目次へ戻る

世間一般に「サンデードライバー」は悪なのか?言葉の意味と思いやりについて

世間一般に「サンデードライバー」は悪なのか?言葉の意味と思いやりについて

たまの休日にしか車の運転をしないドライバーを「サンデードライバー」と総じて表現しますが、同単語=「悪い意味」メインとして利用されていることに疑問を感じ記事にさせて頂きました。主観によるところも大きいと思いますがご了承下さい。


サンデードライバーという言葉の意味

悪質な「あおり運転」などの報道が何故耐えないのか?

についてを考え、記事の作成、構成を練っていた中で「サンデードライバー」という単語がいくつかの情報の中に散見されました。

そもそもサンデードライバーという単語の意味は、三省堂 大辞林(第三番)では「休日だけ自動車の運転をする人。また、そのために運転技術の未熟な人。」と定義され、小学館 デジタル大辞泉では「(平日は鉄道などの公共交通機関を利用し)休日だけ自動車を運転する人。」と定義されています。

筆者個人もサンデードライバーと認識

あまり興味はないと思いますが筆者個人も年に3~5回程度しか車に乗らないサンデードライバーで、今現在も年末年始などの長期休暇を除けば週に1度程しか車の運転はしていません。

個人の認識ですが、サンデードライバーの言葉の意味は後者のイメージしか持っていませんでした。
が、どうやら世の中は前者である「そのために運転技術の未熟な人」の比重を重くし解釈している方が多いのだろうと感じました。

単なる言葉の意味や捉え方の違いではあるのですが、大手メディアまでもが「サンデードライバー=邪魔・危険」のような論調で記事を公開しているものもあったため、少々疑問を感じながら執筆させて頂きました。

そもそも都心部に住んでると多くの人がサンデードライバーなのでは?

公共の交通機関が発展している都心部に在住している場合、電車などでの通勤がメインとなるのは必然的な話。

そうなるとマイカーを持っていようがなかろうが、多くの方がサンデードライバーになるのでは無いか?と個人の見解ではあるのの思っていたわけです。

しかし、グーグルで「サンデードライバー」と検索すると有名メディアですら「サンデードライバーはこういう特徴を持っているから気をつけて」に近しい論調の記事が上位に掲載されています。

それを見て感じたのが「いやいやいやいや、何故サンデードライバーがそうだと決め付ける??」という点。

確かにたまの休日にしか車の運転をしない人と平日も含め普段から車での移動が多い人と比べ、他者から見て「不慣れに見える運転」をするのは所謂サンデードライバーに多いのかもしれません。

だがしかしです。

「追越車線を走り続ける」や「ウィンカーを付けない」等の行為をしている中に、サンデードライバーがどれだけ居るのだろうか?そこがそもそも甚だ疑問なのです。

とはいえ世間的には邪魔者扱いされていることが多い

上記のようなことを思っていたわけですが、前段でも触れてた通り世間一般的にはサンデードライバー=邪魔者という認識が強いようです。

無料でも見れるデータのため掲載しますが、インターネットにて「サンデードライバー」と検索したときに出てくるサジェストキーワードは下記のようになっています。

迷惑
車選び
バッテリー
特徴
走行距離
邪魔
事故
高速
渋滞
煽り
あるある
危ない
イライラ
うざい
ウインカー
運転 下手

車の運転に関連するキーワードのみを並べていますが、なんと悲しいことか…。

そもそも「サンデードライバー」という単語を検索する人の割合は全然多くないのですが、そこから派生するキーワードが上記の羅列…。

そしてTwitterで同単語を検索しても出てくるのは9割近くは批判的ツイート…。

言いたいこと全てがわからない訳でもありませんが、過激な意見ばかりが目に付きます。

運転頻度が高い=ルールを遵守している・マナーが良いのか?

地方出身である筆者個人も、昔は平日休日問わずに車の運転をしていました。

しかし、平日だからといって上記で挙げたようなルール無視やマナーの悪い運転をする車が居なかったのかというと答えは完全に「NO」で、平日であっても何度も見かけた光景です。

休日に交通量が増えるのは当たり前であり、運転頻度が高いドライバーの中にもマナーを守らない・他の迷惑を考えないドライバーが居るわけですから、交通量が増えればそういった光景に出くわす確率も単純に増えるのでは?と考えています。

自己弁明や過大評価、過信をするわけではありませんが、運転頻度が少ない筆者個人の運転中の信条は「他者を不安・不満・不信にさせない」です。他者とは同乗者であったり、歩行者、他ドライバー全てに対してです。

ルール違反・マナーが悪い運転はもちろんNG

そもそもの道路交通法を始めとした法律に違反する運転・行為や、他者に迷惑をかけるような行為は言語道断で排除していくべきと考えています。

話が散らかり気味ではありますが、「サンデードライバー」は他人に迷惑をかける。

という発想になるのではなく、運転頻度の高いドライバーの中にもルール無視・マナー違反を犯す、または技術が高くないドライバーは居るというのを認識し、せめて「自分だけはそうならないようにしよう」、と心がけて欲しいと切に思います。

本当に「思いやり」をもって運転して欲しい

車というのは人の命を簡単に奪うことが出来る乗り物です。

一般的に、自身の家族や大切な人が危険な目にあうことを良しとする人は居ないと思います。

それと同様に、他者にも思いやりをもった運転を心がけていれば悲惨な事故・事件はもっと減らせるはず。

煽り運転による事件・事故は何故減らないのか?という疑問から生まれた、サンデードライバーという言葉の捉え方に対しての違和感。話の着地点もそろそろ危うくなってしまいましたが、本当に願うことは、

「思いやり」をもって運転して欲しい。

ということです。

運転技術が拙いドライバーが居るのは仕方のないことだと割り切り、マナー良く、ルールを守れるドライバーの皆様は、それを割り切り「思いやり」を持ち、「自分だけが良ければ良い」という考えを減らしていければもっと良い交通社会が成り立つはずです。

そして、それは運転技術が拙いドライバーにも言えることですし、運転頻度が少ない方にも言えることで、全てのドライバーの方々に持って頂きたい感情です。

JAFの思いやりティ ドライブ

「思いやり」という点で是非見ていただきたいのが、JAFにて展開されている「思いやりティ ドライブ」というプロジェクトです。

JAF 思いやりティ ドライブ(Omoiyalty Drive) 【優しい運転で、みんなが笑顔に。】

https://omoiyalty.jp/

街をゆく全てのクルマが思いやりいっぱいだったら、もっと素敵な交通社会が成り立つはず。そんな想いをみんなで叶える思いやりのプロジェクト。あなたも一緒に「Omoiyalty Drive (思いやりティ ドライブ)」はじめませんか?

以前も別記事にて紹介しているプロジェクトですが、もっともっと多くの人に見て欲しいと思えるプロジェクトです。

「私の交通マナー体験談」として思いやりドライバー、迷惑ドライバーのツイートを掲載していたり、他にも多数交通マナーについてを考えさせられるコンテンツが多数掲載されていますので是非ともチェックしてみてください。

最後になりますが、不可解な動きをする車や、車間距離を詰めてくる車、追越車線を走り続けてたりウインカーを出さなかったりとルール遵守すらしない車は一定数存在します。

運転頻度が高かろうが低かろうがです。

イラっとしてしまうのは仕方のないことですが、「ヘタクソ!」だの「サンデードライバーだからだ!!」等とただ感情的になるのではなく、そういったドライバーは居るから自分だけはちゃんとしよう。という精神で運転し、思いやりをもって欲しいと切に願います。

最後まで読んでいただいた方に、少しでも共感して頂ければ幸いです。
(話が散らかっているため自信ないですが・・・)

交通ルール・マナーに関する記事|カーナリズム

https://matome.response.jp/keyword/978

交通ルール・マナーに関する情報は上記リンクよりご覧頂けます。

関連するキーワード


交通ルール・マナー

関連する投稿


 交通刑務所に行くとどうなってしまうのか

交通刑務所に行くとどうなってしまうのか

車を持っている人ならば、万に一つは入ることがあるかも…!?な交通刑務所。この記事では交通刑務所がいったいどのような場所なのか、入所への基準や刑期、面会について、また、刑務所内での生活や食事についての説明のほか、女性特有の生活についても併せてご紹介します。


当たり屋とは? 対処方法や、おススメドラレコを3選紹介~対策編~

当たり屋とは? 対処方法や、おススメドラレコを3選紹介~対策編~

「当たり屋」という言葉を聞いたことがあると思います。どのような行為が当たり屋にあたるのでしょうか。そこで、当たり屋の被害者になったときの対処方法や、ドライブレコーダー(=ドラレコ)の普及により車から人へ「当たり屋」が変化している現状を解説します。さらに、おススメのドライブレコーダーを3つ紹介することで「当たり屋対策」をしていきます。


人身事故を起こしてしまったら?罰金や点数、免停などの情報まとめ

人身事故を起こしてしまったら?罰金や点数、免停などの情報まとめ

もし人身事故を起こしてしまったらどうなってしまうのでしょうか?人身事故の罰金や点数、免停や免許取り消しになってしまうのかなど、人身事故に関する情報を解説していきます。


免許取り消しになる点数や期間、講習から再取得の方法について徹底解説

免許取り消しになる点数や期間、講習から再取得の方法について徹底解説

交通事故や道路交通法違反を起こし免許取り消し(免取り)になる点数や欠陥期間、事故、違反後の通知から取消処分者講習の内容、再取得の方法について等をわかりやすくまとめて掲載しています。


【免許証の不携帯】違反時の点数や罰金は?事故が起きた時は?罰則の全て

【免許証の不携帯】違反時の点数や罰金は?事故が起きた時は?罰則の全て

無免許運転ではなく、運転する時に免許証を持っていない「免許不携帯」。無免許との違いについてや違反時の点数や反則金・罰金などについてや、事故を起こしてしまった場合等についてを掲載しています。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。