目次へ戻る

【画像・動画あり】マクラーレン新型「600LT」が発表!

【画像・動画あり】マクラーレン新型「600LT」が発表!

マクラーレンオートモーティブは6月28日に、新型車となる「600LT」のティザーイメージを公開しました。また7月12日に開催された「グッドウッドフィバルオブスピード」ではヒルクライムに出走し、豪快なドーナツターンを披露しました。本記事ではマクラーレン新型「600LT」の最新情報をお届けします。


マクラーレン新型車「600LT」のイメージ・性能が公開!

マクラーレンオートモーティブは、6月28日に新型車「600LT」のティザーイメージ、7月11日に性能をを公開しました。本記事では「600LT」の最新情報をご紹介します。

画像はマクラーレン「600LT」

新型車「600LT」は2016年から2022年までの6年に及ぶ事業計画、”Track22”に基づき発表された5台目の車です。「600LT」の実機は7月12日「グッドウッドフェスティバルオブスピード」のヒルクライムに出走し、豪快なドーナツターンを披露しました。

「600LT」のベースは、「570Sクーペ」

マクラーレン「600LT」は同社のスポーツシリーズの第1弾である、「570Sクーペ」をベースにデザインされ、さらなる高性能を求めてパワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたモデルです。

マクラーレン「570S クーペ」

今回発表された、「600LT」のテールランプのデザインと、2015年に発売された「マクラーレン570S クーペ」のテールランプデザインを比較してみると、どちらも特徴的なランプの形をしていることが分かります。

画像はマクラーレン「600LT」

画像はマクラーレン「570S クーペ」

LTはロングテールの略称

マクラーレン「675 LT」

「600LT」という名前に含まれている「LT」は「ロングテール」の略称で、1997年発売の伝説的名車「F1 GTR」の特徴だったロングテールを元にしたモデルであることを示します。
マクラーレンは、2015年に「650 S」をベースにした「675LT」を500第限定で発売しました。500台限定で発売された「675 LT」は即時完売し、その人気の高さを見せつけています。

マクラーレン「600LT」 最新情報

それでは、公開されたティザーイメージと共に「600LT」の最新情報をご紹介します。

マクラーレン「600LT」 最新情報 エクステリア

基本的にはデザインのベースとなった「570Sクーペ」と同じく、低い車高とフロントからリアまで流れるようなボディが特徴的です。
「600LT」のデザインは「570S クーペ」をベースにしながらも、部品の23%以上を変更しカーボン素材をふんだんに使用したことで96kgの軽量化に成功し、乾燥重量は1,247kgに抑えています。

また軽量化に加えて、後ほどご紹介するパワートレインが向上したため、リップスポイラーやサイドシル、ディフューザー、固定式リアウィングなどを取り付けることでダウンフォースを引き上げています。

マクラーレン「600LT」最新情報 インテリア

また、インテリアにはマクラーレン「P1」で初採用されたカーボンファイバー製レーシングシートと、軽量なアルカンターラトリムが広範囲に渡って使用されています。

マクラーレン「600LT」最新情報 パワートレイン

画像は「600LT」のエグゾーストパイプ

マクラーレン「600LT」には3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンが搭載されており、最大出力600ps、トルクは63.2kgmを誇ります。
加速性能は、0~100km/h加速が2.9秒、0~200km/h加速が8.2秒、最高速が328km/hベース車両のマクラーレン570Sクーペを大きく上回るスペックを獲得しています。

マクラーレン「600LT」発売時期・価格

マクラーレン「600LT」は生産台数に限定数はありませんが、2018年10月から2019年10月までの期間限定モデルです。「600LT」は職人の手によって1台ずつ手作りで生産されます。
また、本体価格は日本円で約2780万円からとなっています。

マクラーレン「600LT」公式動画

マクラーレン公式YouTubeチャンネルでは3本の動画が公開されています。

まとめ

マクラーレン新型車の、「グッドウッドフェスティバルオブスピード」での公開まで残すところ約2週間となりました。本記事では今後もマクラーレン「600LT」についてご紹介します。

関連するキーワード


マクラーレン

関連する投稿


マクラーレン セナ「GTR」発表!気になる馬力は825馬力!

マクラーレン セナ「GTR」発表!気になる馬力は825馬力!

マクラーレンオートモーティブは3月8日、マクラーレン『セナGTR』(McLaren Senna GTR)を発表しました。 セナGTR はF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠したスーパーカー、マクラーレン『セナ』をベースに開発されたサーキット専用車になります。


マクラーレンのエントリーモデル!スポーツシリーズ一覧

マクラーレンのエントリーモデル!スポーツシリーズ一覧

英国の高級スポーツカーメーカー・マクラーレンのスポーツシリーズは、優れたパフォーマンスはもちろん、マクラーレン史上最も快適性と洗練性を兼ね備えた、まさに日常での実用性を重視したシリーズです。マクラーレンのラインナップでは一番手に取りやすいシリーズと言っていいですね。そんなスポーツシリーズはいったいどんな車種があるのでしょうか。


マクラーレンの中核モデルスーパーカー!720S スペック 価格 性能 画像ほか

マクラーレンの中核モデルスーパーカー!720S スペック 価格 性能 画像ほか

720Sは、英国のマクラーレン・オートモーティブが手掛けるスーパーカーです。マクラーレンの中核モデルであるスーパーカーシリーズで、720Sから第二世代へと移行しました。720Sのスペック・価格・画像ほか最新情報をまとめています。


マクラーレンのハイパーカー!スピードテールの価格・スペック・最高速は

マクラーレンのハイパーカー!スピードテールの価格・スペック・最高速は

イギリスのマクラーレンが手掛けるハイパーカー。その一つがスピードテールです。スピードテールは、「マクラーレン史上、最も豪華なモデルになる」と言われている通りの手の込んだ仕上がりになっています。本記事では、なかなか目にすることができない、スピードテールについてまとめています。


マクラーレンの新型オープン 720Sスパイダー登場!価格は約3790万円

マクラーレンの新型オープン 720Sスパイダー登場!価格は約3790万円

マクラーレン・オートモーティブ・アジアは1月28日に、東京都中央区のクロスドック晴海で『720Sスパイダー』の発表会を開催しました。「マクラーレン史上最も完成度の高いコンバーチブルタイプのスーパーカー」と言われる720Sスパイダー。最新情報をまとめています。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。