目次へ戻る

運転記録証明書とは?必要性から発行方法や場所・内容や委任可能?徹底解説

運転記録証明書とは?必要性から発行方法や場所・内容や委任可能?徹底解説

安全運転を書類上で確認ができる運転記録証明書。でも実際に使ったことがある人はあまり多くないのかもしれません。今回は発行、発行できる場所・取得方法や手数料、委任状での発行は可能なのか等、全て解説していきます。


運転記録証明書とは?

出典元:自動車安全運転センター

「運転記録証明書」とは、過去5年間までの間に交通違反や事故、さらには運転免許における行政処分の記録等についての証明をしてくれる書類のことを指します。

タクシーやバス、トラックなどを運転する職業に就こうと思っている方は、安全運転を徹底出来るドライバーであることの証明を求められるので、その際に運転記録証明書の提出を求められる場合がほとんどです。

さらに、優良運転者を表彰する場面であったり、SD(Safe Driver)カードを取得する際にも運転記録証明書は利用されています。この運転記録証明書は、自動車安全運転センター法(昭和50年7月10日施行)の規定に基づいて設立された「自動車安全運転センター」という組織が発行しています。

必要性は?

本来、この運転記録証明書は、事故・違反を繰り返す方への警告と指導を目的として制定されました。特に運送、運輸を職業とするトラックやバス、タクシーの運転手にとっては、常日頃から安全運転を心がけるのが必須条件になるので、この書類を証拠として取得しておく必要性が出てきます。

この書類の存在を通して、交通事故防止への啓発であったり、運転への意識と注意喚起をする目的を併せ持っていますし、その結果として事故や違反の未然に防ぐことにつながります。

発行するとSD(Safe Driver)カードも付いてくる

出典元:自動車安全運転センター

運転記録証明書を発行すると、同時にSDカードが付いてきます。このSDカードは、1年以上無事故無違反であれば取得出来るというカードになっています。無事故無違反の期間によってカードの色が変わってきます。

SDカードの種類と条件
グリーンカード(若草色):1年以上2年未満
ブロンズ(銅色):2年以上4年未満
シルバー(銀色):4年以上10年未満
ゴールド(金枠なし):10年以上20年未満
スーパーゴールド(金枠あり):20年以上

このカードを保有していると「SDカード優遇店」ステッカーが貼ってある店において様々な優遇を受けることができます。

運転記録証明書の発行方法と発行可能な場所は?

運転記録証明書の発行及び申請においては、事前に警察署/交番/駐在所/自動車安全運転センターに備え付けの証明書申込用紙に必要事項を記入して、郵便局か免許センターで申請する必要があります。

運転記録証明書の発行申請をする際には、証明期間は過去1年間、3年間、5年間から選ぶことができます。その際の発行手数料は郵便局、免許センター共に一律630円です。

郵便局で申請を行った場合は10日ほどで郵送されてきます。免許センターで申請すると、郵送の他に直接受け取ることも可能です。郵送の場合であれば3~7日、直接受け取る場合は当日~3日ほどで取得することが可能です。

委任状で発行は可能?

もしも書類を取得したいとなった際に、仕事の都合で郵便局や免許センターに行くことが出来ないという場合には、代理人に依頼して取得することも可能です。
その際には、取得する本人から委任されたことを証明する書類はもちろん、本人の免許証番号、代理人の身分を確認できるものも必要になるので、事前に用意しておきましょう。

その他の証明書

今回の運転記録証明書以外にある証明書をいくつかご紹介します。

・無事故・無違反証明書
この書類は、優良ドライバーであることを証明する為の書類です。基本的には、トラック運転手やバスの運転手などの運転を生業とする人に向けて利用されており、運転免許を取得後、無事故無違反で他の模範となっている場合に贈られる優良運転者の表彰時などに使われます。

・累積点数等証明書
この書類は、交通違反や交通事故によって自分自身の免許点数が現在何点になっているのか正確に把握することが出来る書類です。

・運転免許経歴証明書
この書類は、高齢などを理由に運転免許証を自主返納した際に、全ての免許を取り消された人が交付申請を行うことの出来る証明書です。運転免許証に代わる、身分証明や本人確認の際に利用できます。

まとめ

運転記録証明書に関しての解説はいかがでしたでしょうか。正しく書類の内容を把握し、適宜ご自身にとって必要なものを取得し、運用するようにしてください。

関連する投稿


【教習所の卒業検定】学科や実技の内容や合格のコツは?減点項目も紹介

【教習所の卒業検定】学科や実技の内容や合格のコツは?減点項目も紹介

卒業検定では、10人に1人は落ちると言われています。事実、卒業検定に落第したという話は珍しくありません。しかし、実際にはどれくらい難しい内容なのでしょうか。また、卒業検定の合格率や試験の流れ、試験時間、不合格後の対処はどのようなものなのでしょうか。今回はそれらの卒業検定の実態をご紹介します。


【免許証の不携帯】違反時の点数や罰金は?事故が起きた時は?罰則の全て

【免許証の不携帯】違反時の点数や罰金は?事故が起きた時は?罰則の全て

無免許運転ではなく、運転する時に免許証を持っていない「免許不携帯」。無免許との違いについてや違反時の点数や反則金・罰金などについてや、事故を起こしてしまった場合等についてを掲載しています。


高齢者マークって何歳から必要?義務?任意?関連情報をわかりやすく解説

高齢者マークって何歳から必要?義務?任意?関連情報をわかりやすく解説

70歳からドライバーが着けるとされいる「高齢者マーク」、正式名称を「高齢運転者標識」といいますが、高齢者マークの装着は義務なのか任意なのかという疑問から、つけずに運転した場合に違反となるのかや、高齢者マークをつけている車に幅寄せをした場合の罰則、貼る場所やどこで販売しているかについて等をまとめて掲載しています。


【免許取得の第一歩】仮免試験|学科・技能試験の流れとポイントを解説

【免許取得の第一歩】仮免試験|学科・技能試験の流れとポイントを解説

自動車学校で最初の試験となる仮免試験。これに合格しないと免許取得に進めません。意外と不合格者も多いと言われ、合格率が低いのでは?と不安になる人もいるかと思います。今回はそんな免許取得の第一歩である仮免試験(学科・技能)の流れとポイントを解説しますので、合格までの準備に役立ててください。


世間一般に「サンデードライバー」は悪なのか?言葉の意味と思いやりについて

世間一般に「サンデードライバー」は悪なのか?言葉の意味と思いやりについて

たまの休日にしか車の運転をしないドライバーを「サンデードライバー」と総じて表現しますが、同単語=「悪い意味」メインとして利用されていることに疑問を感じ記事にさせて頂きました。主観によるところも大きいと思いますがご了承下さい。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。


【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ2

【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ2

みなさんは車の展示会やイベントが好きですか?参加したことはありますか?車はもちろん好きだけど、そんな自分の好きな車の隣に美女がいるともっとテンションが上がりますよね。そんなわけで本記事ではオートサロン2019のコンパニオン画像まとめ第二弾をお送りします。