トップへ戻る

BMW最上級SUV X7新型を発表!パワートレイン ボディサイズ スペック 価格は

BMW最上級SUV X7新型を発表!パワートレイン ボディサイズ スペック 価格は

BMWは最大級かつ最上級となる大型の新型SUVを発表しました。その名もX7。『X5』や『X6』の上に位置するSUVです。セダン並みのラグジュアリーさや広さを誇る新たなSUV、X7について最新情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMW最上級SUV X7新型を発表!パワートレイン ボディサイズ スペック 価格は

BMWは10月17日、新型フラッグシップSUV、『X7』(BMW X7)を発表しました。

X7は、BMWのSUV、「Xファミリー」において、『X5』や『X6』の上に位置する最上級のフルサイズSUVで、『7シリーズ』並みの広さやラグジュアリー性が追求されます。

BMW X7新型 エクステリア

BMW X7新型 グリルはBMW史上最大の大きさ!ボディサイズは

X7のエクステリアは、ブランド最上級SUVらしい堂々のデザイン。

とくにフロントグリルは大型で、BMWによると、グリルの大きさはBMW史上、最大になります。

ヘッドライトには、最新のLED技術が組み込まれており、「BMWレーザーライト」を装備した場合、照射距離は通常のLEDの2倍の600mに。

X7のボディサイズは、全長5151mm×全幅2000mm×全高1805mm。

ホイールベース3105mm。

この大きさは新型X5(全長4922mm、全幅2004mm、全高1745mm、ホイールベース2975mm)に対して、X7は229mm全長が長く、60mm背が高い。ホイールベースは130mm長い。

BMW X7新型 インテリア

X7のインテリアは大型ボディを生かし、3列シートを配置しています。

2列目は独立した座席も用意され、この場合、乗車定員は6名になります。

また、シートは細いベースで車両の床に固定する方式のため、後席の乗員は、シートの下に足を入れてくつろぐこともできます。

パノラマルーフも採用され、開放的な空間を生み出します。

BMW X7新型 パワートレイン

欧州仕様のエンジンは導入当初、ガソリン1機種、ディーゼル2機種を用意されています。

また、ガソリンは「xDrive40i」グレード。直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力340hp/5500~6500rpm、最大トルク45.9kgm/1500~5200rpmを発生。

トランスミッションは8速ATの「ステップトロニック」、駆動方式は4WDの「xDrive」。

xDrive40iグレードは車両重量が2320kgあるが、0~100km/h加速6.1秒、最高速245km/hのパフォーマンスを備えています。

BMW X7新型 BMWインテリジェントパーソナルアシスタント設定

X7には、「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を設定。これは、新世代の車載コネクティビティシステムで、ユーザーは運転中、「ヘイ、BMW」と呼びかけることにより、世界23言語に対応する音声アシストが起動します。

ユーザーが求めるさまざまな機能や情報に、安全にアクセスが可能です。

例えば運転中のドライバーに代わって、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントが、音声認識によって車両のナビゲーションシステムや空調をコントロール。

ドライバーが、「BMW、私は疲れている」と呼びかければ、ドライバーの眠気を覚ますために、音楽や空調を最適に調整してくれます。

また、人工知能(AI)とオープンモビリティクラウドを活用することにより、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントは性能を常に向上。ソフトウェアは定期的に、無線によるアップグレードを受けます。

BMW X7新型 BMWオペレーティングシステム7.0を採用

新開発となるオールデジタル式メーターパネルには、ナビゲーションの地図を表示するセクションだけでなく、個別に選択した内容の表示スペースが設けられます。

また、センターコンソールに組み込まれたコントロールディスプレイの表示は、シームレスかつ均一にデザインされており、直感的なタッチ操作が可能です。

それぞれリアルタイムで内容が表示される最大10種類の自由に構成可能なパッドが2~4個メインメニューに表示され、フラットなメニュー構造によってすべての設定や機能に素早くアクセス可能。

さらに、BMWオペレーティングシステム7.0では、ドライバーと車両の間のマルチモーダルインタラクションも改善。

ユーザーはiDriveコントローラー、タッチ操作、音声入力、ジェスチャーコントロールのいずれかを選択できます。

気になる!X7新型の価格は

まだはっきりとはわかっていませんが、X7は今までのBMWが手掛けてきたSUVのフラッグシップに位置するラグジュアリーSUVです。

ですので、少なくとも1000万円ほどの値段はするでしょう。

気になる!X7新型の発売日は?

発売日についてはまだ明らかにされていませんが、2018年10月発表ということで少なくとも2019年にはX7新型の姿を見ることができるのではないでしょうか。

最後に

BMWの最高級SUV、X7新型が登場です。

いったいどんな仕上がりになっているのか?気になる方はぜひご自分の目で確かめてくださいね!

関連するキーワード


BMW 車種情報 X7 SUV X6

関連する投稿


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


トヨタ ランドクルーザープラド|ランクルとの違いは?価格や燃費も紹介!

トヨタ ランドクルーザープラド|ランクルとの違いは?価格や燃費も紹介!

トヨタを代表するクロカンとして人気のランドクルーザーの派生モデルであるランドクルーザープラドについて紹介します。基本モデルであるランドクルーザーとの比較や、より日常の足としても使いやすい車に仕上がっている点などを紹介します。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。