目次へ戻る

【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5 堂々の1位は

【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5 堂々の1位は

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表されました。本記事ではランキング形式に2017年度の安全性に優れた車種をご紹介いたします。


【安全最高】2017年度国産車の安全性能ランキングトップ5

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表されました。本記事ではランキング形式に2017年度の安全性に優れた車種をご紹介いたします。

第5位 トヨタ ジャパンタクシー

第5位にランクインしたのは、ジャパンタクシーでした。
「えっ、ジャパンタクシー!?」と思われる方もいるかもしれませんが、ジャパンタクシーはトヨタと共同開発されていることもあり、安全性能にも抜かりがありません。

ジャパンタクシーは、「Toyota Safety Sense C」や6つのSRSエアバッグの標準装備している、サポカーなんです。

第4位 ホンダ N-BOX

第4位は、ホンダの大人気N-BOXでした。

N-BOXといえば、2017年9月に発売された現行N-BOXに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をHondaの軽乗用車として初めて採用し、全タイプに標準装備したことも記憶に新しいのではないでしょうか。

 ホンダによれば、「N-BOXは、平成29年度「予防安全性能評価」においても、最高評価となる「予防安全性能評価 ASV++」を獲得しており、衝突安全性能評価、予防安全性能評価ともに最高評価を獲得したのは、軽自動車ではN-BOXが初めてとなります。」とのことです。

軽自動車では安全面がねえ…。という考えは、もしかしたら、古いのものになるのかも…。そんなことを思わせてくれるのがN-BOXです。

 N-BOXは、平成29年度「予防安全性能評価」においても、最高評価となる「予防安全性能評価 ASV++」を獲得しており、衝突安全性能評価、予防安全性能評価ともに最高評価を獲得したのは、軽自動車ではN-BOXが初めて※3となります。

第3位 トヨタ C-HR

第3位は、トヨタの新型SUV・C-HRでした。

C-HRには、衝突回避支援パッケージである、トヨタセーフティセンスが搭載されています。また、予防安全として、レクサスなどにも採用されている「シーケンシャルターンランプ」という、いわゆる、光が流れるように点灯するランプが採用されています。

このランプ、ただ「光り方が綺麗」なだけではなく、流れるように光ることで、周りからの被視認性を向上させることができるんです。

第2位 マツダ CX-5

第2位は、マツダのCX-5でした。

マツダのCX-5の凄いところは、全グレードが先進安全技術を標準装備かつ、サポカーS・ワイドの基準をクリアしているところです。
※サポカーとは、国の推奨する自動車安全コンセプトで、「セーフティ・サポカーS・ワイド」相当ということは、
・自動ブレーキ(対歩行者)
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置
・車線逸脱警報
・先進ライト

上記の条件をクリアした車だということになります。第2位に選ばれるのも納得ですね。

そんなCX-5よりも、安全性能が優れた車とは…。

【もっとも安全!】第1位 マツダ CX-8

堂々の第1位に選ばれたのは、マツダのCX-8でした!2017年の12月に発売された、ミニバンのような大きさを誇る新型SUVです。

このCX-8には、CX-5でご紹介したサポートカーS・ワイドに相当しているのはもちろんのこと、新開発したスカイアクティブボディにより、さらに高度な衝突安全性能を追求したほか、サードシート、ボンネットにまで、より高い安全性能を極めています。

気になる方は、ぜひ一度CX-8のカタログを隅から隅まで読んでみてください。

思わず、CX-8が欲しくなってしまうこと間違いなしです。

独立行政法人の自動車事故対策機構が評価した2017年度に販売した国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの『CX-8』という結果が発表になり、きょうの朝日が「マツダCX-8『安全最高』」とのタイトルで報じている。それによると、衝突安全と予防安全の両分野でマツダのCX-8がともに最高点を獲得し、安全性能に優れている車種に贈られる「ファイブスター賞」を受賞したという。

まとめ

というわけで、独立行政法人の自動車事故対策機構による、2017年度安全性能がもっともすぐれている車は、マツダのCX-8でした。

これを機会に、今乗っている貴方の車の安全性能は万全なのか?本当に大丈夫なのか?確認してみてもいいかもしれないですね。

楽しく安全にマイカーライフを楽しみましょう!

関連するキーワード


ランキング

関連する投稿


【2018年 外国メーカー車モデル別ランキングトップ10】堂々の1位は?

【2018年 外国メーカー車モデル別ランキングトップ10】堂々の1位は?

本自動車輸入組合が発表した2018年の外国メーカー車モデル別新車登録台数ランキングによれば、1位はBMWグループ『MINI』でした。MINIは3年連続トップを堅持しました。本記事ではトップ10をまとめてご紹介します!


【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

2017年6月より、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施していました。「横断歩道」に関する道交法・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。2016年から2018年8月の全国の信号の無い横断歩道での一時停止率についても掲載しています。


満足度1位の『車買取会社』はどこ?オリコンが顧客満足度ランキング発表!!

満足度1位の『車買取会社』はどこ?オリコンが顧客満足度ランキング発表!!

オリコンといえば音楽ランキングをイメージすると思います。そのオリコンがオリコン顧客満足度ランキングにて顧客満足度の高い『車買取会社』ランキングを発表しましたのでランキング形式で紹介します。


日本自動車サービス満足度ランキング!ラグジュリーブランド12年連続1位は

日本自動車サービス満足度ランキング!ラグジュリーブランド12年連続1位は

J.D.パワージャパンは8月31日、2018年日本自動車サービス満足度調査の結果を発表しました。この調査は、アフターサービスでの正規販売店の満足度を総合的に分析したもの。その中で、なんと12年連続1位の正規販売店がありました。気になる1位とはいったい…?


【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

先日、日本自動車輸入組合(JAIA)が2018年上半期の新車販売台数の発表を行いました。輸入車の中で売れたモデルはどのクルマだったのでしょうか?ランキングのトップ20を1台ごと紹介します。


最新の投稿


ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。


セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

2019年の自動車税の支払い期間は2019年5月1(水)~5月31日(金)です。 自動車税の支払いをセゾンカードで行うことで1,000ポイント(5,000円相当)をゲットできるキャンペーンを見つけましたのでご紹介します。


【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

みなさんはキイロビンについてご存知でしょうか。キイロビンは「油膜取りの代名詞」と言われるヒット商品です。 本記事ではキイロビンについて、そしてキイロビンで落とす油膜の説明をします。キイロビンの使い方や、キイロビンを使用した後に行うコーティングや、またコーティングを行わないと視界不良で事故を引き起こす可能性も!コーティング剤の種類、撥水と親水コーティングの違いについてもまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザインは、ジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『ダ・ヴィンチ』(Italdesign DaVinci)を初公開しました。


レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。