目次へ戻る

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの大人気軽トールワゴン・タントにフルモデルチェンジの時期が近づいています。2018年発売?デザインは東京モーターショーで初公開されたコンセプトカー”ダイハツ DN U-SPACE”(ディーエヌ ユースペース)??他、タントのモデルチェンジについて気になる情報をまとめています。


ダイハツの軽トールワゴン・タント(タントカスタム)がフルモデルチェンジ!?

現行タント

ダイハツの人気軽トールワゴン・タントが2018年の10月ごろにはフルモデルチェンジを行うのではないかと噂されています。

【予測】タントがフルモデルチェンジを行うと思う理由① 時期的なもの

初代タントは、2003年に発売されました。そして2007年にフルモデルチェンジを行い2代目が登場。さらに、2013年に3回目となるフルモデルチェンジを行い、現行タントは3代目になります。

■初代:2003年~2007年
■2代目:2007年~2013年
■3代目(現行モデル):2013年~

初代は約四年でフルモデルチェンジを行い、2代目は約6年でフルモデルチェンジを行っています。
そのため、3代目のフルモデルチェンジも2017年~2019年までには行われるだろうという予測ができます。

【予測】タントがフルモデルチェンジを行うと思う理由②ライバル車・N-BOXのフルモデルチェンジ

ホンダのN-BOXとN-BOXカスタム

タントの最大のライバルと言っても過言でないのが、ホンダのN-BOX。

9月に初のフルモデルチェンジを行い、その結果9月~11月と3か月連続で車名別新車販売台数ランキングの堂々トップに。年間首位をほぼ確定とまで言われています。

これを見てうかうかしていられないのがタント。ちなみに、11月の車名別新車販売台数ランキング、タントは7位という結果です。

この現状だけ見ると、タントもフルモデルチェンジを行うべき時期に来ていると言えるのではないでしょうか。

本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は12月6日、11月の車名別新車販売台数(速報)を発表。初のフルモデルチェンジを受けたホンダ『N-BOX』が、前年同月比41.7%増の2万0992台で3か月連続トップとなった。

N-BOXが月間新車販売で総合トップとなるのは今年に入って7回目。年間累計販売台数も20万の大台を突破。2位のトヨタ『プリウス』に5万台以上の差を付け、年間販売総合首位の座をほぼ確実とした。

【予測】タントがフルモデルチェンジを行うと思う理由③

DN U-SPACE

ダイハツが東京モーターショー2017にて展示したコンセプトカー、それがDN U-SPACEです。

両側スライドドアを備えた軽自動車サイズ。タントとディーエヌ ユースペースを比較してみると、外装はよく似ていることもわかりますね。

ディーエヌ ユースペースは、タントの後継車であるという予測もできそうです。

 
【ダイハツ DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース) 】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,750mm
最大乗車定員4名
パワートレイン660cc ガソリンエンジン 水冷直列3気筒12バルブ DOHC横置
駆動方式FF

タントのフルモデルチェンジ、続報に期待ですね!

改めて知りたい!ダイハツのタントとは

近年人気が上昇しまくりの軽自動車。その中でも人気が高い車種の一つが、ダイハツのタントです。

タントは、男性にはもちろんのこと、女性からの人気も高い車です。

2016年の上半期、女性が選んだ中古車での1番人気はダイハツ『タント』という結果となりました。

ファミリーユースも可能な広い室内と、ピラーレスの圧倒的な開口部により、子どもの乗降のし易さや、大きな荷物の出し入れなどの使い勝手の良さが魅力です。

また、年配の人や、小さな子どものいる家族に人気の車種となっており、2016年9月発表の上半期中古車売り上げランキングでも1位を獲得していました。

関連する投稿


本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

スズキからワゴンRのOEM供給を受け誕生したマツダのフレア。一体どのような軽自動車なのか、本記事では価格や燃費などのスペック、さらにユーザーの口コミ評価まで幅広い角度からフレアを徹底的に解剖しご紹介していきたいと思います。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【2017年】発売された主な国産車総まとめ&2018年注目の車は?【完全網羅】

【2017年】発売された主な国産車総まとめ&2018年注目の車は?【完全網羅】

2017年発売された国産車、新型車。あなたはいくつ答えられますか?2017年も残りあとわずか。2018年を迎えるその前に、2017年に発売された国産車を振り返って見てみましょう。心血注いで調べあげましたので、2017年の新型車・新車・発売された車の振り返りに、ぜひ読んでいただけると幸いです。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。