目次へ戻る

ホンダ アコードワゴンの中古価格|燃費情報、口コミ・評価も紹介

ホンダ アコードワゴンの中古価格|燃費情報、口コミ・評価も紹介

ホンダのアコードシリーズの一つ「アコードワゴン」。ワゴンタイプの車としても人気があります。その「アコードワゴン」の歴史や中古価格・そして気になる燃費なども含めてご紹介します。「アコードワゴン」に関心があり乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


日本とアメリカで作られたホンダのアコードワゴン

アコードワゴン

アコードワゴン

ホンダのアコードワゴンの初代モデルは1991年にデビューし、日本国内で開発を行い、アメリカで現地生産が行われていました。

2代目はアメリカ法人で開発や生産が行われ、日本、欧州、オセアニアなどで販売されました。

つまり同じ時期に日本国内外で生産や販売が行われていたことになります。しかし3代目以降はアメリカでのステーションワゴンタイプが廃止となったため、日本でのみ開発・生産されるようになっていました。

アコードワゴンの歴史と歴代モデルを紹介

アコードワゴン

アコードワゴン

日本国内では1991年4月4日に発売されたアコードワゴンCB9型。

エンジンはF22A型のみで、4代目セダンをベースに日本国内およびホンダR&Dノースアメリカがデザイン・開発を担当し、ホンダ・オブ・アメリカ・マニファクチャリングが生産を担当しました。

初代モデルは1994年2月まで販売され、エンジンは2,2LSOHCを搭載し、トランスミッションはSモード付7ポジション4速電子制御オートマチックが採用されていました。

また2代目モデルCE1/CF2型(1994年2月23日~1997年9月)は、初代と同じくアメリカで開発・生産された3ナンバー車でしたが、室内スペースが少し狭くなったのが特徴です。

3代目モデルCF6/7/CH9/CL2型(1997年9月4日~2002年11月)は、日本国内での生産・専売となり、他のモデルよりもラゲッジルームの積載容量が少なく、車体サイズも5ナンバー枠の車体をフェンダー形状による増量で3ナンバー枠にしている為、車体も小さめとなったのが特徴です。

4代目モデルCM1/2/3型(2002年11月28日~2008年12月)はスタイリングが大幅に変更され、ウイングルーフはハヤブサをモチーフに作られたのが特徴です。

初代アコードワゴン CB9型は1991年に発売

ステーションワゴンとしての基本装備はおさえられており、テールゲート部を低く抑え滑り止め加工をしたリヤバンパーや、外側にオフセットされたエキゾーストパイプなどを備えているのが特徴です。

また後席を前に倒すと荷室が広くなりましたが、傾斜したテールゲートとセダンと同じ形式のリヤサスペンションが荷室へ入り込んでいたことから、いまひとつ荷室の使い勝手が悪かったようです。

1992年2月のマイナーチェンジにより「2,2i」にASBが標準装備され、6月には「2,2i-R」が追加設定されました。日本国内でもスタイリッシュなステーションワゴンとして話題になり、一時は数か月の納車待ちが発生したくらいです。

2代目アコードワゴン CE1/CF2型

エンジンは初代と同じくF22B型のみでしたが、後期型にはプレリュードに搭載されていたH22A型が追加されています。アメリカではステーションワゴンからミニバンへと消費者の好みが変化したため、売り上げは芳しくなかったようです。

ですが国内ではこのクラスのワゴンにしては安価だった上、社外パーツも豊富にリリースされたため、輸入車としてはこれまでなかったほどの人気を博しました。

1995年9月、マイナーチェンジによりフロントグリルが変更され、装備が見直されて「ViX」が追加されました。

また1996年9月のマイナーチェンジではフロントグリル・ボディカラーなど装備も変更され、DOHC VTECエンジンのそれまでの「VTL」に代わり「SiR」が最上級グレードとなっています。

1995年9月、マイナーチェンジによりフロントグリルが変更され、装備が見直されて「ViX」が追加されました。また1996年9月のマイナーチェンジではフロントグリル・ボディカラーなど装備も変更され、DOHC VTECエンジンのそれまでの「VTL」に代わり「SiR」が最上級グレードとなっています。

3代目アコードワゴン CF6/7/CH9/CL2型

このモデルから日本国内での生産・専売となり、正式に「アコードワゴン」となりました。スタイリングではリアガラスが緩やかに傾斜していて、他のモデルよりラゲッジルームの積載容量が少なくなっています。

また車体のサイズも、5ナンバー枠の車体をフェンダー形状による増量で3ナンバー枠に拡大したため、他のモデルより小さくなっています。

エンジンは、発売当初2,3LのSOHC VTEC(レギュラー仕様)のみでしたが、新たに2,LのSOHC VTEC(ハイオク仕様)が追加されました。またH23A搭載モデルは剛性向上の目的でハブとホイールが従来のPCD114.3/4穴から114.3/5穴に変更され、これ以降のモデルでは全てこの規格となっています。

海外でも人気の4代目アコードワゴン CM1/2/3型

アコードワゴン

アコードワゴン

このモデルはスタイリングが大幅に変更され、ハヤブサをモチーフに設計されたウイングルーフが採用されています。

また後方部も傾斜式から直立式へと変更されています。リアシートは可倒式になり、カーゴスペースが増えて使いやすいモデルになりました。2005年11月24日のマイナーチェンジにより、「24T」シリーズは「タイプS」へ、「24EL」シリーズは「24EL」となっています。

海外では「アコードツアラー」として販売されていたため、日本では設定のない6速MT車やN22A型エンジンを搭載したモデルも設定されていて好評となっています。

アコードワゴンの基本スペック・燃費

ボディタイプ:5ドア ステーションワゴン
エンジン:水冷直列4気筒横置き
最高出力:103kW(140PS)/5,600rpm
最大トルク:192N·m(19.6kgf·m)/4,500rpm
駆動方式:FF/4WD
変速機:5速AT
サスペンション:前:ダブルウィッシュボーン、後:ダブルウィッシュボーン
全長4,750mm全幅 1,760mm全高1,470-1,490mm
車両重量:1,480-1,590kg
※数値は4代目アコードワゴンのものです

気になる燃費は

燃費は2代目モデルで4,71km/L、3代目モデルで9,02km/L、4f代目モデルが9,93km/Lとなっています。

アコードワゴンの口コミや評価

23万キロを超え、粗いエアクリーナーを使用していたこともありエンジンの摩耗が進みオイルの消費が多くなってきていたのでエンジンのオーバーホールと同時にセダン系のミッションを流用してマニュアル化しました、現在快適に走っています。

細かい不具合に目を向けると乗り心地や運動性能などいろいろ出ますが、意外と沢山荷物も積めてフラットにすれば楽に足を延ばして寝る事ができるので、車中泊も楽しめます。現在のエンジンOH済みMT仕様では慣らしがひと段落して16km/L程度走っているので高速での遠出と慣らしが落ち着くのが楽しみです。

ほかに気になる車はありますが、車自体が気に入っており愛着があるのでまだまだ長く付き合うつもりです。

アコードワゴンの中古車価格

アコードワゴンの中古車価格は、21,2万円から98万円となっていて、60万円前後の価格がほとんどです。

※中古車情報サイトカーセンサー調べ(2019年1月現在)

まとめ

アコードツアラー

アコードツアラー

外観がとにかくカッコイイという印象を受けるアコードワゴン。

加速の面でも満足できて、ドライバーにとってとても楽しい車となっています。やはりホンダはエンジンが良いと思いますし、海外で人気があったのも納得できます。

また後継車でもある「アコードツアラー」に、アコードワゴンの面影が感じられ、懐かしい気がします。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 アコード

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

セカンドカーとして知名度が高い「ホンダ・トゥデイ」の歴史や燃費・中古価格などをまとめてみました。便利な軽四があるといいなとお考えの方はぜひ参考にしてください。


ホンダの軽バン!N-VAN(エヌバン)実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

ホンダの軽バン!N-VAN(エヌバン)実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

ホンダのNシリーズに属する軽バン。それがN-VAN(エヌバン)です。ホンダの軽商用車で、2018年の夏より発売されました。機能性重視のN-VANに加え、レジャーユースを考慮したN-VAN +STYLEの2種のモデルがあります。N-VANって実際乗ってみてどうなの?価格は?中古だと…?購入を迷っている方向けに、本記事では改めてN-VANについてまとめています。


ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのNシリーズ、N-WGNが7月に全面改良されることとなりました。本記事ではN-WGNがどう進化するのか、気になる最新情報をまとめています。そして改めてN-WGNについてもまとめています。


ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

みなさんはホンダのモビリオスパイクをご存知でしょうか。モビリオスパイクは小型のトールワゴンです。2002年から2008年まで発売されていました。本記事ではモビリオスパイクの中古車価格をはじめ、スペック、燃費、評価についてもまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。