目次へ戻る

日産ノート、セレナe-POWERモデル5万5千台が「P」で動き出すおそれ!改善対策へ。リコールとの違いは?

日産ノート、セレナe-POWERモデル5万5千台が「P」で動き出すおそれ!改善対策へ。リコールとの違いは?

日産自動車は7月26日付で、「ノート e-POWER」と「セレナ e-POWER」の減速機に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。対象となる車は2017年8月9日~2018年4月27日に製造された5万5206台となります。詳細と、リコールとの違いについても説明します。


はじめに

日産自動車は7月26日付で、「ノート e-POWER」と「セレナ e-POWER」の減速機に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。

対象となる車は2017年8月9日~2018年4月27日に製造された5万5206台となります。

詳細と、リコールとの違いについても説明します。

日産ノートe-POWERやセレナ5万5000台の改善対策届け出内容

国土交通省に改善対策を届け出た内容は日産「ノート e-POWER」および「セレナ e-POWER」の減速機の製造工程で、パーキングロックの作動確認検査方法が不適切なため、パーキングポールのシャフトが変形しているものがあるそうです。
対象となるのは2017年8月9日~2018年4月27日に製造された5万5206台となります

そのため、パーキングレンジでパーキングロックが作動する際にパーキングポールとシャフトの摺動抵抗が高くなり、パーキングロックが作動せず、最悪の場合、駐車ブレーキを掛けていないと車両が動くおそれがあるとのことです。

改善措置として、全車両、パーキングロックの作動確認を行い、作動不良があった場合は減速機を良品と交換する対策を実施するとのことです。

今回の不具合は18件が発生しており、事故は起きていないそうで、市場からの情報により発覚したそうです。

詳細は以下のとおりです。

商品名
ニッサン 
ノート 他
連絡先
日産自動車株式会社
お客さま相談室
TEL 0120-315-232
対応方法
(改善対策)548
■改善対策の内容
全車両、パーキングロックの作動確認を行い、作動不良があった場合は当該減速機を良品と交換する。
対応開始日
2018/07/27
対象の特定情報
ニッサン「ノート」 「セレナ」
(計2 車種)
(製作期間の全体の範囲)平成29年8月9日~平成30年4月27日
  改善対策対象車の車台番号の範囲
  「ノート」
   HE12-092936~HE12-178879
   平成29年8月9日~平成30年4月20日
  「セレナ」
   HFC27-000101~HFC27-007427
   平成29年12月27日~平成30年4月27日
   HC27-000101~HC27-001303
   平成29年12月27日~平成30年4月6日
(計 55,206 台)

公表行政機関

国土交通省
公表行政機関の掲載情報
備考
■不具合の部位(部品名)
減速機

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
減速機の製造工程において、パーキングロック(Pレンジにした際に車輪を機械的に固定するもの)の作動確認検査方法が不適切なため、パーキングポールのシャフトが変形しているものがある。そのため、Pレンジでパーキングロックが作動する際にパーキングポールとシャフトの摺動抵抗が高くなり、パーキングロックが作動せず、最悪の場合、駐車条件によっては駐車ブレーキを掛けていないと、車両が動くおそれがある。

※対象車の詳細については、以下のリンクから国土交通省の情報をご覧ください。

報道発表資料:改善対策の届出について(ニッサン ノート 他) - 国土交通省

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003056.html

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

リコール、改善対策、サービスキャンペーンの違いは?

今回は改善対策でしたが、よく聞くリコールやサービスキャンペーンとの違いについて調べてみました

リコール

リコール制度とは、設計・製造過程に問題があったために、自動車メーカーが自らの判断により、国土交通大臣に事前届出を行った上で回収・修理を行い、事故・トラブルを未然に防止する制度です。

リコールはディーラーなどで対応してもらわないと車検に通りません。
不具合が原因で道路運送車両の保安基準に適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態ということで放置すると事故につながるもっとも危険な状態です。

リコール届出があったときは、プレスリリースを行うとともに、国土交通省Twitter公式アカウントや、審査・リコール課Google+公式アカウントにおいて情報発信が行われています

プレスリリース一覧 - 国土交通省

http://www.mlit.go.jp/pressrelease.html

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

国土交通省 (@MLIT_JAPAN) | Twitter

https://twitter.com/mlit_japan

The latest Tweets from 国土交通省 (@MLIT_JAPAN). 国土交通省公式アカウントです。国土交通省ホームページの新着情報を中心に、 国民の皆さまにお知らせしたい情報を発信していきます。. 東京都千代田区

リコールの流れ

リコールの流れは以下のようになっています。

改善対策

改善対策とは、リコール届出と異なり、道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上看過できない状態であって、かつ、その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が、必要な改善措置を行うことをいいます。

車検自体は通りますが、そのまま放置しておいたら危ない状態です。

サービスキャンペーン

サービスキャンペーンとは、リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で、商品性・品質の改善措置を行うことをいいます。

車検は通りますがし放置しても事故には繋がりませんが無償ですし元々の設計ミスであったりもするのでできれば対応してもらったほうが良いと思います。
サービスキャンペーンっていうとちょっとオトクなイメージがありますがあまりありがたくはないですね。。

ということで
「リコール」>「改善対策」>「サービスキャンペーン」の順番で重要度が変わってくることを頭に入れておくと良いでしょう。

最後に

今回の改善対策ですが、該当車種で不具合が発生すると事故につながる恐れがあるので
点検のタイミングや何かのついでにでもできるだけ早めにディーラーにて確認されると良いのではないでしょうか。

不具合が見つかって報告された車両が18件で幸いまだ事故は起きていないのは何よりです。

対象車種は5万5000台ということで実際に作動不良となる該当車自体は少ないのかもしませんが、対策品の品切れは発注までに時間がかかる可能性もありますので購入されたディーラーに早めに確認されてみることをおすすめします。

ちなみに、以前記事にさせて頂いたステップワゴン、フリードの場合はリコール車種となり、既に物損事故も発生していますので該当車種の方は早めに対策されてくださいね。

【注意】ステップワゴン、フリード20万台リコール!物損事故2件も発生中

https://matome.response.jp/articles/1712

ホンダは5月31日、「ステップワゴン」「フリード」「フリード+」の計3車種に関して国土交通省にリコールを届け出ました。該当台数は20万台。不具合は142件発生、物損事故が2件起きているとのことです。タカタ製エアバックリコール情報も含めてリコールに関してまとめました。

関連する投稿


日産ムラーノってどんな車?ムラーノの中古車価格・スペックをご紹介

日産ムラーノってどんな車?ムラーノの中古車価格・スペックをご紹介

性能の良い車、見た目がカッコいい車なのに、なぜか日本では販売されていない車があり、その中の1つに日産の「ムラーノ」があります。今回はなぜムラーノが日本販売されていないのか?またムラーノの気になるスペックや内装を見ていきましょう。


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


【2020年度版】日産のNISMO一覧

【2020年度版】日産のNISMO一覧

数多くのモータースポーツに積極的に参加し、結果を残している日産NISMO。レースで技術を培いながら、一般ユーザー向けの市販車にもその技術が生かされています。今回は、そんな日産のNISMOについてご紹介します。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年4月1日更新しました)


【2020年度版】日産のスポーツ・クーペ一覧

【2020年度版】日産のスポーツ・クーペ一覧

国内大手のメーカーでありながら技術面で高スペックを誇る日産は、スポーツ・クーペ系の開発や販売等にも力を入れており、そのラインナップは充実しています。今回は日産のスポーツ・クーペについてお話します。


最新の投稿


【2020年度版】ポルシェのスポーツ・クーペ一覧

【2020年度版】ポルシェのスポーツ・クーペ一覧

ポルシェは、クルマ好きでなくてもその名を知らない人はいないというほど有名なドイツの自動車メーカーです。一般用の車のほか、モータースポーツ用の車両開発にも力を注いでいます。今回は、ポルシェのつくるスポーツ・クーペについて紹介します。


トヨタのステーションワゴン現行車種を紹介!

トヨタのステーションワゴン現行車種を紹介!

トヨタのステーションワゴンと言えば、昔はクラウンステーションワゴン、今はカローラフィールダーを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。今回は、トヨタのステーションワゴンの特徴と現行車種をご紹介したいと思います。


トヨタ アクア|気になる価格・燃費・内装・中古車情報

トヨタ アクア|気になる価格・燃費・内装・中古車情報

言わずと知れた自動車メーカートヨタから販売されているハイブリッドカーの新型アクア。環境に配慮されたコンパクトカーとなり、狭い道が多い日本で軽自動車よりちょっと大きい車が欲しいそんな方にピッタリな車となっています。そんな新型アクアの気になる燃費と内装について詳しくみていきましょう。


マツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」

マツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」

最近はアウトドアに行く車・ファミリーカーは?と聞くとSUVやミニバンと答える方が多いのではないでしょうか。しかし、少し前まではステーションワゴンが一世風靡していました。今回は、SUV・ミニバンブームの中でも健闘を続けるマツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」をご紹介します。


プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

ステーションワゴンとは一般的に車高が低くて2BOXの乗用車となり、アウトドアなどに行った際に車中泊するのに適しています。今回はプジョーから販売されている新型ステーションワゴン「508SW」に焦点を当てて見ていきましょう。