目次へ戻る

新型シビックを買うべき5つの理由

新型シビックを買うべき5つの理由

2017年9月に発売した新型「シビック」が好調な売れ行きとなっています。発売後一か月の累計受注は1万2000台を超え、現在は納車可能な台数のみカウントされていますが、2018年3月度でも、2千台の登録実績となっています。そこで、あらためてこのシビックの魅力をご紹介してみましょう。貴方も買った方が良いと思うはずです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


買うべき理由その1:ハッチバックとセダンの異なる魅力

ハッチバックとセダンともに、ロー&ワイドを基本に機能美を追求したデザインは、ダイナミックな動体としての姿をより美しく魅せるスタイリングを実現しています。セダンは、クーペのような流麗なルーフラインに、硬質で彫刻的なサイドパネルと6ライトの上質なフォルムが特長です。このデザインは今のセダンの最先端をいくもので、今後登場する予定のアコードやクラウンなども、同じくクーペフォルムと6ライトを持つセダンとなるはずです。

ハッチバックは、セダンと基本骨格を共有しながらも、ダイナミックで軽快なリアビューとすることで、スポーティーさをより演出しており、これまでのシビックよりも大柄ながらも、スポーティーハッチとしてのシビックを裏切らないスタイリングとなっています。

ハッチバックとセダンともにこのスタイリングは、買うべき理由にきっとなるはずです。

買うべき理由その2:「操る喜び」を目指した走りと安定性

シビックセダン

高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディーにより、優れた空力特性を実現したことで、高速域での安定性に寄与し、静粛性を高めた新開発プラットフォームを採用。そして、エンジンにはシビック専用にチューニングを施した1.5L VTEC TURBOエンジンと、加速性能を向上させるCVTとの組み合わせにより、ターボラグを感じさせない、パワフルな加速フィールを実現しています。

そしてハッチバックは、専用センターエキゾーストシステムを採用するとともに、プレミアムガソリン仕様とすることで、セダンよりも高出力・高トルクな設定とし、6速MTも選択可能となることで、スポーティーな走りを楽むことが出来る。RS以外はこの1.5Lターボのみの設定ですが、220N・mのトルクは、2.4Lエンジン同等の力を持ちます。また、ハッチバックの6速MTは、RSを除いたシビックシリーズの中でも受注比率が約35%と非常に人気があるのが特徴です。

シビックハッチバック

シビックハッチバックCVT
最高出力:134kW[182PS]/5,500rpm
最大トルク:240N・m[24.5kgf・m])/1,900-5,000rpm
シビックハッチバック6MT
最高出力:134kW[182PS]/6,000rpm()
最大トルク:240N・m[24.5kgf・m])/1,700-5,500rpm
シビックセダンCVT
最高出力:127kW[173PS]/5.500rpm()
最大トルク:240N・m[24.5kgf・m])/1,700-5,500rpm

このエンジンと6MTも買うべき理由になるでしょう。

買うべき理由その3:クラストップレベルのゆとりの室内空間

新型シビックは、このクラスでトップとなる広い室内空間を確保するとともに、大開口で大容量な荷室と、使いやすさも追求しています。さらにハッチバックでは、左右どちらにも引き出しや巻き取りが可能な、世界初となる横開きのカーゴエリアカバーを採用しています。

ワイドボディーとダウンサイジングターボエンジンの搭載などでメカスペースを縮小し、伸びやかな室内長を実現した新型シビックは、後席は膝前を十分にとり、前席の下に足先が入る設計も施すことで、余裕のある空間としています。

シビックの各サイズ

室内長/室内幅/室内高(mm)
ハッチバック:1,910/1,465/1,160
セダン:1,930/1,525/1,160

この広い室内空間も、シビックを買うべき理由になるでしょう。

買うべき理由その4:「TYPE R」の存在

シビックTYPE R

「TYPE R」は専用の2.0L・VTECターボエンジンを搭載し、高トルクかつハイレスポンスと全開領域での高出力化を実現しています。さらに、走行シーンに応じて選べる3つのドライブモードや、エンジンの回転数が自動で調整するレブマッチシステムをホンダ車として初めて採用するなど、他のグレードとは差別化された内容となっています。

TYPE R
最高出力235kW[320PS]
最大トルク400N・m[40.8kgf・m])

このハイパフォーマンスハッチ「TYPE R」の存在もシビックを買うべき理由になるでしょう。

買うべき理由その5:ホンダセンシングを標準装備

新型シビックシリーズには、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備し、ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、運転や事故回避を支援します。そして、セダンは2017年度の予防安全性能評価で、最高ランクの“ASV++”を獲得しています。

この安全装備の「ホンダ センシング」を標準装備したことも、シビックを買うべき理由になるはずです。

まとめ

かつての「大衆車」の面影は、もはやまったくないシビックですが、シリーズの月販目標台数である2000台は問題なくクリアするだけの需要はあります。数少ないファミリーセダンとして、さらに数少ないスポーツハッチとして、他の車種にはない魅力を備えた新型シビックは、今、貴方の買うべき車の一台になるはずです。

関連するキーワード


シビック ホンダ 車種情報

関連する投稿


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

生活が一変した今、これまで以上に自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで今、新車よりも断然リーズナブルな中古車が注目されています。この記事では中古車でもけっして見劣りしないメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回はホンダ車の中から人気のある中古車から5車種を厳選してみました。


走り屋ってなに?走り屋に選ばれる車もご紹介

走り屋ってなに?走り屋に選ばれる車もご紹介

最近耳にする事が減ってきた「走り屋」という言葉。一見すると「暴走族」と同義に捉えられがちですが、その意味は異なります。今回は、高速道路での高速走行やドリフト走行、ゼロヨン走行などと言った走り屋の活動や走り屋に愛されている人気の車についてご紹介していきます。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。