目次へ戻る

VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

フォルクスワーゲンから、コンパクトSUV「T-Roc」が2017年8月24日に発表されます。まだあまり実態が明らかにされていないコンパクトSUV、T-Rocについて最新情報を随時更新し、お届けします。


8月24日発表!VWの新型SUV、T-Rocとは?

VWと言えば!可愛くてオシャレなザ・ビートル!基本情報まとめ

http://matome.response.jp/articles/780

フォルクスワーゲンと聞けば迷わずこの丸くてかわいらしいフォルムを思い出す…という方も多いのではないでしょうか。しかしそれだけではもったいない!ザ・ビートルはカワイイだけじゃないんですよ。今回はザ・ビートルの情報をまとめています。

フォルクスワーゲンは8月1日に、新型SUVの『T-Roc』を8月23日にワールドプレミアすると発表しました。

VW新型SUV T-Rocはどんな車か

T-Rocは、2014年に発表されたコンセプトカーの市販版となります。

フォルクスワーゲンのSUVラインナップの中で、『ティグアン』の下に位置するコンパクトSUVになると言われています。

【参考】フォルクスワーゲンのコンパクトSUV、ティグアンとは

ボディは全長4500×全幅1840mmだから先代よりひと回り大きくなっている。ホイールベースも2675mmとなり、70mmの延長である。しかし全高は1675mm。つまり35mm低くなっている。全幅1840mmはこのクラスのSUVとしてはどうという幅ではないが(今や『ゴルフ』でも1800mmだ)、1800mmを超える全幅に抵抗があるユーザーもいるはずだ。

しかし恐れることはない。視界の良さ、ボディの見切りの良さ、最小回転半径5.4mの小回り性の良さから、走りだせば車幅を感じさせない運転のしやすさを実感できるはずである。

ハンドリングは十分にシャープで、身のこなしもサイズのわりに軽快である。ボディは旧型と比較して全長で70mm、全幅で30mm、ホイールベースで70mmと大幅に拡大しており、見た目は正直に言うと完全にひとクラス上という印象。試乗中にずいぶん旧型と遭遇したが、そもそも立派さがまるで違う。

VW新型SUV T-Roc、気になるボディサイズ・スペックは

コンセプトカーの場合、ボディサイズは、全長4179mm、全幅1831mm、全高1501mm、ホイールベース2595mmです。

ですので、ティグアンに比べて少しサイズダウンしていることがわかりますね。ティグアンは少し大きすぎて使いにくい、と思われる方にもオススメの大きさだと考えられます。

エンジンは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」。

最大出力184ps、最大トルク38.7kgmを発生。

トランスミッションは7速「DSG」。0~100km/h加速は6.9秒、最高速は210km/hの性能を実現しています。

【2017年8月4日】公式TwitterがT-Rocのスケッチを公開

そして…。同車のイメージスケッチが公開されました!

これは、日本時間の8月4日、フォルクスワーゲンが公式Twitterページを通じて明らかにしたものです。

T-Rocのイメージスケッチを配信しています。

T-Rocのスケッチ


今回、公開されたのは、T-Rocのフロントスタイルのイメージスケッチ。

SUVとしては全高を低く抑えたプロポーションや、最新のフォルクスワーゲンのデザイン言語を導入したフロントマスクが見られます。

また、ティグアンは『ゴルフ』の車台をベースにしていますが、一方T-Rocは『ポロ』と車台を共用していると見られます。

VW ポロ

新型ポロには、新世代モジュラー車台の「MQB」を採用。デザイン面では、スポーティさや力強さ、カリスマ性などが重視された。新型のボディサイズは、全長4053mm、全幅1751mm、全高1446mm、ホイールベース2564mm。現行モデル(全長3972mm、全幅1682mm、全高1453mm、ホイールベース2470mm)と比較すると、81mm長く、69mmワイド、7mm背が低い。ホイールベースは94mm延びた。歴代ポロで、最大サイズとなる。

【2017年8月15日】公式サイトでT-Rocの内外装の動画を公開

2017年8月24日にVWから正式に発表される新型SUV「T-Roc」ですが、8月15日には公式サイトにて、新型SUV「T-Roc」の内装・外装のディテールが動画にて紹介されました。

こちらの動画にて公開されたT-Rocは、イエローのボディカラーで、インテリアの一部にも、同様にイエローがアクセントとして使われています。

ヘッドライト、テールランプ共にLEDを使用するなど都会的な雰囲気を醸し出す新型SUVとなっています。

VW 第3のSUVまとめ!日本発売は2018年!?

http://matome.response.jp/articles/388

VW「トゥアレグ」「ティグアン」に続く第3の本格クロスオーバーSUV「T-ROC」市販型のフルヌード状態を、Spyder7のカメラが捉えました。VWの第3のSUVについてまとめてみました。

VWのT-Rocが日本で発売されれば、SUV市場に新たな風が吹き込みそうですね。

今後の続報をお待ちください!!

カワイイが大好き!欲張り女子にオススメするクルマ特集!

http://matome.response.jp/articles/7

貴女は車を買うときのポイントに何に重きを置きますか?やっぱり「見た目!」「可愛さ!」という方も多いのでは無いでしょうか?この記事ではそんな女性にオススメできる車種をまとめて紹介します。

関連するキーワード


SUV VW

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-V(シーアールブイ)が復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、e-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載される!?かも!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。