目次へ戻る

マツダ アクセラセダンの情報一挙網羅!スペック、性能、評価や中古車価格は?

マツダ アクセラセダンの情報一挙網羅!スペック、性能、評価や中古車価格は?

マツダが世界に誇るアクセラはその美しいフォルムでヨーロッパで大人気となっています。 その中でも今回はアクセラセダンに的を絞って、スペックや価格、ユーザーの評価などアクセラセダンが気になっていた方も納得出来るよう様々な視点からご紹介していきたいと思います。


マツダ アクセラセダン 概要

マツダのアクセラセダンについてですが、まずアクセラが同じくマツダで長年親しまれていた「ファミリア」の後継にあたり世界に目を向けた新しい車として2003年に発売されました。


そして2008年にアクセラセダンとアクセラスポーツが発表され、オーストラリアでは2011年から2年連続で販売台数1位を獲得するなど、日本国内やヨーロッパだけでなく世界各国でその性能が評価されました。

なかでも、ありえない低圧縮比で軽油を燃焼させて、ススなどの排出を減らすスカイアクティブ技術はマツダだけのオリジナルで、発表した数字に嘘偽りが一切なく、あっと驚く発想でクリーンディーゼル実現をやり遂げたメーカーとして、世界に名を広める結果になりました。

実際の乗り心地はというとエンジンが軽いおかげもあって、クルマ自体の動きが軽快でハンドリングも引き締まった印象で微舵角からの反応も良くクルマの動きも自然な感触で、とても運転がしやすくなっています。

尚、アクセラセダンは1.5Lガソリンとハイブリッドのみで、2Lエンジンとディーゼル車はハッチバックにのみの設定となっています。

マツダ アクセラセダン 基本スペック

マツダアクセラセダンの基本スペックは下記のようになっております。

◆エンジン種類
水冷直列4気筒DOHC16バルブ/水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ

◆総排気量
1.496~2.188

◆駆動方式
2WD(FF)/4WD

◆最高出力
77/4,000~129/4,500kW[PS]/rpm

◆最大トルク
144/3,500~420/2,000N・m[kgf・m]/rpm

◆燃費
17.8~21.6km/L

◆燃料タンク容量
48~51L

◆乗車定員
5名

◆車両重量
1,250~1,520kg

◆ボディサイズ
全長:4,580mm
全幅:1,795mm
全高:1,455mm

◆室内サイズ
全長:1,845mm
全幅:1,505mm
全高:1,170mm

マツダ アクセラセダン 燃費

続いて、マツダアクセラセダンの燃費性能をカタログ燃費と実燃費で詳しくみてみましょう。

【15C/15S/15S PROACTIVE/15S L Package】
■JC08モード
2WD:19.2~20.6km/L 
4WD:17.8km/L

■実燃費
2WD:17.02km/L
4WD:15.95km/L

【15XD/15XD PROACTIVE/15XD L Package】
■JC08モード
2WD:21.6km/L

■実燃費
2WD:16.56km/L

【22XD PROACTIVE】
■JC08モード
2WD:19.6km/L
4WD:18.0km/L

■実燃費
2WD:13.93km/L
4WD:10.61km/L

【22XD L Package】
■JC08モード
2WD:19.6km/L
4WD:18.0km/L

■実燃費
2WD:13.93km/L
4WD:10.61km/L

上記のような燃費性能となっております。
各グレードによって設定している燃費が変わってきますので、よくご確認ください。

マツダ アクセラセダン エクステリア/カラー

続いてはマツダアクセラセダンのエクステリア、カラーについてです。
アクセラのエクステリアはサバンナを駆けるチーターがモチーフの美しいフォルムです。


そしてアクセラセダンのカラーはボディカラーは8色設定されており、躍動する美しさにさらに磨きをかけ、力強いプロポーションのなかに上質な落ち着きを感じさせると共にその造形を際立たせるマツダの新しい赤の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が代表的な色ですが、ソウルレッドに次ぐ新色のマシーングレーが登場しました。


黒光りする日本刀のイメージを実現するため、塗料に混ぜるアルミフレークを一定方向に揃えて配置しました。
この匠塗によって、塗装面が乱反射せず金属的な黒光りする質感が実現できました。


マシーングレーは光の加減で、表情を劇的に変える色で陽の当たらない場所では暗くて渋い鏡のようなグレーですが、日光を浴びると光沢のあるメタリックカラーへと変化するので、ソウルレッドは華やかすぎるという方にはピッタリのカラーになっています。

マツダ アクセラセダン インテリア

続いてはマツダアクセラセダンのインテリアについてです。

人馬一体の走りを追求するアクセラのシートデザインは、セダン・スポーツ問わずフロントシートは走る楽しさを、後部座席は開放感をというのがテーマです。


シートマテリアルに関してはサイドサポートに部分的に本革が使われていますが、身体が直に触れる部分はラックススエードが張られていて、この素材は滑りにくくホールド性が高いので、走行時でも力を抜いてラクな体勢で過ごすことが出来るのが特徴です。

シートのカラーはグレードにもよりますが黒と白から選べます。選ぶ色によってインテリアの雰囲気がガラリと変わるので、お好み応じてチョイスしてみてください。

また、シートアレンジも様々に出来るので乗車する人数や体型、また、荷物が多い時など状況に応じたシートに設定出来るので利便性もとても高くなっています。

マツダ アクセラセダン 安全装備

続いてはマツダアクセラセダンに採用されている安全装備についてご紹介します。
マツダの安全装備に対する思想としては、危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避するという想いから独自の安全技術を次々と採用しています。


【アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)】
前方の歩行者や先行車をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

【AT誤発進抑制制御[前進時]】
約10km/h以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントグリル内の超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

【AT誤発進抑制制御[後退時]】
駐車場から出る時などに後方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上踏み込まれた場合に警告し急発進を抑制します。

【車線逸脱警報システム】
車両が車線を踏み越えそうであると判断すると、ステアリング振動またはランブルストリップス音やビープ音によって警告し、また、ランブルストリップス音は右側の車線を踏み越えそうになると右スピーカーから、左側の場合は左スピーカーから鳴るため、逸脱の方向を直感的に判断でき、ドライバーの素早い回避操作を促してくれます。

【スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]】
後退時に、超音波センサーで障害物を捉え、衝突の危険性を判断。ブレーキを自動制御し衝突の被害を軽減します。


上記がアクセラ(スポーツ・セダンともに)に主に採用されている安全装備です。


これにより、国土交通省と独立行政法人の自動車事故対策機構が行う、被害軽減ブレーキ、車線はみ出し警報、後方視界情報提供装置の安全性能を評価する平成28年度自動車アセスメント評価結果(前期分)において最高評価である「ASV++」を獲得しました。

マツダ アクセラセダン 新車価格

続いては、マツダアクセラセダンの新車価格についてです。

■ガソリン
【15S LPackage】
2WD(6EC-AT) 2,397,600円
2WD(6MT)  2,397,600円
4WD(6EC-AT) 2,619,000円

【15S PROACTIVE】
2WD(6EC-AT) 2,149,200円
2WD(6MT)  2,149,200円
4WD(6EC-AT) 2,370,600円

【15S】
2WD(6EC-AT) 1,954,800円
2WD(6MT)  1,954,800円
4WD(6EC-AT) 2,176,200円

■クリーンディーゼル
【15XD L Package】
2WD(6EC-AT) 2,689,200円

【15XD PROACTIVE】
2WD(6EC-AT) 2,440,800円

【15XD】
2WD(6EC-AT) 2,338,200円

【22XD L Package】
2WD(6EC-AT) 3,088,800円
4WD(6EC-AT) 3,310,200円

【22XD PROACTIVE】
2WD(6EC-AT) 2,791,800円
4WD(6EC-AT) 3,013,200円

新車価格は上記のようになっています。
グレードによって様々な価格が設定されていますので、新車で購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

マツダ アクセラセダン 中古車価格

続いてはアクセラセダンの中古車価格についてです。


中古車の相場は180万円台~200万円が相場となっていますが、2010年以前の年式の中古車であれば
70万円以下のものも多いので、新車にこだわらず中古車でも良いという方や、とにかく安く手に入れたいという方は中古車情報を是非チェックしてみてください。

マツダ アクセラセダン ユーザーの口コミ評価

下記はアクセラセダンに実際に乗っている方の口コミ評価です。
オーナーの方の生の声ですので、購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

前車のアテンザ(2500cc)と比較して、サスが若干柔らくなりましたが、乗り心地や加速感に問題はなく、長距離走行での疲労感が減ったと思います。
燃費は、通常道路で20~26km/L、高速道路(速度100キロ程度)で22km/Lが実績です。
これからも遠出を楽しみたいと思っております。

まとめ

マツダアクセラセダンについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

アクセラはセダンだけでもグレードの種類が豊富で、ガソリンとディーゼルとでまたグレードの種類があるのでそれぞれのお好みに合わせて選ぶことが出来ます。


ご興味のある方は是非一度、お近くのディーラーまで足を運んでみて実際に自分の目で確かめてみてください。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

マツダは、ロサンゼルスモーターショー2018で新型『マツダ3』(日本名『アクセラ』)を世界初公開しました。北米モデルのボディタイプはハッチバックとセダンの2種類を用意しています。新型エンジン「SKYACTIV-X」の採用もあって、今大注目のアクセラ新型に迫りました。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】世界初公開 マツダの新型アクセラ!

【ロサンゼルスモーターショー2018】世界初公開 マツダの新型アクセラ!

期待の高まるマツダの新型アクセラ。そんなアクセラですが、ロサンゼルスモーターショー2018のプレスデーに先駆けて行われたプレビューイベントにて世界初公開されました。最新技術、そして最新エンジンを搭載したアクセラ新型に迫ります。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。