目次へ戻る

【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5 堂々の1位は

【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5 堂々の1位は

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表されました。本記事ではランキング形式に2017年度の安全性に優れた車種をご紹介いたします。


【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表されました。本記事ではランキング形式に2017年度の安全性に優れた車種をご紹介いたします。

第5位 トヨタ ジャパンタクシー

第5位にランクインしたのは、ジャパンタクシーでした。
「えっ、ジャパンタクシー!?」と思われる方もいるかもしれませんが、ジャパンタクシーはトヨタと共同開発されていることもあり、安全性能にも抜かりがありません。

ジャパンタクシーは、「Toyota Safety Sense C」や6つのSRSエアバッグの標準装備している、サポカーなんです。

第4位 ホンダ N-BOX

第4位は、ホンダの大人気N-BOXでした。

N-BOXといえば、2017年9月に発売された現行N-BOXに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をHondaの軽乗用車として初めて採用し、全タイプに標準装備したことも記憶に新しいのではないでしょうか。

 ホンダによれば、「N-BOXは、平成29年度「予防安全性能評価」においても、最高評価となる「予防安全性能評価 ASV++」を獲得しており、衝突安全性能評価、予防安全性能評価ともに最高評価を獲得したのは、軽自動車ではN-BOXが初めてとなります。」とのことです。

軽自動車では安全面がねえ…。という考えは、もしかしたら、古いのものになるのかも…。そんなことを思わせてくれるのがN-BOXです。

 N-BOXは、平成29年度「予防安全性能評価」においても、最高評価となる「予防安全性能評価 ASV++」を獲得しており、衝突安全性能評価、予防安全性能評価ともに最高評価を獲得したのは、軽自動車ではN-BOXが初めて※3となります。

第3位 トヨタ C-HR

第3位は、トヨタの新型SUV・C-HRでした。

C-HRには、衝突回避支援パッケージである、トヨタセーフティセンスが搭載されています。また、予防安全として、レクサスなどにも採用されている「シーケンシャルターンランプ」という、いわゆる、光が流れるように点灯するランプが採用されています。

このランプ、ただ「光り方が綺麗」なだけではなく、流れるように光ることで、周りからの被視認性を向上させることができるんです。

第2位 マツダ CX-5

第2位は、マツダのCX-5でした。

マツダのCX-5の凄いところは、全グレードが先進安全技術を標準装備かつ、サポカーS・ワイドの基準をクリアしているところです。
※サポカーとは、国の推奨する自動車安全コンセプトで、「セーフティ・サポカーS・ワイド」相当ということは、
・自動ブレーキ(対歩行者)
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置
・車線逸脱警報
・先進ライト

上記の条件をクリアした車だということになります。第2位に選ばれるのも納得ですね。

そんなCX-5よりも、安全性能が優れた車とは…。

【もっとも安全!】第1位 マツダ CX-8

堂々の第1位に選ばれたのは、マツダのCX-8でした!2017年の12月に発売された、ミニバンのような大きさを誇る新型SUVです。

このCX-8には、CX-5でご紹介したサポートカーS・ワイドに相当しているのはもちろんのこと、新開発したスカイアクティブボディにより、さらに高度な衝突安全性能を追求したほか、サードシート、ボンネットにまで、より高い安全性能を極めています。

気になる方は、ぜひ一度CX-8のカタログを隅から隅まで読んでみてください。

思わず、CX-8が欲しくなってしまうこと間違いなしです。

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表になり、きょうの朝日が「マツダCX-8『安全最高』」とのタイトルで報じている。それによると、衝突安全と予防安全の両分野でマツダのCX-8がともに最高点を獲得し、安全性能に優れている車種に贈られる「ファイブスター賞」を受賞したという。

まとめ

というわけで、独立行政法人の自動車事故対策機構による、2017年度安全性能がもっともすぐれている車は、マツダのCX-8でした。

これを機会に、今乗っている貴方の車の安全性能は万全なのか?本当に大丈夫なのか?確認してみてもいいかもしれないですね。

楽しく安全にマイカーライフを楽しみましょう!

関連するキーワード


ランキング

関連する投稿


【2018年】東京駅限定!今、人気のお土産ランキングTOP10は?

【2018年】東京駅限定!今、人気のお土産ランキングTOP10は?

【4月24日更新】東京観光に来た帰りや帰省の際、「お土産は何を買えば良いのか?」迷うことも多いと思います。今回は「東京駅」の東京ステーションシティエリア内にある各施設の東京駅限定の人気「お土産スイーツ」売上ランキングを、東京ステーションシティからの発表を元にご紹介します。


3月度販売ランキング深読みチェック!

3月度販売ランキング深読みチェック!

自販連と軽自協の発表によると、2018年3月度の販売台数トップはホンダの軽自動車「N-BOX」で、2位は日産の「ノート」。ここまではこのところの定位置ですが、下位では大きく変動しているのです。そこで、ベスト10だけではわからない、ランキングを深読みしてみることにしましょう。気になるあの車がこんな順位に!


レクサスの車種モデル別販売台数ランキング!LSやRX、NXは何位?

レクサスの車種モデル別販売台数ランキング!LSやRX、NXは何位?

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は2005年に日本でも導入され今ではSUVモデルを中心として人気ブランドとなりました。レクサスも車種が増えてきてそれぞれがどれくらい売れているか、気になる方も多いと思います。自販連が発表している数値を元に10車種の2018年のモデル別販売台数をランキング形式でまとめてみました。


国土交通省発表2017年「燃費のいい乗用車ベスト10」を一挙紹介

国土交通省発表2017年「燃費のいい乗用車ベスト10」を一挙紹介

3月20日(火)に国土交通省は平成29年度版の「燃費のいい乗用車ベスト10」を公開しました。本記事では、普通乗用車と軽自動車での「燃費のいい乗用車」として発表された車をご紹介します。


自販連のランキング表示が50位までとなったことで見えたものとは?

自販連のランキング表示が50位までとなったことで見えたものとは?

自販連と全軽自協は2018年2月の乗用車車名別販売台数と、軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。特に今回から自販連のランキング表示が、これまでの30位までから、過去に遡って50位まで表示されるようになったのが特徴となります。そこから見えてくるのはどんなことなのでしょうか?


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。