目次へ戻る

【画像・動画あり】マクラーレン新型「600LT」が発表!

【画像・動画あり】マクラーレン新型「600LT」が発表!

マクラーレンオートモーティブは6月28日に、新型車となる「600LT」のティザーイメージを公開しました。また7月12日に開催された「グッドウッドフィバルオブスピード」ではヒルクライムに出走し、豪快なドーナツターンを披露しました。本記事ではマクラーレン新型「600LT」の最新情報をお届けします。


マクラーレン新型車「600LT」のイメージ・性能が公開!

マクラーレンオートモーティブは、6月28日に新型車「600LT」のティザーイメージ、7月11日に性能をを公開しました。本記事では「600LT」の最新情報をご紹介します。

画像はマクラーレン「600LT」

新型車「600LT」は2016年から2022年までの6年に及ぶ事業計画、”Track22”に基づき発表された5台目の車です。「600LT」の実機は7月12日「グッドウッドフェスティバルオブスピード」のヒルクライムに出走し、豪快なドーナツターンを披露しました。

「600LT」のベースは、「570Sクーペ」

マクラーレン「600LT」は同社のスポーツシリーズの第1弾である、「570Sクーペ」をベースにデザインされ、さらなる高性能を求めてパワフルなエンジンを軽量ボディに組み合わせたモデルです。

マクラーレン「570S クーペ」

今回発表された、「600LT」のテールランプのデザインと、2015年に発売された「マクラーレン570S クーペ」のテールランプデザインを比較してみると、どちらも特徴的なランプの形をしていることが分かります。

画像はマクラーレン「600LT」

画像はマクラーレン「570S クーペ」

LTはロングテールの略称

マクラーレン「675 LT」

「600LT」という名前に含まれている「LT」は「ロングテール」の略称で、1997年発売の伝説的名車「F1 GTR」の特徴だったロングテールを元にしたモデルであることを示します。
マクラーレンは、2015年に「650 S」をベースにした「675LT」を500第限定で発売しました。500台限定で発売された「675 LT」は即時完売し、その人気の高さを見せつけています。

マクラーレン「600LT」 最新情報

それでは、公開されたティザーイメージと共に「600LT」の最新情報をご紹介します。

マクラーレン「600LT」 最新情報 エクステリア

基本的にはデザインのベースとなった「570Sクーペ」と同じく、低い車高とフロントからリアまで流れるようなボディが特徴的です。
「600LT」のデザインは「570S クーペ」をベースにしながらも、部品の23%以上を変更しカーボン素材をふんだんに使用したことで96kgの軽量化に成功し、乾燥重量は1,247kgに抑えています。

また軽量化に加えて、後ほどご紹介するパワートレインが向上したため、リップスポイラーやサイドシル、ディフューザー、固定式リアウィングなどを取り付けることでダウンフォースを引き上げています。

マクラーレン「600LT」最新情報 インテリア

また、インテリアにはマクラーレン「P1」で初採用されたカーボンファイバー製レーシングシートと、軽量なアルカンターラトリムが広範囲に渡って使用されています。

マクラーレン「600LT」最新情報 パワートレイン

画像は「600LT」のエグゾーストパイプ

マクラーレン「600LT」には3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンが搭載されており、最大出力600ps、トルクは63.2kgmを誇ります。
加速性能は、0~100km/h加速が2.9秒、0~200km/h加速が8.2秒、最高速が328km/hベース車両のマクラーレン570Sクーペを大きく上回るスペックを獲得しています。

マクラーレン「600LT」発売時期・価格

マクラーレン「600LT」は生産台数に限定数はありませんが、2018年10月から2019年10月までの期間限定モデルです。「600LT」は職人の手によって1台ずつ手作りで生産されます。
また、本体価格は日本円で約2780万円からとなっています。

マクラーレン「600LT」公式動画

マクラーレン公式YouTubeチャンネルでは3本の動画が公開されています。

まとめ

マクラーレン新型車の、「グッドウッドフェスティバルオブスピード」での公開まで残すところ約2週間となりました。本記事では今後もマクラーレン「600LT」についてご紹介します。

関連するキーワード


マクラーレン

関連する投稿


マクラーレンスポーツシリーズに 600LT投入!スパイダーも!最新情報

マクラーレンスポーツシリーズに 600LT投入!スパイダーも!最新情報

マクラーレンのスポーツシリーズに、新たに『600LT』が投入されました。スポーツシリーズで“LT”の名称を使うのは初めてのこと。本記事では、そんなマクラーレン600LTに関する情報をまとめました。スポーツカー好きな方、必見です。


あのマクラーレンが!2025年までに全車ハイブリッド化を予定

あのマクラーレンが!2025年までに全車ハイブリッド化を予定

マクラーレンオートモーティブ(McLaren)は、英国で開幕した「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、2025年までの中期経営計画「トラック25」を発表しました。 これによると、マクラーレンは全車ハイブリッド化を目指すとのこと。


究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

5月22日、マクラーレンの最高峰モデル・マクラーレンセナが日本初披露されました。「セナは公道も走れるレーシングカー。しかも究極の存在である」と同車のエンジニアリングデザインディレクターを務めたダン・パリー・ウィリアムズ氏はそう語っています。ちなみに、限定500台のセナはすでに完売とのことです。


【ジュネーブモーターショー2018】マクラーレン ハイパー GT最高速391km/h以上

【ジュネーブモーターショー2018】マクラーレン ハイパー GT最高速391km/h以上

マクラーレンオートモーティブは、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2018において、2019年に発売予定の新型スーパーカー、『ハイパー GT』(仮称)の最高速が、391km/h以上になると発表しました。この驚きのスーパーカーについて見ていきましょう。


「セナ」マクラーレンの新型スーパーカー!史上最強の800ps

「セナ」マクラーレンの新型スーパーカー!史上最強の800ps

英国のマクラーレンオートモーティブは12月10日、マクラーレン『セナ』を発表しました。このスーパーカーは、伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠した新型スーパーカーになります。


最新の投稿


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月19日更新】


【最新版】2019年以降発売が予測される三菱の新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測される三菱の新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されている三菱の新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。三菱が好きな方、必見です!


【11月発売!?】レクサスの新型コンパクトSUV UX 価格・スペック・発売日

【11月発売!?】レクサスの新型コンパクトSUV UX 価格・スペック・発売日

レクサスの最新コンパクトSUV、UXの発売が近づいてきました。UXは2018年11月ごろに発売と言われています。新型UXのスペック・価格・気になる日本発売日・デザイン・最新のエクステリア画像など、あらゆる観点からUXをまとめています。


お台場キャンピングカーフェア2018開催!10月20日・21日はお台場へ

お台場キャンピングカーフェア2018開催!10月20日・21日はお台場へ

お台場キャンピングカーフェア2018が開催されます。10月20日(土)、21日(日)にかけてお台場の野外特設会場(青海第二臨時駐車場)にて行われますよ!キャンピングカーが気になっていたという方はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。