目次へ戻る

追越車線を走り続けるのは違反!追いつかれた車両にもある「義務」とは?

追越車線を走り続けるのは違反!追いつかれた車両にもある「義務」とは?

高速道路での利用頻度も高い追越車線ですが、追越車線を走り続けるのは交通違反となります。また、定められた法定速度内で走行中、後続車に追いつかれた車両には「追いつかれた車両の義務」というものが存在します。本記事では、2つのルールについて根拠となる法律や、交通違反点数、反則金をご紹介します。


追越車線を走り続けると「通行帯違反」として違反の対象

自動車は追越車線を走り続けると「通行帯違反」として違反の対象になるのはご存知でしょうか。

知っていると言う方ももちろん多くいらっしゃると思いますが、長距離移動など高速道路を利用した際「知らなかった」で、違反となってしまっては元も子もありません。

下記では、違反となる道路交通法や、警察からの取締に基準はあるのかなどをご紹介します。

まず、追越車線を走り続けると「通行帯違反」になるのは、下記に引用した道路交通法第20条の前提を理解しておく必要があります。

(車両通行帯)
第二十条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。
2 車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。
3 車両は、追越しをするとき、第二十五条第一項若しくは第二項、第三十四条第一項から第五項まで若しくは第三十五条の二の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第三十五条第一項の規定に従い通行するとき、第二十六条の二第三項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第四十条第二項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。
(罰則 第百二十条第一項第三号、同条第二項)

道路交通法第20条には、

自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

と記載があり、自動車は3車線が設けられている場合であっても、最も左側や中央の通行帯を走行することが大前提です。右側の追越車線は、あくまでも「速度に応じて準備されたもの」であるため追越車線を走り続けるのは「通行帯違反」による道路交通法違反であるといえます。

「通行帯違反」にあたらないのは、道路交通法第20条3項に記載されている
・ 緊急自動車に道を譲るとき
・ 道路の状況、その他によりやむを得ないとき

上記の場合は追越車線を継続して走ることが許されています。

※トラクターや、フォークリフト、小型雪かき機などが当てはまる小型特殊自動車と道路標識等によつて指定された自動車は追越車線を使用することができません。

高速道路での違反件数 意外と多い「通行帯違反」

しかし、その「道路交通違反」ですが、内閣府が発行している交通白書によれば、高速道路で2番目に多い交通違反なのです。

平成28年 高速道路における交通違反取締り件数

 
平成28年 高速道路での違反取締り件数 内閣府 交通安全白書より抜粋
違反内容取締り件数
最高速度違反398,345(71.1%)
車両通行帯違反67,890(12.1%)
車間距離不保持6,690(1.2%)
積載違反837(0.1%)
無免許、無資格運転788(0.1%)
酒酔い、酒気帯び運転326(0.1%)
駐・停車違反71(0.0%)
その他85,186(15.2%)

高速道路での交通違反の取締り上位は

1. 最高速度違反 398,345件(71.1%)
2. 通行帯違反 67,890件(12.1%)
3. 車間距離不保持 6,690件(1.2%)

となります。

「速度違反」による取締りが圧倒的に1位となっていますが、「通行帯違反」に関しても、非常に多くのドライバーが取締対象になっていることが分かります。

では、「通行帯違反」で取締を受けることがないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

どの位続けて走ると取締対象?取締を避ける走り方は?

高速道路では「通行帯違反」で取締を受けることが多いことがお分かり頂いた上で、追越車線をどの位続けて走ると取締対象になるのか、取締を避けるための走り方をご紹介します。

結論から言うと、「通行帯違反」の取締には明確な距離や走行時間に関する基準はありません。「通行帯違反」の取締を行うかどうかは警察官の判断に委ねられているため、追越車線をどのくらいの距離や時間続けて走ると取締対象になるかといった基準は存在しません。

一般的には、「追越車線を2km続けて走っていると通行帯違反で取締りを受けやすい」といわれていますが、2km未満の走行でも取締を受けたといった意見がネット上にみられました。「2km」といった情報はあくまで参考としてお考え下さい。

出典:交通事故に直結する高速道路上の主な交通違反~リスクを知って安全運転~

また、取締を受けないための走り方ですが、警察庁の高速道路に関するWebページでは「追越が終わったら速やかに走行車線に戻ること」が推奨されています。

通行帯違反の交通違反点数・反則金・罰金

こちらでは、もしも「通行帯違反」で取締を受けてしまった場合の交通違反点数や反則金、罰金についてご紹介します。

交通違反点数…1点

「通行帯違反」は1点の加算となり、いわゆる青切符(青キップ)と呼ばれる、交通違反切符が渡されます。

反則金…普通車で6000円

「通行帯違反」には交通違反通告制度に基づいて、反則金が科されます。反則金の金額は以下の通りです。

大型車…7,000円
普通車…6,000円
二輪車6,000円
小型特殊車…5,000円
原付車…5,000円

交通違反通告制度に基づき、反則金を支払えば罰金を支払う必要はありません。交通違反通告制度についての詳しい説明は下記の記事をごらんください。

罰金…反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金

「通行帯違反」で、反則金を支払わなかった場合は道路交通法第120条を根拠に5万円以下の罰金が科されます。

第百二十条 次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
(中略)
三 第二十条(車両通行帯)、第二十条の二(路線バス等優先通行帯)
(中略)
の規定の違反となるような行為をした者

【知ってますか?】走行車両を走り、追いつかれた車両にも”義務”がある。

これまで追越をする場合の「通行帯違反」についてご紹介しましたが、実は追いつかれた車両にも交通規則があることをご存知でしたか?意外と知られていない、「追いつかれた車両の義務」とは何か、交通違反の根拠となる法律についてご紹介します。

「追いつかれた車両の義務」とは?

聞きなれない「追いつかれた車両の義務」とは何でしょうか?「追いつかれた車両の義務」の詳細は、道路交通法第27条に記載されています。

(他の車両に追いつかれた車両の義務)
第二十七条 車両(道路運送法第九条第一項に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第五条第一項第三号に規定する路線定期運行又は同法第三条第二号に掲げる特定旅客自動車運送事業の用に供する自動車(以下「乗合自動車」という。)及びトロリーバスを除く。)は、第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度(以下この条において「最高速度」という。)が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。
2 車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第十八条第一項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。
(罰則 第百二十条第一項第二号)

道路交通法第27条「追いつかれた車両の義務」を分かりやすくすると、
・法で定められた最高速度が高い(速い)車に追いつかれた場合、速度を上げ追越を妨害してはいけません。
・法で定められた最高速度が同じ、もしくは低い車両に追いつかれた場合も同様です。
・車両通行帯の無い(1車線の道路)道路で追いつかれた場合は、出来る限り左端に寄り、譲ってください。

という意味です。

追いつかれた車両の義務は、追いつかれた車が競うようにスピードを上げ、事故を起こすのを防いでいる法律といえます。

これらの禁止事項・義務を怠り、追いつかれても道を譲らず後続車の走行を妨げることは「追いつかれた車両の義務違反」と判断されます。

※路線バスに代表される乗り合いバスにはこれらの義務から除外されるためり、「追いつかれた車両の義務」は適用範囲外です。

追いつかれた車両の義務違反の罰則・交通違反点数・行政処分

「追いつかれた車両の義務違反」と判断された場合は、道路交通法27条の違反にあたり、
・交通違反点数の加点
・反則金の支払い
があります。

交通違反点数…1点

「追いつかれた車両の義務違反」は1点の加算となり、いわゆる青切符(青キップ)と呼ばれる、交通違反切符が渡されます。

反則金…普通車で6000円

「追いつかれた車両の義務違反」には交通違反通告制度に基づいて、反則金が科されます。反則金の金額は以下の通りです。

大型車…7,000円
普通車…6,000円
二輪車6,000円
小型特殊車…5,000円
原付車…5,000円

交通違反通告制度に基づき、反則金を支払えば罰金を支払う必要はありません。交通違反通告制度についての詳しい説明は下記の記事をごらんください。

罰金…反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金

「追いつかれた車両の義務違反」で、反則金を支払わなかった場合は道路交通法第120条を根拠に5万円以下の罰金が科されます。

第百二十条 
次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
(中略)二項 第二十七条(他の車両に追いつかれた車両の義務)

まとめ

いかがでしたか?本記事では、追越車線を走りつづけることは「通行帯違反」にあたること、追いつかれた際の「追いつかれた車両の義務」に関してご紹介しました。どちらもあまり知られていない交通ルールですが、しっかりと守り安全運転を心がけましょう。

関連するキーワード


交通ルール・マナー

関連する投稿


人身事故を起こしてしまったら?罰金や点数、免停などの情報まとめ

人身事故を起こしてしまったら?罰金や点数、免停などの情報まとめ

もし人身事故を起こしてしまったらどうなってしまうのでしょうか?人身事故の罰金や点数、免停や免許取り消しになってしまうのかなど、人身事故に関する情報を解説していきます。


免許取り消しになる点数や期間、講習から再取得の方法について徹底解説

免許取り消しになる点数や期間、講習から再取得の方法について徹底解説

交通事故や道路交通法違反を起こし免許取り消し(免取り)になる点数や欠陥期間、事故、違反後の通知から取消処分者講習の内容、再取得の方法について等をわかりやすくまとめて掲載しています。


【免許証の不携帯】違反時の点数や罰金は?事故が起きた時は?罰則の全て

【免許証の不携帯】違反時の点数や罰金は?事故が起きた時は?罰則の全て

無免許運転ではなく、運転する時に免許証を持っていない「免許不携帯」。無免許との違いについてや違反時の点数や反則金・罰金などについてや、事故を起こしてしまった場合等についてを掲載しています。


運転記録証明書とは?必要性から発行方法や場所・内容や委任可能?徹底解説

運転記録証明書とは?必要性から発行方法や場所・内容や委任可能?徹底解説

安全運転を書類上で確認ができる運転記録証明書。でも実際に使ったことがある人はあまり多くないのかもしれません。今回は発行、発行できる場所・取得方法や手数料、委任状での発行は可能なのか等、全て解説していきます。


高齢者マークって何歳から必要?義務?任意?関連情報をわかりやすく解説

高齢者マークって何歳から必要?義務?任意?関連情報をわかりやすく解説

70歳からドライバーが着けるとされいる「高齢者マーク」、正式名称を「高齢運転者標識」といいますが、高齢者マークの装着は義務なのか任意なのかという疑問から、つけずに運転した場合に違反となるのかや、高齢者マークをつけている車に幅寄せをした場合の罰則、貼る場所やどこで販売しているかについて等をまとめて掲載しています。


最新の投稿


【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

ガソリンスタンドと言えば、給油で使う人が圧倒的に多いと思います。洗車できるのは知ってるけど、利用したことがない人は意外といるそうです。 今回はガソリンスタンドでの洗車について時間や料金などをまとめてみました。


内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

アメリカのクラシックカー(旧車)の一部車種を「マッスルカー」と呼びますが、単語は聞いたことがあっても定義や歴史について知っていると言う方はあまり多くないと思います。こちらの記事では、マッスルカーとはどういった車種を指すのか、その特徴と、おすすめのマッスルカー5台の紹介を合わせて掲載しています。


AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

車の駆動システム「AWD」。そもそもどんなものなのか、4WDとの違いはどこにあるのか?といった疑問をもたれてる方も多いのではないでしょうか。今回はAWDの意味からメリットについて、各社のAWDシステムの紹介や代表車種についての紹介を掲載しています。


【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

ETCを利用した際に領収書を出したい時は、どのように発行すればいいのか、今回は領収書の代わりとして使用できるETC利用証明書の発行の仕方を解説していきます。