目次へ戻る

メッキモール取り付け方からおすすめ商品10選まで解説

メッキモール取り付け方からおすすめ商品10選まで解説

車に高級感を出させることができるメッキモールの取り付け方や貼り方などをまとめていきます。最後におすすめ商品もご紹介しますのでメッキモールに挑戦を考えている方は是非参考にしてください。


そもそもメッキモールとは

メッキモールとは、愛車のドレスアップアイテムのひとつで、主に外装に取り付ける事でビジュアルにアクセントをきかせることができるだけでなく、擦れやすい場所の傷つき防止や、隙間隠しなどの役割もできるカーグッズです。

ドアモール、バイザーモール、L字モールやマルチモールなど、その用途や材質によって様々な名称や種類があります。DIYもできるので、カー用品店などでも数多く販売されています。
ハイクラスの車をあらためてよく見てみると、メッキモールが外装周囲に施されていることがわかります。

メッキモール加工を施すことで、軽やバンなどの車でも、ほどよくメッキモールを取り付ければラグジュアリー感を増すことができます。
今回は、そんなメッキモールについてまとめてみました。

メッキモールの取り付け方・貼り方

メッキモールの取り付け方・貼り方には、ポイントが2つ。
・下地処理
・型取りの期間
が重要になります。
取り付け方は簡単なので、このポイントをおさえることで一段とキレイに仕上がります。

下地処理はしっかりと!

メッキモールの取り付けの際に、とっても重要になるのが下地処理です。
下地処理をないがしろにしてしまうと、上手に取り付けたとしてもすぐに剥がれてしまいます。
汚れや油分は事前にしっかり落としましょう。

市販品であれば型取りの期間の確保

市販されているメッキモールは取り付ける車の形状に合っているわけではないので、型取りする期間が必要になってきます。
取り付ける箇所に、モールに型がつくまでテープなどでしっかり止めておきます。
取り付けるモールの素材にもよりますが、1週間~2週間は型押しの期間を確保するとよいでしょう。
型押しの際、気温の低い冬などはなかなか型がつきません。温かい方が型が付きやすいので、気温が低い時にはドライヤーの熱で軽く温めると作業がしやすくなります。

取り付け

まず、貼り付ける箇所の長さに合わせてメッキモールをカットします。裏面に付いている両面テープの剥離紙を少しはがして、装着位置を決めて貼り付けます。剥離紙を少しずつはがしながら、押し付けるように密着させていきます。テープを貼り終えたら、メッキ面の保護用剥離紙をはがして作業完了です。

車へのメッキモールはダサい?

ご紹介したように、メッキモールの取り付けは超簡単です。超簡単なのでココにもアソコにもと取り付けてしまい、逆にダサくなったり下品な感じになってしまったという失敗談もよく聞きます。

やりすぎは禁物ですので、さりげなさが残る程度に抑えましょう。

これからメッキモールを行う場合のおすすめ商品10選

市販のモールは、数百円から3,000円くらいで買えるものが多いようです。
市販のモールを購入して自分で取り付ければ安く済みますが、業者に依頼しても工賃の相場は2,000~3,000円ほどなので、時間や自信がない方は業者に頼むという選択肢もあるかと思います。

カシムラ ドアモール 外装用 幅広 クロムメッキ NKS-99 NKS- 99

カー用品だけでなく、携帯電話関連や海外旅行用家電も販売しているカシムラというメーカーから販売されているクロムメッキモールです。6mmの細く薄めのラインで、ボンネットの隙間などへの取り付けがおすすめ。対候性・耐水性に優れた強力な粘着力で剥がれにくいのも魅力です。

カシムラ メッキモール クロムメッキ NKS-93 NKS- 93

星光産業 モール 車用 アクセントモール7 メッキ EW-126

カー用品メーカーの星光産業製のメッキモールで、こちらの商品は断面にヘコみがあるのが特徴で、これによって簡単にL字に折り曲げる事ができ、メッキが際立つドレスアップが可能に。フラットで25mm、折り曲げて17mmとワイドタイプですが、需要が高く人気商品です。

星光産業 モール 車用 アクセントモール7 メッキ EW-126

AUTO CLOVER メッキモール (100cm) DP2 1000mm 汎用クロームメッキ サイドドアモール プロテクターモール

韓国でヒュンダイなどの純正部品を生産しているオートクローバー製のクロームメッキサイドドアモールです。取り付け場所はサイドドア下部なので、地味な場所に思われがちですが、車の印象がガラリと変わります。
取り付けによってコントラストが生まれるので、原色系の車への取り付けが特におすすめです。

AUTO CLOVER メッキモール (100cm) DP2 1000mm 汎用クロームメッキ サイドドアモール プロテクターモール

AUTO CLOVER DP3 (70cm) 汎用 リア トランクモール 700mm メッキモール リアガーニッシュ エンドモール

こちらもオートクローバー製のメッキモールです。オートクローバー社の製品は、こだわりのメッキ加工でビジュアル面で特に定評があり、光に反射した時の輝き方が他社製品よりいい!という口コミが多くあがっています。50~100cmまでの全6サイズ。価格はサイズによらず、全て一律です。※リンク先は100cmです。

AUTO CLOVER DP3 (100cm) 汎用 リア トランクモール 1000mm メッキモール リアガーニッシュ エンドモール

クリエイト X381 マルチモール 幅9mm 長さ4m クローム 939162

メッキモール関連の商品が主力のクリエイトというメーカーから販売されている、メッキモールです。日本製の純正素材を使用してて耐候性にすぐれていて、熱による負荷や気候の変化など過酷な環境下での使用を想定して製造されています。複雑な形状の箇所にはりつけたとしても、剥がれにくい頑丈さがウリです。
幅9mmという細すぎず太過ぎない丁度よいテープ幅でドレスアップのほかにも、保護やキズ防止にも最適のアイテムです。

クリエイト X381 マルチモール 幅9mm 長さ4m クローム 939162

クリエイト マルチモール クローム(幅7mm 長さ4m) X376

こちらも、クリエイトから販売されているメッキモールです。こちらは7mmと細めにつくられたテープとなっています。

クリエイト マルチモール クローム(幅7mm 長さ4m)  X376

クリエイト マルチモール クローム(幅15mm 全長4m) X397

クリエイトのメッキモールは本当に人気です!こちらは15mmというワイドなテープ。遠目に見ても目立つので、夜間はライトがキラキラと反射して光るので、印象的です。前述のクリエイト製と同様に高品質がウリのメッキモールです。

クリエイト マルチモール クローム(幅15mm 全長4m)  X397

クリエイト U字型ドアモール 幅10mm 全長6m クローム X326

安心のクリエイト製。こちらは価格の安さも魅力のひとつです!幅10mm、U字型のテープで、ミニバン・ワンボックスに最適な太さ。ドアエッジ、バイザーのエッジはもちろん、色々なエッジに取り付けて、擦りキズや切りキズをシャットアウトしてくれます。

クリエイト U字型ドアモール 幅10mm 全長6m クローム X326

クリエイト マルチモール クローム(幅12mm 全長4m) X396

こちらもクリエイト製です。こちらもワイドめの12mmテープ。外装だけでなく、インテリアにもなりそうです。

クリエイト マルチモール クローム(幅12mm 全長4m)  X396

クリエイト X384 マルチモール 幅30mmクローム 2.5m巻 925341

クリエイト製のこちらの商品は、30mmと超ワイド。クリエイト製のモールは、タイトなものからワイドなものまでさまざまな種類が販売されているので、用途や趣味に合わせてお好みのモールがみつかるのが魅力です。

クリエイト X384 マルチモール 幅30mmクローム 2.5m巻 925341

まとめ

メッキモールで愛車をカスタムすることで、愛着も高まりますよね。ぜひ、あなたの愛車にもメッキモールを施してみてはいかがでしょうか。

車に使用して余ったモールは、家庭で家具につけて小さなお子さんのケガ予防、大切な家具のキズ防止の便利アイテムとして使っている方も。いろいろと応用がきくので余ってもすぐに捨てずに他用途を考えてみるのも楽しいかもしれません。

関連するキーワード


カスタム

関連する投稿


車のサテライトスピーカー おすすめ10選と取り付け方

車のサテライトスピーカー おすすめ10選と取り付け方

車内での音楽を楽しむための必須アイテムであるサテライトスピーカー。 今回は取り付け方から、その効果、これから購入する人向けにおすすめ商品までご紹介していきます。


温めるだけじゃない!? シートヒーターが欲しい!

温めるだけじゃない!? シートヒーターが欲しい!

高級車にしかついていなかったシートヒーター。最近の車には標準装備だったり、オプションでつけることもできます。基本的には文字通りシートを温める機能ではありますが、近年ではそれ以外の機能や利用目的で注目を集めています。今回はそんなシートヒーターについてみていきましょう!!


【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

本記事では一度は憧れる!?マットブラック塗装についてご紹介します。マットブラックの効果やメリット・デメリット。さらにオリジナルな独創性にこだわったマットブラック塗装の支持者の理由を追求!また、塗装の方法や手入れ法についても解説します。これを読めば貴方もきっとマットブラック塗装がしたくなっちゃうかも?


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


あなたはどっち?アフターファイヤーを自由に出したいor早く直したい

あなたはどっち?アフターファイヤーを自由に出したいor早く直したい

車やバイクのマフラーから火が吹き出る現象「アフターファイヤー」について原因と対策、またはアフターファイヤーを出す方法などについて詳しく解説しています。点火の不具合などによって発生するアフターファイヤーですが、一部の故意に発生させて楽しみたい方にも役立つ情報をご紹介しています。


最新の投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!