目次へ戻る

【比較】ホンダ ジェイド・トヨタ アイシス

【比較】ホンダ ジェイド・トヨタ アイシス

Sクラスミニバンのこの2台を比べてみました。どのような違いが生まれるのでしょうか!!ぜひ見てみてください。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

ホンダのジェイドとトヨタのアイシスはSクラスミニバンですが、ジェイドはミニバンでありながらもステーションワゴンのような先鋭的な形で、比較的少人数の家族向けのようなイメージです。

ジェイド

アイシスはミニバンのベーシックのような形ですが、特徴的なのは助手席側がピラーレスでパノラマオープンドアになっているところです。


それぞれの特徴を踏まえながら両車を比較していきたいと思います。

アイシス

利用シーン

車内も広い両車は様々な利用シーンでも活躍してくれる車です。特にジェイドはミニバンでありながらもセダン並みの全高の低さで運転がしやすいので、日常の買い物や子供の習い事の送り迎えなどの普段使いに最適です。

ジェイド

7人乗りのアイシスはその広い室内空間が活かされる旅行などにピッタリです。また、様々な形に対応可能なシートアレンジは車中泊にもとても適しています。


各車にはそれぞれ向いている使い方があるので、ご自身の生活に合わせてお選びください。

アイシス

ホンダ ジェイド概要

ホンダジェイドは2015年から日本で発売された6人乗りで3列シートのミニバンタイプですが、ステーションワゴンのようなミニバンのような形で、発売当初はミニバンを名乗らず、のちに「新価値ミニバン」と呼ぶようになった新しいタイプの車種です。

低車高でセダンのような雰囲気で運転がしやすく立体駐車場にも入れられ、そして燃費性能も非常に高くこのクラスではトップクラスです。また、JNCAPファイブスター賞を受賞し、安全性能に関しても優れた性能を持っているのでファミリー層にも人気です。


価格については、ハイブリッド車で272万円~292万円、ガソリン車で253万円となっています。

トヨタ アイシス概要

アイシスは最大7人乗りの5ナンバーサイズのミニバンで、絶版となったガイアの後継車にあたります。


この車の一番の特徴と言えばパノラマオープンドアではないでしょうか。助手席側のセンターピラーがドアごと開くので、リヤドアと同時に開くとワイドな乗降スペースが登場し、開放感がいっぱいになります。

また、3列目のシートには床下格納機能を持っているので、必要に応じて収納したり出しておいたり出来るのが非常に便利です。


価格は200万円~250万円と、このクラスではお求め安くなっています。

室内空間・収納

シート比較

■ホンダ ジェイドシートアレンジ


ジェイドは3列目シートの5:5分割床下格納機構と2列目シートを活用することにより。多彩なシートアレンジが可能です。荷物の量や車に乗る人数によって、2人乗り~6人乗りの仕様へとアレンジすることができとても便利です。

ジェイド

また、2列目にVスライドキャプテンシートを採用しているのが特徴で、シートをスライドさせることによりリビングのソファでくつろいでいるかのような空間を演出できるので、2列目に座った方も優雅な気持ちでドライブを楽しめます。

■トヨタ アイシスシートアレンジ


アイシスのシートアレンジのバリエーションの豊富さはジェイドよりも多くなっています。助手席にタンブルシートを採用することにより、2列目3列目のアレンジとのセットで色々な空間を生み出せます。

アイシス

アイシスだけのオリジナルシートアレンジの「超ロングスペースモード」はまさにその極みです。3列目の座り心地に関してはゆとりを持たせているので、3列目とは思えないゆとりがあるので快適に過ごせるでしょう。

ドア・乗降性

乗降性についてはアイシスのパノラマオープンドアはまさに圧巻の一言です。パワースライドドアを採用しているので、ドア開口部の広さも充分で乗り降りが非常にしやすくなっています。



ジェイドに関してもステップの高さは低く低床フロアを採用しているので、乗降性は高くなっています。

アイシス

ホンダ ジェイド収納・バックドア

ジェイドのラゲッジスペースはとても広く、さらにアレンジすることによって多彩な荷物を収納することができます。バックドア開口部の地上からの高さが低く設定されているので、荷物の積み下ろしがとてもしやすいです。

また、3列目は5:5分割床下格納機構が搭載されており、フラットでさらに広い収納スペースが作り出せます。さらに3列目の収納はバックドアの外側から簡単に出来るというのもありがたい機能です。

トヨタ アイシス収納・バックドア

アイシスのラゲッジスペースもラクに出来るような装備・機能が備わっています。

普通の状態でも荷物を載せるのに充分なスペースがありますが、後方床下格納機構付サードシートを格納することによりさらにスペース広がり大きな荷物を載せることが出来ます。バックドアには自動で開閉するパワーバックドアを採用する事で荷物を抱えたままでも簡単に開閉が可能です。

安全性・走行性

ホンダ ジェイド安全性

ホンダジェイドは、走行性能だけでなく安全性能も非常に高く、予防安全性能評価 ASV+を獲得するなど安全対策の意識も非常に高いです。なかでもHonda SENSINGは、ミリ波レーダーと単眼カメラを融合した高精度な検知機能によってドライバーをサポートしてくれる機能です。

また、衝突安全性についての追及も余念がなく、その結果、新・安全性能総合評価で最高ランクのファイブスター賞を獲得しました。エアバックは前方のみだけでなく側面からも対応してくれるので、万が一の時も衝撃を軽減してくれます。

トヨタ アイシス安全性

アイシスは予防安全について先進機能を搭載し安全運転をサポートしてくれます。その一つとしてEBD付ABSがあり、これは走行状況に応じてブレーキを制御してくれます。


さらにVSC&TRCを搭載することで雨や雪など滑りやすい路面などで横滑りが発生してしまったときにブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれる機能です。

また、万が一の時の衝突安全性についてもしっかりと考えれており、SRSエアバッグシステムを搭載し、後部座席までしっかり衝撃を最小限に抑えてくれます。
さらにパノラマオープンドア専用安全構造を採用し、開放感も安全性能もどちらも確保されているので安心です。

走行性能比較

走行性能について、まず環境性能・JC08モード燃費のガソリンエンジン車で比較をしてみるとジェイドが18.0km/Lでアイシスが15.4km/Lと燃費性能ではジェイドの方に軍配が上がりました。

ジェイド

さらにジェイドにはハイブリッド車もあり、そちらの燃費は25.0km/Lとかなりの燃費性能を誇ります。力強い走りと静寂性があり高級車のような乗り心地を感じられるジェイドの方が走行性能は良さそうです。

試乗記

実際に試乗した方々の感想はどうでしょうか。


ジェイドでは力強いトルクを生むモーターと、効率性の高い直噴エンジンとをコラボレーションした、SPORT HYBRID i-DCDによってスポーティーな走りとパワフルな加速性が体感でき、今まで体験してことのないドライビング感覚を味わえるようです。

ジェイド

アイシスに関しては、やはりパノラマオープンドアを採用したことによる乗降性の高さでしょうか。
ミニバンとしては世界初採用となったドアは小さなお子様やお年寄り、ペットなどとのドライブなどにも非常に使い勝手が良く評判です。是非ご自身で比べて試乗してみてはいかがでしょうか。

アイシス

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

セカンドカーとして知名度が高い「ホンダ・トゥデイ」の歴史や燃費・中古価格などをまとめてみました。便利な軽四があるといいなとお考えの方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。