トップへ戻る

トヨタ ノアとは?ファミリー層に大人気のミニバンの魅力に迫る

トヨタ ノアとは?ファミリー層に大人気のミニバンの魅力に迫る

トヨタでは数多くのミニバンがラインナップされていますが、中でも特に高い人気をあつめるスタンダードモデルがノアです。ここではノアの特徴や魅力、そして兄弟モデルにあたる他のミニバンとの比較なども行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ノアとは

≪写真提供:response≫トヨタ ノア

ファミリーカーというと、どんな車をイメージするでしょうか?近年ではスーパーハイトワゴンの軽自動車なども人気を集めていますが、やはりミニバンを思い浮かべるという方も多いでしょう。かつての人気と比較すると、近年ではそれほど市場が活気づいているとは言えませんが、依然としてミニバンはファミリーカーとして高い人気を誇ります。

トヨタは数多くのミニバンをラインナップしているメーカーとして知られていますが、近年の代表モデルとなっているのがノアです。

ノアの歴史はトヨタのミニバンの中でも長く、元となったのは長年にわたってトヨタの小型ワンボックスカーの人気モデルだったタウンエースです。タウンエースはハイエースよりも扱いやすい小型ボディと、スペース効率に優れたスタイルで人気を集めました。

そんな中90年代後半からよりスタイリッシュなデザインを採用したミニバンが注目を集めるようになり、タウンエースノアとして登場。このモデルがヒットしたことによって2001年のモデルチェンジからタウンエースの名を廃してノアは誕生しました。

現在ではトヨタのミニバンの代表モデルとなっており、ミニバンブームに陰りが見えてからも定番としてラインナップされ続けています。

ファミリー層に大人気のミニバン

ミニバンのメインターゲットといえばやはりファミリー層です。ノアは5ナンバークラスの手頃なサイズながら3列シートの広い車内空間と両側スライドドアを採用しており、子育て世代から高く支持されてきました。

単純に全高を高くし、ボディサイズを5ナンバー規格ギリギリまで拡大するのみでなくホイールベースを伸ばし、低床設計にすることによって実際のサイズ以上に広い車内空間を実現しています。さらに、乗り降りもしやすくなっていますので、小さな子供やお年寄りにも優しい設計になっています。

また、従来のミニバンや商用バンよりも全体のウインドウも大きめに設計されていますので、見晴らしがよく開放感があるという点もポイントです。

都会的で洗練されたデザイン

90年代後半までミニバンといえば商用バンを少しスケールダウンしたものが主流で、お世辞にもスタイリッシュとは言えませんでした。スクエア型の形状を活かしたワイルドなデザインに仕上げられたものはありましたが、やや垢抜けない印象を受けてしまうものが中心だったのです。

そんな中、90年代後半から従来のイメージを覆すスタイリッシュなデザインのミニバンが次々と登場します。トヨタのエスティマや日産のセレナ、ラルゴ、ホンダのステップワゴン、マツダのボンゴフレンディなど、スタイリッシュで個性豊かなモデルが登場してミニバンムーブが巻き起こりました。

ノアもそんな流れの中から登場しました。同じトヨタのエスティマと比較するとノアは従来のミニバンに近いスクエアな部分を残していますが、フロントフェイスがスポーティに仕上げられており、スタイリッシュな印象を受けます。

また、さまざまなエアロパーツや専用アルミホイールなどを搭載したグレードがラインナップされている点もポイントです。現在ではそれほど珍しくはありませんが、ミニバンではカスタマイズされたグレードが用意されているモデルはあまり多くはありませんでした。

この基本的なデザインやコンセプトは2001年の初代モデルから現行モデルまで受け継がれており、ミニバンブームを牽引したのみでなく現代におけるミニバンの基礎を築いたモデルであるとも言えます。

広々とした車内空間

≪写真提供:response≫トヨタ ノア

車内空間の広さもノアの魅力です。スタイリッシュなデザインながらも空間を最大限に活かすことができるスクエア型をベースにしていますので、5ナンバークラスに抑えられた扱いやすいサイズながら広い車内空間を実現しています。

先ほどもご紹介しましたが、低床設計になっていますので全高をそこまで高くすることなく、十分な室内高を確保しているという点もポイントです。

3列シートを採用し、グレードに応じて7人乗りと8人乗りが用意されていますが、大人が8人乗っても十分の広さです。3列目シートも十分な広さを確保していますのでどの座席に座っても快適に過ごせます。

また、モデリスタから2列シート5人乗り仕様のコンプリートカー「マルチユーティリティ」もラインナップされており、こちらは搭乗人数は少なくなりますが広い車内空間をより活かすことができます。

トヨタにおける位置づけは?

トヨタでは複数のミニバンがラインナップされていますが、その中でもノアはスタンダードなモデルとして位置づけされています。

トヨタのミニバンの中で最上位に位置づけされているのがアルファードとヴェルファイアです。この2つは姉妹車であり、デザインなどが異なりますが基本構造は共通しています。外観のみでなく内装もラグジュアリーで「ミニバンの高級車」という位置づけになっています。

よりコンパクトなミニバンとしてはシエンタが挙げられます。ノアよりもさらにコンパクトなボディを採用することによって、室内空間はやや狭くなってしまいますがその分だけ運転しやすく、普段使いしやすいミニバンとして人気を集めています。

この2つのモデルの中間にあたるのがノアです。ノアにはヴォクシー、エスクァイアという派生モデルも存在し、トヨタのミニバン3兄弟とも呼ばれています。この3つのモデルもアルファード、ヴェルファイアと同じように共通の基本構造を持ちますが、デザインや装備などが異なっており、好みに応じて選ぶことができます。

なので、位置づけとしては最上位のアルファード&ヴェルファイアと、コンパクトなシエンタの中間にあたるのがノアを含むミニバン3兄弟と言えるでしょう。

以前は長年にわたってトヨタを代表するミニバンとして人気を集めてきたエスティマもラインナップされていましたが、こちらは2019年に惜しまれつつ販売終了となっています。

このエスティマの販売終了とともに、トヨタではミニバンラインナップの見直しも噂されており、複数のモデルが統合される可能性もあります。とはいえ、フラッグシップ、スタンダード、コンパクトという棲み分けは維持される見込みで、スタンダードモデルにあたるノアは多少形は変わったとしても今後も残り続けるのではないでしょうか。

使い勝手の良さが魅力!

≪写真提供:response≫トヨタ ノア

すでにご紹介しました通り、ノアはトヨタの定番モデルとして高い人気を集めています。人気の理由はいくつもありますが、特に注目されているのは使い勝手の良さです。

そこで、ここからはノアの使い勝手について詳しくご紹介しましょう。

広く自由度の高い車内空間

ノアは車内空間が広いのみでなく、余計な装備が加えられていないことから自由度が高いという点も評価されています。スクエア型をベースとしたボディのお陰で外観以上に車内空間は広く、さまざまな用途で使用できます。

最大8人まで乗車できるのはもちろんのこと、収納スペースも十分なので大きな荷物も楽に積み込めます。

シートレイアウトは?

ノアには初代モデルからいくつかのシート構成のモデルが用意されています。初代と2代目モデルには5人乗りでそれぞれのシートを独立して収納できるなど、シートアレンジが多彩なものもラインナップされていました。

現行にあたる3代目モデルでは2列目シートに独立したキャプテンシートが採用された7人乗りモデルもラインナップされており、こちらはそれぞれのシートを自由にスライドできますのでさまざまなアレンジが可能となっています。

ミニバンながら取り回しの良いサイズ感

ボディサイズは一見大きそうに見えますがノアは5ナンバークラスに収められていますので、取り回しがとても良く、運転しやすいという点もポイントです。当然、コンパクトカーや軽自動車などと比較すると全長は長くなりますので、慣れは必要ですが全高も高く、ウインドウも大きいので周囲の視認性は抜群です。

なので、慣れてしまえば全高の低いコンパクトカーよりも運転しやすいと感じる方も多いでしょう。

最新モデルは、先進安全機能なども充実していますので、安心して乗ることができるでしょう。

ノアの燃費

ノアにはガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類がラインナップされています。ガソリンエンジンモデルはグレードによって差はありますが、WLTCモードで12.2〜13.6km/Lとなっています。ハイブリッドモデルは19.0〜19.8km/Lです。

近年のコンパクトカーのハイブリッド車と比較するとやや物足りない数値に感じられるかもしれませんが、ミニバンとしてはかなり優秀な数値と言えるでしょう。

ガソリンモデルとハイブリッドモデルでは同一グレードでも約50万円ほどの価格差がありますが、燃費性能には大きな差があるということを頭に入れて検討しましょう。

トヨタ ノアのライバルは?

以前ほどミニバン人気は高くないとはいっても、まだまだ需要はありますので多くのメーカーがミニバンを販売しています。

そこで、最後にノアのライバルとなるモデルをピックアップしてご紹介します。

日産 セレナ

≪写真提供:response≫日産 セレナ

日本を代表するミニバンとして高い人気を維持し続けているのが日産 セレナです。スタイルやコンセプトはノアにかなり近く、長年にわたってライバルとして比較されてきました。

ノアの購入を検討しているのであれば、同時にセレナもチェックしておきましょう。

ホンダ ステップワゴン

≪写真提供:response≫ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンもノアのライバルとして人気を集めているモデルです。

こちらはよりファミリー層を意識したモデルで、ファミリーでアウトドアなどを楽しめる装備などが充実しているという点もポイントです。

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ ノア

トヨタではいくつものもミニバンをラインナップしていますが、その中でもスタンダードモデルとして長年にわたって高い人気を維持しているのがノアです。以前ほどミニバン市場は盛り上がっているとは言えませんが、現在でも需要は高いので購入を検討している方も多いでしょう。

今回は、ノアの魅力のみでなくライバル車などについてもご紹介しましたので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。