目次へ戻る

【スクープ】ホンダのコンパクト フィット次期型を激写!フィットとは

【スクープ】ホンダのコンパクト フィット次期型を激写!フィットとは

ホンダの主力コンパクト、フィットの次期型プロトタイプを激写しました。フィットの現行モデルは今3代目で、2013年から発売されています。本記事では新型フィットの最新情報に加え、改めてフィットについてまとめています。


【スクープ】ホンダのコンパクト フィット次期型最新情報

ホンダの主力コンパクト、フィットの次期型プロトタイプを激写しました。フィットの現行モデルは今3代目で、2013年から発売されています。本記事では新型フィットの最新情報に加え、改めてフィットについてまとめています。

ホンダ フィット 次期型 エクステリア画像

ホンダ フィット 次期型 大刷新!?期待のエクステリアは

捉えた4代目となる次期型プロトタイプですが、初期段階のため厳重なカモフラージュで包まれているものの、エクステリアは大刷新されることが予想されます。

まず目につくのは、フロントドアベンチ(三角窓)。

正三角形に近い現行型から、Aピラーの上部へ伸びる純角三角形となり、視界が大幅に向上しています。

また大円形プロジェクト・ヘッドライトの存在も。

さらにCピラーは厚みを持ち、テールライトは、リアウィンドウに沿って伸びる縦型から、ワイドな横型へ変更されているように見えます。

ホンダ フィット 次期型 パワートレインは?RSも設定されるか?

パワートレインも注目です。

1リットル直列3気筒ダウンサイジングターボを搭載し、最高出力128psのハイパワー。

さらにホンダの新世代ハイブリッドシステム「i-MMD」(2モーター方式ハイブリッド)を搭載し、出力アップや燃費性能の向上が見込まれています。

最高出力は、エンジンとモーターをあわせ合計145ps、燃費は45km/リットルを目指して開発が進んでいるそうです。

高性能モデル「RS」の設定も確実視され、こちらも1リットルターボの搭載が予想されています。

ホンダ フィット 次期型 ワールドプレミアは2019年後半?

ワールドプレミアは2019年後半のモーターショーが有力とされています。

【改めて知りたい】ホンダのフィットとは

フィットは、ホンダの主力コンパクトカーです。

トヨタのヴィッツ、日産のマーチと並んで「日本のコンパクトカー御三家」と言われたこともあります。

2001年に『ロゴ』後継車として初代がデビュー。

2007年に2代目へと移りボディが拡大。2013年に3代目となる現行モデルが発売されました。

海外向けは『ジャズ』としてグローバルに展開しています。

 
ホンダ フィット スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3955×1695×1525
車両重量1030~1,180kg
最大乗車定員5名
燃費ハイブリッド 29.4~37.2km/L
ガソリンエンジン:19.2~24.6km/L
総排気量1,496L
駆動方式FF/4WD

最後に

ホンダのコンパクトカー、フィット。最新情報をお届けいたしました。

生まれ変わったフィットを見られるのが、今から楽しみですね。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


ベンチシートって…?おすすめの軽自動車・外車・普通車も合わせて紹介

ベンチシートって…?おすすめの軽自動車・外車・普通車も合わせて紹介

車のベンチシートとはどのような形状のシートなのかの説明と、軽自動車、普通車、外車からベンチシートのおすすめ車種をそれぞれ3車種、特徴や新車・中古車価格などについてを紹介しています。ベンチシートの車の購入を検討している方は是非参考にしてみてください。


ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダが展開する海外向け高級車ブランド「アキュラ」。当記事では、アキュラから現行販売されている車種を一覧にて紹介すると共に、アキュラブランド立ち上げの背景や、ラインナップ車種の中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの米国部門は1月29日、新型『パスポート』(Honda Passport)の詳細を発表しました。米国ベース価格は3万1990ドル(約350万円)で、2月に販売を開始する予定です。日本未発売のため、あまり知られていないパスポート。いったいどんなSUVなのでしょうか。


ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)の詳細情報

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)の詳細情報

クリオ(Clio)は、フランスの自動車製造会社ルノー(Renault)の生産する小型乗用車です。1990年に発売され、日本でもルーテシアの名称で発売されています。現行モデルは4代目で2012年に発売されました。2017年にはマイナーチェンジが行われています。そんなルーテシア(クリオ)について本記事ではまとめています。いったいどのような車なのでしょうか。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。