目次へ戻る

怒涛のSUV人気!!なぜ最近SUVが人気なの?理由は?

怒涛のSUV人気!!なぜ最近SUVが人気なの?理由は?

最近、なんだかSUVのモデルチェンジや新車発売の話題が多いなあ。そう感じることはありませんか?SUVは今最も勢いのあるボディタイプの1つと言えるでしょう。そんな人気を裏付けるような調査結果が9月13日、J.D.パワーにより発表されました。その名も「日本新車購入意向者調査」。今回はこの調査結果についてまとめています。


J.D.パワー調べ!日本新車購入意向者調査、気になる結果まとめ

J.D.パワーアジア・パシフィックは、2015年より、日本新車購入意向者調査を実施しています。

今年で3回目となる日本新車購入意向者調査、その結果を発表しました。

調査は今後1年以内に新車乗用車の購入を検討している消費者を対象として、次回購入を検討している車のタイプ詳細や重視点、ブランド認知度や好意度、検討ブランド/モデル、ブランドイメージ、新技術に対する興味や関心など、消費者の意識や購買行動に関する情報を広範囲に収集したもの。

2017年6月下旬~7月中旬にかけてインターネット調査を実施し、計1万人から回答を得ました。

今回はこの調査結果を見ていきたいと思います。

【調査結果発表】日本新車購入意向者調査

新車購入のとき、複数ブランドを検討している割合は??

新車購入の際に複数ブランドを検討している割合は、昨年と同様に半数を超える55%。

1人当たり平均で2.4ブランドを比較検討していることがわかりました。

男女別でみると、男性が検討しているブランド数の平均は、2.5ブランド、女性の場合で2.2ブランドとなっています。

一方で、45%は「購入したい」と思っているブランドにブレがない!という結果も興味深いですね。

検討している車のボディタイプ、昨年より人気だったのは?

また、注目すべきは昨年と比較すると、SUVを検討対象に挙げている割合が増えていることです。

検討している車のボディタイプについて「SUV」と回答した対象者は昨年の27%より4%増加の31%となっています。

家族構成でみると、34%の「独身」に次いで、「親と子供の二世代同居の家族」が昨年の25%から6%増の31%になっており、SUVがファミリー層への浸透が一層進んでいることが明らかです。

ブランドのポテンシャル…。やはりブランド力は強い?

また、ブランドのポテンシャルを探る目的で、「最も購入の可能性があると思うモデルと見た目や性能が似かよった車が、他のメーカー/ブランドで販売していたと仮定した場合、価格次第で購入を検討するかどうか」の意向を聴取したところ、調査対象の28ブランドの中の10ブランドにおいて、「購入を検討する」と答えた割合が50%を超える結果となりました。

時代の流れは『安全性能』重視か?J.D.パワー浦山氏は語る

J.D. パワーのオートモーティブ部門ディレクターである浦山浩一は、次のように述べています。

『車購入の際の最重視点として挙げられる上位3項目は、昨年は「外装/外観のデザイン」「購入価格」「燃費のよさ」だったが、今年は「燃費のよさ」に変わり「安全性能」が入り、「外装/外観のデザイン」「購入価格」「安全機能」となった。

特に60代以上の年代層で見ると、「安全機能」は昨年の16%から21%と最重視点項目の中でもっとも大きな上昇幅となっている。

これらの先進装備は、新しい機能であるが故に当然期待も大きくなるが、その反面、機能と使い方を正しく理解してもらうことが非常に重要となる。

検討前のブランド・モデルの訴求から購入後のサポートに至るまで、保有ライフサイクル全体における一貫したコミュニケーションが重要になるのではないか。』

最後に

マツダ CX-8 3列シートは最大7人乗り

見た目がスポーティかつスタイリッシュなものが多く、また、6~7人が乗員可能なモデルも増えてきたことでファミリー層にも選ばれつつあるSUV。

マツダの、小飼雅道社長はCX-8の発表会の際に、「日本での多人数乗用車はミニバンを中心に構成されてきた。しかし、お客様がミニバンから2列あるいは3列シートのSUVに徐々にシフトする傾向もある」と指摘。そのうえで、新開発したCX-8によって「ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦したい。日本におけるこのジャンルの拡大に寄与したい」と話していたことからも、今後、SUVの更なる躍進が期待できますね。

2017年9月現在、最新のSUV記事を知りたい方は、下記記事もご覧ください。

【マツダ CX-8】小飼社長「ミニバンに代わる新たな市場を創造」 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/14/299780.html

マツダは9月14日、3列シートの新型クロスオーバーSUV『CX-8』の発表会を都内で開いた。予約受注を始めており、12月14日に発売する。国内向けのSUVでは『CX-3』、『CX-5』に次ぐ投入だが、6人または7人乗りの大きいモデルであり、国内SUVのフラッグシップとなる。

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

http://matome.response.jp/articles/858

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり発売日は12月14日となっています。本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。

【9月14日発売】レクサス NX マイナーチェンジ!価格・燃費は?

http://matome.response.jp/articles/869

レクサス NXがマイナーチェンジを実施、9月14日より発売開始しました。さらにシャープな表情へと一新し、セーフティシステム+ も新採用になったレクサスNX新型。気になる価格や燃費、エクステリアやインテリアほか、最新情報をまとめています。

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

http://matome.response.jp/articles/587

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【2017年9月13日更新】

ジューク新型に、進化したe-POWER搭載か!?e-POWERって何?

http://matome.response.jp/articles/867

フランクフルトモーターショーにて、日産の人気SUV・ジュークにe-POWERが搭載されるかも、というニュースが入ってきました。この、e-POWERとは何なのか、この点も踏まえてジュークについてまとめています。

関連するキーワード


SUV アンケート

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

こちらの記事では、2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施された交通マナーに関するアンケート結果、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか」という設問に焦点をあてて、ランキング化しています。また、クラクションに関連する道路交通法や、不要なクラクションの危険性も紹介したいと思います。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング