目次へ戻る

【比較】 トヨタ エスティマ・ホンダ オデッセイ

【比較】 トヨタ エスティマ・ホンダ オデッセイ

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンとして長い間愛されている、 トヨタのエスティマとホンダのオデッセイを比較してみました。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

ホンダ オデッセイ


トヨタのエスティマとホンダのオデッセイは、家族向けのLクラスミニバンとして長く愛されています。

ほぼ同じボディサイズの両車はですが、オデッセイは「全高の低いミニバン」という新しいジャンルを確立しました。
エスティマはオーソドックスなミニバンであれば、オデッセイはミニバンでありながら高級セダンのような雰囲気があります。

今回は、そんな両車を色々な視点から比較していきたいと思います。

トヨタ エスティマ

利用シーン

トヨタ エスティマ


Lクラスミニバン同士のエスティマとオデッセイは、どちらも車内も広いですが運転もしやすく小回りも利きやすいので、家族旅行や日常の買い物など様々な生活シーンで活躍してくれます。
広い車内を有効に使う事で、シートアレンジをしベッドのようにして車中泊なども可能です。

また、電動スライドドアで低床フロアを採用している両車なので、お子様やお年寄りも乗り降りが非常にしやすいので2世帯家族や子供のスポーツクラブなどの送り迎えの時にもとても安心です。
ファミリーカーとして人気の両車は使い勝手がとても良いのが特徴の一つです。

ホンダ オデッセイ

トヨタ エスティマ 概要

トヨタ エスティマ


■搭乗人数・概要

エスティマは発売当初から人気で、長い間多くの方に親しまれています。
グッドデザイン賞を受賞したデザインは先進感に満ちており、セルフリストアリングコートを採用することで小さなすり傷を自己修復し新車時の輝きを保持する役割をしてくれます。

最大8人乗りの車内はとても広く、8人乗っても多くの荷物を載せても窮屈に感じることなく3列目までゆとりをもって過ごすことが出来ます。

価格はハイブリッド車が400万円~500万円、ガソリンエンジン車で340万円~400万円以下となっており、エコカー減税の対象車となっています。

ホンダ オデッセイ 概要

ホンダ オデッセイ


■搭乗人数・概要

オデッセイは、ミニバンクラスでありながらフロア下の燃料タンクや排気系を極限まで薄く設計し、
独自の超低床化プラットフォームによってまるでセダンのように運転が出来ます。
さらに、ミニバンの広い室内空間を実現しているので、セダンとミニバンのいいとこ取りのような車です。

それに加え、リアスライドドアや、2列目プレミアムクレードルシート(7人乗り仕様)の採用など、使いやすさと快適性が備わっているので、オーナーだけでなく乗車するゲストの方にも満喫してもらえるようになっています。

価格はハイブリッド車で350万円~400万円、ガソリン車で270万円~360万円と、
同クラスではかなりコストパフォーマンスに優れています。

室内空間・収納

シート比較

トヨタ エスティマ


■トヨタ エスティマシートアレンジ

エスティマのシートは状況に応じて多彩なアレンジが可能です。

最大800mmを誇るリラックスキャプテンシートのスライド量はかなりのもので、サードシートも床下格納が出来るので
最高部にスライドさせればとても車の中とは思えないほどの広い空間が誕生します。

また、反対に前方にスライドさせれば荷室を大きく広げることが出来るので大きな荷物も充分に載せることが可能です。

さらに車内が広く各シートにゆとりがあるので3列目の乗り心地も抜群です。



ホンダ オデッセイ


■ホンダ オデッセイシートアレンジ

オデッセイもシートアレンジに関してはとても多彩です。

なかでも3列目シートを床下格納して2列目をロングスライドさせるロングスライドモードは
まさにファーストクラスのような開放的な空間でがありVIP待遇を受けているかのようです。

また、荷物が多い時などは最大ラゲッジモードなどでかなりの荷物を積み込むことが出来ます。

ドア・乗降性

ホンダ オデッセイ


どちらの車も開閉がワンタッチでできるパワースライドドアを採用し、ドア開口部の広さも充分で、
挟み込み防止機能も搭載しているので安心です。

ステップの高さに関しても低く作られ、どちらも低床フロアになっているので
お子様やお年寄りなど、どなたでも不自由なく乗り降りが出来て安心です。

乗降性に関しては、エスティマもオデッセイも非常に高いのではないでしょうか。

トヨタ エスティマ 収納・バックドア


エスティマは人だけでなく、荷物の収納もたっぷり出来ます。

3列目のシートを床下収納出来るのが特徴的で、2列目のシートをフロント側に寄せることによりかなり大きな荷室スペースを作りだすことができ、
大きな荷物や多くの荷物も充分に載せることが可能です。

そしてバックドアにはスイッチひとつで開閉が可能なパワーバックドアを採用することで、
手に荷物を持っていてもラクに開閉が出来るので、とても便利です。

ホンダ オデッセイ 収納・バックドア


オデッセイのラゲッジスペースもとても広く、バックドアも大きく開きます。
さらに収納可能な3列目を収納すれば、さらに多くの荷物や自転車などの大きな荷物も苦労することなく載せることが出来ます。

2列目のシートを折りたためばスキー板などの長い荷物も充分に収納が可能です。
荷物の大きさや量を選ばない荷室容量があるのもオデッセイの魅力のひとつです。


安全性・走行性

トヨタ エスティマ 安全性


エスティマの安全性能は先進機能を搭載することで、非常に高くなっています。
その先進機能「Toyota Safety Sense C」を搭載し、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。

また、プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの先進的機能により、ドライバーの安全と同時に歩行者の安全もサポートしてくれています。

ホンダ オデッセイ 安全性


オデッセイは安全性能も非常に高く、予防安全性能評価 ASV+の評価を獲得しています。
予防安全性能として、ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識し、ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心で快適な運転や事故回避を支援するホンダセンシングを搭載しています。

また、衝突時の衝撃を制御する独自の技術「G-CON」により、相手車両や歩行者に与えるダメージも軽減する骨格を実現するなど、衝突安全性もとても高くなっています。



走行性能比較

トヨタ エスティマ


環境性能・JC08モード燃費をガソリンエンジンで比較してみると、
エスティマは11.4km/L、オデッセイは13.8km/Lでさらにオデッセイのハイブリッドは
こちらは26.0km/Lとこちらでも他車を圧倒する燃費性能を誇ります。

走りに関しては、エスティマは「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」を搭載しマニュアル感覚の素早いシフトチェンジも出来るのでスポーティーな走りを楽しめます。

一方オデッセイは、低床で低重心でミニバンとは思えない走りを体現でき、エンジン主体の走りや
エンジンを回したときなど全体的な静寂性も高く、走行性能は非常に高いでしょう。

ホンダ オデッセイ

試乗記

トヨタ エスティマ


それぞれ試乗した方の感想についてです。

まずエスティマについてですが、現行タイプはエスティマ史上最上の走りの質感と安定感で
さらに、振動減衰性能が格段によくなったとのことで、走行性能の充実ぶりがうかがえます。

オデッセイは、燃費性能と乗降性の高さに意見が集まっています。
特にペットを連れてロングドライブに出かける方には、低床フロアとドアの開口部の広さによって
ペットの乗り降りがしやすいというのと、遠出をすることによってスライドドア付のミニバンクラス内での圧倒的な燃費性能の高さを実感できたとのことです。

似ているようで特徴が異なる両車、是非一度お試しください。

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

関連する投稿


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダのシビックが満を持して2017年9月に国内復活を遂げました。名車と名高いシビック。今回はフルモデルチェンジを行った新型シビックセダンについて、新車価格・燃費・スペック・試乗評価・エンジン性能・タイプ別売れ筋・人気は?などといった最新情報をお届けいたします。そしてシビックの人気ぶりがわかるエピソードも…。


最新の投稿


年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

三井ダイレクト損害保険株式会社は、年末年始(2017年12月22日~2018年1月3日)に高速道路を利用して長距離移動をする、もしくはする予定がある18歳~69歳の男女1,000人へ「年末年始の長距離移動」に関するアンケート調査を行いました。その結果からみえた2017年末の動向を見てみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング