トップへ戻る

【最新版】ツーリング動画におすすめの「360度カメラ」6選!

【最新版】ツーリング動画におすすめの「360度カメラ」6選!

モノや体験をSNSでシェアする昨今に、ツーリングの爽快感を共体験できると話題の「ツーリング動画」。中でも“VRカメラ”とも呼ばれる「360度カメラ」は風景とライダーを同時に撮影でき、従来のアクションカメラと一線を画しています。今回はツーリング動画にオススメの「360度カメラ」と、カメラを選ぶ際のポイントを説明します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「360度カメラ」とは?

360度カメラとは、ワンショットで全ての景色を撮影できるカメラのことです。

「KODAK PIXPRO SP360 4K」製品特長ページより画像引用

2つの超広角レンズ(魚眼レンズ)で撮影した2枚の半球画像をリアルタイムの画像処理でつなぎ合わせ、カメラを中心に全方位360度の撮影が可能で、別名「全天球カメラ」「VRカメラ」とも呼ばれています。

「GoPro」「Nikon」「Kodak」など元々アクションカメラ(ウェアブルカメラ)を製造しているメーカーによる360度カメラは、アクションカメラの特長である防水性、防塵性、イメージスタビライゼーション(手ぶれ補正機能)などのタフネスさに加え、全方位撮影による臨場感や4Kなど高解像度の写真/映像へのこだわりにも妥協が無い、本格的なものです。

一方「Galaxy」「RICOH」など、上記のメーカーより比較的安価に購入できる360度カメラもあります。

これらのメーカーはタフネスさが強みというよりは、スマホアプリで写真/動画が編集でき、素早くSNSでシェアができるなど「スマホで簡単に操作できる」のが特長で、旅先や結婚式などのイベント、自身のライフスタイルの中で「フォトジェニック」「ムービージェニック」なものを撮りたいという人にニーズがあります。

ツーリング動画に適した360度カメラの特長

続いては、数ある360度カメラの中から、どんな特徴のものがツーリング動画(ツーリング時)に適しているのかを紹介します。

簡単操作/遠隔操作が可能

まずは、安全なツーリングを妨げない「操作性」に優れたものを選ぶと良いでしょう。

例えばGoPro Fusionは「ボイスコントロールコマンド」によって電源オン/オフのほか、ビデオ撮影の開始/停止を音声で操作することが出来ます。

またNikon Keymission 360やKodak PIXPRO SP360 4Kは別売りで手首に装着可能な「リモートコントローラー」が販売されているので、手元の遠隔操作によってより簡単にカメラを操作することが可能です。

撮影可能時間は長めのものを

またカメラによって記録できる「撮影可能時間」が異なります。

通常のツーリング動画は、撮影したいスポットごとに細切れに撮影し、後ほど編集作業で動画を1つに繋げます。ですので、カメラの実撮影可能時間が大きいものを選ぶのがお勧めです。

ツーリング動画を長回しで撮影したいという方は「連続撮影可能時間」が長いものを選びましょう。

スマホならHD(1080p)/PCなら4K(2160p)以上の解像度

360度カメラの「解像度」についてですが、これはツーリング動画をスマホでチェックするのか、PCなど大きいディスプレイでチェックするのかで選ぶ基準が変わってくると思います。

例えば、撮影したツーリング動画をSNS(Facebook/twitter/Instagram)で投稿する場合、スマホで動画を確認する人がほとんどなので、解像度がHD 1080p(1,920×1,080)あれば、スマホなら問題なく動画を見ることができると思います。

しかし、youtubeなどの動画サイトの場合は、PCなど大きいディスプレイで見ることも考えると1080pは物足りなく感じると思います。大きいディスプレイでも映像の美しさにこだわりたいという方は4K(3840×2160)以上で探すのをお勧めします。

ツーリング時の振動を抑える「手ブレ補正機能」

ツーリング以外でもアクティブなシーンに欠かせない性能として、砂やホコリの侵入を防ぐ「防塵」や急な雨でも安心の「防水」「防滴」性能があります。中でも、ツーリング時のバイクの振動による映像のブレを最小限に防いでくれる「手ブレ補正機能」はチェックしておきたいところです。

バイクに取付けるマウントは「GLIDER」がおすすめ!

360度カメラをバイクに固定させるマウント選びですが、オススメはGoPro対応アクセサリーの「GLIDER SPORTS」(グライダー)です。

GoPro製品は勿論、付属のGoPro用トライポッドマウントを取り外せば、三脚に取り付けできる全てのアクションカメラ・360度カメラにも使用することができます。
※マウントの種類によっては、別売りのアダプターが必要になる場合もあります

また価格についても、GoPro純正アクセサリーを購入するよりも安価です。家電量販店やオンラインで手軽に購入ができます。

バイクへのおすすめ装着位置は「ハンドル」と「タンク」

また、バイクにマウントを取り付ける際は「バーハンドル」「ガソリンタンク」に装着するのをおすすめします。

従来のアクションカメラでは、カメラを取り付けた位置から一定方向にしか撮影が出来なかったのに対し、360度カメラは取り付けた位置から一度に全方位を撮影することができます。

ですのでフェンダーやスイングアームなど無理な箇所に設置するより、ツーリングコース&風景&ライダーが一度に撮影できるバーハンドルやガソリンタンクに装着するのがおすすめです。

また「ライダーより後方の風景が撮りたい」「ライダーの目線で撮影がしたい」という方は、ヘルメットに装着するのをおすすめします。

ハンドルおすすめマウント「GLIDER ボールアームバイクマウント」

GLIDER GoPro アクセサリー ボールアームバイクマウント GLD4189GO47

バーハンドルにマウントを挟んで固定させます。GoPro用トライポッドマウントを取り外せば、三脚穴があるアクションカメラ・360度カメラにも使用することができます。

ガソリンタンクおすすめマウント「GLIDER ミドルアーム付吸盤マウント」

GLIDER GoPro アクセサリーミドルアーム付吸盤マウント GLD4196GP61

マウントの下が吸盤になっているので、着脱が楽にできます。こちらもGoPro用トライポッドマウントを取り外せば、三脚穴があるアクションカメラ・360度カメラにも使用することができます。

おすすめ360度カメラ【6選】

①【GoPro Fusion】価格 88,000円~

【国内正規品】GoPro Fusion CHDHZ-103-FW

アクションカメラの代表格「GoPro」から、2018年4月より新たに登場した360度カメラ「Fusion」。

4Kを超える5.2K(5,228×2,624)30fpsの高解像度のビデオ撮影が可能なほか、新たな機能として撮影したVR映像を切り抜いて従来型のビデオとして保存、ポストが可能な「OVERCAPTURE」機能が登場しています。スマホのGoProアプリでも作成が可能で、直感操作で撮影からシェアまでが簡単にできます。

価格は88,000円~となっています。

GoPro Fusion スペック表

重量220g
メモリー外蔵(microSD/microSDHC/microSDXCカード×2枚)
ビデオ解像度5.2K(5,228×2,624)30fps
3K(3,000×1,504)60fps
連続撮影可能時間(ビデオモード)5.2K30fpsの場合…75分
3K60fpsの場合…80分
手ブレ補正〇(スタビライゼーション)
防塵防水性能〇(5m防水)
遠隔機能GoProアプリ(Wi-Fi+Bluetooth)
ボイスコントロール
編集ソフト&アプリGoPro Fusion Studio(PC)
GoPro アプリ(モバイル)

GoPro Fusionを使ったツーリング動画

②【360fly 4K】価格 59,400円~

360fly 4K 64GB内蔵メモリー搭載 FL364KZ111

ほかの360度カメラと違い、シングルレンズで継ぎ目のない映像を撮影できるのが「360fly 4K」です。

360度映像の撮影のほか主観映像(POV)撮影も可能。また専用モバイルアプリでカメラの遠隔操作や動画編集、共有までができます。メモリー内蔵(64GB)でmicroSDカードが不要です。

価格は59,400円~となっています。

360fly 4K スペック表

重量172g
メモリー内蔵(64GB)
ビデオ解像度2,880×2,880(30fps)
2,880×2,880(24fps)
1,728×1,728(60fps)
連続撮影可能時間(ビデオモード)4Kで45分以上
記録時間は2時間以上
手ブレ補正×(非搭載)
防塵防水性能〇(10m防水 IP6X)
遠隔機能360flyアプリ(Wi-Fi+Bluetooth)
編集ソフト&アプリ360flyアプリ(モバイル)
※PC用ソフトはなし

360fly 4Kを使ったツーリング動画

③【Nikon Keymission 360】価格 オープンプライス

Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 360 BK ブラック

防水30m、耐衝撃2m、耐寒-10℃、防塵など本格的なタフネスさが強みの「Nikon Keymission 360」。

通常の動画撮影のほかスーパーラプス動画、ループ動画、タイムラプス動画の撮影が可能です。

対応のヘッドマウントアクセサリーを使用するとVRの世界を楽しむこともできます。

Nikon Keymission 360 スペック表

重量約198g
メモリー外蔵(microSD/microSDHC/microSDXCカード×1枚)
ビデオ解像度4K UHD(3,840×2,160)
実撮影可能時間(ビデオモード)約1時間10分
手ブレ補正×(非搭載)
防塵性能〇(IPX6)
防水性能〇(IPX8相当)
水深30mで60分までの撮影が可能
遠隔機能アプリ「SnapBridge 360/170」(Wi-Fi+Bluetooth)
リモコン「ML-L6」(別売)
編集ソフト&アプリ「KeyMission 360/170 Utility」(PC)
「SnapBridge 360/170」(スマートフォン・タブレット用)

Nikon Keymission 360を使ったツーリング動画

④【Kodak PIXPRO SP360 4K】価格 64,260円~

コダック アクションカメラ PIXPRO SP360 4K

4K画質で最大55分の長時間撮影が可能な「Kodak PIXPRO SP360 4K」。

スマートフォンの専用アプリを使用することで、カメラを遠隔操作しながら撮影画面を確認、録画ができ、撮影した画像の再生もできます。また、リアルタイムでSNSへ映像をアップロードもできます。

またPC用の編集ソフトを使用すると撮影した動画を11通りの表示モードで視聴することが出来ます。

価格は64,260円~となっています。

Kodak PIXPRO SP360 4K スペック表

重量約102g
メモリー外蔵(microSD/microSDHC/microSDXCカード×1枚)
※125GBまでサポート
ビデオ解像度2,880×2,880(30fps)
2,048×2,048(30fps)
1,440×1,440(60fps/30fps)
1,072×1,072(60fps/30fps)
3,840×2,160(30fps)
1,920×1,080(60fps/30fps)
1,280×720(60fps/30fps)
848×480(60fps)
連続撮影可能時間(ビデオモード)3,840×2,160で約55分(Wi-Fiオン)
手ブレ補正〇(電子式手振れ補正 EIS)
防塵防水性能〇(IPX6)
防滴性能はIPX5相当。防水マウントアダプター(別売)あり
遠隔機能Kodak SP360 4Kアプリ(Wi-Fi+Bluetooth)
RFリモートコントロール(別売)
編集ソフト&アプリKodak SP360 4Kパソコンソフト(PC)
Kodak SP360 4Kアプリ(モバイル)

Kodak PIXPRO SP360 4Kを使ったツーリング動画

⑤【RICOH THETA V】価格 56,700円~

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

国内人気「360度カメラ」ランキング1位の「RICOH THETA SC」に続く人気で、シリーズ最上位機種に位置する「RICOH THETA V」。※価格.comより2018年5月28日現在のランキング
Instagramでは、ハッシュタグ「#thetaのある生活」とともに、あらゆるライフスタイルシーンでTHETAが使用されているのがわかります。

RICOH THETA Vは4Kで360度の動画撮影が可能なほか、360度ライブストリーミングが4Kに対応しており、リアルタイムに4K (3,840×1,920)で360度映像の出力が可能です。

価格は56,700円~です。

RICOH THETA V スペック表

重量約121g
メモリー内蔵(約19GB)
ビデオ解像度4K(3840×1920)29.97fps
2K(1920×960)29.97fps
連続撮影可能時間(ビデオモード)最大25分
手ブレ補正ファームウェアの更新により手ブレ補正の機能が追加(2017.10~)
防塵性能×(非搭載)
防水性能×(非搭載)
遠隔機能アプリ「RICOH THETA S」(Bluetooth&無線LAN)
編集ソフト&アプリ「RICOH THETA」「RICOH THETA UVC Blender」「RICOH THETA File Transfer」「RICOH THETA Movie Converter」(PC)
「RICOH THETA S」「THETA+」「THETA+ Video」(スマートフォン・タブレット用)

RICOH THETA Sを使ったツーリング動画

関連するキーワード


カー用品・カーアクセサリー

関連する投稿


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も紹介!

ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も紹介!

大切な愛車を盗難から守るためのセキュリティパーツ「ロックナット」について紹介します。ロックナットの仕組みや種類、使用方法から取り外し方、また、キーアダプター・ソケットを紛失してしまった場合の対応方法や、取り外しを店舗にて行う場合の工賃・費用、おすすめのロックナットについても掲載しています。


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

炎天下の中に駐車していた車。扉を開けたらめちゃめちゃ暑い!なんてこと、「夏の車あるある」ですね。そんな時どんな方法が、すばやく車内の温度を下げられるのでしょうか。本記事ではJAFで行われた調査結果を元にご紹介。また、予防対策についてもまとめています。


車のハンドルロック 原因や解除方法を解説|盗難防止グッズも紹介

車のハンドルロック 原因や解除方法を解説|盗難防止グッズも紹介

車の盗難防止のための機能であるハンドルロック。ですが、意図せずロックが掛かってしまい、ハンドルが動かせず慌ててしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなハンドルロックが掛かってしまった時の対処方法・解除方法についての紹介と、機能とは別に盗難防止アイテムの紹介を合わせて行っています。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。