目次へ戻る

EV、日産リーフを買うべき5つの理由

EV、日産リーフを買うべき5つの理由

日産のEV、「リーフ」が好調な売れ行きとなっています。3月の登録実績では前年比190.8%の2,997台という結果となり、登録乗用車のベスト30の常連になりつつあります。そこで、リーフを買うべき理由を5つにまとめてみました。今、EVの「リーフ」を買うべきか否か、貴方はどうしますか?


買うべき理由その1:400kmの航続距離によるEVの可能性

EVの購入に踏み切れない最大の要因は、その航続距離であることは言うまでもありません。その電費(?)を気にせず、せめて日常の走行だけは不自由しなければ、EVは飛躍的に普及すると言われつ続けていました。

新型の「日産リーフ」は、400km(JC08モード)の航続距離を実現し、今まで以上に安心して長距離ドライブさえも楽しむことが可能となりました。当然、日常では100㎞も走ることがない人にとっては、自宅で満充電しておけばまず、不自由しないはずです。

また、長距離においても、各種公共施設や高速道路のパーキングエリアに背設置される充電スポットの数は、初代リーフの発売当初より飛躍的に増えており、航続距離に対する不安はかなり改善されています。

使わなきゃ損「使い放題プラン」

さらに、日産が提供する「使い放題プラン」に加入すると、月額2千円で、高速道路やコンビニ、各商業施設、そして日産の営業店での急速充電を無料で使い放題というサービスが利用でき、長距離では一切料金を払わなくて良いというプランになっています。

買うべき理由その2:最先端のe-パワートレイン

環境への負荷の低減と経済性以外にも、EVがもたらす魅力として、電動パワーによる独自の走行性能があります。

新型「リーフ」は、最大出力110kW、最大トルク320Nmを発生する新型e-パワートレインを採用したことにより、EVならではの加速性能をさらに向上させています。320Nmは、V型3.5Lのガソリンエンジンと同等で、しかも車重が約1,500㎏と軽いコンパクトサイズのボディでもあるため、そのパフォーマンスは容易に想像できます。

そして、そのパフォーマンスを発揮しながらも、その驚くべき静粛性は、内燃機関をいっさい使用しないため、異次元の空間を感じることができます。

音楽や会話を楽しむことや風の音を聞くことなど、これまで体験したことのないドライブが可能になります。

買うべき理由その3:運転時の負担を軽減するe-Pedal

「e-Pedal」は、アクセルペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までをコントロールすることができます。

アクセルペダルから足を離すと、回生ブレーキと通常のブレーキ双方を自動的に制御し、クルマを減速、停車させることができ、坂道においても停止を保持することができます。使い方によっては、ブレーキを踏むことなく、停止状態にいたるまでワンペダル運転が可能となり、ドライバーは電気自動車ならではの運転フィーリングとともに、運転時の負担を軽減することができます。

この操作フィーリングは、「e-Pedal」の為だけに「リーフ」を購入してもけっして間違いないほどなのです。

買うべき理由その4:進化した自動運転技術は魅力

新型「日産リーフ」は、「セレナ」で初採用された、高速道路単一車線での自動運転技術「プロパイロット」の採用に加え、パーキングにおいて、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロットパーキング」を搭載、車庫入れ、縦列駐車を、大変簡単な操作で安全に行う事を可能としています。

この「プロパイロットパーキング」は、上級車種で採用され始めた自動駐車システムですが、コンパクトカー、しかもEVの「リーフ」に採用されたことにより、走行中のアシスト異常に自動運転技術を感じられるということからも、「リーフ」の先進性がさらに強調されたことになります。

買うべき理由その5:EVはけっして高くない価格だった

航続距離とともに、EV購入の大きなネックになっていたのが、その価格設定でした。新型「リーフ」でも、315万円からという価格は、コンパクトカークラスの車としてはまだまだ高額なのは確かです。

「ノートe-POWER」や「アクア」といったハイブリッド車と比較しても100万円は高いのです。

しかし、月に1万円ほどの燃料費を支払う人ならば、補助金を考慮すれば3年から4年でその差はなくなり、その後はお得になり続けます。しかも、「プリウスPHV」とは同額以下であることを考えると、決して割高ではないのです。

まとめ

EVのメリットを追加すれば、給油のためにガソリンスタンドに行く必要がなく、エンジンオイルやフィルターなどの消耗部品の交換も不要。

そして、エンジンに比べてパーツの少ないパワートレインなので、メンテナンスの少なさということも挙げられます。必要なのは、充電プラグを挿しこむだけ。余計なものを減らしたら、カーライフの楽しみが増えてくるというわけなのです。

これからEVが主流になるのは紛れもない事実であり、それは時間の問題です。

だから誰よりも早くEVに乗り換えるべきなのか、もう少し待つべきなのかだけが問題です。
ハッキリ言えることは、今、EV以外の車を買ったとしても、次に買い替えるときには高確率でEVが選択支になるということです。

関連する投稿


日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外に展開している高級車ブランドがインフィニティです。今回は、現行で発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきましょう。


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


日産 ADバンってどんな車?現在のNV150 ADの画像も紹介┃維持費や購入法を徹底解説

日産 ADバンってどんな車?現在のNV150 ADの画像も紹介┃維持費や購入法を徹底解説

ADバンを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、ADバンは非常に使い勝手がよく今もなお愛されている車なんです! この記事では、ADバンがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング