目次へ戻る

フォルクスワーゲンで最もコンパクトなup!詳細情報まとめ

フォルクスワーゲンで最もコンパクトなup!詳細情報まとめ

フォルクスワーゲンが手掛ける、Aセグメントのハッチバック、up!。小さくてもフォルクスワーゲンらしさを忘れていないVWのこだわりと、エントリーモデルはなんと驚愕の約160万円~というお手頃価格なのも魅力の一つです。そんなup!について見ていきたいと思います。


フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック up!詳細情報まとめ

フォルクスワーゲンが手掛ける、Aセグメントのハッチバック、up!。小さくてもフォルクスワーゲンらしさを忘れていないVWのこだわりと、エントリーモデルはなんと驚愕の約160万円~というお手頃価格なのも魅力の一つです。

そんなup!について見ていきたいと思います。

フォルクスワーゲン up!(アップ)とは

up! GTI

フォルクスワーゲン up!(アップ)は、フォルクスワーゲンのラインアップの中で最も小さいサイズの車です。

2011年に欧州で発売され、2012年以降日本でも発売されています。2015年までフォルクスワーゲングループのデザイン責任者であったワルテル・マリア・デ・シルヴァがデザインを担当しています。デザインテーマが「シンプル&クリーン」というだけあって全体的にすっきりとしたシンプルな造りになっています。

軽自動車規格よりも一回り大きいボディサイズで、乗車定員は4名。2018年6月には、「up! GTI」が600台限定で発売されました。

フォルクスワーゲン up!(アップ)スペック

 
【フォルクスワーゲン up! moveup!】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,610×1,650×1,495mm(ホイールベース:2,420mm)
最大乗車定員4名
車両重量930kg
燃費JC08モード:22.0km/L
エンジン種類直列3気筒DOHC(4バルブ)
最高出力(kW(PS)/rpm)55kW(75PS) /6,200rpm
最大トルク(N・m/rpm)95N·m (9.7kgf·m) /3,000 - 4,300 rpm
タンク容量 35L
駆動方式FF
トランスミッション自動5段(前進)1段(後退)

フォルクスワーゲン up!(アップ)エクステリア画像

VW high up!

VW high up!

VW high up!

VW high up!

フォルクスワーゲン up!(アップ)インテリア画像

VW high up!

VW high up!

VW high up!

フォルクスワーゲン up!(アップ)安全性能

フォルクスワーゲンは、「安全性能は、すべてに優先する」という、Volkswagenオールイン・セーフティの信念を掲げており、もちろんup!にも世界トップレベルの安全技術を標準装備しています。

予防安全・衝突安全・二次被害防止の3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を搭載しています。

フォルクスワーゲン up!(アップ)試乗記

まずはこのクルマをVWとして見た場合、コンパクトでどんなに高くても200万円を切る価格設定。安いモデルだと158万7000円から手に入る。これなら軽自動車を買う懐でVWが買える、となってすわっ販売店に!となる人もいるかもしれない。確かに75psの1リットル3気筒エンジンは、走り方のコツさえつかめば、やはり軽自動車では味わえない大胆な加速も体感できるし、何よりしっかりとしたシャシーと骨格によって、圧倒的に軽自動車よりもどっしりした走行フィーリングを満喫することが出来る。

やっぱりVWブランドだよなって話になり、山椒は小粒でもピリリ、なわけだが、350kmほど走った後の燃費はと言うと、これが12km/リットルそこそこ。えっ?軽と同じように行かないの?12km/リットル?という話になる。運転が下手だから?いえいえ、ごく普通に走りました。省燃費運転はしていないけど…。それに燃料はハイオク。じゃあランニングコスト高いじゃん…って話になってコリャ駄目だと。

up!をおススメできるカスタマー像としては、MT車に乗り慣れた人、内外装の見栄えを飾るコストを削ってでもシャシーにお金を回すような一点豪華主義的コンパクトを好む人、とにかく欧州車の入門モデルに乗ってみたい人などが挙げられる。

フォルクスワーゲン up!(アップ)新車価格

VWのup!気になる価格はどうでしょうか。

move up!(2ドア)が159万9000円。

move up!(4ドア)が179万9000円。

high up!(4ドア)が197万4000円です。

全て200万円を切る価格設定なのは、嬉しいですね。

関連する投稿


VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

フォルクスワーゲンは2月6日、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)を欧州で発表しました。セダンとワゴンの『パサート・ヴァリアント』が、同時に発表されています。


【ジュネーブモーターショー2019】VWデューンバギーが電動で復活

【ジュネーブモーターショー2019】VWデューンバギーが電動で復活

フォルクスワーゲンは1月31日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『デューンバギー』(Volkswagen Dune Buggy)を初公開すると発表しています。みなさんはこのデューンバギー、ご存知でしたか?


フォルクスワーゲンの7人乗りミニバン!シャランとは

フォルクスワーゲンの7人乗りミニバン!シャランとは

フォルクスワーゲンの車と言えば?ビートルに、ティグアン、ゴルフ…。と色んな車種名が浮かぶかと思います。それではみなさん、「シャラン」をご存知でしょうか。シャランとは、1995年から発売されているミニバン(MPV)です。現行モデルは2代目で、2010年より発売されました。日本発売は2011年。シャランについて見ていきます


【発売は2019年頃!?】VWのロングセラー!ゴルフ新型最新情報

【発売は2019年頃!?】VWのロングセラー!ゴルフ新型最新情報

VWの人気車種、ゴルフ。そんなゴルフですが、来年の2019年にはモデルチェンジを控えています。8世代目となる新たなゴルフ。いったいどのような仕様になっているのでしょうか。


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。