目次へ戻る

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

そろそろ冬がやってきます。氷点下になるような地域で自動車に乗っている場合、やっかいなのは、フロントガラスの凍結です。こちらの記事では凍結してしまったフロントガラスの霜取りを一瞬で解決する方法を紹介しています。


冬到来!やっかいなフロントガラスの霜を簡単に取る方法

冬。普段、自動車を運転する人々にとっては雪道や凍った道路での運転や、それに対応すべくスタッドレスタイヤに履き替えたりと、地域によって多少の違いはありますが、何かと手間の掛かる季節が到来します。

車に乗ろうとしたら、フロントガラスが凍り付いていて運転できない、前が見えない。何てことも雪国や寒冷地では日常茶飯事の出来事です。

古河薬品工業(KYK) 解氷スプレートリガー 500ml [HTRC3]

上記のように、解氷用スプレーも売り出されていて急いで霜取りをしたい、解氷したいという場合は便利なアイテムですが、この解氷スプレー。実は簡単に自作できることはご存知でしたか?

作り方は簡単!アルコール 2 : 水 1 を混ぜるだけ!

驚かされるのはその液体の作り方。

作り方は非常に簡単で、水1に対してアルコールを2の割合で混ぜた液体を用意すれば良いだけなのです。

凍結したフロントガラスの霜が簡単に取れる理由は言わずもがなアルコールの凝固点、凍結する温度にあります。

ご存知の通り、水が凍る温度は0℃ですがアルコール(エタノール)の凝固点はなんと-114.5℃。2:1の割合で薄めていても-30℃くらいまでは耐えれるようです。

こちらの動画は、2016年1月に「Ken Weathers」氏が公開した自作解氷スプレーを紹介した動画です。再生回数が約700万となる人気動画になっています。

市販の解氷スプレー VS 自作の解氷スプレー どっちがお得か?

そこで気になったのは、何故こんなにも簡単に解氷スプレーが作れるのに、そこまで知られていないのか、そして市販の解氷スプレーが売れるのか。

突き詰めた結果、自作スプレーの方がお得でした!となってしまえば、市販メーカーに怒られてしまいそうとドキドキしながらも市販のアルコール(エタノール)がいくらか?また、水で薄めて利用した場合の費用対効果はどうなのか?を計算してみました。

無水エタノールP 500ml

パッと目に付いたのがこちらのエタノール。500mlの解氷スプレーを作る場合、必要なアルコールは約333mlとなるため、計算しやすいように2本購入するとします。(1リットル分)

Amazonでの価格を参考値とし、エタノール1リットルの購入費用が1840円で、3分割すると613円に。

エタノールも市販の解氷スプレーも、商品の違いや価格の変動はあれど、エタノール:600円前後、市販解氷スプレー:500円前後という結果になりました。

消毒用アルコールなどを代用するともっと安くなりますが、アルコール度数が落ち凝固点が上がるため100%エタノールを選択し計算しています。

とはいえ、若干の手間を掛けて金額に差が出ない、若しくは安くならないのであれば、あまり意味は無いですね。

フロントガラスの霜を急いで取りたい!けど解氷スプレーが無い!という場合に、消毒用アルコールなどを水で薄めてスプレーにする。

というくらいの代用品として捉えるといいですね。

そもそも凍結させないという選択肢も。

フロントガラスが凍結してしまった場合の対応策として売り出されてる解氷スプレーや、自作の解氷スプレーの作り方を紹介しましたが、そもそも凍結をさせない。という選択肢もあります。

Inlink 92cm*142cm車用フロントシェード 凍結防止カバー夏冬兼用

夏の車内の熱気・熱さ対策に利用されるサンシェードですが、夏冬兼用で凍結防止、積雪対策に使える商品もあります。

商品によっては、磁石部分のせいでキズが付いてしまう等もあったりするため、商品選びは身長に行いところですが、シェードでカバーできればそもそも解氷する等の手間はかかりません。

急いでなければ暖機運転という選択も

また、急いでいない状況であれば「暖機運転」をするという選択肢もあります。

寒冷地や北国などでは常識とも呼べる「暖機運転」ですが、住まいの地域によっては、そもそもの言葉を知らない人も居るようです。

暖機運転とは、車のエンジンを掛けて、停車したままにすることです。

本来はエンジン各部分が、適切な温度になるのを待ちエンジンに掛かる負担を減らすことでの故障リスクを減らすというものですが、寒冷地では単に車内温度を上げるために暖機運転をするということも全く珍しくありません。

エンジンを掛け、エアコン(暖房)をつけていれば車内も暖まり、フロントガラスの凍結や霜も取れ一石二鳥です。

わざわざ外に出てエンジン掛けて戻るのは面倒!という人には

とはいえ、寒い冬にエンジンを掛けに外に出てまた戻る。という行為が面倒くさいと感じる人も少なくは無いはずです。

コムテック エンジンスターター BeTime WR530 リモコン付アンサーバックモデル WR530

暖機運転と同様に、エンジンスターターの存在を知らないという人も、住まいの地域によってはあるようですが、至極簡単に説明すると車に乗って無くてもスイッチひとつでエンジンを掛けれる装置です。

商品により違いはありますが、市街地でも200m~800mまでの距離であれば電波が届くため、寒い冬などには非常に重宝します。

寒冷地、北国、降雪の多い地域の人であればほとんど知らない人は居ないと思いますが、「知らなかった!」という方は是非チェックしてみてください。

関連する投稿


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

お子さんの安全に関わるチャイルドシートやベビーシートは、安全なものを選びたいですよね。本記事では独立行政法人が発表した2017年度(2017年4月~2018年3月)版の「チャイルドシート安全性能評価試験」をもとに、安全性が証明された4つのチャイルドシートをご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


 メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

「メルセデス・ベンツ」オーナーに向けて、純正オーディオの特徴分析、そしてそれを踏まえての音質改善方法を紹介していきます。もっともおすすめな音質改善方法であるスピーカー交換については、その注意点や価格帯ごとのおすすめスピーカーまでを詳しく紹介していきます。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!