トップへ戻る

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタアルファードとは

≪写真提供:response≫トヨタ アルファード

今日では広い車内空間を確保した軽ハイトワゴンなどの人気も高まり、子育て世帯向けのファミリーカーの選択肢は広がっています。とはいえ、依然としてファミリーカーといえばミニバンというイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

コンパクトカーや軽自動車などの人気の高まりから、市場規模としてはやや縮小傾向にあるミニバンですが、車体の大きさを活かした広い車内空間などから根強い人気があります。

トヨタでは複数のミニバンが展開されていますが、中でも特に高い人気を集めているモデルのひとつがアルファードです。トヨタのミニバンの中でもフラッグシップにあたるモデルであり、デザインや性能などありとあらゆる面で高いクオリティのミニバンに仕上がっています。

ここではまず、アルファードとはどういったモデルなのかを詳しくご紹介します。

高級感溢れるミニバン

初代アルファードが発売されたのは2002年のことでした。90年代から2000年代にかけて、トヨタ エスティマや日産 セレナなどスタイリッシュなデザインを採用したミニバンが数多く発売され、子育て世帯を中心として高い人気を集めていました。しかし、ミニバンはあくまで実用車というイメージが強く、高級車との間には大きな溝があったのです。

そんな中、高級ミニバンというコンセプトで登場したのがアルファードです。スタイルとしては大型ミニバンですが、高級感を前面に押し出すことによって他のモデルとの差別化を図りました。少し早く発売された同じく高級ミニバンである日産 エルグランドと共に高い人気を集め、このカテゴリーを確立しました。

初代アルファードは大型のボディを活かしたワイルドなシルエットに上品なメッキパーツを組み合わせたデザインが採用されました。パワーユニットには3LのV6エンジンと2.4Lの直列4気筒エンジンを採用し、サイズの大きなミニバンでありながらパワフルな走行が可能なモデルに仕上がっています。さらに、2003年のモデルチェンジではハイブリッドモデルも登場しています。当時、ミニバンのハイブリッドモデルは選択肢がほとんどなかったこともあり、大きな注目を集めました。

2代目アルファードが登場したのは2008年のことでした。基本的なコンセプトはそのままでさらに高級感もグレードアップしています。デザイン面ではさらにフロントグリルがややサイズアップし、迫力を増しました。パワーユニットは2.4Lの直4と、3.5LV6エンジンの選択が可能。ハイブリッドモデルは2011年のマイナーチェンジの際に追加されました。

この2代目モデルを語る上で外せないのが姉妹モデルのヴェルファイアの登場です。現在ではトヨタの販売店であればすべてのモデルが購入できるようになっていましたが、当時は販売店によって販売されているモデルのラインナップが異なっていました。そのため、同じモデルをベースとした姉妹車がいくつも存在しており、中にはデザインやスペックなどもほぼ同一で名称のみが違うものもあったほどです。

アルファードとヴェルファイアもそれぞれ別の販売店で販売される姉妹車でしたが、デザインが大きく異なっていました。高級感を前面に押し出しているアルファードに対して、ヴェルファイアやワイルドでスポーティなデザインを採用し、より若い世代に人気のモデルとなっています。

現在でもアルファードとヴェルファイアは姉妹車ではありますがそれぞれ別のモデルとしてラインナップされています。

2015年に登場したのが現行モデルにあたる3代目です。こちらのモデルではデザインが大幅に変更されました。特に目を惹くのが超大型のフロントグリル。ブラックとメッキを組み合わせることによってさらに迫力ある外観となりました。全体のシルエットもよりシャープでスポーティな印象となっています。

すでに発売から7年ほどが経過していますが現在でも古さを感じさせない完成度の高いデザインに仕上げられたモデルです。

現時点では正式発表はされていませんが2022年頃には4代目となるニューモデルの発売も噂されています。これからアルファードおよびミニバンの購入を検討しているのであれば最新情報もチェックしておきましょう。

質感の高い内外装

初代から現行モデルまで受け継がれているアルファードの伝統として、非常に質感の高い内外装が挙げられます。高級ミニバンとして発売されたこともあり、徹底して高級感にこだわってデザインされています。外観からしてしっかりと「高級車」としての風格を感じることができます。

内装において最大のポイントとなるシートは複数パターンが用意されていますが、特に注目なのが7人乗りモデルの2列目で採用されている、左右が独立したキャプテンシートです。ベンチシートとは違い、1人分の座席が独立しているため広いだけでなく体がしっかりとフィットし、着座姿勢がとても安定します。足元もとても広いのでまるで飛行機のファーストクラスのようにゆったりと過ごせます。

ワイルドかつエレガントなスタイリング

現行にあたる3代目モデルでは、デザインを一新することによってさらにワイルドなスタイルに生まれ変わっています。特に迫力あるフロントフェイスは「オラオラ顔」と表現されることもあるほどに非常に力強いデザインとなっています。Lクラスミニバンなのでサイズの大きなモデルですが、実際の大きさ以上の迫力を感じます。

もちろん、ワイルドなだけでなく各所で直線と曲線をうまく使い分け、融合させることによるエレガントさも持ち合わせています。

ヴェルファイアとの違い

アルファードとヴェルファイアは姉妹車ということもあって、スペックの面はほぼ共通しています。違いはデザインのみです。先ほどもご紹介したとおり、アルファードは高級感を重視したデザインになっているのに対して、ヴェルファイアはよりスポーティなデザインを採用しています。

印象的なフロントグリルなどのデザインもまったく異なっており、ヴェルファイアはより力強く、ダイナミックなスタイルに仕上げられています。

価格帯も近く、スペックも同じなのでデザイン上の好みで選びましょう。

アルファードの魅力

≪写真提供:response≫トヨタ アルファード

ここからはアルファードの現行モデルの魅力を詳しくご紹介します。

長時間のドライブでも快適に過ごせる車内空間

アルファードの魅力として外せないのは圧倒的な車内空間です。Lサイズミニバンの大きな車体を活かした広々とした車内はアルファードならではの魅力となっています。各座席のサイズも余裕を持って設計されているので、全員大人でフル乗車しても窮屈さを感じることはありません。

また、室内高も非常に高いことから頭の上のスペースにも余裕があり、開放的です。


ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,935~4,950×1,935~1,950×3,000
室内(長×幅×高)3,210×1,590×1,400


広々としたラゲッジスペース

ラゲッジスペースの広さもアルファードの魅力のひとつです。面積が広いだけでなく室内高も高いので、大きな荷物も楽に積み込めるようになっています。

3列目シートも簡単に倒せるようになっており、さらにラゲッジスペースを拡大することも可能です。

多彩なシートアレンジで車中泊も快適

シートアレンジの多彩さもアルファードの魅力のひとつです。後部座席を丸ごとフラットにすることもできるので近年人気が高まっている車中泊も快適に楽しめます。室内幅も十分なので、大人2人でも楽に体を伸ばして寝ることができるでしょう。

もちろん、シートアレンジの豊富さは大型の荷物などを積み込む際にも便利です。自転車などもそのまま積み込める広さを確保でき、大型の荷物を運ぶ機会が多いという方でも安心です。

アルファードの価格、燃費は?

≪写真提供:response≫トヨタ アルファード

車の購入を検討する際には、コストパフォーマンスも気になるポイント。

そこで、ここからはアルファードの価格や燃費など、コストの面について詳しくご紹介します。

グレード別の新車価格

アルファードに多くのグレードが用意されており、価格帯もかなり幅広くなっています。もっとも安価なエントリーモデルにあたるX(2WD・8人乗り)は3,270,000円(税抜)となっており、もっとも高価な最上位モデルであるHYBRID Executive Lounge S(4WD・7人乗り)は7,047,273円(税抜)で、倍以上の価格となっています。

もちろん中間グレードのモデルもしっかりとラインナップされており、ミドルグレードにあたるSC(2WD・7人乗り)は4,797,818円(税抜)です。

このように、アルファードにはさまざまな価格帯のモデルがラインナップされているので予算に合わせて選ぶことができるという点も魅力的。

※価格などの情報は公式サイトより(2021年5月時点)

ガソリン

X2WD:3,270,000円
4WD:3,500,910円
S(8人乗り)2WD:3,582,728円
4WD:3,814,546円
S(7人乗り)
2WD:3,622,728円
4WD:3,854,546円
S“C パッケージ”
2WD:4,256,000円
4WD:4,486,910円
GF2WD:4,729,637円
4WD:4,909,637円
SC2WD:4,797,819円
4WD:4,976,910円
Executive Lounge
2WD:6,608,182円
4WD:6,787,273円
Executive Lounge S
2WD:6,746,364円
4WD:6,926,364円

※情報は2021年5月 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

ハイブリッド

HYBRID X(8人乗り)
4,193,637円
HYBRID X(7人乗り)
4,232,728円
HYBRID S“TYPE GOLDⅡ”
4,625,819円
HYBRID G“F パッケージ”
5,066,364円
HYBRID SR“C パッケージ”
5,200,000円
HYBRID Executive Lounge
6,908,182円
HYBRID Executive Lounge S
7,047,273円

※情報は2021年5月 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

特別仕様車

S“TYPE GOLDⅡ”
2WD:3,854,546円
4WD:4,086,364円

※情報は2021年5月 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

アルファードの中古車市場価格

アルファードはミニバンの中でも特に人気の高いモデルということもあって中古車市場にもかなりの台数が出回っています。型落ちモデルにあたる、初代や2代目モデルであれば車体価格で10万円前後のものも少なくありません。現行モデルも発売が2015年とかなり経過しているので100万円以下の車体もある程度の選択肢があります。

ただし、人気の高い7人の乗りのハイグレードモデルは高値で安定しており、300万円を超えるものが中心です。

アルファードの燃費

アルファードの燃費はグレードによって異なりますが、ガソリンエンジン搭載モデルの場合WLTCモードで10km/L前後となっています。ハイブリッドモデルでは14.8km/Lです。燃費の面ではややもの足りない数値ではありますが、サイズの大きなLクラスミニバンであることを考えるとハイブリッドモデルの燃費は優秀であると言えます。

アルファードではエントリークラスのモデルにもハイブリッド仕様が用意されています。そのため、購入後のコストのことを考えるとハイブリッドモデルを選ぶことをおすすめします。

※情報は公式サイトより(2021年5月時点)

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ アルファード

アルファードはトヨタを代表する高級ミニバンとして長年にわたって高い人気を誇っています。グレードのラインナップも豊富で、価格帯も広いので高級モデルでありながら、予算が限られている場合も十分に選択肢に入れることができます。

ただ、2022年にはニューモデルの発売も予想されていますので、購入を検討している方は最新情報もチェックしておきましょう。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。