容量リチウムイオン電池の搭載、プラグインハイブリッドシステムの効率化によりEV走行距離だけでなく、EVによる最高速度も135km/hまで引き上げられ、さらにハイブリッド走行時の燃費も37.2km/リットルと、トヨタ曰く「トップレベルの低燃費」を実現しました。

売れ行きも好調!発売一ヶ月で1万2500台の受注が

ちなみに、PHVがどれだけ人気なのかを表す数字があります。

トヨタ自動車は、新型『プリウスPHV』の受注台数が、発売から約1か月にあたる3月16日時点で、目標台数の5倍となる約1万2500台となったと発表しています。

見てほしいプリウスPHVの加速感

力強い加速感は、デュアルモータードライブシステムによるもの。

発電用のジェネレーターをモーターとして使うことでモーター2個分のトルクを駆動に与えることができます。

モーターのみの最高出力は72ps、最大トルクは163Nmだが、カタログスペック以上の心地よさを味わうことができるはずです。

大容量バッテリーの搭載による重量増は、走りの安定感にも貢献。専用の足回り、静粛性の高い室内空間と相まって、上質な走りを手に入れています。

外観デザインはハイブリッド車のプリウスと大幅に差別化。シャープな4眼のLEDヘッドランプは、左右16個のLEDで照射範囲を制御するアダプティブハイビームシステムを採用。

バックドアのガラスは二つの膨らみを持つ「ダブルバブルウインドゥ」とし、デザイン上の特別感と空力性能をアップしました。

見た目にもインパクトのあるルーフの「ソーラー充電システム」は、駐車中は駆動用バッテリーに電力を供給、最大約6.1km/日の走行分の電力量を充電可能。走行中は補機バッテリーの消費を補い燃費向上に貢献します。

新技術、ソーラー充電システムを搭載したプリウスPHV

プリウスPHV、注目の新技術のひとつが、駆動用の電気を得るための「ソーラー充電システム」で、駆動用としては世界初の実用化となっているのをご存知でしょうか。

ルーフ上には、最大出力180Wのソーラーパネルを搭載しています。

駐車時に得た電気は動力用バッテリーに蓄え、また走行時の発電分は12ボルトバッテリー系統に供給してオーディオ用など充てます。

名古屋地区の年間日照データを基にしたトヨタの試算によると、1日当たりのソーラー充電で平均2.9km、最大では6.1kmのEV走行が可能になりました。

車両価格が約326万円と最も安い普及グレードの「S」、および約376万円の「Sナビパッケージ」にメーカーオプションで設定されています。

税込み価格は28万800円です。

室内は?安全面はどうなっているの?

室内では、センターコンソールに設置された縦長大画面の「11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム」が目を引きます。

「つながるクルマ」としての機能も進化。

クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービス、Appsなど、様々なオンラインサービスを利用可能だ。また、専用スマートフォンアプリ「Pocket PHV」では、クルマから離れた場所から充電状況の確認・操作、エアコンの操作、充電ステーションの検索などが可能となっています。

安全面ではミリ波レーダーと単眼カメラによる衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」を装備。歩行者も検知する自動ブレーキシステム、車線逸脱防止サポート、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなどを実現します。

実際にプリウスPHVを試乗した感想は

先代PHVユーザーの不満点のひとつが、標準型プリウスと変わらない内外装。しかし新型は専用の顔つき、フルLEDランプ、ダブルバブルウインドーなど、ひと目で標準型プリウスとは違うエクステリアを備えている。詳細に見れば、フロントフェンダーの見切り線まで違うのである。

インテリアもまたPHV専用だ。ベースグレードのS以外に標準装備される縦型11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムは、輸入車にはめずらしくないものの、日本車としては新鮮かつ先進感溢れる装備・機能の持ち主だ。何しろタイマー充電、エアコン操作を手元のスマホやタブレットで行え、オペレーターサービスまであるのだ。

そうそう、新型PHVは先代の不満点だった充電環境も劇的に向上。100V、急速充電に対応するため、家庭用電源で充電OK。高速道路のSAなどでも充電できるようになった便利さは計り知れない(EVと遭遇したら先に譲りましょう)。

16インチタイヤ仕様を走らせれば、標準型プリウスとは別物の上質感、安定感、しっとりとした快適感ある乗り心地、ステアリングを切ったときのよりリニアで気持ちいい回頭性、回頭感を示してくれる。それはリチウムイオンバッテリーの容量UPなどで約150kg(そのうちLEDヘッドランプなど装備分が50kg)重くなった車重増、低重心化によるメリットと言っていい。

内山田会長、これからのエコカーの大本命、プリウスPHVを語る

トヨタ自動車は2月15日、『プリウスPHV』を約5年ぶりに全面改良して発売した。2代目となる新型は、EV(電気自動車)走行の性能を高めるなど、世界初の量産PHVだった初代から大きく進化させた。国内では4系列全店で扱い、月間2500台の販売を計画している。

都内で開いた発表会見では、1997年に投入した初代『プリウス』の開発責任者でもある内山田竹志会長が最初に登壇し、「お客様ファーストと環境ファーストという2つの使命に答えるため、異次元の進化を遂げた」と、2代目の開発への想いをアピールした。

そのうえで、PHVは「これからのエコカーの本命でありカナメであり、主流となるクルマ」と強調。「ハイブリッド車(HV)の次は何だと問われれば、PHVであるというのがトヨタの答え」と語った。

会見の質疑では、1月に同社のHVの世界累計販売が1000万台を突破したことに関連し、PHVが1000万台に達する時期を聞かれ「HVより早いのではないか。皆さんの関心も高まっているし、バッテリーやモーターの技術も進化している」と述べた。

プリウスPHVには、プリウスとはまた違った魅力があるんですね。

関連する投稿


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


トヨタ 新型スープラ 発売日・価格・スペック・エクステリア画像ほか 最新情報

トヨタ 新型スープラ 発売日・価格・スペック・エクステリア画像ほか 最新情報

トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等の予想記事に加えて、発売後の最新情報や価格・スペック・大量のエクステリア画像・インテリア画像についてもまとめました。【7月21日更新】


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

さて、2019年上半期に発売された新型車の中から、筆者的ベスト10を選ぶ本記事!残すところベスト5のみとなりました。いよいよ話題の新型車が登場します。7月に多くの新型車が登場しますが、それに先行して6月までにも各メーカーの主力級の新型車が登場しているんですよ。1位ははたしてどの車なのでしょうか。まずは5位からです。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。