トップへ戻る

新型クラウンをモデリスタで更にスタイリッシュに!エアロの価格や詳細は?

新型クラウンをモデリスタで更にスタイリッシュに!エアロの価格や詳細は?

6月26日(火)にトヨタのプレミアムセダン15代目新型クラウンが発売されました。14代目の3仕様から今回はスポーティなデザインの1種類に統合されて購買層の若返りを図っています。そんな新型クラウンにモデリスタのクールなエアロが発売されました。新型クラウンを更にスタイリッシュに仕上げるモデリスタバージョンを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

6月26日(火)にトヨタのプレミアムセダン15代目新型クラウンが発売されました。

「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」の3仕様あったものが今回はスポーティなデザインの1種類に統合されて購買層の若返りを図っています。

そんな新型クラウンにモデリスタのクールなエアロが発売されました。
新型クラウンを更にスタイリッシュに仕上げるモデリスタバージョンを紹介します。

モデリスタとは?

モデリスタは、トヨタのカスタムブランドで、トヨタ車向けカスタマイズカーパーツの企画販売やトータルデザイン・販売をしているトヨタのグループ会社です。

1997年にモデリスタは市販標準車に対するユーザーの様々な要望を具現化させる組織として設立されて20周年を迎えました。

また今年2018年4月1日に会社名が株式会社トヨタモデリスタインターナショナルからトヨタテクノクラフト株式会社および株式会社ジェータックスと統合し、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントとなりました。

MODELLISTAの由来はイタリア語で『デザイナー』からきています。

ビジュアルアイデンティティは「ピストンとネジのイメージ」を表しており、クルマに関するエンジニアリングとデザインのプロフェッショナルを象徴しています。

モデリスタ初のコンプリートカーは?

モデリスタ初となるコンプリートカーは1997年に発表した「PX-01」です。
スポーティーな丸目4灯ヘッドライトや大型フォグランプ等、迫力のフルメタルフレアです

その後も様々なトヨタ車のカスタムパーツやコンプリートカーを作ってきてトヨタ車のモディといえばモデリスタというブランドを築いてきました。

最近では、人気SUV『C-HR』(SONIC EMOTION C-HR コンセプト)を発表しています。

真っ赤なC-HRがカッコイイエアロと相まって非常にカッコイイですね!

コンセプト凝縮、モデリスタ C-HR と ノア…東京オートサロン2018 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/14/304693.html

トヨタ車の上質かつ洗練されたドレスアップブランドであるモデリスタのデザインテーマは「ドレスアップ」と「ユーティリティ」。洗練された上質な内外装のパーツと、乗って使って楽しめるクルマを演出している。

15代目新型クラウン

月26日(火)にトヨタのプレミアムセダン15代目新型クラウンが発売されました。

14代目は「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」の3仕様あったものが今回はスポーティなデザインの1種類に統合されて購買層の若返りを図っています。

15代目クラウンではチーフエンジニアによると
・クラウン初となる6ライトウィンドーを採用、タイヤを70mm前出しすることにより、サイドシルエットは伸びやかで流麗なフォルムを実現。
・フロントはセンターの水平な押し出しとタイヤに巻き付くフェンダーの造形を用いて、ワイド&ローの引き締まった表情へ。
・リアコンビランプはヘッドランプと同じモチーフを用いシャープでエレガントな雰囲気を醸成
と今までと思い切ってデザインコンセプトを変えてきました。

マジェスタやロイヤルを廃止し「スポーティでエレガントなセダン」ということでアスリート寄りに1本化してきたのは勇気がいる変更だったのでは無いかと思います。

ちなみにクラウンの中でロイヤルからアスリートに流れるお客様が多く、すでに全体の60%がアスリートになっていたそうです。法人ユースもアスリート化されていてひとつにまとめて造り込むことで全体の成熟度も高まったのでないでしょうか。

昨年の東京モーターショーでの新型クラウンのコンセプトモデルも見ましたが、「これがクラウン?かなりスポーティになったなあ」という印象でしたが、市販モデルもほぼ変わらずスポーティなデザインで出てきたことを嬉しく思います。

【東京モーターショー2017】トヨタ クラウン コンセプト「ワールドプレミアムに通用するように」 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/10/26/301616.html

トヨタ自動車が東京モーターショー2017で初披露した『クラウン・コンセプト』のチーフエンジニアを務める秋山晃氏は「一番の目玉はクルマ自体の魅力アップ」とした上で、「ワールドプレミアムに通用する洗練されたデザインと走りの革新を目指した」と語る。

新型クラウンのモデリスタバージョン!

そんなスポーティな新型クラウンですが、モデリスタによって更に存在感をアップしてスポーティさを引き立ててくれるモデリスタバージョンが発表されました。

メッキパーツが、通常のメッキパーツに加えて、初採用となる『漆黒メッキ』が採用されていて、黒く深い輝きが特徴的な表面処理が施されています。

早速クラウンRSボディに装着されたエアロパーツを順番にご紹介いたします。

【MODELLISTA エアロキット】フロントウイングスポイラー/サイドスカート/リアスタイリングキット

フロントウイングスポイラー

サイドスカート

リアスタイリングキット

価格は塗装済:35万7480円 素地:33万1560円となっています。

価格の内訳は、
■フロントウイングスポイラー 64,800円
■サイドスカート 86,400円
■リアスタイリングキット 237,600円

とリアスタイリングキットが1番高価なエアロパーツとなっています。
ちなみにリヤスカートとスポーツマフラーのセットとなっていて、
標準装備のリヤバンパーを取り外し、加工しての装着となります。

正直少し高額に感じましたが、マフラー交換込ということであればこの値段も納得です。
リアバンパーはマフラーも交換するタイプとなっています。

マフラーの形状も個性的でよりスポーティさが引き立つ作りになっています。

この3点セットでよりスタイリッシュなデザインでスポーティさも引き立っています。

ちなみにG/S/Bのボディの方のリアスカートエアロパーツも標準装備のリヤバンパーを取り外し、加工しての装着となります。

標準装備のマフラーの加工と、延長パイプの装着が必要です。

マフラー出口のデザインも特徴的ですね!
こちらは81,000円です

クールシャインキット

フォグベゼルガーニッシュ/ミラーガーニッシュ/フェンダーガーニッシュのガーニッシュ3点セットです。

価格は6万9120円です。

ブラックとメッキのフェンダーガーニッシュによってよりスポーティーさがUPし、カッコよくなりますね。

【MODELLISTA WingDancer X】19インチアルミホイール&タイヤセット

最後は19インチアルミホイール&タイヤセット。

MODELLISTA WingDancer X〈スーパーブライトクローム×ポリッシュ〉&ミシュランパイロットスポーツ4Sです。

価格は39万9600円

ナット、センターキャップ、TPWSバルブまたはバルブ、アダプター、専用パターンキーが付属します。

やはり19インチホイールの存在感は素敵です。

乗り心地が少し心配ですが高級タイヤのミシュランパイロットスポーツ4Sを装着して静寂性、走りのバランスを高い次元で実現してくれそうです。

その他新型クラウンの詳しいモデリスタバージョンの豊富な画像を見たい方は以下をご覧ください

新型 クラウン モデリスタRSボディver. 高まる風格、その存在感に惹き寄せられる | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/img/2018/06/27/311267/1316390.fullscreen.html?from=tpthm

6月26日(火)に発表され、多くの注目を集めているトヨタのプレミアムセダンである15代目『クラウン』。「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」の3仕様が1車種に統合されてその変化に期待感が高まっている。

最後に

15代目の新型クラウンに対するトヨタの力の入れようが非常に強い印象を持ちます。

デザインもそうですが、プラットフォーム、最新のコネクティッドサービスなどトータルで非常に魅力的な一台になったのではないでしょうか。

今までは輸入車に流れているユーザー層も、この新型クラウンがでたことによって立ち止まり比較検討されるレベルまで質感が高まったのでは無いかと感じます。

このモデリスタバージョンのエアロ総額は80万円程となりますが、非常に完成度も高く、新型クラウンの存在感やスポーティさを上品にアップしてくれると強く思います。

新型クラウンを購入される方は検討されるとよいのではないでしょうか。

個人的には軽快でスポーティな走りが期待できそうな、ハイブリットではない2リッターエンジンモデルの新型クラウンを試乗してみたいですね。

その他新型クラウンに関してのまとめ情報は以下をご覧ください

【FMCは5年ぶり】トヨタ クラウン新型発売!最新情報まとめ

https://matome.response.jp/articles/1780

トヨタ自動車は6月26日、『クラウン』を5年半ぶりに全面改良し、発売しました。 今回、15代目となる新型クラウン。これまでと同様に国内専用モデルとしての位置づけは変わらないものの、目指したのは「世界中どこでも戦えるクルマ」とのこと。クラウン新型の最新情報をお届けいたします。

関連する投稿


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

トヨタの製造販売していたクロカンSUV、FJクルーザーは、国内での販売以前に2006年に北米で2008年にはメキシコ・中国で発売された後、2010年に国内販売がなされた車です。2018年の製造販売終了まで殆ど形を変えず販売されていました。今回はこのFJクルーザーについて見ていきます。気になる日本復活はあるのでしょうか。


N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

ホンダのNシリーズは現在4車種発売されています。N-BOX・N-WGN・N-ONE・N-VANです。それぞれが個性的で魅力溢れる車です。その中で今回は一番新しいN-WGNとN-WGNカスタムをご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。