トップへ戻る

新型シビックを買うべき5つの理由

新型シビックを買うべき5つの理由

2017年9月に発売した新型「シビック」が好調な売れ行きとなっています。発売後一か月の累計受注は1万2000台を超え、現在は納車可能な台数のみカウントされていますが、2018年3月度でも、2千台の登録実績となっています。そこで、あらためてこのシビックの魅力をご紹介してみましょう。貴方も買った方が良いと思うはずです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


買うべき理由その1:ハッチバックとセダンの異なる魅力

ハッチバックとセダンともに、ロー&ワイドを基本に機能美を追求したデザインは、ダイナミックな動体としての姿をより美しく魅せるスタイリングを実現しています。セダンは、クーペのような流麗なルーフラインに、硬質で彫刻的なサイドパネルと6ライトの上質なフォルムが特長です。このデザインは今のセダンの最先端をいくもので、今後登場する予定のアコードやクラウンなども、同じくクーペフォルムと6ライトを持つセダンとなるはずです。

ハッチバックは、セダンと基本骨格を共有しながらも、ダイナミックで軽快なリアビューとすることで、スポーティーさをより演出しており、これまでのシビックよりも大柄ながらも、スポーティーハッチとしてのシビックを裏切らないスタイリングとなっています。

ハッチバックとセダンともにこのスタイリングは、買うべき理由にきっとなるはずです。

買うべき理由その2:「操る喜び」を目指した走りと安定性

シビックセダン

高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディーにより、優れた空力特性を実現したことで、高速域での安定性に寄与し、静粛性を高めた新開発プラットフォームを採用。そして、エンジンにはシビック専用にチューニングを施した1.5L VTEC TURBOエンジンと、加速性能を向上させるCVTとの組み合わせにより、ターボラグを感じさせない、パワフルな加速フィールを実現しています。

そしてハッチバックは、専用センターエキゾーストシステムを採用するとともに、プレミアムガソリン仕様とすることで、セダンよりも高出力・高トルクな設定とし、6速MTも選択可能となることで、スポーティーな走りを楽むことが出来る。RS以外はこの1.5Lターボのみの設定ですが、220N・mのトルクは、2.4Lエンジン同等の力を持ちます。また、ハッチバックの6速MTは、RSを除いたシビックシリーズの中でも受注比率が約35%と非常に人気があるのが特徴です。

シビックハッチバック

シビックハッチバックCVT
最高出力:134kW[182PS]/5,500rpm
最大トルク:240N・m[24.5kgf・m])/1,900-5,000rpm
シビックハッチバック6MT
最高出力:134kW[182PS]/6,000rpm()
最大トルク:240N・m[24.5kgf・m])/1,700-5,500rpm
シビックセダンCVT
最高出力:127kW[173PS]/5.500rpm()
最大トルク:240N・m[24.5kgf・m])/1,700-5,500rpm

このエンジンと6MTも買うべき理由になるでしょう。

買うべき理由その3:クラストップレベルのゆとりの室内空間

新型シビックは、このクラスでトップとなる広い室内空間を確保するとともに、大開口で大容量な荷室と、使いやすさも追求しています。さらにハッチバックでは、左右どちらにも引き出しや巻き取りが可能な、世界初となる横開きのカーゴエリアカバーを採用しています。

ワイドボディーとダウンサイジングターボエンジンの搭載などでメカスペースを縮小し、伸びやかな室内長を実現した新型シビックは、後席は膝前を十分にとり、前席の下に足先が入る設計も施すことで、余裕のある空間としています。

シビックの各サイズ

室内長/室内幅/室内高(mm)
ハッチバック:1,910/1,465/1,160
セダン:1,930/1,525/1,160

この広い室内空間も、シビックを買うべき理由になるでしょう。

買うべき理由その4:「TYPE R」の存在

シビックTYPE R

「TYPE R」は専用の2.0L・VTECターボエンジンを搭載し、高トルクかつハイレスポンスと全開領域での高出力化を実現しています。さらに、走行シーンに応じて選べる3つのドライブモードや、エンジンの回転数が自動で調整するレブマッチシステムをホンダ車として初めて採用するなど、他のグレードとは差別化された内容となっています。

TYPE R
最高出力235kW[320PS]
最大トルク400N・m[40.8kgf・m])

このハイパフォーマンスハッチ「TYPE R」の存在もシビックを買うべき理由になるでしょう。

買うべき理由その5:ホンダセンシングを標準装備

新型シビックシリーズには、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備し、ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、運転や事故回避を支援します。そして、セダンは2017年度の予防安全性能評価で、最高ランクの“ASV++”を獲得しています。

この安全装備の「ホンダ センシング」を標準装備したことも、シビックを買うべき理由になるはずです。

まとめ

かつての「大衆車」の面影は、もはやまったくないシビックですが、シリーズの月販目標台数である2000台は問題なくクリアするだけの需要はあります。数少ないファミリーセダンとして、さらに数少ないスポーツハッチとして、他の車種にはない魅力を備えた新型シビックは、今、貴方の買うべき車の一台になるはずです。

関連するキーワード


シビック ホンダ 車種情報

関連する投稿


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


最新の投稿


【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


【イエローハットでバッテリー交換】工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

【イエローハットでバッテリー交換】工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

普段意識することなく使っている自動車のバッテリーは、突然上がってしまうと対処に困ってしまいますよね。ロードサービスを待つ間、そういえばバッテリーのメンテナンスはやってこなかったなあと後悔してしまうかも。そんな辛い体験をしなくて済むよう、性能が低下してきたバッテリーは予防的な交換を済ませておけば安心です。お近くのイエローハットにおまかせすれば、安心が簡単に手に入ることでしょう。


【オートバックスでバッテリー交換】バッテリーの寿命は何年?工賃や作業時間目安までまとめてチェック!

【オートバックスでバッテリー交換】バッテリーの寿命は何年?工賃や作業時間目安までまとめてチェック!

自動車で重要な部品といえば。エンジンやタイヤ、ハンドルなど、さまざまな要素が挙げられるとは思いますが、ないと困るのがバッテリーです。エンジンを始動するだけでなく、今や車両制御や多くの快適装備を支える重大な役目があるバッテリーですが、意外としっかりメンテナンスできている方は少ないのでは。突然のバッテリー上がりを避けるためにも、オートバックスでメンテナンスを依頼しておきましょう。


トヨタ プリウスα|7人乗りも選択できる、少し大きなプリウス!

トヨタ プリウスα|7人乗りも選択できる、少し大きなプリウス!

ハイブリッド車の雄であるプリウスに、プラスアルファの価値を付け加えたという意味で命名されたプリウスα。どんな魅力があるクルマでしょうか?今回は、プリウスとの違いや、グレード展開などをまとめました。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。