目次へ戻る

アウトドア派なファミリーにオススメのファミリーカーはこれ!

アウトドア派なファミリーにオススメのファミリーカーはこれ!

奥さんや子どもがいる家族に人気のあるファミリーカーは、ミニバンをイメージしやすいですが、実はSUVが今オススメだってことを知っていましたか?今回はアウトドア派なファミリーはもちろん、パパママにオススメの車もまとめてご紹介します!


アウトドア派ファミリーにはこの車がおすすめ!

旅行やキャンプ、バーベキューなどが好きなアウトドア派にオススメなのはトヨタのランドクルーザープラドです。

SUVの中でも世界的に有名な車で、車体は非常に大きく、ファミリーカーには最適です。
値段は高価ですが、その費用に値する素晴らしい能力がたくさん備えられています。社内は5~7人乗車でき、広々とした空間で快適な時間が過ごせます。

また、トランクルームも広く、荷物がたくさん積めるので、アウトドア用品の収納も簡単にできます。

SUV車の中でも、車重が大きく、ショックもしっかりしているので、力強い走りで険しい山道もスイスイと進んでくれます。良くアウトドアをするファミリーにはオススメです。

トヨタ ハリアー

ラグジュアリーと高級感が魅力的なハリアーは、走行能力が高く、経済的にも安定したSUV車です。若者から高齢者まで幅広い層に人気を集めています。

車体は大きく、存在感を示すが、排気量は2000ccと少なめで設計しています。しかし、ボディを軽量化し、少ない排気量でもストレスのない走行が出来る設計です。社内は5人乗りで、足元などゆったりできるスペースが確保されており、抜群の乗り心地良さが堪能できます。

後部座席は座面長50cm、幅124cmのゆとりあるスペースなので、中型犬でも楽に乗り込める広さがあるので、飼い主と一緒にドライブすることが出来るペットにも最適なSUV車です。

ホンダ ヴェゼル

SUVの中でもクーペとSUVを融合した車として販売されたのは、ホンダヴェゼルだけです。コンパクトカーサイズではありますが、ゆったりとくつろげる車内と安全運転支援システムを搭載している信頼感の高い車なので、ファミリーカーとしても最適です。

排気量は1500ccで、燃費も非常に良く20.6km/Lと、税金なども比較的安価でガソリン代も少なく済むのでSUVの中でファミリー層にも人気がある車です。

上質な車内とどっしりと構えたボディが魅力的なヴェゼルは、世界的にも有名となっており、国内人気ナンバーワンとなっている名車です。

日産 エクストレイル

日産のエクストレイルは、アウトドアにも街乗りにも最適なSUV車です。5人乗りだけでなく、3列目の7人のりにも適用できる車です。上質な室内空間でゆったりとドライブを堪能できます。

中でもハイブリット車が人気で、非常に質の高いハイブリッドシステムが導入されています。高速道路などでも効果が発揮され、スポーティな車となっています。

収納力もあり、アウトドア向けの方にも人気があります。スキーなどに行く際の山道も安定した走行が実現でき、先進テクノロジーで進化した安全性能が備えられています。

パパが嬉しいカッコイイ車を知りたい!

夫婦ともに免許証を持っている場合、車を購入する場合には、奥さんの意見も反映されますが、最終決定権は父親にある家庭が多いです。

男性の方が車にくわしいという理由もあります。そこでパパが欲しいパパ向けのかっこいい車はどのような車でしょうか。

家族向けといえばミニバンですので、ミニバンの中から絞り込むと大型のミニバンの人気が高いです。男性の視点から見れば、見た目の良さを重視する傾向にありますが、大型のミニバンはどこか男らしさを感じます。

また男性は女性よりも体が大きいため、大きな車体を選びたがる傾向にあるようです。

トヨタ ヴォクシー

大型のミニバンの中で人気があるものはトヨタのヴォクシーになります。イチオシのミニバンといっても言い過ぎではないでしょう。

最新型トヨタヴォクシーの魅力は何と言ってもかっこいい事です。後ろから見たらその良さがよくわかりませんが、正面から見た時は角張った感じが魅力的です。

ホンダのミニバンや日産のミニバンはどこかスマートのイメージがありますが、トヨタのミニバンは正面から見たときの重圧なイメージがあるのです。

どこかロボットのような雰囲気がありながら、2リッターで税金の安いのが特徴です。

トヨタ ヴェルファイア

もう一つは、トヨタヴェルファイアです。トヨタヴェルファイアは、2008年から将来が発売され2015年まで売れ続けました。その後2代目が発売されています。

価格帯はトヨタヴォクシーよりもワンランク上の高級ミニバンです。それでありながらハイブリッドが発売されています。

横幅も広いため、大人8人で乗ってもわりと余裕があります。乗り心地もよく、ペットを載せても車酔いしにくいでしょう。同じトヨタのアルファードの姉妹車というイメージです。

ヴォクシーとヴェルファイアのどちらがいい?

大家族で車にのるならばヴォクシーとヴェルファイアのどちらがいいでしょうか。

まず価格からみると、ヴェルファイアは390万円代から700万円代までと幅広くなっています。これに対してヴォクシーは、240万円から320万円代です。つまりヴォクシーの価格帯のランク上がヴェルファイアであることがわかります。

ヴェルファイアよりもヴォクシーの方が若い人向けに作られています。

排気量は、ヴォクシーが2リットル、ヴェルファイアは2.5リットルから3.5リットルまでです。7人以上乗せるのであればヴェルファイア、それ以下であればヴォクシーで十分と言えます。

ママが嬉しいかわいい車を教えて!

ママ向けの車種としては、ホンダのフィットがお勧めです。コンパクトカーでありながら、室内空間は広いため使いやすさから人気がありました。

しかしトヨタのポルテが、ボディが背が高くシートがアレンジ出来るメリットからフィットを上回る使い勝手を実現しています。

今まではダイハツのタントが子育て中のママからは人気を得ていましたが、ポルテはライバルが登場したかのようです。

室内はカップホルダーや買い物フック等、コンパクトカーには当たり前にあった収納スペースが随所に設けられています。

トヨタ ポルテ

トヨタのポルテは、8年振りにライムをフルモデルチェンジして登場しています。ドアはスライド式で、床は高さが低く乗り降りがしやすい設計になっています。


ドアが大きくスライドするため、荷物を沢山持っている時や赤ちゃん等を抱っこしているママには嬉しい広さです。広い室内空間で、小さい子どもなら車内で着替えが出来る広さです。

女性には嬉しい収納スペースもたっぷりあり、使い勝手バツグンの室内空間で自分の好みのアイテムが持ち込めます。自動車をカスタマイズ可能で、オリジナルの1台が作れます。

ホンダ フリード

ホンダのフリードは2代目で、先代を上回る機能を搭載しています。車体はステップワゴンより小さく程よいサイズで、3列シートで3列目の座席を倒せば荷物を載せる事が出来ます。

ファミリーカーとしては嬉しい、最高で8人が乗れます。ハイブリッド車ですが、その割には車内の空間は広々としています。

他のミニバンと比べるとサイズが小さいため、小回りがききやすく駐車も楽々です。他社と比較した時に、ライバルになるトヨタのコンパクトミニバンのシエンタと最小回転半径がまったく同じです。

トヨタ ヴィッツ

五人のりのファミリーカーでお勧めなのが、トヨタのヴィッツです。子どもも居て家族の人数が多いと、3列シートあると便利です。しかし夫婦だけや子どもが1人であると、大きな自動車では場所を取るだけになってしまいます。

そこで五人乗りの、コンパクトなものを選ぶようにします。ヴィッツは2列目のシートが折りたためるため、荷物を沢山載せる事が出来ます。荷室の高さが用途に合わせて変えられ、アジャスタブルデッキボードを設置可能です。

スマートエントリー&スタートシステムで搭載で、ドアハンドルを握るだけでドアが開きます。

【トヨタ ヴィッツ 改良新型】ボディのスポット溶接増し打ち…マイナーチェンジの枠を超えたと自負 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/01/13/288289.html

トヨタ自動車が1月12日に発表した改良新型『ヴィッツ』。目に見える部分だけのマイナーチェンジにとどまらず、走行性能の引き上げも図られた。

関連する投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

痛ましい交通事故のニュースが続く昨今。そんな中、日産が新たに開発してくれました!ついにプロパイロット2.0が登場します。 プロパイロット2.0ではなんと高速道路の車線変更だってできてしまう?とか…?プロパイロット2.0はスカイライン改良新型に搭載される予定とのこと。最新情報をまとめています。


新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

日産の欧州部門は5月14日、日産『NV250』(Nissan NV250)を発表しましたた。NV250はビジネスユーザー向けの新しい汎用性の高いコンパクトバンで、日産の欧州戦略商用車になる模様です。最新情報をお届けいたします。


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。