トップへ戻る

トヨタ ヴォクシーとは?迫力満点のマスクに反して優等生な実力

トヨタ ヴォクシーとは?迫力満点のマスクに反して優等生な実力

いくつかのモデルをラインナップしているトヨタのミニバンの中でも特に高い人気を誇っているトヨタのヴォクシーについてご紹介します。単体のモデルとしての魅力や特徴について紹介すると共に3兄弟とも呼ばれるノア、エスクァイアとの比較なども行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ヴォクシーとは

≪写真提供:response≫トヨタ ヴォクシー

自動車業界のトレンドの中で、近年ではやや勢いが落ち気味となっているミニバン市場。SUVはコンパクトカーの人気が高まっていることもあって、サイズの大きなミニバンは以前ほどの存在感はなくなっています。

ミニバンにもさまざまなサイズのものがあり、近年人気が高まっているのはよりコンパクトなものです。トヨタのシエンタやホンダのフリードが好調な売り上げを維持している中、フルサイズのミニバンはやや元気がなくなっている印象です。

とはいえ、フルサイズのミニバンならではの車内空間の広さや使い勝手の良さから以前として需要はあり、多くのメーカーでラインナップされています。特にトヨタはミニバンに強く多くのモデルをラインナップしています。

そんなトヨタのミニバンの中でもスタンダードモデルとして長年にわたって人気を集めてきたのがヴォクシーです。

ここではまずヴォクシーがどんなモデルなのかをご紹介します。

迫力あるフロントグリル×優等生な性能

ヴォクシーは、長年トヨタの定番小型ワンボックスカーとしてラインナップされ続けてきたライトエースのワゴン仕様という系統のもと登場しました。同時に発売されたノアは姉妹車です。

以前からトヨタの多くのモデルにはデザインや名称が異なる姉妹車がいくつも存在していました。中にはエスティマのコンパクトモデルとして登場したエミーナとルシーダなどはロゴの位置意外にほとんど違いはなく、別モデルである必要性をあまり感じないものも少なくありません。

当時のトヨタは複数の販売チャネルを持っており、それぞれで販売しているラインナップが異なっていました。そこで、同じモデルを複数の販売店で売る際には別のモデルとして名称などを変えて販売されるケースが多かったのです。なので、トヨタの多くの人気モデルには姉妹車が存在するのです。

ヴォクシーとノアも、もともとは販売店の違いから登場した姉妹車でした。ノアが当時のカローラ店で販売されていたのに対して、ヴォクシーはネッツです。

とはいえ、ヴォクシーとノアは単なる販売店の違いによる派生モデルというのみでなくデザインなどに違いがあります。ヴォクシーはノアよりもさらに若いユーザーを意識したデザインを採用しており、迫力あるフロントグリルなどを採用しています。車体は共通していますので、基本的なスタイルは同じですが、デザインが変更されたことによって、まったく別のモデルであるかのような印象を受けます。

外観はワイルドですが、中身はノアと共通していますので、性能は優等生でとても乗りやすいという点もポイントです。

当初はどちらかというとノアがメインでヴォクシーはその派生モデルというイメージが持たれていますが、そのワイルドなスタイルと優等生な性能が人気を集め、より人気を高めていきました。

低床化による高い走行安定性能

ヴォクシーは5ナンバークラスのコンパクトサイズのミニバンですが、低床化によって広い車内空間を実現しています。この低床化は安定した走行性能にも繋がっています。

ミニバンは全高が高いこともあって、走行が不安定になってしまいがちです。特に強風時などにはあおられてかなり不安定になってしまいます。しかし、ヴォクシーは低床化と空力を考えられたデザインによって高い走行安定性を実現しました。

もちろん、セダンやスポーツ系クーペほどの安定感や走行性能は期待できませんが、ミニバン=走りがイマイチというイメージを抱いている方は驚いてしまうかもしれません。

運転しやすいミドルサイズミニバン

運転のしやすさもヴォクシーの魅力です。3列のシート全てにゆったりと座れるミニバンですが、先ほどもご紹介しました通りコンパクトサイズに抑えられています。そのため、運転しやすいという点もポイントです。ミニバンはサイズが大きいことから、運転しにくいのでは?と考えて敬遠してしまう方も多いようです。

しかし、ヴォクシーは極端に全長が長いわけではなく、小回りも利きますので、慣れてしまえばコンパクトカーなどと同じような感覚で運転できます。フロントが短く、視界も高いのでセダンよりも運転しやすいと感じる方も多いかもしれません。

車内空間が広く、同時に運転しやすいミニバンを求めているという方にもおすすめのモデルとなっています。

ヴォクシーのコストパフォーマンス

≪写真提供:response≫トヨタ ヴォクシー

車の購入を考えている方にとって、気になるのはやはりコストパフォーマンスでしょう。

そこで、ここではヴォクシーの新車価格や、中古車価格、燃費などについて詳しくご紹介します。

ヴォクシーのグレード&価格

ヴォクシーはガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの両方がラインナップされています。まずガソリン車のベースグレードにあたる「ZS 2WD」は8人乗りが2,558,000円(税抜)7人乗りが2,586,000円(税抜)です。
人気のハイブリッド車「HYBRID ZS」は3,043,000円(税抜)となっています。

ガソリン車とハイブリッド車では価格差が40万円以上ありますので、購入価格を考えるとかなり迷ってしまうかもしれません。しかし、詳しくは後述しますが燃費性能には差がありますのでその点も踏まえて考えることが重要です。

その他にも期間限定の特別仕様車などが数多くラインナップされていますので、購入時にはしっかりとチェックしておきましょう。

※価格は公式サイトより(2021年5月時点)

ヴォクシーの中古車価格

ヴォクシーは初代モデルが発売してからすでに20年ほどが経過していますので、中古車市場にもかなりの台数が出回っています。なので、中古車の選択肢はとても豊富です。

できるだけ安く購入したいと考えるのであれば2001年発売の初代モデルや2007年発売の2代目モデルでしょう。これらの世代のモデルであれば10万円台からでも購入可能です。比較的程度の良い2代目モデルでも50万円前後から選択肢はかなりあります。

2014年に発売された3代目モデルはやはり人気が高いこともあって価格は高めで状態がいいものになると100〜200万円台になってしまいます。とくにこの世代から加わったハイブリッドモデルは特に人気が高く価格も高値で安定している印象です。

ただ、ヴォクシーは前回のフルモデルチェンジから7年ほどが経過していますので、今年、または来年にはニューモデルの発売が予想されています。新しいモデルが登場すれば、3代目モデルの中古車価格が下がることも予想されますので、できるだけ安く購入したいのであればこのタイミングを狙ってみるのもおすすめです。

ヴォクシーの燃費

ヴォクシーの燃費はガソリンモデル12.2〜13.2km/L、ハイブリッドが19.0km/Lとなっています。ハイブリッドモデルでも20km/Lには届かないこともあって、燃費性能では少し物足りないと感じてしまう方も多いかもしれません。

この点に関しては、前回のフルモデルチェンジが2014年と、やや古い設計であることも影響しているのかもしれません。

近々発表が予想されている新型ヴォクシーでは燃費性能の向上も期待されていますので、燃費にこだわるのであれば次世代のモデルを待つというのもひとつの選択肢でしょう。

トヨタミニバン3兄弟!ノア・エスクァイアとの比較

≪写真提供:response≫トヨタ ヴォクシー

トヨタのミニバンのスタンダードモデルとして人気のヴォクシーですが、先ほどもご紹介しました通り、姉妹車が存在しています。それがノアとエスクァイアです。ヴォクシーも合わせたこの3台は、基本構造を共有していますが、外観などが大きく異なっています。

そこで、最後にそれぞれの特徴をご紹介します。

ファミリー層に人気のノア

ファミリー層に人気のノアはシンプルなスタイルを採用しています。フロントグリルにはメッキパーツを使用しており、存在感はありますがシンプルな作りとなっていますのですっきりとした印象です。世代を選ばず気軽に乗ることができるミニバンと言えるでしょう。

ただ、あまりにもすっきりとしすぎていますので、若い方などは少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

高級感と実用性を両立したエスクァイア

ノアと同様にフロントグリルにはメッキパーツを使用していますが、よりギラギラとしたデザインが採用されています。これによって、よりラグジュアリー感の強い印象に仕上げられているのがエスクァイアです。どこかクラウンを思い起こさせるようなデザインでとても高級感があります。

トヨタ高級ミニバンとしてはアルファードやヴェルファイアなどが挙げられますが、もう少し安価でコンパクトなミニバンが欲しいという方にはぴったりです。

ワイルドなスタイルが魅力のヴォクシー

ヴォクシーはワイルドなスタイルが特徴です。若い世代を狙ったデザインですが、やんちゃすぎるわけではありませんので結果として幅広い層に支持されています。この3兄弟の中ではもっとも高い人気を誇っています。

価格帯としては、もっとも高価なのがエスクァイア、次いでヴォクシー、ノアとなっています。価格帯が中間で選びやすいという点もヴォクシー人気に繋がっているのかもしれません。

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ ヴォクシー

ヴォクシーはトヨタを代表するミニバンとして高い人気を集めているモデルです。今回はそんなヴォクシーの特徴や魅力、そしてコストパフォーマンスなどについてもご紹介しました。近々ニューモデルの登場も予想されていますので、購入を検討しているのは今回ご紹介した情報とプラスして最新情報もチェックしておきましょう。

また、ヴォクシーにはノアとエスクァイアという姉妹車も存在しますので、しっかり比較しておくことも大切です。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。