目次へ戻る

新型スペーシア登場!その実力はN-BOXを超えたのか?

新型スペーシア登場!その実力はN-BOXを超えたのか?

いよいよ登場したスズキ渾身の新型、軽ハイトワゴンの「スペーシア」。ターゲットはもちろんこのクラスはもとろんのこと、乗用車販売でトップを独走するN-BOXだ。持ち前の低燃費性能に加えて、安全性能や使い勝手も大きく進化した新型は、N-BOXを超える人気を得ることができるのでしょうか?


スペーシアとN-BOXの販売台数はどうなっているのか?

スペーシアカスタム

これまでのスペーシアとN-BOXの販売台数を見ると、その優劣は明らかです。

(2017年8月度)N-BOX:10,079台 スペーシア:6,699台
(2017年9月度)N-BOX;26,983台 スペーシア:9,573台
(2017年11月度)N-BOX:20,992台 スペーシア:6,933台
(販売台数累計2017年1月から11月)
       N-BOX:200,020台 スペーシア:96,006台

N-BOXがフルモデルチェンジする直前の8月でも、大きな差があり、新型N-BOXが登場するとその差はさらに広がり2倍以上になっており、そして2017年11月までの累計では3倍以上という結果となっています。それでもスペーシアは前年比を上回っており、N-BOXにスペーシアが食われたということでもなく、軽ハイトワゴンの人気はまだまだ続いているのがわかります。

どこをどう変えてN-BOXに対抗したのか?

さて、スペーシアがN-BOXに差をつけられた要因である、スタイリング、使い勝手、安全性能などはどのように進化したのでしょうか?項目別に検証してみましょう。

デザインはどう変わったの?

スペーシア ハイブリッドX

スペーシア、N-BOXともに標準車とカスタムが用意されており、スペーシアカスタムは従来型に2016年12月に新設定されて好評だった「カスタムZ」をさらに進化させたダイナミックなフロントフェイスを導入。そのため、従来型と区別がつきにくいことも。標準車のデザインはガラリと変わり、大人しいファニーフェイスから一転、メーカーのいうスーツケースのような道具感を前面に押し出しています。このスーツケースというモチーフはインテリアにも用いられており、N-BOXの直線基調とは真逆の個性的な雰囲気を与えています。

室内はどうなの?

室内長はダッシュボードの造形によりかわるので、2車に差があるとはいえず、室内高は1㎝というわずかな差でスペーシアに軍配が上がります。しかし、問題はシートアレンジです。

チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートや、座面をワンアクションではね上げ(チップアップ)られるリアシートなどは、センタータンクレイアウトを採用するN-BOXならでは。

独立してシートがスライドする後席や、ワンタッチダブルフォールディング式リヤシートなど、工夫はされており、使い勝手は非常に良いのですが、この、独自のシートアレンジなど、飛び道具がないのは、スペーシアにとって、もう一つ物足りないと思われる要因になりかねません。

安全装備で上を行く

軽自動車に先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備したことが評判を呼び、人気が沸騰したN-BOXに対し、後発となる新型スペーシアはそれを上回る機能が求められました。その内容とは?

充実のスズキ セーフティ サポート

後退時ブレーキサポート

そして、スペーシアが対N-BOXへの最強の切り札となり、CMでも大きく取り上げているのが安全装備です。予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し、安全装備を充実させ、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、軽自動車で初めての後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用するなど、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備しました。Honda SENSINGに引けを取らない安全装備は、大きな訴求効果があるはずです。

ヘッドアップディスプレイ

ヘッドアップディスプレイ

また、フロントガラスに進入禁止の道路標識や車両情報などをカラー表示するヘッドアップディスプレイや、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を軽自動車で初採用するなど、普通車並みの装備は、目に見えるN-BOXとの差別化となり、インテリアの高級感にも影響が出そうです。

まとめ

はたして新型スペーシアがN-BOXキラーとなりえるのか?もう一台のライバルであるダイハツのタントとともに、これまでのようにN-BOXとその他、という屈辱を再び味わうことになるのか?12月と1月の販売成績が決め手になるはずです。

はたして、ユーザーの判定は、さすがにもうN-BOXは飽きられるのか、やはり、「N-BOXでしょ!」となるのか?注目していきたいと思います。

関連する投稿


【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

できるだけ安くで、でも良い新車を買いたい!絶対妥協はイヤ!という人に読んでいただきたい第2弾。本記事では120万円出せば購入できるオススメの新車をまとめています。


【2018年版】100万円以下で購入できる!!!オススメの新車

【2018年版】100万円以下で購入できる!!!オススメの新車

安くで、新車を買いたい!でも100万円以下なんて難しい?いえいえそんなことありません!本記事では100万円以下でも新車で購入できる車をまとめています。


【2018年度】ジムニーにN-VAN、グッドデザイン・ベスト100に選出!!

【2018年度】ジムニーにN-VAN、グッドデザイン・ベスト100に選出!!

2018年グッドデザイン賞の受賞デザインが決まりました。自動車からも、今年発売された新型車や注目車10車が入賞しています。そして、スズキの新型ジムニーとホンダの新型N-VANは「ベスト100」に選出されるという快挙!!10月末に決定する「グッドデザイン大賞&金賞」にも、思わず期待してしまいますね。


純正ドライブレコーダーもあおり運転対策で後方監視の時代!ホンダがリア専用ドラレコ発売!

純正ドライブレコーダーもあおり運転対策で後方監視の時代!ホンダがリア専用ドラレコ発売!

ホンダの純正用品を開発するホンダアクセスからリア専用ドライブレコーダーが発売されました。新型「CR-V」の発売に合わせて発表した「ドライブレコーダー(リア用)」ですがホンダ車19機種に適用を拡大し、全国のホンダカーズで販売を開始したそうです。詳しく紹介します。


【7月5日発売】ジムニーシエラ 新型は7月に登場!燃費・走行性能・価格・評価

【7月5日発売】ジムニーシエラ 新型は7月に登場!燃費・走行性能・価格・評価

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。【2018年9月7日更新】


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。