目次へ戻る

ベルランゴとカングーを比較してみた

ベルランゴとカングーを比較してみた

シトロエンがジュネーブモーターショーで初公開する新型「ベルランゴ」は、シトロエンの主力商用車および小型MPV。そう、日本で大人気の「ルノー・カングー」と同クラスなのです。まだ日本には導入予定のないモデルですが、これは比較せずにはいられません。フランス製小型MPVはどうしてこんなに魅力的なんでしょうか?


べルランゴって?

シトロエン べルランゴ

ルノー カングー

おそらく、この車名を聞いたことのある人はかなりの欧州通。

日本国内では販売されていませんし、主たる需要は商用なのですから当然と言えば当然。

しかし、「ルノー・カングー」のように日本に導入されていたらいいライバルになっていたかもしれません。両車はそれだけ似通った車種であり、日本車で言えば「トヨタ・ハイエース」と「日産NV350キャラバン」の関係でしょうか。

「べルランゴ」の現行モデルは、2008年に発表され、新型は約10年ぶりのモデルチェンジを受けて登場する、3世代目モデルとなります。新型の特徴のひとつが、プジョーだけでなく、PSAグループの傘下に入ったオペル版の「オペル コンボ」も用意されることです。

べルランゴのエクステリアは日本人好み?

べルランゴのエアバンプ

ルノーカングー

しかし、同じプラットフォームをベースに開発されていても、「べルランゴ」のフロントマスクには、シトロエンの最新デザイン言語が導入されており、誰が見てもシトロエンとわかる表情となっています。また、ボディサイドには、素材の内部に空気カプセルを入れた「エアバンプ」が装着可能で、フロントマスクとあいまって、「C3」を彷彿とさせるデザインになります。

まずこのエクステリアが新型「べルランゴ」の最大の売り。

「カングー」の機能性剥き出しのデザインも人気がありますが、新型「べルランゴ」と並べたらどうでしょう。「カングーの世界観は好きだけどもうちょっと・・」と思う人も、「べルランゴ」なら満足するはずでしょう。日本車のミニバンよりかなりカッコイイのです。

バリエーションの豊富なべルランゴ

新型「べルランゴ」は、5名乗りのショートボディと、全長が250mm長い7名の乗りのロングボディを設定。

パワートレインは、ガソリンが1.2L、ディーゼルが1.5L。トランスミッションには、8速ATが設定されています。

これに対し、日本仕様の「カングー」は5名乗りのみで、1.2L直噴ターボと6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)、もしくは6MTの組み合わせとなります。

実際に乗り比べてみないことにはその差はわかりませんが、8速ATと7人乗りを設定する「べルランゴ」がやや有利か。

最新のコネクティビティも充実

シトロエン べルランゴ

ルノー カングー

新型「べルランゴ」は最新モデルらしく、コネクティビティも充実させています。最新世代の3Dコネクトナビゲーションシステム「シトロエン・コネクト・ナビ」を採用した8インチのタッチスクリーンは、電話、メディア機能を制御する音声認識機能を備え、リアルタイム交通情報、サービスステーションおよび駐車場情報、ガソリン価格情報、気象情報などが分かるコネクトサービスが付帯しています。

先進運転支援システム

また、19の先進運転支援システム(ADAS)の採用し、中でも、8速AT車のストップ機能付きアダプティブクルーズコントロールは、フロントガラスの上部の多機能カメラを使用し、ドライバーの設定に合わせて車速を自動的に維持し、前走車に追従走行する機能を持ちます。

さらに、アクティブレーン逸脱警告システム、3.5インチのカラーディスプレイやヘッドアップディスプレイに表示する 交通標識認識システムを設定。

これらの先進装備は「カングー」にとってつらいところ。カングー ゼンEDC・6MTには、フロントエアバッグ、フロントサイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、運転席・助手席アンチサブマリン機構を標準装備しているものの、自動ブレーキ等は未装着。室内のデザインとあいまって、商用バンとの差別化が希薄なのです。そこが「カングー」のいいところなのですが。

オシャレ?な「コーヒーブレイク☕警告」

変わったところでは、「コーヒーブレイク警告」として、65km/h以上のスピードで2時間運転した後、ドライバーに休憩を取るよう促すシステムが搭載されているのです。これ、フランスっぽくていいですね。

まとめ

欧州では商用バンとして「ルノー・カングー」と並ぶ人気の「シトロエン・ベルランゴ」ですが、1988年に輸入されたことがあるものの、その後は現在まで輸入されず、一方の「カングー」はなぜか日本のみで人気車種となり、年に一度の「カングージャンボリー」には、フランス人もびっくりするほどの「カングー」が集まります。

新型「ベルランゴ」は、「シエンタ」や「フリード」といった、国産コンパクトミニバンを検討中のユーザーにも、訴求効果が十分にある人気車種となる可能性もあり、個人的には是非日本に輸入してもらいたいと思う車種。

みなさんはどう思われますか?

関連する投稿


新型アルファードは2022年登場か?トヨタのアルファード基本情報おさらい

新型アルファードは2022年登場か?トヨタのアルファード基本情報おさらい

トヨタの人気ミニバン、アルファード。姉妹車のヴェルファイアと共に根強い人気があります。本記事では2022年以降発売されるかと噂されるアルファード新型の最新情報と合わせて、改めてアルファードについてまとめています。(※2020年3月更新しました)


【納得】トヨタの「ミニバン」!人気の理由を徹底解説

【納得】トヨタの「ミニバン」!人気の理由を徹底解説

トヨタ自動車のミニバンは、沢山の車種があります。エクステリアやインテリアや性能など、車種によって違うので、自分好みの車を探すことが可能です。今回の記事では、トヨタのミニバンについて詳しくご紹介します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※2020年3月更新しました)


トヨタのミニバン ノアの歴史!2021年にフルモデルチェンジか?!最新情報

トヨタのミニバン ノアの歴史!2021年にフルモデルチェンジか?!最新情報

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並ぶトヨタの主力ミニバンです。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。本記事では、そんな歴代ノアと、2021年にフルモデルチェンジして登場すると言われているノア新型の最新情報を合わせてお届けいたします。(※情報は2020年3月更新しました)


三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

SUV型ミニバンの三菱「デリカD:5」は、使い勝手が良く様々なシーンで活躍してくれます。あまり知られていない「D5」の由来から、新車価格・中古価格なども網羅!デリカD:5を検討している人は、是非参考にしてみてください。(※情報は2020年3月現在のものです)


最新の投稿


新型RAV4(ラヴフォー)最新情報まとめ 価格・中古車価格・内装ほか

新型RAV4(ラヴフォー)最新情報まとめ 価格・中古車価格・内装ほか

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活しました。新型RAV4のデザインや、スペック、価格、発売後の試乗記や評価、口コミなどについて掲載しています。(※2020年3月更新しました)


【最新情報】レクサス新型NXのフルモデルチェンジは2021年か?

【最新情報】レクサス新型NXのフルモデルチェンジは2021年か?

レクサスNXのフルモデルチェンジは2021年頃になるのではと予想されています。前回のマイナーチェンジは2017年で約3年が経過し、現在のNXの売れ行きは鈍化してきているとも言われています。2021年、レクサスNXのフルモデルチェンジはあるのか。気になるレクサス新型NXの最新情報をまとめてお伝えしていきます。


【2020年度版】日産のスポーツ・クーペ一覧

【2020年度版】日産のスポーツ・クーペ一覧

国内大手のメーカーでありながら技術面で高スペックを誇る日産は、スポーツ・クーペ系の開発や販売等にも力を入れており、そのラインナップは充実しています。今回は日産のスポーツ・クーペについてお話します。


【豆知識】BMWのキドニーグリルとは?

【豆知識】BMWのキドニーグリルとは?

「キドニーグリル」。そう聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?この名前を聞いても、どんなものかすぐにはわからない人も多いのではないでしょうか。 キドニーグリルとは、BMWのすべての車種に装備されている、あの特徴的な形状のグリルの事です。今回は、このキドニーグリルについて、解説していきます。


フィアット500X 走りもデザインも魅力的なSUV 

フィアット500X 走りもデザインも魅力的なSUV 

イタリアの自動車メーカーフィアットから2015年にコンパクトSUVが販売されました。大きめのタイヤと最低地上高が高いSUVらしい見た目の中に、どこか可愛らしさがある「フィアット500X(チンクェチェントエックス)」。このクルマの性能や、外装・内装といったスペックを見ていきたいと思います。