目次へ戻る

12月1日発売 トヨタ ハイエース 一部改良!歴代ハイエースを振り返る

12月1日発売 トヨタ ハイエース 一部改良!歴代ハイエースを振り返る

トヨタの大人気ワンボックス・ハイエースが、一部改良されて12月1日より発売開始されました。これにちなんで、本記事では「歴代ハイエース」をまとめてみました。 初代~最新のハイエースまで!ハイエース好きさん、必見です。


トヨタのワンボックス!ハイエースが一部改良!12月1日より発売開始

トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売しました。

一部改良の主な特徴としては、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備したこと。

ディーゼル車においては、2.8リットル・クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」の搭載と6速オートマチック・トランスミッションの採用により、燃費が従来型に対し1.6~1.0km/リットル向上しました。

ハイエース エクステリア(外装)

ハイエース インテリア(内装)

大人気ワンボックス!ハイエースを初代から読み解く【振り返り】

トヨタのハイエースとは

トヨタのハイエースは、1967年に登場しました。

歴史は長く、ファンから長く親しまれているワンボックスワゴンです。

エンジンのパワーや荷室容量の大きいことから、宅配業や送迎バスなどの企業の貨物車、社用車として多く使われています。

商用車としての利用が多数を占めますが、個人で所持している方や、ファンの数が多い車でもあります。

初代 ハイエース(1967年~1977年)

初代ハイエースは、トヨエースの小型版として1967年に販売が開始され、全世界で約40万台が販売されました。

コンセプトは「人を乗せる機能と荷物を運ぶ機能との調和を図った新分野のデリバリーバン」。

初代ハイエース スペック

全長 4,305mm
全幅 1,690mm
全高 1,890mm
ホイールベース 2,350mm
車両重量 1,130kg

2代目 ハイエース(1977年~1985年)

2代目ハイエースは、1977年に販売が開始され、全世界で約77万台が販売されました。

コンセプトは「多様化する市場ニーズに応えたハイセンスな商用車」。

2代目ハイエースの主なポイントとして、荷室はより広く、乗員はより快適になり、4リンク式跳ね上げバックドアを採用。

スーパーロング系、ハイルーフの採用やディーゼルエンジンの投入、AT車の追加などが挙げられます。

2代目ハイエース スペック

全長 4,340mm~4,990mm
全幅 1,690mm
全高 1,890mm~2,115mm
ホイールベース 2,340mm

3代目 ハイエース(1982年~1989年)

3代目ハイエースは、1983年に販売が開始され、全世界で約77万台が販売されました。

バンのコンセプトは「荷役性に優れ、扱いやすく、経済的で、よく走るバン」ワゴンのコンセプトは「バンはバンらしく、ワゴンはワゴンらしくより本物に」。

主なポイントとして、3代目からバンとワゴンがセグメント化され、バンには最上級グレード「スーパーGLグレード」を設定、ワゴンには専用リアサスペンションを採用、さらに4WD車の設定が追加されています。

3代目ハイエース スペック

全長 4,425mm~5,025mm
全幅 1,690mm
全高 1,890mm~2,220mm
ホイールベース 2,295mm~2,795mm

4代目 ハイエース(1989年~2004年)

4代目ハイエースは、1989年に販売が開始され、全世界で214万台が販売されました。

使いやすさと豪華さを追求した1990年代をリードする『Top of 1BOX』として、バンのコンセプトは「運転しやすく実用性の高い快適なバン」、ワゴンのコンセプトは「より乗用車ライクで完成度の高い洗練されたワゴン」とされました。

主なポイントとしては、フロント席の居住性や操作性の向上、衝突安全性能の向上、パワースライドドアが装備など。

4代目ハイエース スペック

全長 4,695mm、4,830mm、5,380mm(バン)
   4,830mm、5,380mm(ワゴン)
   5,380mm(コミューター)

全幅 1,695mm、1,880mm(バン)
   1,880mm(ワイドボディ)

全高 1,985mm、2,285mm(バン) 
  2,105mm、2,285mm(ワゴン)
  2,285mm(コミューター)

ホイールベース 2570-3110mm(バン)
2,570-3,110mm(ワゴン・コミューター)

最後に

いかがでしたか。

今回は歴代ハイエースについて改めてまとめました。

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタのヒット車種「プリウス」は、幾度となく進化を遂げてきました。最近のモデルでは、個性的なフロントフェイスが採用されユーザーからの指示離れも目立ってきており、ライバル車が次々に進化していくこともあり売り上げや人気は低迷してます。今回の記事では、燃費性能や走行性能に優れている「プリウス」の特徴や歴史を各モデルごとに詳しく解説していきます。


トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。


あなたはどっち?アフターファイヤーを自由に出したいor早く直したい

あなたはどっち?アフターファイヤーを自由に出したいor早く直したい

車やバイクのマフラーから火が吹き出る現象「アフターファイヤー」について原因と対策、またはアフターファイヤーを出す方法などについて詳しく解説しています。点火の不具合などによって発生するアフターファイヤーですが、一部の故意に発生させて楽しみたい方にも役立つ情報をご紹介しています。