トップへ戻る

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

うっかり速度超過をして速度違反自動取締装置(以下オービス)が反応すると、スピード違反の罰則が科せられてしまいます。スピード違反には普段から注意を払うべきですが、急いでいる時や高速道路では、ついついスピードが上がりがち。うっかり違反をしてしまう前に、レーダー探知機を設置してみるのはいかがでしょうか。オービスの位置がわかれば、より注意力を高めることができるでしょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レーダー探知機とは?

《写真提供:response》新型レーザー&レーダー探知機

レーダー探知機はオービスが発しているレーダー波を探知して、知らせてくれる装置のこと。そのため、車に設置しておくことで、より速度を意識して運転することができます。

ただし、レーダー探知機が探知できるのはレーダー波を発するオービスであり、近年増加しているレーザー式のオービスは探知できません。レーザー式のオービスも探知したいのであれば、レーザー対応型の探知機を選ぶ必要があります。

オービスの仕組み

オービスは監視カメラのように、映像を常に撮影しているわけではありません。レーダー波やレーザー光などで車の速度を測り、一定の速度を超えている車を検知した場合に、車とナンバープレート、運転手を撮影します。

オービスの種類

オービスでの速度を計る方法はいくつかあり、ポピュラーなのはレーダー波やレーザー光を車に照射して速度を計るタイプ。ほかにも、道路に埋め込んだコイルの磁場の乱れで車の速度を計るタイプもあります。

また、オービスは道路に設置されているもの以外にも、車両式や小型で移動できるタイプもあります。これらは場所を変えて、速度違反を取り締まることが可能です。

オービスが光った場合

オービスが光った場合

オービスが光った場合

オービスが反応すると、車とナンバープレート、運転手が撮影されます。写真を撮られた場合、その後はどのような対応になるのか知っておきましょう。

オービスが光る条件

固定式のオービスは常時作動しています。しかし、制限速度を超えてオービスを通過しても、必ず反応するとは限りません。オービスが反応する条件は公表されていませんが、一般道で制限速度を30km/h以上、高速道路で40km/h以上速度超過した場合に反応するといわれています。

ただし、近年では移動式のオービスが増えて速度違反の取締がしやすくなったことや、速度違反を未然に防ぐこと、速度違反の取締強化などを目的に、速度超過15km/h以下でも反応するオービスも出てきているようです。

オービスが光った際に適用される罰則

オービスが光った場合は、後日に速度違反による出頭通知書が届きます。出頭通知書は早ければ3日ほど、遅くても1ヶ月程度で届くといわれています。

速度違反は制限速度をどれだけ超過したかによって、その罰則の重さは変わります。わずかな超過であれば、多少の罰金や違反点数がつく処分になるでしょう。

しかし、オービスが反応するのは制限速度を30~40km/hほど上回った場合です。そのため、処分は非常に重く、免許停止や取り消しとなる可能性も。また、悪質と判断されれば逮捕されてしまうこともあります。

撮られたのに通知が来ない!?

オービスが反応すれば後日に出頭通知書が届きますが、稀にオービスが反応したにもかかわらず、通知が来ないケースも。

その理由としては、オービスが撮影に失敗して、ナンバープレートや運転手をしっかり撮れず、違反者を特定できなかった可能性が考えられます。

また、オービスは動作確認のために、速度違反をしていなくても撮影することもあります。こちらの場合はオービスが反応したとしても違反をしていないので出頭通知書は届きません。

レーダー探知機のタイプ

レーダー探知機のタイプ

レーダー探知機のタイプ

レーダー探知機にはいくつかのタイプ・給電方法があります。それぞれ使い勝手が違うので、レーダー探知機にはどのようなものがあるのか知っておきましょう。

タイプ1:一体型

レーダー探知機にはレーダー波を受信するアンテナやディスプレイ、レーザー光対応であればレーザー光受信機など、それぞれパーツが分かれているものがあります。セパレートタイプであれば設置が面倒であったり、スペースの問題も。

しかし、一体型であれば設置に困ることはないでしょう。一番オーソドックスなタイプでもあるので、デザインや機能などのバリエーションも豊富です。

タイプ2:ミラー型

ミラー型はディスプレイがバックミラーのような形状で、ミラーとしても使用できます。設置箇所がバックミラーやフロントガラスの上部となるので、目立たず設置スペースに悩む心配もありません。

ただし、ドライブレコーダーの設置場所に近いので、ドライブレコーダーへの映りこみには注意が必要です。

給電方法1:ソーラー

車内では確保しにくい電源も、ソーラー式であれば太陽光で動かすことができるので、手軽に設置できます。
ただし、ソーラー式の場合は使える電力に限りがあるため、性能は控えめの製品が多い傾向です。

給電方法2:ソケット

シガーソケットに挿し込むだけで簡単に電源を取れます。ソーラータイプよりも電力を多く使える分、高機能の製品が多く、電源がエンジンと連動しているのでつけ忘れがないのもポイントです。

レーダー探知機の選び方

レーダー探知機の選び方

レーダー探知機の選び方

レーダー探知機は種類が豊富なので、どれを選べばよいのか悩んでしまう人も多くいます。そのため、レーダー探知機を購入する前に、どのようなポイントを意識しておくべきか、その選び方を知っておきましょう。

レーザー光対応

レーダー探知機はオービスのレーダー波を見つけることで、その位置を把握することができます。しかし、近年のオービスにはレーダー波ではなく、レーザー光を使うものもあり、レーダー探知機ではレーザー式のオービスを見つけられません。

もし、レーザー式のオービスにも探知してほしいのであれば、レーザー光対応のレーダー探知機を購入する必要があります。最近はレーザー式オービスも増えているので、レーザー光対応のものを選んだほうがよいでしょう。

性能

最新のレーダー探知機には、GPS機能付きでオービスと車の位置をより正確に測定できたり、2km先にあるオービスを探知できる製品もあります。

ただし、製品ごとに性能は異なるので、オービスや車の位置の測定が正確にできない製品や、オービスに接近しないと警告してくれない製品も。購入予定のレーダー探知機が、求めている性能を満たしているかをよく確認して選びましょう。

OBD2コネクター対応

OBD2は車のコンピューター部分と通信するシステムで、日本では2000年代から車に搭載されるようになり、アクセルペダル付近にOBD2のコネクターが付いています。

このコネクターは主に車の整備の時に使用するものですが、OBD2コネクターにレーダー探知機を接続することで、給電しながら走行中の車両情報をモニタリングできます。取り付ける車に適合しているのであれば、OBD2コネクター対応のものもおすすめです。

速度を守って安全に走ろう

速度を守って安全に走ろう

速度を守って安全に走ろう

制限速度を守って安全運転するのは当たり前のことですが、気付かないうちに速度が上がっていることもあるのが運転の怖いところでもあります。運転への注意力を高め、安全に運転できるように、レーダー探知機を検討してみましょう。

関連するキーワード


オービス

関連する投稿


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


最新の投稿


新型ランクル300の価格は?グレード、ボディサイズ、最新の納期まで徹底解説

新型ランクル300の価格は?グレード、ボディサイズ、最新の納期まで徹底解説

トヨタのランドクルーザー300が欲しくても、何から情報収集したらいいのか迷っている人も多いでしょう。ここでは、新車と中古車の価格の相場やオプション価格、人気があるカラーやグレード、スペック、納期について詳しく解説します。トヨタのランドクルーザー、通称ランクルについて見ていきましょう。


光岡バディ(Buddy)の価格、ベース車、内装、納期まで徹底解説!

光岡バディ(Buddy)の価格、ベース車、内装、納期まで徹底解説!

20代からシニアまで幅広い世代から支持されている光岡バディは、車好きがあこがれる車種のひとつです。光岡バディがなぜ人気なのか特徴について知りたい人も多いのではないでしょうか。ここでは、光岡バディのスペックや新車と中古車の価格、ベース車、内装、納期について解説します。


マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

2020年9月に発表され続報が待たれていた「レヴァンテ」に続くマセラティ第2のSUV「グレカーレ」についてまとめました。そのスペック、価格、内装、納期などを徹底解説します。


【2022年】おしゃれなルーフキャリアおすすめ10選!種類と選び方まで徹底解説!

【2022年】おしゃれなルーフキャリアおすすめ10選!種類と選び方まで徹底解説!

アウトドアやマリンスポーツが好きな人にとって、ルーフキャリアは便利アイテムのひとつです。いざ買おうと思っても種類が多く、どれを選んだらいいのか迷っている人のために、ここではルーフキャリアの種類と選び方、そして、人気のメーカーとおすすめのルーフキャリアを10選紹介します。


タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

購入した車は、ずっと同じ状態で乗り続けられるわけではありません。とくにタイヤは地面と接地するパーツのため、主に走行することによって劣化していきます。安全に走るために、タイヤ交換は必要なものですが、タイヤ4本の交換となると費用もかさみます。そこで今回は、タイヤ交換で少しでも費用を抑えるために知っておきたいポイントや自分で交換する方法など、タイヤ交換について知っておきたい情報をまとめてお伝えします。