トップへ戻る

アウトドア好きファミリーにオススメのファミリーカーはこれ!

アウトドア好きファミリーにオススメのファミリーカーはこれ!

奥さんや子どもがいる家族に人気のあるファミリーカーは、ミニバンをイメージしやすいですが、実はSUVが今オススメだってことを知っていましたか?今回はアウトドア派なファミリーはもちろん、パパママにオススメの車もまとめてご紹介します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


アウトドア派ファミリーにはこの車がおすすめ!

旅行やキャンプ、バーベキューなどが好きなアウトドア派にオススメなのはトヨタのランドクルーザープラドです。

SUVの中でも世界的に有名な車で、車体は非常に大きく、ファミリーカーには最適です。
値段は高価ですが、その費用に値する素晴らしい能力がたくさん備えられています。社内は5~7人乗車でき、広々とした空間で快適な時間が過ごせます。

また、トランクルームも広く、荷物がたくさん積めるので、アウトドア用品の収納も簡単にできます。

SUV車の中でも、車重が大きく、ショックもしっかりしているので、力強い走りで険しい山道もスイスイと進んでくれます。良くアウトドアをするファミリーにはオススメです。

トヨタ ハリアー

ラグジュアリーと高級感が魅力的なハリアーは、走行能力が高く、経済的にも安定したSUV車です。若者から高齢者まで幅広い層に人気を集めています。

車体は大きく、存在感を示すが、排気量は2000ccと少なめで設計しています。しかし、ボディを軽量化し、少ない排気量でもストレスのない走行が出来る設計です。社内は5人乗りで、足元などゆったりできるスペースが確保されており、抜群の乗り心地良さが堪能できます。

後部座席は座面長50cm、幅124cmのゆとりあるスペースなので、中型犬でも楽に乗り込める広さがあるので、飼い主と一緒にドライブすることが出来るペットにも最適なSUV車です。

ホンダ ヴェゼル

SUVの中でもクーペとSUVを融合した車として販売されたのは、ホンダヴェゼルだけです。コンパクトカーサイズではありますが、ゆったりとくつろげる車内と安全運転支援システムを搭載している信頼感の高い車なので、ファミリーカーとしても最適です。

排気量は1500ccで、燃費も非常に良く20.6km/Lと、税金なども比較的安価でガソリン代も少なく済むのでSUVの中でファミリー層にも人気がある車です。

上質な車内とどっしりと構えたボディが魅力的なヴェゼルは、世界的にも有名となっており、国内人気ナンバーワンとなっている名車です。

日産 エクストレイル

日産のエクストレイルは、アウトドアにも街乗りにも最適なSUV車です。5人乗りだけでなく、3列目の7人のりにも適用できる車です。上質な室内空間でゆったりとドライブを堪能できます。

中でもハイブリット車が人気で、非常に質の高いハイブリッドシステムが導入されています。高速道路などでも効果が発揮され、スポーティな車となっています。

収納力もあり、アウトドア向けの方にも人気があります。スキーなどに行く際の山道も安定した走行が実現でき、先進テクノロジーで進化した安全性能が備えられています。

パパが嬉しいカッコイイ車を知りたい!

夫婦ともに免許証を持っている場合、車を購入する場合には、奥さんの意見も反映されますが、最終決定権は父親にある家庭が多いです。

男性の方が車にくわしいという理由もあります。そこでパパが欲しいパパ向けのかっこいい車はどのような車でしょうか。

家族向けといえばミニバンですので、ミニバンの中から絞り込むと大型のミニバンの人気が高いです。男性の視点から見れば、見た目の良さを重視する傾向にありますが、大型のミニバンはどこか男らしさを感じます。

また男性は女性よりも体が大きいため、大きな車体を選びたがる傾向にあるようです。

トヨタ ヴォクシー

大型のミニバンの中で人気があるものはトヨタのヴォクシーになります。イチオシのミニバンといっても言い過ぎではないでしょう。

最新型トヨタヴォクシーの魅力は何と言ってもかっこいい事です。後ろから見たらその良さがよくわかりませんが、正面から見た時は角張った感じが魅力的です。

ホンダのミニバンや日産のミニバンはどこかスマートのイメージがありますが、トヨタのミニバンは正面から見たときの重圧なイメージがあるのです。

どこかロボットのような雰囲気がありながら、2リッターで税金の安いのが特徴です。

トヨタ ヴェルファイア

もう一つは、トヨタヴェルファイアです。トヨタヴェルファイアは、2008年から将来が発売され2015年まで売れ続けました。その後2代目が発売されています。

価格帯はトヨタヴォクシーよりもワンランク上の高級ミニバンです。それでありながらハイブリッドが発売されています。

横幅も広いため、大人8人で乗ってもわりと余裕があります。乗り心地もよく、ペットを載せても車酔いしにくいでしょう。同じトヨタのアルファードの姉妹車というイメージです。

ヴォクシーとヴェルファイアのどちらがいい?

大家族で車にのるならばヴォクシーとヴェルファイアのどちらがいいでしょうか。

まず価格からみると、ヴェルファイアは390万円代から700万円代までと幅広くなっています。これに対してヴォクシーは、240万円から320万円代です。つまりヴォクシーの価格帯のランク上がヴェルファイアであることがわかります。

ヴェルファイアよりもヴォクシーの方が若い人向けに作られています。

排気量は、ヴォクシーが2リットル、ヴェルファイアは2.5リットルから3.5リットルまでです。7人以上乗せるのであればヴェルファイア、それ以下であればヴォクシーで十分と言えます。

ママが嬉しいかわいい車を教えて!

ママ向けの車種としては、ホンダのフィットがお勧めです。コンパクトカーでありながら、室内空間は広いため使いやすさから人気がありました。

しかしトヨタのポルテが、ボディが背が高くシートがアレンジ出来るメリットからフィットを上回る使い勝手を実現しています。

今まではダイハツのタントが子育て中のママからは人気を得ていましたが、ポルテはライバルが登場したかのようです。

室内はカップホルダーや買い物フック等、コンパクトカーには当たり前にあった収納スペースが随所に設けられています。

トヨタ ポルテ

トヨタのポルテは、8年振りにライムをフルモデルチェンジして登場しています。ドアはスライド式で、床は高さが低く乗り降りがしやすい設計になっています。


ドアが大きくスライドするため、荷物を沢山持っている時や赤ちゃん等を抱っこしているママには嬉しい広さです。広い室内空間で、小さい子どもなら車内で着替えが出来る広さです。

女性には嬉しい収納スペースもたっぷりあり、使い勝手バツグンの室内空間で自分の好みのアイテムが持ち込めます。自動車をカスタマイズ可能で、オリジナルの1台が作れます。

ホンダ フリード

ホンダのフリードは2代目で、先代を上回る機能を搭載しています。車体はステップワゴンより小さく程よいサイズで、3列シートで3列目の座席を倒せば荷物を載せる事が出来ます。

ファミリーカーとしては嬉しい、最高で8人が乗れます。ハイブリッド車ですが、その割には車内の空間は広々としています。

他のミニバンと比べるとサイズが小さいため、小回りがききやすく駐車も楽々です。他社と比較した時に、ライバルになるトヨタのコンパクトミニバンのシエンタと最小回転半径がまったく同じです。

トヨタ ヴィッツ

五人のりのファミリーカーでお勧めなのが、トヨタのヴィッツです。子どもも居て家族の人数が多いと、3列シートあると便利です。しかし夫婦だけや子どもが1人であると、大きな自動車では場所を取るだけになってしまいます。

そこで五人乗りの、コンパクトなものを選ぶようにします。ヴィッツは2列目のシートが折りたためるため、荷物を沢山載せる事が出来ます。荷室の高さが用途に合わせて変えられ、アジャスタブルデッキボードを設置可能です。

スマートエントリー&スタートシステムで搭載で、ドアハンドルを握るだけでドアが開きます。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。