目次へ戻る

VWパサートに史上最強グレードGTが登場!最新情報

VWパサートに史上最強グレードGTが登場!最新情報

フォルクスワーゲンは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『パサートGT』を初公開しました。このGT、パサート北米仕様の頂点にたつグレードになるようです。パサートGTの最新情報他、パサートについて改めてスペックや価格を見ていきます。


VWパサートに、最強グレードGTが登場!

フォルクスワーゲンは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『パサートGT』を初公開しました。

VW パサートGTは、パサート史上最強の高スペック

GTは、『パサート』の北米仕様の頂点に立つ高性能グレード。パサートは『ジェッタ』と並ぶフォルクスワーゲンの米国市場における主力セダンです。そのパサートが、スポーツイメージを「GT」で鮮明にしました。

パサートGTの開発のテーマは、「史上、最もアグレッシブなパサート」。通常のパサートに対して、内外装は20か所以上、変更され、スポーティな雰囲気が強調されています。

フロントのバンパーグリルは、ブラックメッシュでアッパーグリルは赤いアクセント入り。フォルクスワーゲンによると、『ゴルフGTI』がモチーフになっています。

リアスポイラーも追加。ブラック&グレーのツートンスポーツシートやカーボンパターンのドアトリム、ピアノブラックパネルも採用します。

気になるパワートレインは?VR6エンジン搭載

パワートレーンは、3.6リットルV型6気筒ガソリン「VR6」エンジン。最大出力280hp、最大トルク35.7kgmを引き出します。

トランスミッションはパドルシフト付きの6速「DSG」。

車高は15mmローダウンされ、19インチホイールやスポーツエキゾーストが装備されています。

【おさらい】VW パサートとは

パサートはドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンのDセグメントセダンおよびステーションワゴンです。

2017年時点での現行モデルは8代目になります。

パサートという車名の由来は、「貿易風」を意味するドイツ語。VWの車名には、ジェッタ、ヴェント、ボーラ、シロッコなど、他にも風の名前から取られたものがあります。

フォルクスワーゲンは、ビートルの大ヒットが有名ですが、ビートルのほかに主力車種があまりなく、その状態を打破すべく造られたのがパサートなんです。

VW パサート スペック/ボディサイズ/燃費/パワートレイン他

パサート TSI Highline

 
【VW パサート・セダン】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,785×1,830×1,465mm(ホイールベース:2,790mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,460kg
燃費JC08モード:20.4km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCクーラー付ターボ(4バルブ)
最高出力(kW(PS)/rpm)110kW (150PS) /5,000-6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)250N·m (25.5 kgf·m) /1,500-3,500rpm
タンク容量 59L
トランスミッション自動7段(前進)1段(後退)
※TSI Trendline参照

VW パサート ヴァリアント 2.0TSI R-Line

 
【VW パサートヴァリアント(ステーションワゴン)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,775×1,830×1,485mm(ホイールベース:2,790mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,510kg
燃費JC08モード:20.4km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCクーラー付ターボ(4バルブ)
最高出力(kW(PS)/rpm)110kW (150PS) /5,000-6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)250N·m (25.5 kgf·m) /1,500-3,500rpm
タンク容量 59L
トランスミッション自動7段(前進)1段(後退)
※TSI Trendline参照

VW パサート 試乗評価・感想・レビュー

パサート セダン

その中で『パサート』の魅力は?というと“選んでも間違わない変わらぬ安心感があること”だ。遡れば日本市場で『サンタナ』名で投入されていた頃と何ら変わらない安心感は今でも言えることだ。

具体的には、とにかく乗り味がしっとりとしているのがいい。『ゴルフ』もさっぱりと洗練された乗り味だが、それよりさらに“コク”が増し、上級車らしさがしっかりと味わえるところがいいのである。

スノッブな心地よさ。“大陸”のユーザーの嗜好を意識してか外観のクローム類が少し多い気もするが、上質ではあっても、決して何か誇示しようとしない控えめさが『パサート』の持ち味だ。

パサート ヴァリアント

ヴァリアント(ワゴン)のテールゲートは電動で開閉が可能。そしてラゲッジスペースの広さはパサートの大きなウリと言っても過言ではない。リアシートを使用した状態でもその容量は650リットル。リアを倒して最大のラゲッジスペースを確保すれば実に1780リットルを確保できる。スタイリングを優先している最近のワゴンモデルの中では秀逸な存在といえよう。そもそもワゴンが何のために必要なのかを考えれば、パサートのようなモデルが本来あるべき姿だと思うのは僕だけだろうか。

本当はスポーツカーを持ちたいが、現実的には1台で済まさなければならない…世の多くのクルマ好きがクルマ選びのたびに直面するのは、そんなジレンマなのでは? しかしこのR-Lineであれば、語尾をネガティブにする必要はなく、1台で秀逸な実用ワゴンとスポーツカーを手に入れた…とポジティブに納得がいくはずだ。

VW パサート 新車価格

VW パサート ヴァリアント TSI エレガンスライン テックエディション

 
【VW パサート・セダン】 価格表
Passat TSI Trendline3,339,000円~
Passat TSI Eleganceline3,879,000円~
Passat TSI Highline4,549,000円~
Passat 2.0TSI R-Line5,100,000円~
 
【VW パサート ヴァリアント(ステーションワゴン)】 価格表
Passat TSI Trendline3,539,000円~
Passat TSI Eleganceline4,079,000円~
Passat TSI Highline4,749,000円~
GTE5,489,000円~
GTE Advance6,089,000円~
Passat 2.0TSI R-Line5,300,000円~

最後に

『パサートGT』も加わりますます勢いを感じるフォルクスワーゲンのパサート。

しかしながら、現行パサートのRラインでもすでにかなりのパフォーマンスを見せてくれています。

パサートが欲しいと思っていた人は、改めてこの機会に、パサートの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

発売後30周年を迎えた日産の最高級セダン「シーマ」は発売時から「シーマ現象」という言葉が生まれるほどに愛された車で、現在まで最高級セダンとして不動の地位を築いています。シーマがこれほど愛される理由とは何なのでしょうか。今回は気になる高級車シーマについてご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


トヨタのセダン クラウンロイヤルの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのセダン クラウンロイヤルの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのセダン クラウンロイヤルは、トヨタのプレミアムなセダンタイプの人気車種です。 いわゆるロイヤルシリーズを名乗るようになったのは1991年に登場した9代目の4ドアハードトップからですが、その時からクラウンセダンとしては独自の道を歩むことになりました。 高級セダンであるクラウンの中でも長年最高級車としての風格を保ち、最もトヨタの伝統を引き継いでいる車種と言えます。


VWのゴルフ新型最新情報 8世代目ゴルフはどうなる?

VWのゴルフ新型最新情報 8世代目ゴルフはどうなる?

フォルクスワーゲン(VW)のゴルフがフルモデルチェンジして10月に登場予定です。VW新型は8世代目。今回の目玉としてはPHEVのEV航続距離が最大50マイル(80km)に達すると伝えられいること。これはBMW『3シリーズ』新型に設定されるPHEVの63kmを大幅に上回る数値になります。気になる最新情報、最新画像を集めました。


日産のアルティマに2020年型登場!アルティマってどんな車?

日産のアルティマに2020年型登場!アルティマってどんな車?

日産のアルティマに2020年型が登場しました。そもそもアルティマという車をみなさんはご存知でしょうか。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマです。日本市場では、従来型が『ティアナ』として導入されています。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。