トップへ戻る

どうすれば上がる?自動車保険の等級の決まり方と注意点

どうすれば上がる?自動車保険の等級の決まり方と注意点

「自動車保険の保険料が高い」と悩んでいる方の中には、なぜ保険料が高くなるか、その理由がわからないという方もいるでしょう。自動車保険の保険料が決まる要素はいくつかありますが、その中でも特に重要となるのが「等級」です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは、契約者の事故歴から判断された、事故リスクの目安のようなもの。一部例外はありますが、1等級から20等級まであり、等級の数字が高いほど保険会社から事故リスクの低い契約者と判断されていることを示します。

等級が上がるメリット

事故リスクは保険料に影響を与える要素の1つで、等級が上がることにより保険会社から事故リスクが低いと判断してもらえると、割引率が上がり保険料は下がります。

自動車保険の等級の決まり方

等級はどうすれば上げることができる?

等級はどうすれば上げることができる?

等級が上がるほど保険料が下がるのであれば、みなさん等級を上げたいと考えますよね。では、等級はどうすれば上げることができるのでしょうか。

契約時の等級

自動車保険に新規加入する場合、年齢や車種などに関係なく、6等級から始まります。条件を満たせば7等級からスタートできる「セカンドカー割引」が適用される場合も。

ただし、その条件はセカンドカーであることや、1台目の車が11等級以上であること、2台とも所有者が個人であり、自家用8車種であることなど、いくつかの条件を満たしている必要があります。自分も適用されるかも?と思った場合には、迷わず保険会社に確認してみましょう。

等級の上がり方

保険の満期日まで1年間、事故がなく自動車保険を使うことがなければ、次回の契約更新時に等級が1等級上がります。

もし、事故があったとしても、自動車保険を使っていないのであれば、無事故の場合と同様に等級が上がります。

等級が下がる場合

等級は自動車保険を使うと下がります。等級が下がるタイミングは等級が上がる場合と同様で、次回の契約更新時。ただし、等級が下がる場合は1等級ずつとは限らず、事故の内容によって変わるので注意が必要です。

事故の内容が人にケガをさせるようなものであったり、車との事故や単独事故、当て逃げなどの場合は3等級、台風や洪水などの自然災害や盗難、車へのいたずらなどの場合は1等級下がります。

また、等級では、「無事故」と「事故有」で区別されており、同じ等級であっても、「事故有」であれば「無事故」の場合よりも保険料が高くなります。この「事故有」は3等級下がる事故1件につき3年の加算、1等級下がる事故1件につき1年の加算がされ、この期間のことを「事故有係数適用期間」といいます。

そのため、3等級下がった場合、3年間は「無事故」の場合よりも割り増しで保険料を支払うことになります。

等級が変わらない事故

等級は基本的に、事故があって自動車保険を使うことによって下がります。しかし、事故の内容によっては保険金が支払われたとしても、等級が下がらないことも。このような等級の下がらない事故を「ノーカウント事故」と呼びます。

例としては、相手側が任意保険未加入で支払いができず、無保険車傷害保険のみを使用した場合や、単独事故で自分の治療費として人身傷害保険のみを使用した場合などです。

等級が落ちない事故の条件は保険会社によって異なるので、事前に保険会社に確認しておくことも重要です。

等級は引き継げる

車を買い替えた際には、車両入替という制度によって、新しい車にこれまでの等級を引き継ぐことができます。そのため、車を買い替えたからといって、再び6等級に戻ることはないので安心しましょう。

また、親の等級を子供へ、など家族間で引き継ぐのもよくあるパターンです。ただし、引き継ぐ人は自動車保険に入り直さないといけないことや、引き継げるのは同居している親族に限られるなど、誰にでも引き継げるわけではないので、事前によく確認しておきましょう。

自動車保険の等級で知っておくべき3つの注意点

等級を上げていく場合の注意点とは?

等級を上げていく場合の注意点とは?

自動車保険の保険料を安くするには、等級を上げていくことが重要になります。その等級を上げていく場合に、いくつか注意点があります。

1:契約し直しても等級はそのまま

等級は6等級から始まり、等級が下がるほど保険料は高くなります。そのため、5等級以下となった方の中には、「解約をして違う保険会社で契約すれば6等級に戻るのではないか?」と考える方もいます。

しかし、自動車保険では契約の満期日から13ヶ月間は、等級や事故有係数適用期間が引き継がれるので、13ヶ月以内に契約し直したとしても、6等級からのスタートはできません。

2:6等級に戻されることがある

無事故で等級を順調に上げていたとしても、自動車保険が満期日を迎えて、次の保険の始期日までに8日以上空いてしまった場合には、また6等級からのスタートになります。

契約更新を忘れて、満期日から8日以上過ぎてしまうと、せっかく積み上げてきた等級が6等級になってしまうので注意しましょう。

3:車に長期間乗らない場合

前述のとおり、満期日から次の保険の始期日まで8日以上過ぎてしまうと6等級に戻ってしまいますが、契約期間中に車を手放したり、転勤や海外渡航などの理由で長期間運転しなくなる方もいるでしょう。

長期間運転しない場合、保険会社に中断証明書を発行してもらえます。中断証明書があれば多くの保険会社で、10年間等級を引き継ぐことができます。そのため、再び運転するようになった際に、以前の等級で自動車保険に加入することができます。

ただし、中断証明書を発行してもらうには、7等級以上であることや解約日や満期日から13カ月以内に発行請求することなど、条件があるので事前に内容を確認しておきましょう。

等級以外に自動車保険料を決める要素

等級以外に自動車保険料を決める要素も知っておきましょう

等級以外に自動車保険料を決める要素も知っておきましょう

自動車保険の保険料を決める要素は、もちろん等級以外にもあります。どのような要素によって保険料が決まるのかも知っておきましょう。

補償

自動車保険では、補償の内容と範囲を充実させるほど、保険料は高くなります。そのため、どのような条件のときに、どのくらいの保険金が必要か、補償内容・範囲と保険料のバランスを考えることが重要です。

契約条件

自動車保険に加入する際には、保険会社から事故歴や運転歴、車の使用頻度や運転者の年齢などが確認されます。

これらを確認して、保険会社は契約者の事故リスクを判断します。その事故リスクは契約条件に影響するため、同じような補償内容でも契約者によって保険料が異なります。

保険会社

自動車保険の保険料は、保険会社によっても異なり、同じような補償内容でも、保険会社が変われば保険料も変わってきます。もし、少しでも保険料を抑えたいのであれば、複数社から見積りを取って比較してみることをおすすめします。

まとめ

安全運転を心がけ、無事故で等級を上げることも意識してみてください

安全運転を心がけ、無事故で等級を上げることも意識してみてください

保険加入時は他社との比較も重要ですが、自動車保険は等級を上げていくことで保険料を下げることができます。もし「自動車保険の保険料が高い」と悩んでいるのであれば、日頃から安全運転を心がけ、無事故で等級を上げることも、ぜひ意識してみてください。

こちらの記事もおすすめ!

初心者必見!自動車保険の内容と比較するポイント | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5765

自動車保険には、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険があり、自賠責保険はすべての車に加入が義務付けられています。一方、任意保険は、その名の通り加入は任意ですが、自賠責保険で補償されない部分をカバーできます。今回は自動車保険のそれぞれの補償内容を詳しく解説しながら、任意保険の選び方とその比較のポイントを紹介します。

車のこすり傷を消したい!DIY補修のやり方から修理費目安まで徹底調査 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5705?page=1#outline29

車をガリッとこすってしまった時は、愛車を傷つけてしまった罪悪感でひどく落ち込んでしまうものですよね。こすり傷がついてしまった大事な愛車を直してキレイな状態で乗りたい、こだわり派のあなたにぜひ読んでほしいこの記事では、こすり傷の種類別の対処法や、DIYでの傷消し方法、プロに修理に出す際に気になる疑問点まで、丸ごとご紹介していきます。意外とご自分でもキレイに直せる場合もありますので、必見です。

自動車保険を見直し!安く抑えるコツとは? | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5205

自動車保険料は、ライフスタイル、年齢、家族構成などの変化に応じて、内容を見直すことで保険料を安くできます。そのとき、どんなポイントに気をつけるといいでしょうか。今回は自動車保険を安くするコツをまとめました。

関連するキーワード


自動車保険

関連する投稿


初心者必見!自動車保険の内容と比較するポイント

初心者必見!自動車保険の内容と比較するポイント

自動車保険には、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険があり、自賠責保険はすべての車に加入が義務付けられています。一方、任意保険は、その名の通り加入は任意ですが、自賠責保険で補償されない部分をカバーできます。今回は自動車保険のそれぞれの補償内容を詳しく解説しながら、任意保険の選び方とその比較のポイントを紹介します。


どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

自動車保険はいろいろな保険会社が取り扱っています。そのため、自動車保険を選ぶ際に、「どのようなものを選べばよいのか?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。 そのため、自動車保険を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すればよいのか、事前に把握しておきましょう。


なぜ高い?自動車保険を安くするための方法とは

なぜ高い?自動車保険を安くするための方法とは

加入をすれば、ずっと払い続けていくことになる自動車保険。その保険料が「高い!」と感じたり、上がっていく保険料に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そんな方に向けて、自動車保険はどのような要素で高くなるのか、どうすれば安くできるのかなどをまとめました。


自動車保険はどれがいいの?自動車保険を選ぶ際のポイントとは?

自動車保険はどれがいいの?自動車保険を選ぶ際のポイントとは?

事故を起こしたときに頼れるのが自動車保険です。しかし、自動車保険を取り扱う保険会社はたくさんあります。 また、保険会社によって内容が異なる部分もあります。そのため、自動車保険は自分に合ったものを選べるように、その選び方を知っておかなければなりません。


自動車保険を選ぶ際の注意点とおすすめ自動車保険ランキング

自動車保険を選ぶ際の注意点とおすすめ自動車保険ランキング

自動車保険にはいろいろな種類があり、どのような保険に加入すれば良いのか悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。自分に合った保険を選べるように、自動車保険の選び方やおすすめの自動車保険にはどのようなものがあるのかを知っておきましょう。


最新の投稿


【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

ピックアップトラックは、見た目がおしゃれでかっこよく、荷台がついているのでマウンテンバイクなどの大きなものを運ぶのにも適しています。そんな利点を生かして、アウトドアやレジャーを好む人から注目を集めています。ここでは、ピックアップトラックのメリットとデメリット、そして中古で買えるおすすめの車種を紹介します。


快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

買い物はもちろん、アウトドアやキャンプなどにハイエースを愛用している人も多いのではないでしょうか。荷物も積めて長距離移動も便利、そんな多機能なハイエースを利用して車中泊を楽しんでいる人も増えています。ここでは、ハイエースが人気を集める理由と、車中泊のカスタムにかかる費用やおすすめグッズを紹介します。


速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

うっかり速度超過をして速度違反自動取締装置(以下オービス)が反応すると、スピード違反の罰則が科せられてしまいます。スピード違反には普段から注意を払うべきですが、急いでいる時や高速道路では、ついついスピードが上がりがち。うっかり違反をしてしまう前に、レーダー探知機を設置してみるのはいかがでしょうか。オービスの位置がわかれば、より注意力を高めることができるでしょう。


原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

2022年5月27日に発売開始された新型ステップワゴン。1996年に登場した初代モデルから数えて6代目にあたるモデルで、ミドルサイズミニバン市場では、トヨタのヴォクシー・ノアや、日産のセレナと激しくシェアを争っています。新型ステップワゴンの実力や魅力について、ライバル車との違いを含めて解説します。


ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETCの利用履歴を確認するときに不便さを感じている方は少なくないかもしれません。利用明細はどこで確認できるでしょうか?今回は、ETCカードの利用履歴を確認手段やコンビニでの印刷方法を解説します。