トップへ戻る

MINIクロスオーバーに限定車「ブラックヒース」登場!日本初導入2Lターボ!

MINIクロスオーバーに限定車「ブラックヒース」登場!日本初導入2Lターボ!

MINIの売れ筋モデル、MINIクロスオーバーの限定車「MINI Cooper S Crossover Blackheath」が250台限定で販売開始となりました。上級グレードSにガソリンモデルが設定されたとあって、待っていた方も多かったのではないでしょうか。本記事では限定車ブラックヒースについて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【売れ筋モデル】MINIクロスオーバーに限定車登場!

MINIの売れ筋モデル、SAVモデルのMINIクロスオーバーに限定車「MINI Cooper S Crossover Blackheath」が、2月26日より250台限定で販売開始となりました。

ブラックヒースは、全体をブラックでまとめ、高級感や存在感ある仕上がりになっています。

また、上級グレードSに、ディーゼルやプラグインハイブリッドではなく、ガソリンモデルが搭載されたとあって、待っていた方も多かったのではないでしょうか。

今回は、MINIクロスオーバーの限定車、ブラックヒースについて紹介していきます。

MINIクロスオーバーの現在のラインナップ

MINIクロスオーバー旧型は人気が高く、日本ではMINI全体の4割程の販売台数を誇っていました。

現行モデルも少しサイズは大きくなったものの、変わらず人気は高いです。

ボディサイズは全長4,315mm×全幅1,820mm×全高1,595mm。

全幅1,820mmはBMW X1と同じ大きさです。

MINIクロスオーバーの現在のラインナップは以下のとおりです。

■MINI CROSSOVER ONE FF ガソリン 335万円
■MINI CROSSOVER BUCKINGHAM. 358万円
■MINI CROSSOVER COOPER D FF ディーゼル 393万円
■MINI CROSSOVER COOPER D ALL4(4WD) ディーゼル  421万円
■MINI CROSSOVER COOPER SD ALL4(4WD) ディーゼル 493万円
■MINI CROSSOVER COOPER SE ALL4(4WD) プラグインハイブリッド 479万円
■MINI CROSSOVER John Cooper Works 4WD 562万

このラインナップからわかりますように、MINIがディーゼルに力を入れているということがわかりますね。

また上級モデルはすべて4WDモデルです。

MINI Crossover BlackheathはFFですが、最高出力192PS、最大トルク280Nmと、スペックとしてはCROSSOVER COOPER Sなので、SDやSEと同様の最上級のジョンクーパーワークスを除いた中の上級グレードモデルになります。

価格も480万円とディーゼルやPHVモデルとほとんどかわりません。

日本初導入となるガソリンエンジン仕様の2.0リッター4気筒ツインパワー・ターボ・エンジンは魅力的ですね!

8速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせで、スポーティな走りが楽しめそうです。

MINI クロスオーバー、最強モデル JCW を追加…最高出力231ps | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/05/31/295522.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINI『クロスオーバー』のラインアップに、高性能モデル「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)・クロスオーバー」を追加し、5月31日より販売を開始する。

「Blackheath(ブラックヒース)」の名前の由来とは?

限定車、ブラックヒースの由来ですが、ロンドンマラソンのスタート地点として知られる「ブラック・ヒース・アベニュー」からきています。

また「Heath(ヒース)」には「荒野」の意味があり、言葉が持つ壮大さ、スポーティなイメージを助長させるため、「Blackheath(ブラックヒース)」と命名されました。

MINI Crossover Blackheathの特別装備

「MINI Crossover Blackheath」の特別装備品は以下になります。

■ボディ・カラー ミッドナイト・ブラック・メタリック
■18インチ アロイ・ホイール ピン・スポーク ブラック
■ブラック・ヘッドライト&リアライト・リング
■ブラック・ルーフレール&サイド・シル・フィニッシャー
■Blackheath専用ブラッシュド・アルミ調オリジナル・ボンネット・ストライプ
■Blackheath専用リアガラス・ステッカー
■ヘッドライナー・アンスラサイト
■インテリア・サーフェス・ピアノ・ブラック
■ヘッドライナー・アンスラサイトジョンクーパーワークス
■ペッパー・パッケージ
 -アラーム・システム
 -オートマチック・テールゲート・オペレーション(オープン/クローズ、イージー・オープナー機能付)
 -PDCリア(パーキング・ディスタンス・コントロール)
 -リア・ビュー・カメラ
 -MINIエキサイトメント・パッケージ

特別装備も魅力的ですね。

ライト類もアダプティブLEDヘッドライト/LEDデイライト・リング、LEDフロント・フォグ・ランプなどLEDの搭載がされています。

また、ホイールは、18インチ アロイ・ホイール ピン・スポーク ブラック。

ブラックボディにブラックホイールを合わせて、シックな雰囲気に。

ヘッドライトとリア・ライト周りはブラックのリングを装備をすることで、よりスタイリッシュな印象になります。

このヘッドライト周りのブラックアウトはBMWでもMSport Edition Shadowなどの限定車で出していますが、フロントが引き締まってとてもかっこいいです。

BMW 3シリーズ Mスポーツ エディションシャドー、スポーティな限定仕様 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/28/299024.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は『3シリーズ』に限定モデル「Mスポーツ エディションシャドー」を設定し、8月28日より1300台限定で受注受付を開始した。

MINI Blackheath 専用リア・ガラス・ステッカーです。

ブラックボンネットストライプが印象的です。これは、ブラッシュド・アルミ調だそうです。

ナビゲーションやストップ&ゴー付きのアクティブクルーズコントロール(ACC)ももちろん標準装備されていますので、特別装備を付けなくても魅力的な一台だと言えます。

最後に

John Cooper Worksまでスパルタンなモデルは不要で、ガソリンエンジンのスポーティな走りが好きな方にとって、今回の限定車は非常に魅力的なモデルではないでしょうか。

エクステリア、インテリアをブラックでクールに決めた「Blackheath」。街で走ってたら人目を惹きそうですね。

今回の「Blackheath(ブラックヒース)」は250台の限定ですので、気になる方はお早めに!

MINIクロスオーバー、ブラック基調の限定モデル発売 日本初導入の2リットルターボ搭載 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/26/306504.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINI『クーパーS クロスオーバー』に黒基調のスポーティな特別仕様車「ブラックヒース」を設定し、2月26日より250台限定で販売を開始した。

関連するキーワード


MINI BMW 車種情報

関連する投稿


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW特有のスポーティセダンの代表格のMシリーズのM5のご紹介です。日常での走行からサーキット走行までこなせるスポーティセダンと言ってよいと思います。その上安全面にも十分な配慮がこなされたM5の紹介をします。


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。