目次へ戻る

アウディSUVのトップモデル Q7 スペック 価格 試乗評価 まとめ

アウディSUVのトップモデル Q7 スペック 価格 試乗評価 まとめ

アウディのSUVの中でもトップモデルに位置しているQ7。本記事ではそんなQ7について情報をまとめています。スペック・新車価格・試乗評価・感想・70台限定のサムライモデル情報も。


アウディの最上級SUV Q7

アウディ Q7ってどんな車?

アウディ Q7は、2006年に発売され、約10年後の2016年3月に2代目モデルが発売されたSUVです。

また、Q7はアウディの現行のクロスオーバーSUVの中では最上級クラスのモデルであり、機能性はもちろんのこと、エクステリア、インテリアはモダンで高級感が漂います。

アウディ Q7 基本スペック

 
【アウディ Q7 2.0 TFSI quattro tiptronic】スペック表
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5070×1970×1735(ホイールベース:2,995mm)
室内寸法(長さ×幅×高さ)不明
車両重量2000 kg
最大乗車定員5〜7名
燃費JC08モード:12.6km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンターボチャージャー
トランスミッション8速ティプトロニックトランスミッション
総排気量1,984 cc
最高出力[kW/rpm]185(252) / 5,000-6,000 
最大トルク[Nm/rpm]370 / 1,600-4,500
燃料タンク容量75L
 
【アウディ Q7 3.0 TFSI quattro tiptronic】スペック表
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5070×1970×1735(ホイールベース:2,995mm)
室内寸法(長さ×幅×高さ)不明
車両重量2080 kg
最大乗車定員5〜7名
燃費JC08モード:11.7km/L
エンジン種類V型6気筒ガソリンスーパーチャージャー
トランスミッション8速ティプトロニックトランスミッション
総排気量2,994 cc
最高出力[kW/rpm]245(333) / 5,500-6,500
最大トルク[Nm/rpm]440 / 2,900-5,300
燃料タンク容量85L

アウディ Q7 エクステリア画像

アウディ Q7 インテリア画像

アウディ Q7 試乗評価・感想

まず、走りが軽い。とにかく軽い。ぐいぐいというより、ひゅんひゅん。そりゃ確かに試乗は一人で乗っていたけれど、この軽やかさなら7人乗車しても十分にいける。4WDの安定感、8速ATの滑らかさにも恐れ入るばかりである。

そして、大きさという魔物に凹む気分を一掃してくれるのがアラウンドビューモニターだ。車両を俯瞰で見るこの機能のほかに、バックビューモニターと、車両の前が見えるフロントビューモニターなど、いわゆる不安な「見えない部分」が、すべてつぶさにカーナビ画面に映し出される。

加速時のクルマの姿勢も良好。フロントを持ち上げるようなこともなく、フラットな姿勢を保った状態で加速してくれる。パワーの出方、サスペションの動き、4WDのトルク配分、さまざまな要素が入り交じってのこの結果だ。静粛性も抜群に高い。ここにアダプティブエアサスペションが加わったら、どこまでの乗り心地を示してくれるか興味津々。

1列目、2列目シートの快適性は文句なし。試乗車はオプションとして「7シーターパッケージ」が装着されていたので、サードシートが存在するが、これはさすがに狭い。大人が乗るにはちょっと無理がある。もちろん、ちょっと昼飯食いに行くのに使う程度ならありだが、このクルマに乗っていてちょっと昼飯食いに行く行動はあまりないだろう。

アウディ Q7 新車価格

アウディQ7の新車価格はそれぞれ、下記のようになっています。

【Audi Q7 2.0 TFSI quattro】 8,040,000円
【Audi Q7 3.0 TFSI quattro】 9,290,000円

アウディ Q7 限定モデル「サムライ」登場

アウディジャパンは、アウディSUVのトップモデル『Q7』(Audi Q7)に70台限定の特別仕様車「サムライエディション」を設定し、8月20日から発売を始めました。

ベースモデルは、最高出力333psを発生する3.0リットルV6スーパーチャージャーを搭載する上位グレードの「3.0 TFSI クワトロ」です。

専用ボディカラー「サムライグレーメタリック」に、カーボンスタイルパッケージやブラックルーフレール等を含むブラックスタイリングパッケージを組み合わせる。さらに研ぎ澄まされた刃を思わせる5スポークブレードデザイン21インチアルミホイールを装備し、全身をアスリートのように引き締めている。

最後に

本記事では、アウディの最上級SUV・Q7についてご紹介いたしました。

Q8の発売も控えており、ますますアウディのSUVから目が離せませんね。

Q8について知りたい方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


アウディ Q7 SUV

関連する投稿


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【2月14日更新】


【ジュネーブモーターショー2019】三菱のASX(RVR)改良新型 エクステリア刷新!

【ジュネーブモーターショー2019】三菱のASX(RVR)改良新型 エクステリア刷新!

三菱の人気SUV、ASX(日本名RVR)に2020年モデルが登場します。ジュネーブモーターショー2019にて世界初公開とのこと。今回の改良では、エクステリアデザインが大幅刷新されています。最新情報をまとめています。


【最新版】初心者必見!ベンツのSUV一覧 GLAからGLS 最新の新型情報も!

【最新版】初心者必見!ベンツのSUV一覧 GLAからGLS 最新の新型情報も!

いつか、憧れのメルセデスベンツに乗りたい。今購入するならやっぱりSUVだな。そんなことを考えているそこの貴方。メルセデスベンツのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなメルセデスベンツのSUVについて一覧にしてまとめてみました。


【ジュネーブモーターショー2019】君の名はカンガルー。電動ハイパーSUV爆誕

【ジュネーブモーターショー2019】君の名はカンガルー。電動ハイパーSUV爆誕

ジョルジェット・ジウジアーロ氏が率いるGFGスタイルは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、電動ハイパーSUV『カンガルー』(GFG Style Kangaroo)を初公開すると発表しています。カンガルーとはいったい…。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。