目次へ戻る

プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

トヨタ自動車とダイハツ工業がペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売しました。近年のペダル踏み間違いによる事故を防ぐために後付け機能として用意したのは素晴らしいですね。当記事にて詳しく紹介しています。


トヨタ自動車とダイハツ工業がペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売しました!

近年のペダル踏み間違いによる事故を防ぐために後付け機能として用意したのは素晴らしいですね。

詳しく紹介します。

トヨタ「踏み間違い加速抑制システム」

まずはトヨタの「踏み間違い加速抑制システム」から紹介します。

トヨタの販売店にて後付け装着できる純正用品として、「踏み間違い加速抑制システム」を12月5日に発売しました。

近年、駐車場やコンビニなどで高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増えてきており、ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備への要望が多く今回の製品の発売に至ったとのことです。

後付け対応車種

まずは「プリウス」、「アクア」から販売を開始し、今後、対象車種を広げていくそうです。

「プリウス」の対象車は、2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデル
(G's、ウェルキャブ全車を除く)

「アクア」の対象車は、2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデル
(G's、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車を除く)

と新型車へ順次採用されている衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」などが搭載されてない旧型モデルを対象車種としているようです。

システムの仕組み

システムとしては超音波センサーと表示機が用意されます。

超音波センサー(前・後)

表示機はコンパクトでダッシュボード上に設置するタイプになります。

注意喚起の仕組み

本システムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起をします。

それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献するそうです。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制します

アクセル、ブレーキペダルの踏み間違いの衝突事故時の被害軽減に役立ちそうですね!

ダイハツ「つくつく防止(ぼうし)」

ダイハツも「つくつく防止(ぼうし)」の名称で同様のペダル踏み間違い時の急発進を抑制する後付け安全装置システムを発売しました。

ダイハツ車の約8割は衝突回避支援ブレーキ機能や、前後方誤発進抑制制御機能などが付いたスマートアシスト非搭載車なのですでに購入済みのお客様も含めより多くの方々に、安全・安心に外出することで元気な生活を送っていただきたい、交通事故による死傷者を一人でも少なくしたい、との思いから本装置の開発に至ったとのことです。

システムの仕組み

「つくつく防止(ぼうし)」は、車両前後に取り付けたソナーセンサーが前後方3メートル以内にある障害物を検知し、運転者がアクセルペダルを強く、速く踏み込んだ場合に、システムがペダル踏み間違いと判断。

コントローラーが燃料の供給をカットすることでエンジンの出力を抑制、室内に取り付けたインジケーターとブザー音により運転者に警告し、急発進を抑制する仕組みとなっているそうです。
また、ソナーセンサーで前後方の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備えています。

「パーキングセンサー機能」は私も愛車のN-BOXにオプションでつけましたが非常に便利で重宝しています。

対応車種は?タント(L375型[2WD]/L385型[4WD])のCVT車に搭載可能

まずは累計販売台数の多い、2007年12月に発売した2代目タント(L375型/L385型)に対応した装置を発売し、その後順次対応車種を拡大させるそうです。

ダイハツは2012年に軽自動車「ムーヴ」に初めて衝突回避支援システム「スマートアシスト」を導入拡大していき、現在は第3世代となる「スマートアシストⅢ」を、軽自動車、小型車に搭載しています。

衝突回避支援ブレーキ機能や、前後方誤発進抑制制御機能などを備えたスマートアシストの累計販売台数は2018年11月末現在で200万台を超えているそうです。

価格は?

トヨタの「踏み間違い加速抑制システム」の価格(税込・取付費別)は5万5080円です。

ダイハツの「つくつく防止(ぼうし)」は3万4560円。標準取付費込で5万9508円となっています。

システムとしては若干違っているようですが、ダイハツのほうが軽自動車用ということもあり少し安い値段設定になっているようですね。

トヨタの方は工賃入れるとプラス2~3万といったところでしょうか。
車種によっても変わってきそうですね。

オートバックスセブンの「ペダルの見張り番」

他ではカー用品販売大手のオートバックスセブンが昨年12月に『ペダルの見張り番』という同様のペダル踏み間違い事故を防ぐ目的で作られたアフターパーツを販売しています。

この『ペダルの見張り番』ですが発売から大人気で品薄状態が続いたほどの人気商品です。

ペダルの見張り番とは、比較的最近のクルマであれば取り付けが可能で、国産車100車種以上に適合するアイテムで電気的に車両を制御するのでアクセルが電子化されていれば問題なく取り付けができるそうです。

価格は取付工賃込で39,999円(税抜)で比較的買いやすい値段なのもいいですね。

自分で買うのも良いですが、両親や祖母祖父で車を運転している方へのプレゼントとしても素敵なアイテムだと思います。

最後に

最近の新車は衝突回避支援など事故が起こる可能性を減らしてくれる運転支援システムがどんどん標準採用されていっていますが、型落ちモデルや最新モデル以外には衝突回避支援のシステムは搭載されていないものがほとんどです。

車の買い替えサイクルも遅くなってきておりそういった車の方が高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故が多く発生していますので、後付の衝突回避支援のシステムが安価な価格で後付けオプションとして用意されるのは素晴らしいと思います。

ただこういったオプションを用意しても、実際に取り付ける人が増えるには少し時間がかかりそうですし、何かしら取り付け補助金などを用意したり、車検時に推奨するなど普及するためのアクションも今後用意されていくといいなと感じます。

トヨタ自動車とダイハツ工業に続いて他の自動車メーカーもこういったシステムを後付で用意していく流れになると良いですね。

関連する投稿


【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

みなさんはキイロビンについてご存知でしょうか。キイロビンは「油膜取りの代名詞」と言われるヒット商品です。 本記事ではキイロビンについて、そしてキイロビンで落とす油膜の説明をします。キイロビンの使い方や、キイロビンを使用した後に行うコーティングや、またコーティングを行わないと視界不良で事故を引き起こす可能性も!コーティング剤の種類、撥水と親水コーティングの違いについてもまとめています。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【3月18日更新】


【初フルモデルチェンジ】トヨタのアクア新型2019年12月デビューか

【初フルモデルチェンジ】トヨタのアクア新型2019年12月デビューか

トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』。このアクア新型に関する情報を入手しました。人気車であることはもとより、初のフルモデルチェンジということも相まって注目のアクア。アクア新型の変更点・発売日・スペックなど…。気になる最新情報をまとめています。


ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツのトールは、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。小型乗用車ではありながら、軽自動車と同等の取り回し、そして広い空間が売りの車です。また、トヨタのルーミーやタンク、スバルのジャスティは兄弟車にあたります。そんなトールの価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報等についてまとめています。コンパクトカー購入を迷っている方はぜひ。


ダイハツの軽トールワゴン&SUV キャスト 価格・ 試乗評価・燃費ほか

ダイハツの軽トールワゴン&SUV キャスト 価格・ 試乗評価・燃費ほか

ダイハツの軽、キャスト。キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発されました。軽トールワゴンタイプのキャストスタイルとキャストスポーツ、そしてSUVタイプのキャストアクティバという3タイプがあります。本記事ではそんなキャストについて価格・ 評価・燃費など様々な角度から見ていきます。


最新の投稿


ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。


セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

2019年の自動車税の支払い期間は2019年5月1(水)~5月31日(金)です。 自動車税の支払いをセゾンカードで行うことで1,000ポイント(5,000円相当)をゲットできるキャンペーンを見つけましたのでご紹介します。


【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

みなさんはキイロビンについてご存知でしょうか。キイロビンは「油膜取りの代名詞」と言われるヒット商品です。 本記事ではキイロビンについて、そしてキイロビンで落とす油膜の説明をします。キイロビンの使い方や、キイロビンを使用した後に行うコーティングや、またコーティングを行わないと視界不良で事故を引き起こす可能性も!コーティング剤の種類、撥水と親水コーティングの違いについてもまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザインは、ジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『ダ・ヴィンチ』(Italdesign DaVinci)を初公開しました。


レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。