目次へ戻る

「クルマ屋さんが選ぶ いいクルマ アワード」選ばれたクルマはズバリ!

「クルマ屋さんが選ぶ いいクルマ アワード」選ばれたクルマはズバリ!

自動車の修理・整備・販売等に携わる関係者が、日頃の作業や販売などを通じ「本当にいい」と考えているクルマを顕彰する「クルマ屋さんが選ぶ いいクルマ アワード」(主催・オートアフターマーケット連絡協議会)の受賞車が15日に発表された。同アワードは今回が初開催で、記念すべき大賞はトヨタ自動車の○○に決定した。


クルマ屋さんが選ぶ「いいクルマアワード」の受賞車が決定 !! 

自動車の修理・整備・販売等に携わる関係者が、日頃の作業や販売などを通じ「本当にいい」と考えているクルマを顕彰する「クルマ屋さんが選ぶ いいクルマ アワード」(主催・オートアフターマーケット連絡協議会)の受賞車が15日に発表されました。

同アワードは今回が初開催で、記念すべき大賞はトヨタ自動車の 『アクア』に決定しました。

アクア、おめでとう!!

クルマのプロ中のプロによる選定、特別賞にはCX-5!

選定資格を持つのは、自動車整備、車体整備、用品・部品販売、新車・中古車販売、ロードサービス、ガソリンスタンド、 カーディテイリング、保険など、クルマに深く関わっている“プロ中のプロ”。

そんな目の肥えた人々が「価格の割にいいクルマ」、「トラブルの少ないクルマ」、「リセールバリューの高いクルマ」 などの各部門ごとで、それぞれの視点から「いいクルマ」を選出。アンケートで回答しました。

アンケートは1月23日~2月28日に実施され、1691件の有効回答が集まりました。部門ごとに票数を集計した結果、トヨタ自動車のトヨタ・アクアに多くの支持が集まり、今回の受賞が決定した。また特別賞にはマツダの『CX-5』が選ばれました。

クルマ屋さんが選ぶ「いいクルマアワード」の受賞車が決定 !! プロの“おメガネ”にかなったクルマとは? | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2017/03/15/292153.html

「クルマ屋さんが選ぶ いいクルマ アワード」(主催・オートアフターマーケット連絡協議会)の受賞車が15日に発表された。同アワードは今回が初開催で、記念すべき大賞はトヨタ自動車の 「アクア」に決定した。

というわけで、いいクルマ、アクアについてまとめてみた

オレンジがまぶしいですね

アクアが発売されたのは、2011年。もう6年前になります。

トヨタ自動車が26日(2011年)に発表した新型ハイブリッドコンパクトカー『アクア』。ハイブリッドカーの兄貴分である『プリウス』『SAI』と同様、特定の販売店系列の専売モデルではなく、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4系列すべてで販売される。

アクアの魅力をご紹介!!

よくも悪くも、『アクア』に乗っているとなにもいらなくなる。「よく」というのは、足るを知るという精神から。これで本当に十分なのだ。「悪く」というのは、人間、満足しちゃうと成長しなくなるからである。

コンパクトなのに大人4人が十分ゆったりと乗れるパッケージ。ハイブリッドなのにこの価格。当然、燃費もいい。インテリアは、シフトレバーひとつ見ても、社内ライバルのヴィッツに比べれば数段格上の雰囲気をかもし出している。ハイブリッドならではの社内特典なのかも。

ラブライブ!トヨタ公式「痛アクア」が納車
(C)2013 プロジェクトラブライブ!

ラブライブ! トヨタ公式「痛アクア」が納車 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2014/05/11/222926.html

ラブライブ!公式販売痛車のトヨタ『86』に続き、コンプリートカー「国立音ノ木坂学院公用車」最後の1台となる『アクア』が東京トヨペットT:cuz昭島店にて納車された。

コンパクト車市場は2010年以降、様変わりした。日産の調べによれば、その名もA車が2010年にデビューすると、あっという間にブッチギリのトップに躍り出て、高値安定。『ノート』を含むライバルは、低値安定で推移しているからだ。

そのブッチギリのトップに君臨するのは、トヨタ『アクア』である。アクア登場以来、コンパクトカー市場の勢力図はすっかり変わってしまった。そしていつ、誰が、というかどのクルマがアクアを捉えるかが一つの焦点になる。

それ以上に嬉しいのがプリウスとはまったく別物ものの軽快感あるキビキビしたフットワーク、低重心感覚だ。おかげでボディサイズのコンパクトさもあって、燃費スペシャルなHVにもかかわらず、ステアリングを切るとスパッと曲がり、車体を手足のように操れる。そう、人車の一体感があるということだ。実燃費は雨の中の一般道で20~25km/リットルは軽く出た。

いかがでしたでしょうか。
調べれば調べるほど、アクアの魅力が出てきますね。

前々から気になっていた人もこの三連休を機に、アクアに乗車してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

都会ながらも未だに車両三両のみで運行し続けている「東急池上線」。その池上線にある池上駅が新しく生まれ変わります!リニューアルを記念して近年の池上線ニュースをまとめてみました。【11月21日更新しました】


日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

低燃費なコンパクトカーとして人気が高い、トヨタのアクア。6月にマイナーチェンジを行いました。そして11月、特別仕様車も登場しています。今回は改めて、アクアの性能・スペック・燃費・価格・中古価格についても見ていきます。


発表!”裏10ベストカー”(JCOTY非公認)

発表!”裏10ベストカー”(JCOTY非公認)

「第38回2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」ノミネート車の上位10台“10ベストカー”が8日、発表されました。という話しは、レスポンス本編を見ていただくとして、ここでは“10ベストカー”に漏れた車種の中から、“10ベストカー”に勝るとも劣らない10台、言うなれば”裏10ベストカー”を選んでみました。


日産車が消えた!10月度の新車販売台数ランキング

日産車が消えた!10月度の新車販売台数ランキング

10月、日産が完成検査員違反問題で3週間の出荷停止に追い込まれ、年末へ向けた繁忙期に深刻な影響が表面化しました。日産車の中で最も影響を受けたのはどの車種なのか、そして漁夫の利を得たのは?10月度の販売ランキングを読み解きます。


【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。本記事では10ベストカーについてまとめています。


最新の投稿


【オススメ】エキュート×クリスマスケーキ5選!貴方イチオシのケーキは?

【オススメ】エキュート×クリスマスケーキ5選!貴方イチオシのケーキは?

もうすぐクリスマス!彼女へのクリスマスケーキの準備は順調ですか?何、クリスマスケーキをどれにすればいいかわからない?そんな方でも大丈夫!今回はアクセスしやすく便利なエキナカオススメのクリスマスケーキたちを一挙ご紹介しちゃいます!!


コードネーム:カリナン!ロールスロイス初のSUV最新情報

コードネーム:カリナン!ロールスロイス初のSUV最新情報

あのイギリスのプレミアムブランド・ロールスロイスが手掛ける初のSUV。コードネーム「カリナン」の愛称で知られるSUVの姿を激写しました。今回はまだ謎に包まれているSUV・カリナンについてわかっている最新情報をまとめてお届けいたします!


冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

そろそろ冬がやってきます。氷点下になるような地域で自動車に乗っている場合、やっかいなのは、フロントガラスの凍結です。こちらの記事では凍結してしまったフロントガラスの霜取りを一瞬で解決する方法を紹介しています。


みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

都会ながらも未だに車両三両のみで運行し続けている「東急池上線」。その池上線にある池上駅が新しく生まれ変わります!リニューアルを記念して近年の池上線ニュースをまとめてみました。【11月21日更新しました】


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。