目次へ戻る

【煌めくプレミアムスポーツ】レクサス GS Fの詳細情報まとめ

【煌めくプレミアムスポーツ】レクサス GS Fの詳細情報まとめ

みなさんは、レクサスの「F」シリーズをご存知でしょうか。「F」はレクサスの高性能車部門であり、このFとはあの有名なサーキット、「富士スピードウェイ」の頭文字からきています。そんなレクサスのFシリーズ、本記事ではGS Fに迫ります。いったいどれほどのスペックなのでしょうか。


【煌めくプレミアムスポーツ】レクサス GS Fの詳細情報まとめ

そもそもレクサスの「F」シリーズって??

みなさんは、レクサスの「F」シリーズをご存知でしょうか。

「F」はレクサスの高性能車部門であり、このFとはあの有名なサーキット、「富士スピードウェイ」の頭文字からきています。

Fは、「究極の走り」を体現したと言われているLFA、そして「F」、その下に「F SPORT」という階級があります。

しかしながら、LFAは2012年に販売終了しており、実質TOPをとっているのはこの「RC F」と「GS F」の2車です。

本記事ではGS Fに迫ります。いったいどれほどのスペックなのでしょうか。

レクサスのスポーティーセダン!レクサスGS F情報

レクサス GS F とは

トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」が販売している「GS」をベースとしたスポーツモデル、レクサス・Fシリーズの一台、それがGS Fです。

「GS F」は、「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」という「F」のフィロソフィーを幅広く展開するために開発された4ドアスポーツセダン。

サスペンションは専用設計で、スポーツドライビング時の路面に吸い付くような高い操縦安定性と、一般道での快適な乗り心地を両立させています。

2015年11月より発売されており、「F」モデルの新型セダンの投入は、実に、2007年10月デビュー(2014年国内販売終了)の「IS F」以来、8年振りのこととなります。

パワートレインは「RC F」と共通のV型8気筒5.0Lエンジン「2UR-GSE」型を搭載。

2018年の5月には一部改良が行われ、走行中、見えにくい併走車の存在を知らせるブラインドスポットモニターを標準装備に変更しています。

レクサス GS F スペック(パワートレイン ボディサイズほか)

 
【レクサス GS F】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,915×1,855×1,440mm(ホイールベース:2,850mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,830kg
燃費JC08モード:8.2km/L
エンジン種類V型8気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)351kW(477PS) /7,100rpm
最大トルク(N・m/rpm)530N·m (54.0kgf·m) /4,800~5,600rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS (電子制御8速オートマチック)

【参考】レクサスGS 450hスペック

 
【レクサス GS 450h】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880×1,840 ×1,455(ホイールベース:2,850mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,860~1,820kg
燃費JC08モード:18.2km/L
エンジン種類V型6気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)217kW(295PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)356N·m (36.3kgf·m) /4,500rpm
タンク容量 66L
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス GS F 新車価格は

GS Fの新車価格は、11,185,000円です。

レクサス GS F 試乗記・試乗評価・感想

足回りは、サーキットを想定したチューニングにしては一般道でも快適さを保っていることに驚かされる。まさにしなやかという表現が適切だ。因みに足の締まり具合を変える可変ダンパーの類は装備されていない。それにしては一般道での乗り心地は大いによろしく評価できる。AMGやMと比べるとだいぶ安い価格設定だから、これはこれで有りだと思う。

今まで国産車にはなかったサーキットで思いっきり楽しめるスポーツセダンがついに登場したのは大きな出来事と言える。価格も1100万円と欧州のライバルと肩を並べる。気軽に買えるクルマではないが、そうしたクルマをトヨタが作り世に出したという事実自体が大きな評価に値する。

最後に

本記事では、レクサスGSの頂点、GS Fについてご紹介しました。

レクサスをもっと知りたいという方、GSについて詳しくなりたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

レクサスは1月に『LCコンバーチブル コンセプト』を発表しています。そして来る7月4日に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、出展されることがわかっています。気になる最新情報をお届けいたします!


【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

レクサスは5月30日、マイナーチェンジしたミドルサイズSUV『RX』を世界初公開、8月下旬(予定)に国内での販売を開始すると発表しました。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


名車 レクサス SC 歴代モデル| 歴史や特徴、中古車価格ほか

名車 レクサス SC 歴代モデル| 歴史や特徴、中古車価格ほか

高級車「レクサスSC」のルーツを知って今までより身近に感じましょう。買い替えを考えている方必見の内容にまとめてみました。これから購入を検討している方は是非ご覧ください。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


最新の投稿


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。


アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンが手掛ける2021年に発売予定の新型ミッドシップハイブリッドハイパーカー。このスーパーカーの車名を、『ヴァルハラ』(Aston Martin VALHALLA)に決定した、と発表しました。ヴァルハラとはいったいどんなモンスターカーなのか?気になる最新情報をまとめました。


マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

日本の自動車史の中でも存在感を放っている車の1つがマツダのファミリアです。ファミリアは今回はファミリーカーの代名詞として人気を博してきました。そんなファミリアについて、初代から9代目までの概要を説明します。そもそもファミリアとはどういう車であったのか、そして現在の中古車市場についても見ていきましょう。