目次へ戻る

VWパサートに史上最強グレードGTが登場!最新情報

VWパサートに史上最強グレードGTが登場!最新情報

フォルクスワーゲンは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『パサートGT』を初公開しました。このGT、パサート北米仕様の頂点にたつグレードになるようです。パサートGTの最新情報他、パサートについて改めてスペックや価格を見ていきます。


VWパサートに、最強グレードGTが登場!

フォルクスワーゲンは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『パサートGT』を初公開しました。

VW パサートGTは、パサート史上最強の高スペック

GTは、『パサート』の北米仕様の頂点に立つ高性能グレード。パサートは『ジェッタ』と並ぶフォルクスワーゲンの米国市場における主力セダンです。そのパサートが、スポーツイメージを「GT」で鮮明にしました。

パサートGTの開発のテーマは、「史上、最もアグレッシブなパサート」。通常のパサートに対して、内外装は20か所以上、変更され、スポーティな雰囲気が強調されています。

フロントのバンパーグリルは、ブラックメッシュでアッパーグリルは赤いアクセント入り。フォルクスワーゲンによると、『ゴルフGTI』がモチーフになっています。

リアスポイラーも追加。ブラック&グレーのツートンスポーツシートやカーボンパターンのドアトリム、ピアノブラックパネルも採用します。

気になるパワートレインは?VR6エンジン搭載

パワートレーンは、3.6リットルV型6気筒ガソリン「VR6」エンジン。最大出力280hp、最大トルク35.7kgmを引き出します。

トランスミッションはパドルシフト付きの6速「DSG」。

車高は15mmローダウンされ、19インチホイールやスポーツエキゾーストが装備されています。

【おさらい】VW パサートとは

パサートはドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンのDセグメントセダンおよびステーションワゴンです。

2017年時点での現行モデルは8代目になります。

パサートという車名の由来は、「貿易風」を意味するドイツ語。VWの車名には、ジェッタ、ヴェント、ボーラ、シロッコなど、他にも風の名前から取られたものがあります。

フォルクスワーゲンは、ビートルの大ヒットが有名ですが、ビートルのほかに主力車種があまりなく、その状態を打破すべく造られたのがパサートなんです。

VW パサート スペック/ボディサイズ/燃費/パワートレイン他

パサート TSI Highline

 
【VW パサート・セダン】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,785×1,830×1,465mm(ホイールベース:2,790mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,460kg
燃費JC08モード:20.4km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCクーラー付ターボ(4バルブ)
最高出力(kW(PS)/rpm)110kW (150PS) /5,000-6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)250N·m (25.5 kgf·m) /1,500-3,500rpm
タンク容量 59L
トランスミッション自動7段(前進)1段(後退)
※TSI Trendline参照

VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line

 
【VW パサートヴァリアント(ステーションワゴン)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,775×1,830×1,485mm(ホイールベース:2,790mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,510kg
燃費JC08モード:20.4km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCクーラー付ターボ(4バルブ)
最高出力(kW(PS)/rpm)110kW (150PS) /5,000-6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)250N·m (25.5 kgf·m) /1,500-3,500rpm
タンク容量 59L
トランスミッション自動7段(前進)1段(後退)
※TSI Trendline参照

VW パサート 試乗評価・感想・レビュー

パサート セダン

その中で『パサート』の魅力は?というと“選んでも間違わない変わらぬ安心感があること”だ。遡れば日本市場で『サンタナ』名で投入されていた頃と何ら変わらない安心感は今でも言えることだ。

具体的には、とにかく乗り味がしっとりとしているのがいい。『ゴルフ』もさっぱりと洗練された乗り味だが、それよりさらに“コク”が増し、上級車らしさがしっかりと味わえるところがいいのである。

スノッブな心地よさ。“大陸”のユーザーの嗜好を意識してか外観のクローム類が少し多い気もするが、上質ではあっても、決して何か誇示しようとしない控えめさが『パサート』の持ち味だ。

パサート ヴァリアント

ヴァリアント(ワゴン)のテールゲートは電動で開閉が可能。そしてラゲッジスペースの広さはパサートの大きなウリと言っても過言ではない。リアシートを使用した状態でもその容量は650リットル。リアを倒して最大のラゲッジスペースを確保すれば実に1780リットルを確保できる。スタイリングを優先している最近のワゴンモデルの中では秀逸な存在といえよう。そもそもワゴンが何のために必要なのかを考えれば、パサートのようなモデルが本来あるべき姿だと思うのは僕だけだろうか。

本当はスポーツカーを持ちたいが、現実的には1台で済まさなければならない…世の多くのクルマ好きがクルマ選びのたびに直面するのは、そんなジレンマなのでは? しかしこのR-Lineであれば、語尾をネガティブにする必要はなく、1台で秀逸な実用ワゴンとスポーツカーを手に入れた…とポジティブに納得がいくはずだ。

VW パサート 新車価格

VW パサート ヴァリアント TSI エレガンスライン テックエディション

 
【VW パサート・セダン】 価格表
Passat TSI Trendline3,339,000円~
Passat TSI Eleganceline3,879,000円~
Passat TSI Highline4,549,000円~
Passat 2.0TSI R-Line5,100,000円~
 
【VW パサート ヴァリアント(ステーションワゴン)】 価格表
Passat TSI Trendline3,539,000円~
Passat TSI Eleganceline4,079,000円~
Passat TSI Highline4,749,000円~
GTE5,489,000円~
GTE Advance6,089,000円~
Passat 2.0TSI R-Line5,300,000円~

最後に

『パサートGT』も加わりますます勢いを感じるフォルクスワーゲンのパサート。

しかしながら、現行パサートのRラインでもすでにかなりのパフォーマンスを見せてくれています。

パサートが欲しいと思っていた人は、改めてこの機会に、パサートの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


フォルクスワーゲンのゴルフトゥーラン|中古価格から燃費、新型情報まで網羅

フォルクスワーゲンのゴルフトゥーラン|中古価格から燃費、新型情報まで網羅

フォルクスワーゲンから販売されているコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」当記事ではゴルフトゥーランの燃費・実燃費やスペックなどの基本情報に加え、ジャーナリストによる試乗評価とユーザーからの評価口コミなどをまとめて掲載しています。また、中古車情報についても掲載していますので、ゴルフトゥーランを検討中の方は是非チェックして見てください。


トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


トヨタ プレミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価は?

トヨタ プレミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価は?

トヨタのプレミオとはトヨタが販売しているセダンです。落ち着いた乗り心地と内外装が魅力です。本記事ではそんなトヨタのセダン・プレミオについてご紹介します。


幻の国産車!?スズキのキザシを追え!!

幻の国産車!?スズキのキザシを追え!!

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味があります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』の物語を追います。


最新の投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。