目次へ戻る

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


内張りはがしとは?

「内張りはがし」は、一般的にはあまりなじみのない工具ですが、車の内装をドレスアップやカスタマイズする際など、何をするにも必要なマストアイテムです。

内張りはがしを使用すれば、パーツを傷つけず、安全に取り外すことができます。セット品でも1000円台で購入できるので、内装パネルなどを交換したいなら、用意しておくと便利です。

内張りはがしは一番人気のエーモン製をはじめとして、様々なメーカーから販売されていますが、あまり一般的ではない工具なので、どれを選べばいいか悩む方も多いようです。

ここでは「内張りはがし」についてご紹介していきます。

樹脂製

ドアの内張りや、パネルなどを外すときは、樹脂製の内張りはがしがおすすめです。やわらかい素材のため、取り外すパーツを傷つけにくいのが最大の特徴です。

ドアの内張りやパネル外しなど、大半のパーツの取り外しに使えるので、まずはプラスチック製を揃えておくとよいでしょう。

同じ樹脂製でも、種類によって柔らかさは異なります。

柔らかいタイプはしなりが良く、パーツに傷をつけにくいので特に傷が気になるときにおすすめです。

逆に硬いタイプは作業性が向上するものの、その分傷は付きやすくなります。
外したいパーツによって内張りはがしのタイプを選ぶことも重要です。

「プルタイプ」・・・オーディオやカーナビの取り外しに便利です。先端がカールしているのが特徴です。

「幅広タイプ」・・・大きめのパーツの取り外しに。ステップのような大きめのパーツを外す際は、幅が広く太いタイプの内張りはがしを使いましょう。

「ロングタイプ」・・・奥にあるツメを安全に外せます。長細い形状で、パーツの奥にあるツメも楽に外せます。

初めてでどれが必要かわからない方には便利なセット品がおすすめです。個別購入よりお得なことも多いので、コスパが良いのもメリットですね。内張りはがしは、作業するパーツの特徴で選んでいきましょう。

金属製

ドライバーのような形で、先端がY字型をしている金属製の内張りはがしはクリップなどを外すときにおすすめです。

クリップやピンをY字の部分にはさんで、テコの原理で引き抜くことができます。

樹脂製の同型でも引き抜くことはできますが、硬いものだと工具側が壊れてしまうことがあるため、金属製を準備しておいても損はありません。ただ、金属製のため、パーツに傷がつきやすいのが難点です。

使い方も簡単

内張りはがしは意外と簡単で、以下の手順でおこなうことができます。

1:手で外せるものは手で外す(手が一番キズがつきにくいです)
2:ネジ類を外す
3:内張りはがしで外す(車種によっては隙間がまったくない場合があるので、養生テープをパネルに貼って浮かせてから隙間に内装はがしのを差し込むのがコツです)
4:配線などがあれば外す

内張りはがしは、メーカーが同じであれば、ほぼどの車種でも統一した方法で内装はがしができます。そのため、やり方は覚えておいて損はしないと思います。

代用品は存在する?

内張りはがしの代用として、マイナスドライバーの先端にラップを巻いたものや、塗装で使用するパテ用のヘラを使うこともできます。

しかし、マイナスドライバーは先端が細くなっているため、パーツを取り外したときに部品を傷付けたり変形させてしまう場合もあります。

パテ用のヘラは薄いため強度がなく、こじ開ける際に折れてしまうことも。

いずれにしても、作業自体は可能ですが、失敗した時のリスクが大きくなるので、内張り剥がしは用意しておいたほうがよさそうです。

Amazonで購入可能なおすすめ内張りはがし 10選

最後に、Amazonで購入可能な内張りはがしを10商品紹介します。

<パワーシード Powseed 内張り剥がし 樹脂製 パネルはがし4点+ クリップクランプツール 5点セット>

パワーシード Powseed 内張り剥がし 樹脂製 パネルはがし4点+ クリップクランプツール 5点セット ハンディリムーバー 内張り 剥がし はがし 外し 工具 パーツ オリジナル ツール (赤)

Amazon参考価格:999円(2019年2月22日時点)
【セット内容】
・パネルはがし×2
・内張りはがし×2
・クリップクランプツール×1

<Yoohe 内張り剥がし パネルはがし パワーシード 脱着工具 クリップクランプツール 9点セット>

Yoohe 内張り剥がし パネルはがし パワーシード 脱着工具 クリップクランプツール 9点セット (ブルー)

Amazon参考価格:999円(2019年2月22日時点)
【セット内容】
・パネルはがし×5個
・内張りはがし×3個
・クリップクランプツール×1個
・日本語取説×1枚

<Tomo Light 内張り剥がし パネルはがし クリップクランプツール 9点セット>

Tomo Light 内張り剥がし パネルはがし クリップクランプツール 9点セット ハンディリムーバー 内張り 剥がし はがし 外し 工具 パーツ ツール 工具 脱着工具 車メンテナンス 家具パネル うちばりはがし

Amazon参考価格:848円(2019年2月22日時点)

【セット内容】
・パネルはがし×5個
・内張りはがし×3個
・クリップクランプツール×1個
・日本語取説×1枚

<PORAXY 自動車 内張りはがしセット 19点セット>

PORAXY 自動車 内張りはがし 内装はがしセット パネル剥がし 脱着工具 クリップクランプツール 車内装・エアコン・照明器具などのパネル外しツール 自動車メンテナンス用品 自動車整備工具 19点セット (ブルー(19点))

Amazon参考価格:2,099円(2019年2月22日時点

【セット内容】
・リムーバー×11個
・グリップクランプ×1個
・グリップクランプ×1個
・マルチグリップクランプ×1個
・オーディオキー×2個   
・端子除去ツール×3個   
・専用ケース×1個

<CAMORF 内張りはがし 5点セット>

CAMORF 内張りはがし セット うちばりはがし 内装剥がし パネルはがし 樹脂製 車 内張り はがし 工具 脱着工具 車メンテナンス 家具パネルにも対応 うちばりはがし4点+ クリップクランプツール 5点セット パワーシード

Amazon参考価格:899円(2019年2月22日時点)

【セット内容】
・パネルはがし×2
・内張りはがし×2
・Vの字型のクリップクランプツール×1

<DAMIGRAM 内張りはがし 車メンテナンス 内装はがし 自動車整備工具 専用収納ケース付き 多用途 脱着工具 14点セット>

DAMIGRAM 内張りはがし 車メンテナンス 内装はがし 自動車整備工具 専用収納ケース付き 多用途 脱着工具 14点セット

Amazon参考価格:1,999円(2019年2月22日時点)

【セット内容】
・内張り剥がし×11
・プライヤー型×1
・ドライバー型×2
・専用収納ケース×1

<Gliston内装剥がしパネルはがし パワーシード 脱着工具 クリップクランプツール 9点セット>

内張りはがし Gliston 内装剥がし セット パネルはがし クリップクランプツール 脱着工具 パワーシード 9点セット (ライトブルー)

Amazon参考価格:999円(2019年2月22日時点)

【セット内容】
・内装剥がし×7
・クリップクランプツール×1
・収納袋×1

<MATCC 内張りはがし パネルはがし 内張り剥がしセット クリップクランプツール 18点セット>

MATCC 内張りはがし パネルはがし 内張り剥がしセット クリップクランプツール 18点セット ハンディリムーバー 内装はがしセット 自動車整備工具 脱着工具 車内装・エアコン・オーディオラジオ・照明器具などのパネル外しツール 車メンテナンス 専用収納ケース付き

Amazon参考価格:2,180円(2019年2月22日時点)

【セット内容】
・インテリアトリム分解ツール×11
・リリースツール×2
・ステレオ除去ツール×4
・屋根ライトクランプ×1
・専用収納ケース×1

<EKIND 自動車内張り外し 内装はがし 12点セット>

EKIND 内張り剥がし パネルはがし パワーシード 脱着工具 クリップクランプツール 12点セット (ブルー)

Amazon参考価格:1,377円(2019年2月22日時点)

【セット内容】
・内張り剥がし×12

<Carbaba 内張り剥がし パネルはがし 内装はがしセット>

Carbaba クリップクランプツール 内張りはがし 脱着工具 ハンディリムーバー パネルはがし 車内装はがし 19点セット 収納ケース付き

Amazon参考価格:1,999円(2019年2月22日時点)

・内張り剥がし×19
・プライヤー型×2
・ドライバー型×1
・専用収納ケース×1

まとめ

内張りはがしは車のDIYだけでなく、エアコンや照明機器のパネルの取り外しにも使える便利な工具です。

ご紹介したようにセットでも2000円以下で購入できるものも少なくありませんし、内張りはがしを使えばキレイに仕上がるので、DIYの際はぜひ使ってみてはいかがでしょう。

関連する投稿


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されています。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。


【車中泊のプロに聞く】車中泊におすすめのクルマ3選&おすすめグッズ22選

【車中泊のプロに聞く】車中泊におすすめのクルマ3選&おすすめグッズ22選

道の駅の車中泊スポットの整備や、キャンプ人気の高まりから注目されている「車中泊」。必須のアイテムを揃えればすぐにでも始められる車中泊ですが、本記事では車中泊のプロに聞いた、必須アイテムに加え、車中泊におすすめのグッズを22商品紹介するとともに、車中泊に適したおすすめの車種を3車種ご紹介します。(※2020年3月更新しました)


FMトランスミッター おすすめ・人気ランキング&ノイズ対策・解消方法も

FMトランスミッター おすすめ・人気ランキング&ノイズ対策・解消方法も

お手持ちのスマホの音楽を車で聞きたい!でも車にBluetooth接続がついていないという方におすすめのFMトランスミッター。本記事ではAmazon人気TOP3とおすすめ4選のご紹介に加えて、FMトランスミッター選びのポイントをご紹介します。 (※2020年3月更新しました)


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・図柄入りも紹介!

軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・図柄入りも紹介!

軽自動車も白ナンバーにできる!?正確にいうと通常の白ナンバーというわけではないですが、東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップなどの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーなどの白い特別仕様のナンバーに変更することが可能です。本記事では概要から手続き方法、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してご紹介しています。


最新の投稿


【2020年版】日本で買える外車22メーカーとおすすめ車種22台を動画で紹介!

【2020年版】日本で買える外車22メーカーとおすすめ車種22台を動画で紹介!

世界には歴史のある欧州メーカーやアメリカのメーカーなど、数多くの自動車メーカーとブランドがあります。そこで、日本人にもなじみ深い、日本で購入可能な外車(輸入車)メーカー、そしてその代表的な車種を公式動画を交えてご紹介します。


ジムニーシエラ最新情報 燃費・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ最新情報 燃費・価格・評価・中古価格は?

ジムニーのワイド版・スズキのジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格・内装画像などを見ていきます。ジムニーシエラを購入検討されている方は必見です。ジムニーと迷っている方にもおすすめです。(※2020年3月更新しました)


維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

移動手段として便利なクルマですが、所有するだけでも税金・ガソリン代・駐車場代といったさまざまな「維持費」が発生します。こちらのまとめでは、クルマの維持費についてと節約術をまとめました。(※3月30日更新しました)


日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外で展開している高級車ブランドがインフィニティです。当記事では現行でアメリカで発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきます。インフィニティを購入検討されている方、必見です!(2020年3月30日更新しました)


【ゴールデンウィーク(GW)2020】渋滞予測・混雑日・混雑する道路は?

【ゴールデンウィーク(GW)2020】渋滞予測・混雑日・混雑する道路は?

2020年のゴールデンウィークは5月2日~5月6日まで。多くの方にとって短い連休となりそうです。本記事ではゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。情報が入り次第、随時更新予定です。