目次へ戻る

アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティン・ヴァンテージは、イギリスの高級車メーカーであるアストンマーティンが製造するスポーツカーです。2017年に約12年ぶりとなるフルモデルチェンジを行いました。そんなヴァンテージ新型について見ていきます。価格・試乗記・評価・性能ほか。


アストンマーティンのスポーツカー!ヴァンテージ新型 価格・試乗記・評価は

アストンマーティン・ヴァンテージは、イギリスの高級車メーカーであるアストンマーティンが製造するスポーツカーです。2017年に約12年ぶりとなるフルモデルチェンジを行いました。そんなヴァンテージ新型について見ていきます。価格・試乗記・評価・燃費ほか。

アストンマーティンのヴァンテージとは

ヴァンテージはアストンマーティン史上最大のベストセラーと名高いスポーツクーペです。

先代モデルは2005年の登場以来、改良を続けながら約12年ものロングセラーを続けた人気モデルです。

アストンマーティン ヴァンテージ新型 試乗動画

アストンマーティン ヴァンテージ新型 試乗評価・感想

このヴァンテージが醸し出すイメージは限りなく正統派ブリティッシュスポーツである。確かに昨年試乗した『DB11』からも、イギリスの伝統的ウッドパネルを配したダッシュボードなどは影を潜め、よりスポーティーで現代風のインテリアが与えられるようになって、ひとつ前にコマを進めた印象があるが、スタイリング的には依然として正統派そのもの。

それにしてもやはりアストンマーティンは快適で、二人分の荷物を載せて長距離ドライブをするのにはうってつけのスポーツカー。まさにGTの神髄がここにある気がする。FRである美点は、少なくともコックピット背後にそれなりのラゲッジスペースを確保することが出来ること。ミッドシップではそうはいかないし、コックピット自体も窮屈になる。DB11はオケージョナルシートを設けた2+2レイアウトで、そこまで広くないにしてもそこそこの室内空間を持っているヴァンテージは、その適度に広い室内空間が見事に快適さを演出する。

近年のスポーツカーでは当たり前になったような走行モードの切り替えは、スポーツ、スポーツ+、トラックの3段階に切り替えることが出来る。ノーマルとかスタンダードという類のモードが存在しないのが今度のヴァンテージ。したがって、もっともノーマルなはずのスポーツですら、乗り味は結構ダイレクト感が強い。というわけで乗り心地に関してはかなりレーシーな印象を与える。これがそれよりハードコアになるスポーツ+やトラックではさらに顕著になる。まあオンロードでは個人的にはどちらも必要ないと感じた。

アストンマーティン ヴァンテージ新型 パワートレインは

パラートレインは510PS/685Nmを発揮する4.0リットル・ツインターボV8、トランスミッションはZF製8速を搭載、後輪を駆動。

アストンマーティン初のエレクトロニック・リア・ディファレンシャル(Eデフ)を採用しました。

最高速度は314km/h、0~60mph(約97km/h)加速は3.5秒と発表されています。

アストンマーティン ヴァンテージ新型 高性能モデル・ヴァンテージSも登場予定!?

2017年11月に登場したアストンマーティン『ヴァンテージ』新型。その高性能モデルとして登場する『ヴァンテージS』の姿を、ほぼフルヌードの状態でカメラが初めて捉えました。

捉えたプロトタイプは、新しいサイドスカート、アップグレードされた大型のクロスドリルブレーキディスクを装備する他、フロントディスクも大きく見えます。

注目はリアから覗くクワッドエキゾーストパイプで、外側のパイプはより突き出しているのが特徴的。ベースのヴァンテージにもクワッドエキゾースト装着モデルが存在していますが、形状が異なっています。

標準モデルのパワートレインは、メルセデスAMG製の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は510ps、最大トルク685Nmを発揮するものの、「S」ではスープアップしたエンジンにより最高出力550ps、最大トルク710Nmまで向上。

また66kgの軽量化により、0-100km/h加速は1秒以上短縮されるとのこと。

トランスミッションにはZF製8速ATの他にマニュアルトランスミッションも設定されます。

アストンマーティン ヴァンテージ新型 気になる価格は

日本での価格は1980万円(税抜)からです。

関連するキーワード


アストンマーティン

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2019】アストン初!ミッドシップスーパーカー ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト

【ジュネーブモーターショー2019】アストン初!ミッドシップスーパーカー ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト

アストンマーティンは3月5日、ジュネーブモーターショー2019において、『ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト』(Aston Martin Vanquish Vision Concept)を初公開しました。アストンマーティンは、スーパーカーの激戦区ともいえるミッドエンジンカテゴリーに参入することを目指します。


限定50台!アストンのDBS スーパーレッジェーラ タグホイヤー仕様設定!

限定50台!アストンのDBS スーパーレッジェーラ タグホイヤー仕様設定!

アストンマーティンは1月20日、『DBSスーパーレッジェーラ』(Aston Martin DBS Superleggera)に、「タグホイヤー・エディション」を設定すると発表しました。いったいどのような仕様なのでしょうか。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカー・ブランドの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2019年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


アストンマーティン初のSUV 名前はDBX 最新情報まとめ

アストンマーティン初のSUV 名前はDBX 最新情報まとめ

アストンマーティンは11月14日、ブランド初のSUVの車名を『DBX』(Aston Martin DBX)と公式に発表し、同車のプロトタイプ車の画像を公開しました。初のアストンSUVとなる、DBXについてまとめています。


アストンマーティンのハイパーカー ヴァルキリー 最新情報まとめ

アストンマーティンのハイパーカー ヴァルキリー 最新情報まとめ

発売が待ち遠しい、アストンマーティンのハイパーカー・ヴァルキリー。今明らかになっている情報をまとめてみました。


最新の投稿


ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。


セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

2019年の自動車税の支払い期間は2019年5月1(水)~5月31日(金)です。 自動車税の支払いをセゾンカードで行うことで1,000ポイント(5,000円相当)をゲットできるキャンペーンを見つけましたのでご紹介します。


【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

みなさんはキイロビンについてご存知でしょうか。キイロビンは「油膜取りの代名詞」と言われるヒット商品です。 本記事ではキイロビンについて、そしてキイロビンで落とす油膜の説明をします。キイロビンの使い方や、キイロビンを使用した後に行うコーティングや、またコーティングを行わないと視界不良で事故を引き起こす可能性も!コーティング剤の種類、撥水と親水コーティングの違いについてもまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザインは、ジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『ダ・ヴィンチ』(Italdesign DaVinci)を初公開しました。


レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。