目次へ戻る

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3が発売されました。シトロエンらしさを忘れない人間味のあるフォルムと動きが健在しているC3。改めてC3についての性能や魅力についてまとめています。


シトロエンのC3新型が7月にデビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月7日より全面改良した『シトロエン C3』の販売を開始しています。

クリストフ・プレヴォ社長は都内で開いた発表会で「競合他車に対しても引けをとらないものをご提供することで、他ブランドユーザーにもご納得頂けると確信している」と強調していました。

本記事ではそんなシトロエンのC3新型についてまとめています。

シトロエン C3 新型 基本情報

C3は、フランスの自動車メーカーシトロエンが生産・販売を行っている小型の乗用車・コンパクトカーです。

2002年より販売開始された、欧州で激戦区となるBセグメント。デザインの独創性や、存在感から人気の車です。


シトロエン C3新型 基本スペック・性能

 
【シトロエン C3】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,750×1,495mm(ホイールベース:2,535mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,160kg
燃費JC08モード:18.7km/L
エンジンタイプHN01
エンジン種類ターボチャージャー付直列3気筒DOHC
総排気量1,199 L
最高出力(kW(PS)/rpm)81(110)/5,500
最大トルク(N・m/rpm)205/1,500
タンク容量 45L
駆動方式前輪駆動
トランスミッション6速オートマチック

シトロエン C3新型 エクステリア・外装

C3新型は、全長4m未満というコンパクトなボディに、ユニークネスをたっぷり詰め込んだデザインです。
また、shineグレードでは、バイトーンルーフが標準設定となっているのでルーフカラーとのコーディネートが自由に。コーディネートの幅が広がります。

自分だけの個性を出したい人にはとてもオススメの車と言えそうです。

シトロエン C3新型 インテリア・内装


シトロエンのC3新型ですが、3サイズ、全長3990×全幅1750×全高1495mmと特に全長は非常に短いため、室内だって特に後席は決して広々というわけではありません。

インストルメントパネルも硬質プラスチックが使われているため、豪華なものではありません。

けれどもクルマっていいなぁ…と思わせる魅力がC3にはあります。

また、ゆったり感のあるファブリックシート。硬すぎず柔らかすぎず、そして締め付け過ぎずとても良いかけ心地となっています。

シトロエン C3新型 試乗感想・評価・評判

C3新型。気になる評価はどうなのでしょうか。調べてみました。

衝撃的な乗り心地の良さ

家までの帰りすがら、まるで路面の舗装を変えたのではないかと思うほど衝撃的にスムーズでひたひたと走る様に驚かされた。勿論かつてのハイドロニューマチック、ハイドラクティブは既に姿を消しているから、当然ごく普通の鉄バネとダンパーによるサスペンションなのだが、ひとたびシトロエンの腕にかかると、まるで魔法の絨毯(もちろん乗ったことはない)にでも乗っているような不思議な乗り心地に変貌する。

存在感は圧倒的

独特のスタイルになった『C3』。全長は3.99mを切るコンパクトさだけれど、存在感は圧倒的だ。運転席に座ったあと、ドアを閉めようと手を伸ばした先にあるドアハンドルは革。効率や使い勝手を追及する世界から解き放たれる自由さが手に伝わってくる。

独特のスタイル、そして走りごこちの良さなどをあげる声が見られました。200万円台で購入できる車としては優秀なのではないでしょうか。

所有感を感じたい方や個性を出したい方にとってもオススメの車と言えそうです。

シトロエン C3新型 グレード別価格

■NEW C3 FEEL:2,160,000円(税込)
ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)・アクティブセーフティブレーキ/ヒルスタートアシスタンス
バックソナー

■NEW C3 SHINE :2,390,000円(税込)
パノラミックガラスルーフ(オプション)・ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)
アクティブセーフティブレーキ/ヒルスタートアシスタンス・バックソナー・バックカメラ・コネクテッドカム

C3新型には、グレードが2種類あります。

FEELはエントリーモデル。SHINEはより安全性能などが充実したモデルとなっています。

最後に

日本カー・オブ・ザ・イヤーにも10ベストカーにも選ばれているシトロエンのC3。今後も目が離せませんね!

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました!

関連するキーワード


シトロエン SUV C3

関連する投稿


トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーが6月にマイナーチェンジを経て新たに発売されました。マイチェンで、2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型を搭載したターボ車を新設定。また、Toyota Safety Sense Pを標準装備するなど進化を遂げています。今回はこの新型ハリアーについてまとめています。


トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年に噂されているフルモデルチェンジを機に、日本での販売が復活する可能性が出てきました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。


マツダの軽SUV!フレアクロスオーバーの燃費、評価、価格は?

マツダの軽SUV!フレアクロスオーバーの燃費、評価、価格は?

マツダから軽自動車のクロカンでトップを走るスズキ ハスラーのOEM供給車種で販売されているマツダ フレアクロスオーバのスペック、燃費、新車価格、中古車価格やユーザー評価などに関する情報をまとめて掲載しています。


VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VWのティグアンが約8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン、改めて燃費・評価・口コミ・価格・中古価格などについてまとめています。


マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。i-ACTIVSENCEの技術を標準装備・SKYACTIVエンジンを採用している新型CX-5。本記事では、CX-5の 評価・価格・中古価格・スペック・内装・試乗感想・燃費などについてまとめています。


最新の投稿


マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

人を魅了するデザインと質感を持ち、さらに軽やかで素晴らしい走行性能で大人気のマツダデミオ。一体どのような車でなぜ人気なのか、スペックや新車・中古車価格、燃費性能やユーザーの口コミ評価までじっくりと見ていきたいと思いますので、デミオが気になる方は是非参考にしてみてください。


マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

2002年に発売が開始されたマツダのアテンザ。2度のフルモデルチェンジを経て現行モデルに至ります。アテンザのボディタイプにはセダンとワゴン(スポーツワゴン)の2種類が設定されています。本記事ではアテンザセダンの方に注目し、スペックや価格、ユーザー評価まで様々な視点から魅力をお伝えしていきます。


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング