目次へ戻る

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

そろそろ冬がやってきます。氷点下になるような地域で自動車に乗っている場合、やっかいなのは、フロントガラスの凍結です。こちらの記事では凍結してしまったフロントガラスの霜取りを一瞬で解決する方法を紹介しています。


冬到来!やっかいなフロントガラスの霜を簡単に取る方法

冬。普段、自動車を運転する人々にとっては雪道や凍った道路での運転や、それに対応すべくスタッドレスタイヤに履き替えたりと、地域によって多少の違いはありますが、何かと手間の掛かる季節が到来します。

車に乗ろうとしたら、フロントガラスが凍り付いていて運転できない、前が見えない。何てことも雪国や寒冷地では日常茶飯事の出来事です。

古河薬品工業(KYK) 解氷スプレートリガー 500ml [HTRC3]

上記のように、解氷用スプレーも売り出されていて急いで霜取りをしたい、解氷したいという場合は便利なアイテムですが、この解氷スプレー。実は簡単に自作できることはご存知でしたか?

作り方は簡単!アルコール 2 : 水 1 を混ぜるだけ!

驚かされるのはその液体の作り方。

作り方は非常に簡単で、水1に対してアルコールを2の割合で混ぜた液体を用意すれば良いだけなのです。

凍結したフロントガラスの霜が簡単に取れる理由は言わずもがなアルコールの凝固点、凍結する温度にあります。

ご存知の通り、水が凍る温度は0℃ですがアルコール(エタノール)の凝固点はなんと-114.5℃。2:1の割合で薄めていても-30℃くらいまでは耐えれるようです。

こちらの動画は、2016年1月に「Ken Weathers 氏」が公開した自作解氷スプレーを紹介した動画です。再生回数が約700万となる人気動画になっています。

市販の解氷スプレー VS 自作の解氷スプレー どっちがお得か?

そこで気になったのは、何故こんなにも簡単に解氷スプレーが作れるのに、そこまで知られていないのか、そして市販の解氷スプレーが売れるのか。

突き詰めた結果、自作スプレーの方がお得でした!となってしまえば、市販メーカーに怒られてしまいそうとドキドキしながらも市販のアルコール(エタノール)がいくらか?また、水で薄めて利用した場合の費用対効果はどうなのか?を計算してみました。

無水エタノールP 500ml

パッと目に付いたのがこちらのエタノール。500mlの解氷スプレーを作る場合、必要なアルコールは約333mlとなるため、計算しやすいように2本購入するとします。(1リットル分)

エタノール1リットルの購入費用が1840円で、3分割すると613円に。

エタノールも市販の解氷スプレーも、商品の違いや価格の変動はあれど、エタノール:600円前後、市販解氷スプレー:500円前後という結果になりました。

消毒用アルコールなどを代用するともっと安くなりますが、アルコール度数が落ち凝固点が上がるため100%エタノールを選択し計算しています。

とはいえ、若干の手間を掛けて金額に差が出ない、若しくは安くならないのであれば、あまり意味は無いですね。

フロントガラスの霜を急いで取りたい!けど解氷スプレーが無い!という場合に、消毒用アルコールなどを水で薄めてスプレーにする。

というくらいの代用品として捉えるといいですね。

そもそも凍結させないという選択肢も。

フロントガラスが凍結してしまった場合の対応策として売り出されてる解氷スプレーや、自作の解氷スプレーの作り方を紹介しましたが、そもそも凍結をさせない。という選択肢もあります。

Inlink 92cm*142cm車用フロントシェード 凍結防止カバー夏冬兼用

¥ 1,789

夏の車内の熱気・熱さ対策に利用されるサンシェードですが、夏冬兼用で凍結防止、積雪対策に使える商品もあります。

商品によっては、磁石部分のせいでキズが付いてしまう等もあったりするため、商品選びは身長に行いところですが、シェードでカバーできればそもそも解氷する等の手間はかかりません。

急いでなければ暖機運転という選択も

また、急いでいない状況であれば「暖機運転」をするという選択肢もあります。

寒冷地や北国などでは常識とも呼べる「暖機運転」ですが、住まいの地域によっては、そもそもの言葉を知らない人も居るようです。

暖機運転とは、車のエンジンを掛けて、停車したままにすることです。

本来はエンジン各部分が、適切な温度になるのを待ちエンジンに掛かる負担を減らすことでの故障リスクを減らすというものですが、寒冷地では単に車内温度を上げるために暖機運転をするということも全く珍しくありません。

エンジンを掛け、エアコン(暖房)をつけていれば車内も暖まり、フロントガラスの凍結や霜も取れ一石二鳥です。

わざわざ外に出てエンジン掛けて戻るのは面倒!という人には

とはいえ、寒い冬にエンジンを掛けに外に出てまた戻る。という行為が面倒くさいと感じる人も少なくは無いはずです。

コムテック エンジンスターター BeTime WR530 リモコン付アンサーバックモデル WR530

暖機運転と同様に、エンジンスターターの存在を知らないという人も、住まいの地域によってはあるようですが、至極簡単に説明すると車に乗って無くてもスイッチひとつでエンジンを掛けれる装置です。

商品により違いはありますが、市街地でも200m~800mまでの距離であれば電波が届くため、寒い冬などには非常に重宝します。

寒冷地、北国、降雪の多い地域の人であればほとんど知らない人は居ないと思いますが、「知らなかった!」という方は是非チェックしてみてください。

関連する投稿


か…かわいい。続々決定!あのゆるキャラたちもナンバープレートに!

か…かわいい。続々決定!あのゆるキャラたちもナンバープレートに!

2018年10月より交付開始の予定となっている自動車の「地方版図柄入りナンバープレート」。2017年も終わりに差し掛かり、続々と各地域の図柄ナンバーのデザインが決定しています。こちらの記事では「ゆるキャラ」をデザインとした地域の図柄入りナンバープレートに焦点を当て照会しています。


【冬休み】ポケモン好きな子供と出かけるなら水上高原スキーリゾートに!

【冬休み】ポケモン好きな子供と出かけるなら水上高原スキーリゾートに!

2017年も残すところ1ヶ月を切りました。小さなお子様が居るご家庭の皆様は、冬休みや年末年始などの予定は決まりましたか?お子様がポケモン好きで冬休みの予定が決まってない!という方は「水上高原スキーリゾート」にお出かけしてみては如何でしょう。ポケモンがいっぱいのイベントが開催されています。


広島カープ、名古屋グランパス…車の図柄入りナンバープレートが面白い!

広島カープ、名古屋グランパス…車の図柄入りナンバープレートが面白い!

2018年10月より交付されることが決定している地方版図柄入りナンバープレート。12月に入り、各地域が続々とそのデザインを決定、発表するなどしています。その中で一際注目度の高いものをピックアップし紹介します。


【地域別デザイン一覧】地方版図柄入りナンバー導入!どんなデザイン?

【地域別デザイン一覧】地方版図柄入りナンバー導入!どんなデザイン?

【12/11複数更新】ラグビーワールドカップ、東京オリンピックの応援を目的にした特別仕様の図柄入りナンバープレートが軽自動車でも白ナンバーにできるとして話題を呼んでますが、各地方のナンバープレートも図柄入りで発行できるようになり、41地域での導入が決定しました。現在把握できているデザインを随時更新しながら紹介します。


【MINIのスピーカー交換】取付けにチャレンジ&おすすめスピーカー

【MINIのスピーカー交換】取付けにチャレンジ&おすすめスピーカー

MINI(ミニ)の純正カーオーディオの音を聞き、「音質が悪い・・・」と感じてしまった方は多いはず。こちらの記事では、MINIのスピーカー交換をDIYで取り付けたい方への情報と、おすすめのスピーカーブランド、メーカーについての情報を掲載しています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。