目次へ戻る

プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

トヨタ自動車とダイハツ工業がペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売しました。近年のペダル踏み間違いによる事故を防ぐために後付け機能として用意したのは素晴らしいですね。当記事にて詳しく紹介しています。


トヨタ自動車とダイハツ工業がペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売しました!

近年のペダル踏み間違いによる事故を防ぐために後付け機能として用意したのは素晴らしいですね。

詳しく紹介します。

トヨタ「踏み間違い加速抑制システム」

まずはトヨタの「踏み間違い加速抑制システム」から紹介します。

トヨタの販売店にて後付け装着できる純正用品として、「踏み間違い加速抑制システム」を12月5日に発売しました。

近年、駐車場やコンビニなどで高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増えてきており、ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備への要望が多く今回の製品の発売に至ったとのことです。

後付け対応車種

まずは「プリウス」、「アクア」から販売を開始し、今後、対象車種を広げていくそうです。

「プリウス」の対象車は、2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデル
(G's、ウェルキャブ全車を除く)

「アクア」の対象車は、2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデル
(G's、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車を除く)

と新型車へ順次採用されている衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」などが搭載されてない旧型モデルを対象車種としているようです。

システムの仕組み

システムとしては超音波センサーと表示機が用意されます。

超音波センサー(前・後)

表示機はコンパクトでダッシュボード上に設置するタイプになります。

注意喚起の仕組み

本システムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起をします。

それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献するそうです。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制します

アクセル、ブレーキペダルの踏み間違いの衝突事故時の被害軽減に役立ちそうですね!

ダイハツ「つくつく防止(ぼうし)」

ダイハツも「つくつく防止(ぼうし)」の名称で同様のペダル踏み間違い時の急発進を抑制する後付け安全装置システムを発売しました。

ダイハツ車の約8割は衝突回避支援ブレーキ機能や、前後方誤発進抑制制御機能などが付いたスマートアシスト非搭載車なのですでに購入済みのお客様も含めより多くの方々に、安全・安心に外出することで元気な生活を送っていただきたい、交通事故による死傷者を一人でも少なくしたい、との思いから本装置の開発に至ったとのことです。

システムの仕組み

「つくつく防止(ぼうし)」は、車両前後に取り付けたソナーセンサーが前後方3メートル以内にある障害物を検知し、運転者がアクセルペダルを強く、速く踏み込んだ場合に、システムがペダル踏み間違いと判断。

コントローラーが燃料の供給をカットすることでエンジンの出力を抑制、室内に取り付けたインジケーターとブザー音により運転者に警告し、急発進を抑制する仕組みとなっているそうです。
また、ソナーセンサーで前後方の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備えています。

「パーキングセンサー機能」は私も愛車のN-BOXにオプションでつけましたが非常に便利で重宝しています。

対応車種は?タント(L375型[2WD]/L385型[4WD])のCVT車に搭載可能

まずは累計販売台数の多い、2007年12月に発売した2代目タント(L375型/L385型)に対応した装置を発売し、その後順次対応車種を拡大させるそうです。

ダイハツは2012年に軽自動車「ムーヴ」に初めて衝突回避支援システム「スマートアシスト」を導入拡大していき、現在は第3世代となる「スマートアシストⅢ」を、軽自動車、小型車に搭載しています。

衝突回避支援ブレーキ機能や、前後方誤発進抑制制御機能などを備えたスマートアシストの累計販売台数は2018年11月末現在で200万台を超えているそうです。

価格は?

トヨタの「踏み間違い加速抑制システム」の価格(税込・取付費別)は5万5080円です。

ダイハツの「つくつく防止(ぼうし)」は3万4560円。標準取付費込で5万9508円となっています。

システムとしては若干違っているようですが、ダイハツのほうが軽自動車用ということもあり少し安い値段設定になっているようですね。

トヨタの方は工賃入れるとプラス2~3万といったところでしょうか。
車種によっても変わってきそうですね。

オートバックスセブンの「ペダルの見張り番」

他ではカー用品販売大手のオートバックスセブンが昨年12月に『ペダルの見張り番』という同様のペダル踏み間違い事故を防ぐ目的で作られたアフターパーツを販売しています。

この『ペダルの見張り番』ですが発売から大人気で品薄状態が続いたほどの人気商品です。

ペダルの見張り番とは、比較的最近のクルマであれば取り付けが可能で、国産車100車種以上に適合するアイテムで電気的に車両を制御するのでアクセルが電子化されていれば問題なく取り付けができるそうです。

価格は取付工賃込で39,999円(税抜)で比較的買いやすい値段なのもいいですね。

自分で買うのも良いですが、両親や祖母祖父で車を運転している方へのプレゼントとしても素敵なアイテムだと思います。

最後に

最近の新車は衝突回避支援など事故が起こる可能性を減らしてくれる運転支援システムがどんどん標準採用されていっていますが、型落ちモデルや最新モデル以外には衝突回避支援のシステムは搭載されていないものがほとんどです。

車の買い替えサイクルも遅くなってきておりそういった車の方が高齢者をはじめとする運転者のペダル踏み間違いによる事故が多く発生していますので、後付の衝突回避支援のシステムが安価な価格で後付けオプションとして用意されるのは素晴らしいと思います。

ただこういったオプションを用意しても、実際に取り付ける人が増えるには少し時間がかかりそうですし、何かしら取り付け補助金などを用意したり、車検時に推奨するなど普及するためのアクションも今後用意されていくといいなと感じます。

トヨタ自動車とダイハツ工業に続いて他の自動車メーカーもこういったシステムを後付で用意していく流れになると良いですね。

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。