トップへ戻る

トヨタ ランドクルーザーとは?どんな悪路も駆け抜ける本格クロカン車の正体!

トヨタ ランドクルーザーとは?どんな悪路も駆け抜ける本格クロカン車の正体!

トヨタの本格クロスカントリー車として世界的にも高い人気を誇るランドクルーザーについて紹介します。同時にSUV、RVとクロカンとの違い、派生モデルのランドクルーザープラドとの違いなどについても解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ランドクルーザーとは

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザー

世界的に人気を集めている車のカテゴリーといえばSUVが挙げられます。しかし、SUVが具体的にどんな車なのかはわかっていないという方も多いかもしれません。

もともと、SUVとはアメリカで誕生したカテゴリーであり、当初はトラックがベースの2ドアスタイルの車をSUVと呼んでいました。ピックアップトラックなどをイメージするとわかりやすいでしょう。しかし、現在ではSUVの定義もかなり広がっており、ある程度の悪路走行を楽しめるハッチバックタイプの車全般をSUVであると考えている方も多いようです。特に日本においてはスポーツ、アウトドア、街乗りのすべてを楽しめる車がSUVと呼ばれています。

そんなSUVと混同されてしまいがちなのが本格クロスカントリー車です。こちらは街乗りなどよりも悪路走行をメインとして設計された車のことを指します。舗装された道路よりもオフロード走行を得意としており、文字通り道なき道を進むことができます。

クロスカントリー車は、悪路走行性能を高めるためにどうしても街乗り性能、燃費性能などが犠牲になってしまいがちなので、現在ではそれほど需要が高いわけではありません。

国産のクロスカントリー車といえば、三菱のパジェロを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、パジェロは残念ながら販売終了しています。また、日産のサファリも販売が終了しており、国産クロカン車は減少傾向にあります。そんな中、現在でも販売が継続されているのがトヨタのランドクルーザーです。

走行性能はもちろんのこと、そのワイルドなデザインでも人気のランドクルーザーについてここでは詳しくご紹介します。

ダカールラリーを制した本格クロカン

ランドクルーザーは長い歴史の中で進化を遂げてきました。当然、何度もモデルチェンジが繰り返されてきましたが、型落ちとなったモデルも人気を集め続けています。ランドクルーザーは非常に耐久性が高い車としても知られており、製造から30年が経過したモデルや、走行距離が50万kmを超えた車体であってもまだまだ走り続けています。なので、古い車であってもまだまだ現役で活躍できるのです。

もちろん、最新のランドクルーザーに魅力がないわけではありません。近年では走行性能のみでなく、モデルチェンジのたびに高級感や車内の快適性などを高めてきました。そのため、現行モデルにあたるランドクルーザー200は高級車のような気品をまとったモデルに仕上がっています。デザイン・性能的にもトヨタの最新技術が惜しみなく投入されており、レクサスのSUV系最上位モデルにあたるLX570のベースにもなっているほどです。

ランドクルーザーはモデルチェンジごとに性能が高まったのみでなく、サイズもアップしています。もともと大きなボディを持つ車でしたが、現行モデルはよりサイズアップしており、かなりの存在感があります。街などで現行のランドクルーザーを見かけるとあまりの迫力に驚いてしまう方も多いでしょう。日本市場においては正直大きすぎる車体となっていますが、それもそのはずで、ランドクルーザーは日本国内というより、広大な国土を持つ北米やオーストラリアをメインターゲットとしているのです。

ボディサイズが大きくなってしまうと、当然車重も重くなります。現行モデルの車重は最大で2.6tを超えるほどです。そんな車体を動かすパワートレーンには4.6LV8エンジンです。同クラスとしては最高水準のパワーとトルクを発揮し、この大きく重いボディをパワフルに走らせてくれます。

その走行性能は非常に高く、現行モデルはダカールラリー2021において市販車部門で見事優勝を果たしています。ラリーにおいてもその性能はしっかりと証明されているのです。

人気のSUV、RVとの違いは?

すでにご紹介しました通り、ランドクルーザーは本格クロスカントリー車です。そこで、人気のSUVやRVとの違いを知りたいという方も多いでしょう。

この点は先ほども触れましたが、クロスカントリー車が悪路走行、オフロード走行をメインに設計されているのに対して、SUVやRVはオンロードの走行を快適に行える設計になっています。つまり、オフロードメインか街乗りがメインかという区分けになるでしょう。

トヨタのSUVといえばハリアーやヤリスクロス、RAV4などが挙げられますが、これらは基本的に快適に街乗りができるように設計されたモデルです。

最新のランドクルーザーは悪路走行のみでなく、高速走行などの安定性も高められていますので、オンロードでも十分な力を発揮してくれますが、あくまでメインの活躍の場はオフロードです。本格的なオフロード走行をしないのであればSUVや、さらに街乗りに特化したクロスオーバーSUVなどの方がおすすめです。

ランドクルーザープラドとの違い

同じくランドクルーザーの名前を冠するモデルとして、ランドクルーザープラドが挙げられます。大きな違いとして上げられるのは、ボディサイズやエンジンの排気量です。プラドはよりボディサイズも排気量も抑えられており、乗りやすい車に仕上がっています。より気軽に乗ることのできるランドクルーザーと言えるでしょう。

サイズや排気量は抑えられているものの、頑丈さや悪路走行性能の面においてはしっかりとランドクルーザーの遺伝子を受け継いでいます。

ただ、サイズや排気量についてはあくまでランドクルーザーと比較しての話です。サイズとしてはかなり大きく、排気量もガソリン車が2.7L、ディーゼル車が2.8Lです。近年人気の国産SUVなどと比較するとサイズも排気量もかなり大きいので購入を検討する際には実車のサイズ感をしっかりと確認することが重要となります。

トヨタ ランドクルーザーの魅力

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザーにはさまざまな特徴を持つ車で、近年人気のSUVとはまた違ったモデルとなっています。

続いてはランドクルーザーの魅力についてご紹介しましょう。

圧倒的な悪路走破性能

ランドクルーザーの最大の魅力は何と言っても非常に高い悪路走破性能でしょう。ハイパワーなエンジンに駆動ロスを抑えた最新のトランスミッションを組み合わせ、ギア比もワイドになっていますので、さまざまな環境で安定した走行が可能です。

駆動方式は当然4WDですが、路面状況などに応じてトラクションやブレーキを自動で制御してくれる最新システムも搭載されています。

ボディサイズや重量などのバランスも徹底して悪路を走行するために設計されていますので、このランドクルーザーで走れない道であればどんな車でも走れないと言われるほどです。

どんな環境でも快適に過ごせる車内空間

ランドクルーザーは過酷な環境の中で走行するケースもあります。そのためどんな環境であっても快適に過ごすことができる機能も充実しています。室内のエアコンは4つに分けられたエリアにそれぞれ独立して搭載されており、より効果的な室温のコントロールが可能となりました。

1台のエアコンのみで車内全体の温度をコントロールしようとすると、ドライバーは暑いのに後部座席は寒いといった温度の偏りが生じてしまうこともあります。しかし、それぞれのエアコンが独立していれば、すべての場所で快適な温度を保つことができます。

基本的な構造として、車内の密閉性も高いという点もポイントです。なので、どんな悪路を走行していても車内はとても静かでエアコンの効きも抜群です。

ワイルドかつ洗練されたスタイリング

デザインもランドクルーザーの魅力のひとつです。2000年代に入ってからランドクルーザーには高級感あるデザインが採用されるようになりました。特に現行モデルではメッキパーツなども多用しておりラグジュアリー感も強くなっています。

基本的なスタイルはワイルドなクロスカントリー車ですので、一見、ミスマッチに感じられるかもしれませんが、気品とワイルドさが見事に融合して唯一無二のデザインに仕上げられています。

ランドクルーザーのライバル

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザー

車の購入を検討する際に、ライバルとなる車との比較は欠かせません。

そこで、最後にランドクルーザーのライバルとなる本格クロスカントリー車をご紹介します。

スズキ ジムニーシエラ

≪写真提供:response≫スズキ ジムニーシエラ

よりコンパクトで乗りやすいクロスカントリー車として、世界的に高い人気を集めているのがスズキのジムニーシエラです。サイズはコンパクトでも悪路走行性能はトップクラスです。2018年に再登場した際にはあまりの人気に注文から1年以上待たなければならない状況が続いたことでも話題になりました。

軽自動車のジムニーの方も、エンジンの排気量は少ないものの非常に高い悪路走破性能を持つ本格クロスカントリー車として人気を集めています。サイズはあまりにも違いますが、悪路走行性能という点においてはランドクルーザーの立派なライバルと言えるでしょう。

日産 サファリ

≪写真提供:response≫日産 サファリ

ランドクルーザーのライバルといえば、すでに販売が終了されていますがサファリも外すことができません。

日産のクロスカントリー車として、長年にわたって高い人気を集めてきた名車です。

三菱 パジェロ

≪写真提供:response≫三菱 パジェロ

国産クロスカントリー車の王様的な存在が三菱 パジェロです。クロスカントリー車といえば、真っ先にこの車を思い浮かべる方も多いでしょう。

高い人気を誇り、多くの派生モデルなども登場したものの、こちらも現在は販売が終了しています。

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ ランドクルーザー

今回はトヨタを代表するクロスカントリー車であるランドクルーザーについてご紹介しました。海外でとても高く評価されている車ですが、日本での人気も決して低いわけではありません。大きなサイズなどから、日常の足としては使いにくいものの、圧倒的な悪路走破性能を持つロマン溢れる名車です。

ややサイズや排気量が抑えられたランドクルーザープラドとともに検討してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。