目次へ戻る

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3が発売されました。シトロエンらしさを忘れない人間味のあるフォルムと動きが健在しているC3。改めてC3についての性能や魅力についてまとめています。


シトロエンのC3新型が7月にデビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月7日より全面改良した『シトロエン C3』の販売を開始しています。

クリストフ・プレヴォ社長は都内で開いた発表会で「競合他車に対しても引けをとらないものをご提供することで、他ブランドユーザーにもご納得頂けると確信している」と強調していました。

本記事ではそんなシトロエンのC3新型についてまとめています。

シトロエン C3 新型 基本情報

C3は、フランスの自動車メーカーシトロエンが生産・販売を行っている小型の乗用車・コンパクトカーです。

2002年より販売開始された、欧州で激戦区となるBセグメント。デザインの独創性や、存在感から人気の車です。


シトロエン C3新型 基本スペック・性能

 
【シトロエン C3】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,750×1,495mm(ホイールベース:2,535mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,160kg
燃費JC08モード:18.7km/L
エンジンタイプHN01
エンジン種類ターボチャージャー付直列3気筒DOHC
総排気量1,199 L
最高出力(kW(PS)/rpm)81(110)/5,500
最大トルク(N・m/rpm)205/1,500
タンク容量 45L
駆動方式前輪駆動
トランスミッション6速オートマチック

シトロエン C3新型 エクステリア・外装

C3新型は、全長4m未満というコンパクトなボディに、ユニークネスをたっぷり詰め込んだデザインです。
また、shineグレードでは、バイトーンルーフが標準設定となっているのでルーフカラーとのコーディネートが自由に。コーディネートの幅が広がります。

自分だけの個性を出したい人にはとてもオススメの車と言えそうです。

シトロエン C3新型 インテリア・内装


シトロエンのC3新型ですが、3サイズ、全長3990×全幅1750×全高1495mmと特に全長は非常に短いため、室内だって特に後席は決して広々というわけではありません。

インストルメントパネルも硬質プラスチックが使われているため、豪華なものではありません。

けれどもクルマっていいなぁ…と思わせる魅力がC3にはあります。

また、ゆったり感のあるファブリックシート。硬すぎず柔らかすぎず、そして締め付け過ぎずとても良いかけ心地となっています。

シトロエン C3新型 試乗感想・評価・評判

C3新型。気になる評価はどうなのでしょうか。調べてみました。

衝撃的な乗り心地の良さ

家までの帰りすがら、まるで路面の舗装を変えたのではないかと思うほど衝撃的にスムーズでひたひたと走る様に驚かされた。勿論かつてのハイドロニューマチック、ハイドラクティブは既に姿を消しているから、当然ごく普通の鉄バネとダンパーによるサスペンションなのだが、ひとたびシトロエンの腕にかかると、まるで魔法の絨毯(もちろん乗ったことはない)にでも乗っているような不思議な乗り心地に変貌する。

存在感は圧倒的

独特のスタイルになった『C3』。全長は3.99mを切るコンパクトさだけれど、存在感は圧倒的だ。運転席に座ったあと、ドアを閉めようと手を伸ばした先にあるドアハンドルは革。効率や使い勝手を追及する世界から解き放たれる自由さが手に伝わってくる。

独特のスタイル、そして走りごこちの良さなどをあげる声が見られました。200万円台で購入できる車としては優秀なのではないでしょうか。

所有感を感じたい方や個性を出したい方にとってもオススメの車と言えそうです。

シトロエン C3新型 グレード別価格

■NEW C3 FEEL:2,160,000円(税込)
ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)・アクティブセーフティブレーキ/ヒルスタートアシスタンス
バックソナー

■NEW C3 SHINE :2,390,000円(税込)
パノラミックガラスルーフ(オプション)・ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)
アクティブセーフティブレーキ/ヒルスタートアシスタンス・バックソナー・バックカメラ・コネクテッドカム

C3新型には、グレードが2種類あります。

FEELはエントリーモデル。SHINEはより安全性能などが充実したモデルとなっています。

最後に

日本カー・オブ・ザ・イヤーにも10ベストカーにも選ばれているシトロエンのC3。今後も目が離せませんね!

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました!

関連するキーワード


シトロエン 車種情報 SUV C3

関連する投稿


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

人気の軽ハイトワゴン、スズキのスペーシアに、SUV風が登場する!?という情報が飛び込んできました。クロスオーバーSUVな装いの、その名も「スペーシア ギア」。本記事ではスペーシアギアの今明らかになっている最新情報をまとめています。


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


【11月27日発売】レクサスのコンパクトSUV UX 価格は390万円から

【11月27日発売】レクサスのコンパクトSUV UX 価格は390万円から

レクサスの最小コンパクトSUV、UXが11月27日より発売されました。本記事では、そんなレクサスUXに関する最新情報をお届けいたします。ボディサイズから新車価格まで。UXの購入を迷っている人はぜひ読んでみてください。


【超期待】レクサスのスーパーSUV ワールドプレミアは2020年!

【超期待】レクサスのスーパーSUV ワールドプレミアは2020年!

レクサスが2018年1月のデトロイトモーターショーで初公開したフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『LF-1リミットレス』。この市販型に関する情報を、欧州エージェントから入手しました。期待が高まるスーパーSUVの最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。