目次へ戻る

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3が発売されました。シトロエンらしさを忘れない人間味のあるフォルムと動きが健在しているC3。改めてC3についての性能や魅力についてまとめています。


シトロエンのC3新型が7月にデビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月7日より全面改良した『シトロエン C3』の販売を開始しています。

クリストフ・プレヴォ社長は都内で開いた発表会で「競合他車に対しても引けをとらないものをご提供することで、他ブランドユーザーにもご納得頂けると確信している」と強調していました。

本記事ではそんなシトロエンのC3新型についてまとめています。

シトロエン C3 新型 基本情報

C3は、フランスの自動車メーカーシトロエンが生産・販売を行っている小型の乗用車・コンパクトカーです。

2002年より販売開始された、欧州で激戦区となるBセグメント。デザインの独創性や、存在感から人気の車です。


シトロエン C3新型 基本スペック・性能

 
【シトロエン C3】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,750×1,495mm(ホイールベース:2,535mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,160kg
燃費JC08モード:18.7km/L
エンジンタイプHN01
エンジン種類ターボチャージャー付直列3気筒DOHC
総排気量1,199 L
最高出力(kW(PS)/rpm)81(110)/5,500
最大トルク(N・m/rpm)205/1,500
タンク容量 45L
駆動方式前輪駆動
トランスミッション6速オートマチック

シトロエン C3新型 エクステリア・外装

C3新型は、全長4m未満というコンパクトなボディに、ユニークネスをたっぷり詰め込んだデザインです。
また、shineグレードでは、バイトーンルーフが標準設定となっているのでルーフカラーとのコーディネートが自由に。コーディネートの幅が広がります。

自分だけの個性を出したい人にはとてもオススメの車と言えそうです。

シトロエン C3新型 インテリア・内装


シトロエンのC3新型ですが、3サイズ、全長3990×全幅1750×全高1495mmと特に全長は非常に短いため、室内だって特に後席は決して広々というわけではありません。

インストルメントパネルも硬質プラスチックが使われているため、豪華なものではありません。

けれどもクルマっていいなぁ…と思わせる魅力がC3にはあります。

また、ゆったり感のあるファブリックシート。硬すぎず柔らかすぎず、そして締め付け過ぎずとても良いかけ心地となっています。

シトロエン C3新型 試乗感想・評価・評判

C3新型。気になる評価はどうなのでしょうか。調べてみました。

衝撃的な乗り心地の良さ

家までの帰りすがら、まるで路面の舗装を変えたのではないかと思うほど衝撃的にスムーズでひたひたと走る様に驚かされた。勿論かつてのハイドロニューマチック、ハイドラクティブは既に姿を消しているから、当然ごく普通の鉄バネとダンパーによるサスペンションなのだが、ひとたびシトロエンの腕にかかると、まるで魔法の絨毯(もちろん乗ったことはない)にでも乗っているような不思議な乗り心地に変貌する。

存在感は圧倒的

独特のスタイルになった『C3』。全長は3.99mを切るコンパクトさだけれど、存在感は圧倒的だ。運転席に座ったあと、ドアを閉めようと手を伸ばした先にあるドアハンドルは革。効率や使い勝手を追及する世界から解き放たれる自由さが手に伝わってくる。

独特のスタイル、そして走りごこちの良さなどをあげる声が見られました。200万円台で購入できる車としては優秀なのではないでしょうか。

所有感を感じたい方や個性を出したい方にとってもオススメの車と言えそうです。

シトロエン C3新型 グレード別価格

■NEW C3 FEEL:2,160,000円(税込)
ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)・アクティブセーフティブレーキ/ヒルスタートアシスタンス
バックソナー

■NEW C3 SHINE :2,390,000円(税込)
パノラミックガラスルーフ(オプション)・ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)
アクティブセーフティブレーキ/ヒルスタートアシスタンス・バックソナー・バックカメラ・コネクテッドカム

C3新型には、グレードが2種類あります。

FEELはエントリーモデル。SHINEはより安全性能などが充実したモデルとなっています。

最後に

日本カー・オブ・ザ・イヤーにも10ベストカーにも選ばれているシトロエンのC3。今後も目が離せませんね!

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました!

関連するキーワード


シトロエン SUV C3

関連する投稿


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。